あんまり難しくない釣りを、自分なりにこだわって。
プロフィール

cajonica

Author:cajonica
お金を掛けずできるだけ近場で簡単に何か釣れたらイイナ…という感じです。

twitter
Weather-GPV
カウンター
現在の訪問者数:
現在の閲覧者数:
タグリスト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- スポンサー広告 TB(-) CM(-)

午後から入って青物が回るとも思わないが、一応場所だけは確認しておこう、というわけで。

…暑い。12時半くらいに到着。もうテトラ脇は人が入っていて、間隔は広めながら海岸一帯は釣り人が散らばっている状況。前回よりも、間違いなく人が増えてますね。しかし、プール下についてはまるっと空いていたので、そのド真ん中をキープ。前回同様、ジグサTとショート投げTの二本立てで進めていきます。

ジグサで何かの間違いでワカシでも、とは思いつつ、投げの合間に2-3投。夕刻に弓角師が入ってきて巻いてたけど30分ほどで撤収。残念なくらいノー感じが間違いない。とはいいつつもサカナは気まぐれ。毎日通えばいつかチャンスはあるのでしょうが、エクストリーム出社込みで気軽にやれるのは地元の方だけでしょう。

さて、ショート投げ。この日は大潮、といっても前回もそうだったし…この日メインで使ったのは23号のLキャッチ天秤だけども、いつも着水地点から左側で回収…こんなに流されたっけか?理由はさっぱりわかりませんがかなり潮流があって、コンディションがいつもと違ったのかもです。

この日は意外に風がないので、ショート投げTでも距離が出ていっぺんガチ4色とは!あのロッドが曲がった感触を毎回再現出来ればいいけれど、まあなかなか…orz でも、3.5色とかはコンスタントに出ていたので、悪くはないかな。

投げるときの垂らしは1m位にし腕の方を思い切り高くして、オーバーヘッドでも極力ストロークを長くすることで距離が安定してきた感じがあります。でも、V字とか回転を華麗にキメられる方々を見掛けるにつけ、あんなこともできたらいいなあ、あれならコンスタントにガチ4色…とか、思うことしばし。

今回のゲストはキュウセン1、5cmのチャリコ1w、そしてこれ。

DSCN2060s.jpg

ヒメジですか。10センチくらいかな、あまりに小さいのでリリース。本当にヒゲがあるのですね。あごの下の黄色いやつ。

時間としては下げ止まりから始めたので上げ半分~8分くらいまでで出るかと思ったら、あんまり関係なかったですね。忙しくはないけれど、最初からポツポツという表現がぴったりの反応。むしろ17時半を過ぎた辺りで魚信が途絶えてしまったので、ちょっと違和感がありました。

DSCN2063s.jpg

この個体が一番大きかったかな。兄ピン~ピンしか釣れていないのは、もっと遠くに大きいのがいるということか。にしても巻いてきて3色付近からごそごそっと重くなり、ハリスが切れるだけならばラッキー、最悪はチカラ糸ごとロストという根掛り具合。内田釣具店の方に訊いてみたら、あの辺に根はないはずだからゴミなんじゃないかとは。どうなんだろう?

そういや、釣り始めたときに小さい座布団サイズのクッションの綿、あるいは断熱材のようなものをジグサで引っ掛け重みと波でなかなか回収できず右往左往、10分くらい掛けて揚げました。もう泣きそう…その後投げに切り替えてるときにも浮いてきて、入水してソッコーで回収。ホント堪らんわ…ごみは自分で捨てるのも捨てられるのもイヤ、勘弁してください。

DSCN2065s.jpg

そんな根掛りに気をつけながら、あんまり移動せずにやっていると、こんなことも。さっきロストしたリグをサルベージw しかし、再び根掛りしてロスト…さっきサルベージしたチカラ糸ごと再活用とか、何だかバカじゃね…orz 他の投げ師はわかってて、ここには入ってなかったのかも知れないですが、真偽のほどは不明です。

