あんまり難しくない釣りを、自分なりにこだわって。
プロフィール

cajonica

Author:cajonica
お金を掛けずできるだけ近場で簡単に何か釣れたらイイナ…という感じです。

twitter
Weather-GPV
カウンター
現在の訪問者数:
現在の閲覧者数:
タグリスト

実家3日目は、芦安村ウエストリバーにPMだけ行ってきました。

12時前に管理棟に入って券を購入、クルマを移動してからあらかじめ買っておいた弁当を食べ、釣り場に入ります。まずは、上流のポンドエリアから。舗装のない急坂をたまに滑りながら上っていくと、2つのポンドには親子連れが3組ほど入っています。みんな川の右岸にいるので、左岸に渡り、できるだけ流芯をアップで撃てるポジションをキープ。

ルアーは今回の管釣りの為に、倒産したコータック社の処分品の中から使えそうなものをTBで買いこんでおいたので、そのお試しもありました。まずはパンサーマーティンの1/16ozで、あっけなく釣れております。もちろんフックは、シングルバーブレスに換装済みです。

どうも連休中の放流はしていないようで、見えるサカナの数が今ひとつ豊富ではないけれど、反応自体は悪くない。ただ、個体によってはジャンプや寄せる角度が変わるタイミングでバレる事態が続出、こんなことで半数程度のキャッチをロスト…いや、獲り過ぎても自分が調理で悲惨な目に遭うだけなんですけどねw

んでは、主だった釣果をご紹介。

DSCN1858s.jpg

2尾目になんとイワナが!多分、客寄せの為に数尾入れておくヤツのはずで、それなりにデカいと言うことになっているはず。だからといって特別ファイトがスゴかったとかって記憶がないんだよね。まあ、大抵はデカいヤツほど動きが鈍重なのですが(その代わりトルクが…)。

DSCN1861s.jpg

ニジもここのナイスサイズが出てますね。これは33センチあるかな。小さいのは先に釣られてしまい、大き目のサカナしか残ってないと考えると、こういうタイミングもお得なのかも、ですw

しかし、掛けたサカナが走って親子連れ2組とオマツリ。が、皆さんどうしたら良いか分からず…相手が悪すぐるorz。こちらのラインを切り、ルアーも外し…オールリセットした頃にはいつの間にか自分の外したルアーを失くしていて愕然…orzorzorz。こういうシチュエーションの時は、ブレイク覚悟でドラグ閉め気味の方が良かったか。

だいぶ反応も落ちたのでポンドエリアから降りて、8つあるセクションを上流から探っていきます。

DSCN1862s.jpg

サカナがほとんど見えず、釣られ切ったと思われるところも数箇所ありました。そこは飛ばして、魚影の濃いところを重点的に。ここは狭いながらハッキリとした流れ込みがあり、意外に攻められていないようです。

DSCN1863s.jpg

コータックのボトム向け?スプーン1gにて。水深が浅いところは2.5gとかだと引っ掛かってしょうがないし、自然にドリフトできないのですよね。

ここのひとつ上のセクションに側面からの流れ込みがあって、かなりガッツのあるサカナがヒット!慎重にファイトをさせ駆け引きを…うわバレた!…って、フック折れてるし。掛かりを優先するとこういうこともあるのか。ちなみに、先のイワナの時のルアーに使ってあるフックは、SBL-51の#8だからね。マルタ用ルアーに使っているフックのサイズ違い。

DSCN1867s.jpg

別のところで。安売り?んー、500円位のプラグです。アクションがウネウネすぎるのか、鉄板のクラピーよりは反応がよろしくありませんが何とか釣れました。このサカナはリリースしています。どちらかというと可哀想とかじゃなくて、これでムニエルって、食べられる量を考えたらどうよ…とw

実は、この日はくしゃみを連発して釣りしてる最中もひどいもの。東京じゃ花粉症はとっくに終わってるというのになんだこりゃ。無駄に疲れボーっとして集中できないから、サイズとかほとんど意識できなかったし、ラバタモの用意を忘れキャッチできない事案が頻発したし…ある意味、獲れないわけだ。


まあ、お持ち帰りならこのくらいが限度、ちょうど良かったね。

【スプーン/スピナー巻き向けタックル】
ロッド:エーテック トラウティズム 565ULT
リール:シマノ 11バイオマスター1000S
ライン:サンヨーナイロン GT-R トラウトスーパーリミテッド 4lb
リ グ:ルアー各種