上記のとおり、潮も上げ止まりに近づき18時には釣れなくなっていたので、半くらいに撤収開始。まだ19時でも明るいのですね…と、軽く驚いた。


前だろうが下だろうがこまけーこたー(ry 両隣とおマツリしたり(このせいで1回チカラ糸をカット、もう1回はリグを1ロスト…)なんかイメージが良くなくなってきたので、次回はどこかの堤防でサビキでもやってみるかしらね。

【ショートガチ投げタックル】
ロッド:シマノ サーフリーダーFV 360FX-T
リール:シマノ 13スーパーエアロサーフリーダーCI4+ 30
ライン:東レ 投スーパーPEラディウス 0.8号
    +ラパラ ラピノヴァ・エックス マルチゲーム 3号 10m
リ グ:フジワラ Lキャッチ2天秤 23、25号
    +オーナー 鈴なり仕掛けキスR 2本or3本 7号

ベイト:内田釣具店のジャリメ(ハーフ)

【ジグサビキMHタックル】
ロッド:テイルウォーク アウトバック SS96ML
リール:シマノ 12エクスセンスBB 4000HGS (+3BB)
ライン:東レ シーバスPE パワーゲーム 22lb
    +サンヨーナイロン ナノダックスリーダー 23.5lb
リ グ:ハヤブサ ジギングサビキ S
    +ダイソージグベイト40g

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 五目釣りへにほんブログ村 釣りブログ マルチアングラーへ
 
 
スポンサーサイト
2014/06/15 22:12 海五目釣り TB(0) CM(0)

前回の小サバカオスがどうなっているかも含め、国府津海岸でニューMHロッドの入魂と投げキスのお試しが今回のお題かな。

マズメタイムなどなく一日中釣れ続けるなら関係ないけれど、対応困難な朝、それも暗いうちからが一番効率が良くて、到着したところで時合が終わるとかザラ。で、期待の夕方はどうしても朝の効率より落ちるという現実。釣れない時間も釣り場確保のためにそうそう動けない…もうアーリーマズメタイムは捨てて、レイトだけでいいじゃんか、って。

とはいえ、ホントに夕方に入ったら埋まっているのは当然。昼ごろ人が引き上げて閑散となっている時から入ってポジションキープを。今回は潮周りも重なって到着後数時間はまず釣れませんが、先に人が入っていてザンネンな思いをするよりはマシ。

DSCN2032s.jpg

はい、ポールポジション取れましたw どうせ釣れない時間帯ゆえ、セットアップとか余裕です。 前回もそうでしたが、昼間はいつも濁りがキツいみたい。なのでキスはいなくなりサバイワシはリグを見つけられずに釣れないこと必至なわけです。

が、投げの方に13:30すぎにちびキュウセン、ちびメゴチが、14時すぎにピンギスが。一応潮は上げてるので若干活性は上がってきているのかも、としばらく続けて14時台でピン~兄が3尾。小さめだけど、まあ仕方がないねw あ、距離は3色程度から1.5色くらいを探って、錘が海底の玉砂利にぶつかり出したら即回収…この時点で1度チカラ糸ごとロストしてますし。

ジグサビキの方は…さっぱり、いや何か重いけど…ゴミか?

DSCN2040s.jpg

あららシコですかw 抵抗してもさほど力がないのでサカナの感触が伝わってこないMTロッド入魂とはorz こんな感じでもう2尾を連で追加(まとめtweetの画像)して以降、終わりまでアタることはありませんでした…。

再び投げに切り替えて1時間ほどノー感じ。でも、なんか付いてる?付いてない…?

DSCN2043s.jpg

え"、こんなことが…こいつらもジャリメ喰うのかよ!てか海底に着いたリグはどういう状況になってるのかねと小一時間w しかし再び釣れ出したのが16時台、17時に入ってから日没まではほぼ連チャンなのであります。

いつもと同じようにサビいてきて、普通ならわずかなプルプルがあって、巻いてくるときに時々抵抗する振動を感じるのだけれど、ゴン!ブルンブルンって…この鈍い感じは期待できるかも。いやあのゴン!ってキスじゃないだろむしろキュウセンでは…??

DSCN2046s.jpg

わーお!ガチサイズ、キター!!腹回りがすごいね。もう1尾こういうのが釣れてます。以降、徐々にアタリが遠くなり、19時までに撤収。18:30くらいで上げ止まりだったから無理もないです。


昨年の秋も午後だけだとこんな感じだったかな。青物とかは一つのシーズンが終わり、また別のフェーズに移行している模様。またチャンスがあれば狙ってみたいものですが、夕方も回る日にぶつかることを祈るばかりです…って、多分ないなw

イート編は追記にて。

【ショートガチ投げタックル】
ロッド:シマノ サーフリーダーFV 360FX-T
リール:シマノ 13スーパーエアロサーフリーダーCI4+ 30
ライン:東レ 投スーパーPEラディウス 0.8号
    +ラパラ ラピノヴァ・エックス マルチゲーム 3号 10m
リ グ:フジワラ Lキャッチ2、3天秤 20号
    フジワラ サーフ天秤ウッドシンカー用+同 ウッドシンカー23号
    +オーナー 鈴なり仕掛けキスR 2本or3本 7号

ベイト:内田釣具店のジャリメ(ハーフ)

【ジグサビキMHタックル】
ロッド:テイルウォーク アウトバック SS96ML
リール:シマノ 12エクスセンスBB 4000HGS (+3BB)
ライン:東レ シーバスPE パワーゲーム 22lb
    +サンヨーナイロン ナノダックスリーダー 23.5lb
リ グ:ハヤブサ 飛ばしサビキ6号 サバ皮
    +ダイソージグベイト28g
    or ドラッグジグ 40g

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 五目釣りへにほんブログ村 釣りブログ マルチアングラーへ
 
 
2014/06/01 15:31 海五目釣り TB(0) CM(0)
タイトルは『国府津海岸でサバゲー(釣り的な意味で)』でも良かったんですけど…そういや、人魚がイソメ食うのかと小一時間(ry


土浦宿泊用に有休をとってたので、金曜日の釣行になりました。今イワシやら小サバやらうまく行けばガチサバも出るという…そんなわけで、平日の方が無難かな、というのもありまして…。

始発に乗り、定刻どおり07時すぎに国府津海岸にIN。すでに西側から埋まっております…が、間隔が以前見た土日の時よりもちょっと空いていて、そこまで人は出ていない。さすが平日なのであります。支度をしていると、人が抜けることはあれ、埋まることはない感じ。エクストリーム出社の方もいらっしゃるのではw

さて、サーフから投げサビキってのは初めてなのです。いや、ジグサビキではなくてね。

DSCN1938s.jpg

向かう途中で、内田釣具店のおかあさんに聞いてみたら「コマセは使わない」んだそうで。飛距離は2色もいらなくて、「波打ち際で釣れるから遠投もいらない」って。つまり、ウキも使わないのか。でも、せっかく持ってきたしお試しはやってみる…。

しかし、ひたすらノー感じ。周りも何か釣れている感じはなく…マズメタイム終了かorz。まあ、飽きてきたんでMTでジグサビキをやってみますかね。しばらくやったけどノー感じ…んん?なんか重いけど、付いてるのか???

DSCN1941s.jpg

付いてたwナイスな子サバ。20センチはないけど15センチ以上はガチ、という感じでフライにぴったりwww 午前中は3尾釣れ1尾は小さいのでリリースとなり。遠投磯竿の方も5連サビキ+ジグでやってみたらいっぺん3尾程度掛かったものの、波への取り回しが悪くて全部外れました…なんてこったorz


お昼に向かうにつれ、緑白色の濁りが出てきて、カスのようなものが海面に浮遊しておりまして。これはもしかして、菜っ葉潮+そのカスですか…?おまけに風も出てきたり…キビシイなあ。