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 五目釣りへにほんブログ村 釣りブログ マルチアングラーへ
 
 
スポンサーサイト
2014/05/07 21:00 釣り堀・管理釣り場 TB(0) CM(0)
さあこの日の為にいろいろ、いろいろ準備してまいりました。芦安ウエストリバーに1日券で入ります。

タックルはスプーンスピナー向けにベナ調子なトラウティズム、プラグ向けにベリーの強いモバトラII。それぞれ11バイオ1000S+4lbナイロン、10ナスキー1000S+PE0.4+4lbナノダックスの組み合わせで臨みます。

DSCN0814s.jpg

まず、一番上のポンドから…って、なんじゃこりゃー!!渇水がひどく底には褐色の藻がこびりついています。とりあえずスピナーを投げてみますがことごとくルアーに藻が着いてきて萎える一方。

幸い、下のポンドはさほど影響がない様子。こちらを中心に巻いてみます、おっと朝ならミノー系統が使えるか?という課題もあり流れ込み周辺を中心に通してみますが、ノー感じ。というか、シンキングミノーではまだ浅くてモノによってはアップで巻いてきてもちゃんと泳がなかったり。

えーとフローティングミノーは…ない!あーそういやクラピーがあったね、でも特に反応はなかったような。スピナーに戻してちょっと巻いてみます。

DSCN0813s.jpg

おっとブレットン金/黒で獲れましたね。引き続きメップスアグリア金/赤でキャッチ、がラバーネットの網目が1ヶ所切れていてここから脱走とか。画像確保してからにしてくれよ頼むからorzorzorz

その後他のスピナーも入れていますが反応が芳しくないのでスプーンに切り替え。適当に入れて探っていきますが明確にこれという感じはないです。ただ、若干減水はしているので1.6gとかその位の重さが向いていて、そんなに光モノは嫌われていないみたいなんで金/赤パターンを中心に入れていきます。

DSCN0822s.jpg

DOHNA1.5gでキャッチ成功。他、PAL1.6g、MIU1.5g、イワシを釣ったwコータックの1.8g金/茶でも。今回、テールウォークされた個体がほとんどないのはサカナの活性もあると思いますが、ロッドの調子とNewリールのドラグの良さからくるものなのでしょう。

さらに目先を変えるため、もう一度クラピーを通してみると…。

DSCN0821s.jpg

はい釣れた!!管釣りのクランクってこんなに反応取れるのか。さっきは巻きが早すぎたかも。ちょっとカルチャーショックですw。

他試していて面白かったのがターコイズブルーのBUX。他のカラシとかペレットとかは全然反応がないのに、デカマスがかなり追って来て焦りましたw。そろそろ巻きモノも反応が落ちてきて、じゃあボトムバンピングに移りますか…。

ちょっと高いところに上がってサイトでバイトを確認しながらやってみます。カラーはサーモンがかなり反応よろしいのですが、咥えてもすぐに吐き出しそれを他のサカナが咥え放し…を繰り返す感じ。なかなかフッキングしません。どうなってるの??

DSCN0815s.jpg


そんなこんなでもうお昼。食事を済ませ、下の8つのエリアに入っていきますが、ご覧の通り流れが緩いところには藻が繁殖していてやりづらい。やはり巻物は全然ダメでおまけに藻を拾ってきてモチベーションダウン、クラピーとベスクは比較的いいのですがやはり掛かりづらい。もしかしてもしかすると…。

今まで巻きTでベスクを使っていたけれど、今度はミノー向けのどちらかというと掛け調子のタックルでやってみました。

DSCN0833s.jpg

なんだ!一撃じゃんwww。最初のアタリでもうフッキングしてる感じです。違和感を感じて吐き出してしまう前に掛ける必要があるのですね。ここからはガンガン獲りに行き10尾ほどを追加。巻きTでフッキングの精度は低いものの、時々クラピーも入れ若干釣果に貢献しています。

さて、残すところあと1時間半ほど。一通り8つのエリアは舐め終わり再びポンドエリアへ。さすがに半分以上が日陰になっていて助かる助かる。もう日に当たりすぎて動きたくないので、最後までここでやりますか。

ベスクでさらに追加し、そろそろお終いにしてもいいか位の感じでもう1尾…ん?なんだ重くないか?根掛り…ではないよ、デカマスが掛かった!!おーおー走る走る!!特に根はないので好きに走らせて疲れさせ、寄せて来るもいきなりダッシュしたり、これは楽しいね。