お昼の時点でテトラ脇が空き、入ってくる人もいなくなり。余裕でポジションキープしたのはいいが、こっちの方が濁りがひどい…今から大磯港に行けば挽回できるかなあ?でも、ここも潮が上げ始めたらどうなるか…結局アミコマセは持っていけないし移動も面倒になってきたので、テトラに寄りかかって休みながら、状況が良くなるのを待つことにしました。

DSCN1943s.jpg

濁っていてもコマセで寄せれば釣れるんじゃないかと思って、何度もトライを繰り返し…14時半、やっと釣れたのはいいものの…サビキ仕掛けがぐちゃぐちゃとはorzorzorz

ほぼ向かい風でラインスラックがかなり出ていたのと(いっぺん海草とかでひどいライントラブルにorz)、ウキが波でシモりすぎてアタリがさっぱりわからないとは…面倒なのでこれはこのままにして、MTを投げ倒すことに。

しばらくは不調だったものの、上げ半分くらいのタイミングから徐々にアタリ出しまして。だんだん人も増えてきました。17時台でガチ漁モードに。入れれば大体掛かりしかもほとんどが連(2尾)、もうコマセはいらないね。

DSCN1956s.jpg

MTでこれだけ釣れるなら、遠投磯竿でもイケるでしょ…とばかりにやってみたら、こんなことに…。MTで充分確保できるのでこっちは封印。ちなみに終わり頃にもう一度やってみたら、連掛かりしてましたがサビキ仕掛けが絡んで再起不能…魚信が取りづらい柔らかい竿は、小さくてもサバ相手には向かないようです…ひとつ学習。

DSCN1959s.jpg

シコイワシ(カタクチイワシ)と子サバの連。果たしてこの小サバラッシュの状況下において、シコだけ選んで釣ることは可能なのでしょうか…?いい加減充分獲ったので、そろそろお開き…いやもうちょっと遊ぼうか。釣れたら即リリースで。

DSCN1961s.jpg

MTで3連…重いし引くし楽しい楽しい。しかもジグにまで喰ってるし。これじゃ弓角投げても、小サバが掛かるのは間違いないねw結局やらなかったけど、ナブラも特に立ってないし、もういいでしょw


18半で〆て撤収。全部で3つ抜け位ということです。今回は釣れたら即下処理をしているので、そのタイムラグがなければもっと釣れていたはず。もう「祭り」といってもいいのでは?釣れ出すまで時間が掛かって疲れたけれど、いい思いをさせていただきました。

この小サバ達、ULTで釣ったらかなり面白そうだけど、さすがにサーフだといろいろ難しいかな。

【ライト投げサビキ/ジグサビキ遠投タックル】
ロッド:宇崎日新 スーパースクエアRX ISO HD 2.5号遠投530
リール:シマノ 10ナスキー C3000(2500にスプール換装)
ライン:ラパラ ラピノヴァX マルチカラー 0.8号
    +サンヨーナイロン ナノダックスリーダー 17.5lb
リ グ:①飛ばしサビキ
    浮き止め糸+シモリ玉
    +ポイント PT羽根II Light 6号
    +からまん棒
    +クッションゴム付き中通しメタルカゴ
    +タカミヤ 大漁サビキ ピンク5号
    ②ジグサビキ
    +ハヤブサ飛ばしサビキ 大サバ大アジ 6号
    +ダイソー ジグベイト 28g

ベイト:JSYのアミコマセ1ブロック
    +マルキュー スーパー1グレ
    +マルキュー 湧きグレ500遠投

【ジグサビキMタックル】
ロッド:エーテック トラギア ネクストリーム A866M (トップガイドSiC化)
リール:シマノ 11エクスセンスBB 3000M (+3BB)
ライン:東レ シーバスPE パワーゲーム 20lb
    +サンヨーナイロン ナノダックスリーダー 17.5lb
リ グ:ハヤブサ 飛ばしサビキ6号 サバ皮
    +ダイソージグベイト28g
    or ドラッグジグ 28g
    or カストマスター1oz

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 五目釣りへにほんブログ村 釣りブログ マルチアングラーへ
 
 
2014/05/17 00:34 海五目釣り TB(0) CM(0)

東京湾沿岸でシコイワシが回りだしたとの情報。多摩川でマルタもいいが、この時期たまには海に出てみようと思ったのと子供とムニエルを作って食べるつもりで、単なる食材調達的な釣りを。とはいえ、現時点ではあまり数は出ていないようで若干不安を抱えつつ、始発で目指すは海辺つり公園。


ほれ見たことかwww。どうやら、前日の1尾/人は午後から回遊があってのことらしく、午前中しかも潮止まりのタイミングなら余計厳しい。ってか、海の色がヘン。これが菜っ葉潮?なんかカスみたいなのがいっぱい漂ってるんだけど…。

まあそれでも、PBZは免れたのですけどね。

DSCN1787s.jpg

ジャリメバ。ウキより小さいよwww。こんなのがライトカゴで1、足元サビキで4。まあ、丸揚げで食えないことはないけど、こんなの持って帰るのは食育上よろしくないとの判断で即リリース。

やがて、若干潮が澄んできて、イワシらしい小さいサカナの群れが見えるようになってきましたが、一向に掛からず。帰りの時間まで目いっぱい見たけれど、結局釣れずじまい…イワシと言えども回遊魚、まさに乾杯完敗なのでありますorzorzorz


そもそもシコが回りだすのは6月くらいだったはず、たまたま回ったものに期待したのがバカバカバーカwだったわけで。まあこんなこともあるでしょう…ですが、反省はしません。釣れないのはシコが回らなかったからで、他は何も悪くないwww


【飛ばしサビキ/ライトカゴ遠投タックル】
ロッド:宇崎日新 スーパースクエアRX ISO HD 2.5号遠投530
リール:シマノ 11エクスセンスBB 3000M (+3BB)
ライン:バリバス スーパートラウトアドバンス 12lb
リ グ:浮き止め糸+シモリ玉
    +サンナー 羽根付フロート NO.2 2-5
    +からまん棒
    ■飛ばしサビキ
    +タカミヤ 大漁シンプルサビキ5号ピンク
    +錘4号
    ■ライトカゴ
    +コスモス/アジサイビーズ付天秤(中)+錘3号
    +ハヤブサ ひとっ飛び天秤カゴ釣り グレ鈎4号

【足元・飛ばしサビキ】
ロッド:宇崎日新 シーパーク海釣り公園スペシャル 3号-450
リール:シマノ 10ナスキー C3000(2500にスプール換装)
ライン:バリバス バーマックス磯 ゼロフカセ2.5号
リ グ:浮き止め糸+シモリ玉
    +キザクラ サビキ潮見 4号(必要に応じ)
    +からまん棒+編コマセカゴS
    +オーナー アミエビ実寸サビキ ピンクギジ4号
    +ナス型錘5号

ベイト:JSYのアミコマセ
    ヒロキュー 生イキくん S

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 五目釣りへにほんブログ村 釣りブログ マルチアングラーへ
 
 
2014/04/27 09:48 海五目釣り TB(0) CM(0)
このシーズン、波止やサーフではサカナがほとんど釣れない。良くて根魚類、せめてイワシが回ればいいが…。となれば、個人的に未だ攻略できてないフィールド、磯に頼ってみますかと。

基本、危険な場所での釣りとなりいろいろ準備が大変ではあるけれど、波止や砂浜より釣れるなら苦労の甲斐もあるというもの。それと、メジナは堤防より磯で釣れる方がサイズがデカいはずで、なんとか尺オーバーを釣ってみたい願望も満たせるかも知れないという期待もありまして。

しかし、マイカーレスな俺ではいろいろと制約があってですね…。


しかし、このままではあまりに悔しい。ライフセーフに最低限必要なアイテムだけは用意しよう。


尼でポチしておきました。本当は膨張しないベストタイプの方が磯向きなのだけれど、さすがにアレはザックの中に納まらない…ハードな磯に入らなければいいだけじゃね?ということで。もちろんその判断も自己責任。