どーん!!御用となりました。

DSCN0843s.jpg

画像確認で38センチといったところ。バッチリ呑まれていたので外すのに苦労しましたが、これじゃバレようがないねw

DSCN0844s.jpg

さすがにフラフラなのでしばらく介抱してあげ、やがて復活して去っていきました。良かった。こちらも、これでお開きにしました。


前回のコンディションが良すぎたんだろうね。自然のものとはいえ渇水にもなればサカナの活性にも影響が出るだろうし、水温も体感はかなり冷たいけれども、マス族にとっては快適ではなかったのかもだし。

こちらにはまた機会を見て行くつもりではいますが、他の管理釣り場にも入りたくなりました。コストの問題はあるにしても、サービス業の一環として釣り場管理が行き届いていれば、もう少し快適に釣りが出来るようにも思えるのですよね。

【スプーン/スピナー巻き向けタックル】
ロッド:エーテック トラウティズム 565ULT
リール:シマノ 11バイオマスター1000S
ライン:サンヨーナイロン GT-R トラウトスーパーリミテッド 4lb
リ グ:ルアー各種

【プラグ/ボトムバンピング向けタックル】
ロッド:下野 モバトラII 565ULT
リール:シマノ 10ナスキー1000S
ライン:ラパラ ラピノヴァX マルチゲーム0.4号
    +ナノダックスリーダー 4lb
リ グ:ルアー各種

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 河川釣りへにほんブログ村 釣りブログ 五目釣りへ
 
 
2013/08/20 15:54 釣り堀・管理釣り場 TB(0) CM(0)
前回の結果があまりにアレなので、もろもろ改善して再度チャレンジ。さて、どうなることやら。

 ①地味系の色のルアーの引き出しがほとんどない
  →BUX2.5gのカラシとタン、アラベスクも同様に追加
 ②ヒットブレイク
  →使用済みラインの流用を止め、新規にフロロリーダーを購入し導入
 ③フッキングが悪い
  →一部のルアー以外SBL51を外し、別途一般的なパワーのスリムなフックに換装。

やはりお昼から、午後の部です。一応、受付でルアーフライエリアの確認をしたら「ええ、ポンドと区画1~8全部入れます。今朝放流してますし」お!これは期待…いやいや今日は日曜日、午前中にせっせと掛けまくって激スレということもありますよね。

とりあえず今回は上から釣り下ります。まずは下ポンド…ん!誰もいませんね。もしかして…放流直後鉄板といわれる赤金、MIUの2.2gを入れてみます。

KIMG2743s.jpg

…って、一撃じゃんwww。その後5連荘とかしたんじゃないかな。とはいえバラシも当然あり、ジャンプでフックアウトももちろん。しかし、今度は簡単に外させませんよ。

まず、ヒットしたらティップを水中に入れる。できるだけ深く。そしてグイグイ寄せない。驚かさないようにゆっくり目に巻いてくると、案外ジャンプしません。ジャンプされても巻き続けず、テンションがかかった状態で止めて水中に戻るのを待った方が、外れにくい感じでした。

以上が一通り確認できるくらいヒットがあったのですから、相当フレッシュな状態だったのでは。とはいえ、だんだん反応が落ちてきます。となれば、スプ-ンのカラーチェンジ前にスピナーを入れてみますか。

やっぱりチェイスはガチです。この活性ならゴールドじゃなくてシルバーでも出るんじゃないか、っとブレットン#0でやってみました。

KIMG2746s.jpg

少々時間は掛かりましたがヒット、キャッチできました。#1のホロオレンジゴールドでも。あと、昨日買ってきたコッパーのスプーン(PURE2.7gのK)も入れていますがこちらはなかなかノー感じ。新品ということもあってか、ちょっと反射しすぎかもですね。

上のポンドに移動しつつBUXのカラシとタンを両方試してみると、カラシの方が反応はよくコンスタントにキャッチしております。逆に、昨日のヒットルアーのディープグリーンはイマイチでした。サカナのコンディションとカラーのマッチングを取るのは大変でもあり、面白くもありですね。

ここらで、ボトムバンピングターイム。昨日ロストしたサーモンカラーのアラベスクを投入したもののイマイチなので、キャストポジションはそのままで、気まぐれに下のポンドにダウンで入れてみると…ん!!ヒットだわ!!