あと、磯靴は簡易スパイクで省略しようとも思ったけれど構造上破損のリスクが高そうなので、とりあえず1足、ライジャケと同時にポチ。しかし、出荷が遅いようなのでキャンセルしてしまいました…。いやいや、ちゃんと他で買いましたから。

そんなわけで、根府川に向かいましたが潮周りも良くないしゆっくり出て何か釣れればイイ位のテンションで。移動しながら通り道のCTGで磯靴を購入。これを重ねて普段タモ枠を入れているトートにIN、さらに32ℓのザックにIN。もちろんライジャケもIN。その代わり釣具は最小限、予備の竿とかも持ちません。

DSCN1441s.jpg

根府川の駅を降り、海岸に下りますがこの落差!真鶴側に広い道があるようですが、反対方向早川側の山道が一番早道のようなので、ネット上の情報とカンで降り口を探し山道へ。JRの陸橋をくぐって右に入ると左側に入口はありました。

だがしかし!キャリーカートに荷物を乗せたままでは移動は困難なので、ザックは背負い、ロッドケースは無理やりタスキ掛けにして、キャリーカートにクーラーボックスがはいったボストンバッグをつけたまま右手でフレームを持ってゆっくり降りていきます。ああ、しんど…ある程度行くと車道が見えるので迷うことなく、また意外に足場は良かったです。

何とか車道まで降りて、ここどこだ?などと思いながら周りの建物を確認しながら歩くと、海側の通路のようなものを発見。よく見ると海に降りる階段のようなものがありますね。ほほー、ここから降りるのか。とまあ、降りたら降りたでフラットなコンクリの足場は途中までしかなく、ゴロタ岩をクリアしていかないと大きな磯の方には行かれないようです。

さすがにちょっと休みながら、再び荷物を分割して移動…おっと、磯靴磯靴。履いてみると意外に底が柔らかくて、平坦でない岩などでもスパイクのピンが足裏に干渉している感じがありません。これはいい買い物かもです。もう一つ、ライジャケもちゃんと装着しましたよ。

そうそう、今回は400円くらいのミニオキアミブロックもいつものアミエビブロックと合わせて使ってみます。あと、こんな趣向も。


久し振りに釣り針に外掛け結びなどを。必要に応じて現場で結ぶつもりですが、果たしてどうなるか…。

DSCN1446s.jpg

根府川大根の右側のゴロタにちょっと突き出したところが釣り場です。この日は若干の向かい風とウネリがあって両サイド、特に左側のゴロタには時々結構な勢いで波が打ち付けます。まさか、水汲みバケツが流されるのではなく、吹っ飛ばされる勢いとは…これがガチ磯…gkbrgkbr。

なので、岩の先端には入らず(もう濡れてますし…)、ちょっと引っ込んだところで構えてキャスト!リリースサイズを2尾ほど釣っていると、ウキがなかなか立たない。どうしたものかと巻いてみると見事に根掛りして、羽根付きのウキとちょっと目が大きめのメタルカゴをロスト!これは痛い…orzorzorz

オキアミを混ぜていなければいつもの目が細かいカゴでいけるけども、もうストックがないのでナイロンカゴに変更。これはこれで着水時にコマセが散ってしまうので、水深は浅めで良いけれど本当に寄せられているかどうかわからないという…とにかくコマセを使い切って撤収を目標に、詰めては投げ詰めては投げという感じ。ハリスは自作に変更です。

しばらくして、ウキがぐいっと引き込まれた!巻いてみると、確かにサカナが付いてる感触が。割といいサイズなんだが抜けるかな…っと、抜けた!!