KIMG2751s.jpg

斜面で足を滑らせバラしそうになりつつも、およそ尺、いいサイズでピンクの線が目立つ個体をキャッチ。全部こういうのが釣れてくるといいのだけれどw

他、上ポンドでオリーブカラーでも。そうそう、上ポンドは14時を過ぎると日陰ができはじめ、水面に掛かっていきます。これを好機と捉え、ヒカリモノ系を投入していきますが今ひとつパッとしません。15時も半分過ぎたのでそろそろ区画エリアに移動ですか。

急な斜面を降り、あらためて区画エリアを確認すると、結構人が入っておりまして。とりま上から一通り撃って行きますがサカナの密度が随分違う感じです。そもそもこちらのほうがアクセスが良いので朝から攻められて激スレの様相…わかります。

BUXのディープグリーンでようやく。そして、ヒカリ過ぎのPUREコッパーでもキャッチ。なぜか同色のカストマスターではノー感じです。スピナーも入れてみると反応は良いものの、足元Uターンがほとんど。セルタも入れていますがすべてバラシ。やはりこのタックルに軸太なスイミングフックのままではガチに掛けるのは難しい。

さて、区画1~8を釣り降りて、また上がっていきますか。人もまだまだ多いのですべてをきちんとナメるのは難しいけれども。

さて、ちょっと実験。銀スピナーでチェイスのある区画で思いっきりハイアピールなスプーンを敢えて入れてみると、あらあら追うじゃありませんか。んじゃ、ダウンで掛かるかやってみよう!

KIMG2756s.jpg

釣れちゃいました。日も傾いて、区画エリアも大分日陰が出来てきてはいたのですが、意外…。この後は超ショートバイトとバラしばかり。がんばり続けてもさすがに辛いので、早めに撤収にしました。


選別するのも面倒だったのでズックビクまるっとお持ち帰りにしちゃいましたが、さすがに無茶だったと反省。

放流直後が効いたのもあり、前回の課題についてはある程度は効果が確認できたのもあって、なかなか楽しめました。また夏に帰省の際は行ってみますかね。今度は朝行ってみたいですね。

【汎用ULタックル】
ロッド:下野 CBモバトラII 565UL
リール:10ナスキー1000
ライン:ラパラ ラピノヴァX マルチゲーム0.4号
    +ヤマトヨ フロロリーダー 5lb
リ グ:BUX2.5g、MIU3.5/2.2/1.5g、
    ブレットン#0/#1、セルタ1/8oz、
    アラベスク、ピュア2.7g、カストマスター1/8oz、他

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 河川釣りへにほんブログ村 釣りブログ 五目釣りへ
 
 
2013/04/29 01:14 釣り堀・管理釣り場 TB(0) CM(0)


そんな懸案を帰省の際に実施しましょうかと。

実家からクルマで30分ほど先にあるウエストリバーフィッシングエリア。ルアー&フライエリアはこんな感じです。

KIMG2730s.jpg

KIMG2731s.jpg

上の画像がポンド、つまり池ですね。その下流は区画エリアで8ヵ所が該当している模様。@Nifty釣りでは渓流扱いでしたが…まあ、結局流れ込みのある水たまりなので、ポンドの規模が小さくなったと考えれば一緒かな。もっと強烈な流れが欲しいんだけど、場所を間違ったか。まあいいやw

半日券を購入して12時からスタート。まずは区画エリアの上から釣り下ってみることに。ことごとくヒカリモノ、アピールモノには反応はなく、むしろ避けられている感が確認できますが、唯一スピナーだけは追いがよろしい。でも近くまで来ると反転されてしまうので、もっと遠くで掛ける必要がありますね。

以前購入して放置プレイになっていたこれとかもやはり同様、その中でも特に地味なやつを投入…おおヒット!っと思ったらバレた。ショートバイトときどきバラし。しかーし!いきなり重たい感触のあとデカマスの魚影が!うおー引くわ引くわ巻け巻けー!っとジャンプ!うおーすげー!って、見てるだけじゃダメでしょ。当然バラし…orzorzorz。

20以下のチビマスにさえもテイルウォークで逃げられ、ジャンプに気をつけながら早巻きで主導権を握ろうとするもマスの方が移動が早くてルアー置いてきぼりとか…なんだこのレベルの高さは!?何とか最初の1尾はキャッチしたものの、明らかにこちらが劣勢なのは間違いない。

その後もルアーをローテしながら他の区画も当たってみたけれど、やっぱり地味系のルアーじゃないとバイトが得られない。ちなみにディープグリーン艶消しのBUXがダントツで、完全黒の艶ありBUXはノー感じ。ゲンゴロウじゃないけど表面処理だけでこんなに違うのか…なんとシビアな。。。

それ以外に有効そうなのは…あった!デカベスクがあるじゃまいか!っとマルタにも大人気のサーモンカラーを群れている付近に落としボトムバンプ…ん!いきなりガッツーンっとひったくるようにヒット!おっしゃー…え?軽い?何も付いてない?…よりによってヒットブレイクとは…タヒにたいorzorzorz。

ハダイロはまだショートバイトがあったからいいがフレイムは完全スルーとな。もうBUX以外闘えるルアーがないじゃないか…これはガチに困った。あと、できることはないか…。

そういえばロッドが管釣り向けトラウティズムなところ、PEライン+マルタベースの強化フックでは掛かるものも掛けられないのでは?そんなこともあろうかとwいやいやミノーイング向けに下野モバトラIIも連れてきていたのでした。これで少しはヒットをモノにできるかな。

実はこの日、意外に風が強く雲の流れも早い状態で、数分レベルで日差しの明るさが変わっていきます。もしかして、太陽が雲に隠れたタイミングならヒカリモノもイケるかも?そういやシルバー、ゴールドは試してるけどコッパーはやってなかったか。

KIMG2735s.jpg

カストマスターのコッパー、数投でバッチリキャッチとな!曇っている状況でアピール具合を確認すると、派手なキラキラはなく輪郭しか見えない感じになってます。そういうことか…。

そろそろ持ち時間も半分を過ぎました。舞台を区画エリアからポンドに。ここは山の斜面の影響で既に日陰になっています。ここで再びカストマスターのコッパーを投入、早速ヒット~キャッチでございますw

ならば、と未だにマルタでヒットがないMIUのシルバーなアワビモデルを投入…おおやっぱりヒット!フッキング位置も良くキャッチ!相変わらずショートバイトやバラしは多いものの、キャッチ率がビミョーに改善されている気がします。やはり、ロッドを硬くして正解だったような気が。

さらに日が傾いてきて、風が冷たくなってきた。ここでキャストのポジションを変え、スピナーをダウンクロスで巻いてみることに。

KIMG2737s.jpg

ブレットンの#0ゴールド黒点です。ようやく入魂できましたね。ダウンのヒットの感触を久しぶりに味わいましたよ、ええw

その後も頑張りましたがこれ以上の釣果は得られず。キャッチした個体はすべて20センチ程度なのでリリースしています。


その後、甲府市内のJSYに直行しウィークポイントを克服すべく投資したのは言うまでもありませんw…明日の(下)リベンジ編に続きます。

【汎用ULタックル】
ロッド:エーテック トラウティズム 565ULT
    →下野 CBモバトラII 565UL
リール:10ナスキー1000
ライン:ラパラ ラピノヴァX マルチゲーム0.4号
    +デュエル ハードコア フロロプラス 5lb
リ グ:BUX2.5g、MIU3.5/2.2/1.5g、
    ブレットン#0/#1、セルタ1/8oz、
    デカベスク、カストマスター1/8oz、他

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 河川釣りへにほんブログ村 釣りブログ 五目釣りへ
 
 
2013/04/28 01:08 釣り堀・管理釣り場 TB(0) CM(0)
いろいろ諸事情があって(まったく、諸事情ばっかりだわこのおっさん…)、今日ようやく子供と釣りに行くことになりました。場所は、多摩川でも海でもなく、釣堀。それも金魚釣りということで子供から指定がありまして。

お昼前に家を出て途中でランチして、13時すぎにJR市ヶ谷駅に到着。そう、あの市ヶ谷フィッシュセンターの釣堀です。最初は金魚って言ってたけど駅から釣堀を見たら「コイがいい!」っていうもんだから予定変更。とりま1Hだけコイ釣り、ですがいきなり玄人常連さんに混ざるのはアレだし、初心者向け短竿コーナーがあるのでそちらに入ります。

レギュレーションについては事前調査していなかったし全部借りるつもりで、自前のタックルは持ってきていません。これがまた、ビミョー…。

2mの硬めのソリッド竿なのはまあともかく、リグは3号くらいの蛍光ラインに固定棒ウキ、片結びで2号くらいのハリス50cmくらい、その上に板錘を巻いたものが付き、針は8号くらいのスレ針。竿に巻きつけてあるのでクルックルですわw。エサもやはり硬めに練ってあってそのままで寄せるのはこれもビミョーとビミョー尽くしw。