DSCN1445s.jpg

おっしゃーパームサイズオーバー!全長は24センチ位かな。これで日曜日の夕食のオカズをげtw

引き続き…いやノーアタリノー感じ。粒エビもほとんどがハリに付いたままになっているという。潮が下げ止まったか。まあ、コマセはまだ結構残っているのでどんどん入れてどんどん投げる。針も一発グレ6号から掛りすぎ口太5に変更、でも釣れない…orz。日も完全に沈み、そろそろ暗くなってきたので、電気ウキに換装。

いやーこれはダメだねえ。もう寒いし暗いし、そろそろ諦めたらどうだい?などと自問自答しつつ、もう少し、もう少し…そろそろ止めますか、と回収中に何か付いてることを認識。寄せて抜いてみると…うわメバルだ!ウキがウネリでシモってたから良くわからなかった…。

DSCN1447s.jpg

おおおこれはデカい!自宅で確認したら、22センチありました。変なハナシ、福浦岸壁でこのサイズが出たら自慢できるはず。あそこ、アタリと数は多いけどカサゴならともかく、20upのメバルは見たことも聞いたこともないのです。

さあ、これからが…いやいやいや、なにこの波!左側の飛沫の飛び具合がヤヴァイ!!さすがに撤収開始。半分くらい余っているコマセを流そうと下に落としたら完全に吹っ飛ばされまして、しかも中身はサッパリキレイになっているって、この波のエネルギーってどうよ…!?

荷物はキャリーカートからクーラーボックスが入っているボストンバッグを分離して、手持ちで階段を上がり次の階段の前で磯モードを解除して再パッキング。

DSCN1449s.jpg

磯靴は安いけど(税込3,999円w)買って本当に良かったアイテム。長持ちはしないかも知れませんが、とにかく岩の上のグリップが良くて、ちょっとした斜面や濡れた岩場でもグリップします。が、自重自重…。ライジャケは磯には不向きのようではあるけれど、荷物をケチるべく装着していないよりは、はるかにマシだと思います。

ラーメン屋で食事と休憩を取った後、今度は登りの山道へ。行きは良い良い帰りは怖い…まあ、基本真鶴や西湘福浦と変わりませんが、さすがに山道で荷物を背負って&持ってだとかなり息切れがします。釣れたから良かったけど釣れなかったらホント、報われない…。


正確に言うと前回の真鶴の磯崎も磯ですが、今回ほど足場が不安定ではなく、海も荒れていなかったので実感はありませんでした。さすが有名Pなガチ磯、安全に拘るに越したことはないのだと理解をしました。もう少し優しい磯があればそっちでやりたいかな…まあ、そんなものはそうそうないのでしょうけど。

あと、釣り具屋の場所がわからなかったwどこかの建物に併設されているのか?まあおいおい調べておきます。今年も、春の多摩川マルタウグイ祭りが始まったのでペースは開きますが、今後もおかず調達を兼ねた海釣りはやっていこうと思います。

【ライトカゴ遠投タックル】
ロッド:宇崎日新 スーパースクエアRX ISO HD 2.5号遠投530
リール:シマノ 10ナスキー C3000(2500にスプール換装)
ライン:バリバス バーマックス磯 ゼロフカセ2.5号
リ グ:浮き止め糸+シモリ玉
    +サンナー 羽根付フロート NO.5 6
     サンナー 羽根付フロート NO.2 2-5
    +からまん棒
    +セイコー 弓形キス天秤 21cm
     &ハクタカ ロンマックス 21C+錘2-3号
     メタルカゴ天秤+錘3-4号
    +ハヤブサ ひとっ飛び天秤カゴ釣り グレ鈎4号
     or ナノダックスリーダー 7lb
     +がまかつ 一発グレ6号 or 掛りすぎ口太5号

ベイト:マルキュー 食わせオキアミスーパーハードS
    CTGのアミコマセブロック
    JSYのオキアミ小ブロックハーフ
    +マルキュー スーパー1グレ
    +マルキュー 湧きグレ500遠投

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 五目釣りへにほんブログ村 釣りブログ マルチアングラーへ
 
 
2014/02/23 22:58 海五目釣り TB(0) CM(0)
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。