とにかく、板錘から下が50cmとかわけがわからんので(海釣りか…)、板錘を一旦外し、針のチモトまで移動させ底を取り、針から20-30cmくらいのところで固定します。餌は少し水を足し一旦潰して柔らかめにしましたが、おいそれ水入れすぎだろってwwwさすが子供、いつの間に。

アタリが出てもさわるとかそういう感じで、ガッツリ引き込むことはなく。これを的確に合わせるのは相当釣り込んでないと難しいだろうな、と思った傍から子供が飽きてきて、関係ないところにエサをドバドバ撒くし、引っ掛かった藻で釣るんだとか言って頑張ってたり…んんまあ、子供にガマンしろという方がムリですわ。

KIMG2333s.jpg

子供はあちこち移動してやってますが、やはり釣れません。こちらは何度かアタリをもらっていますが全然乗らず。しかし、チョコンではなくグッと押さえ込むようなのがあったので、これはイタダキ!とばかりにアワセ。おっしゃー乗ったぁ!

KIMG2336s.jpg

ようやくボ抜け。子供に見せたらさすがに戻ってきて、隣でまたヤル気に…っておい!キープしてるコイに餌撒いてどうするかねwww。とまあやっぱり飽きてます。んでも、これだけ餌撒いてるんだからその辺りで釣れるんじゃない?って近くに糸を垂らさせたら、おお!いつの間にか釣れてるしwww。

KIMG2337s.jpg

まさにドヤ顔www。実はスレなんですがそんなことはどうでもいい。子供も嬉しいけど、自分も嬉しいね。

結局2Hやってしまって釣果はお互い1尾のみ。合計1.5Kgで補助サービス点数券が1点と0.5点を頂きました。このポイントをある程度集めると、1時間無料になるという嬉しい仕組みも。

さて、もう1Hやると帰りの時間が危うい。子供は結局金魚もやりたいようでスタッフさんに訊いてみると、金魚は30分単位だそう。んじゃおやつ食べる時間ないけど、サクッとやっちゃいますか。申請はアクアショップ内でやるとのことで、早速お金を払い竿と餌をもらってきました。

KIMG2338s.jpg

何だか、いきなり釣りやがりましたよ。こんなことで親の威信が揺らいでおりますwww。

さてさて、金魚釣りの方も非常にざっくりした仕掛けでして、クセのある太めのラインと小さい玉ウキ、フトコロの大きいスレ針(呑まれ防止の為じゃないかな)で、餌はつつきに来るけれどまるで掛からない。こりゃウキでアタリをとるよりもサイトで掛けた方が簡単か。

以下、俺流金魚釣りメソッドw。すっぽ抜けもあるけど、これでヒットする確率は結構上がったかな。

①ウキは見ないでサイトに徹する。底まで沈めるので、ウキ下は長くしておく
②餌は小さめ、かつ硬めで構わないが、フッキング確度向上の為、針先は必ず出しておく
③投入後、落下していく餌(針)をつつきに来る金魚はスルーして必ず着底させる
④つつく金魚がいなくなった場合は、ここでちょっと煽って誘いをかける
⑤着底した状態で金魚が寄ってきて、2-3尾で争うようにつつくようになるまで待つ
⑥ラインをゆっくり張り、深く咥えたように見えたら、電撃アワセw

KIMG2342s.jpg

もうね、底に対して垂直に近い姿勢でつつきに来ればしめたもの。画像の通り、金魚の口に対してかなり針が大きいので、針の角度に合わせてフッキングし易いように魚の姿勢を変えるようにもっていく、ということです。

KIMG2347s.jpg

そんなこんなで、あっという間にタイムアウト。金魚釣りの30分の釣果はこんな感じで、自分7尾、子供2尾。このペースなら、ツ抜け/hはできそうですよ(大人気ない…)。


何かね、ホントにフツーの人がフツーに釣りをして楽しんでますよね。仲良し同士でカラオケいくとか、ボーリングいくとか、そういう空気。これはこれで充分アリなんじゃないかと思いました。自然相手にヘンな覚悟持つとか全く要らなくて、逆に野釣りしか知らない人が行くと確実に戸惑います。

「またいこうね」「うん!」ということなので、そのうちリベンジがあるかも知れません。竿や仕掛けはアレですが、マイヘラ浮きを持ち込んでいる人も見掛けたし、次回はもっとスキルアップしたいと思います。とにかく、楽しかった!

【市ヶ谷フィッシュセンター コイ短竿タックル】
ロッド:グラス製2mソリッド
ライン:蛍光ライン3号程度
リ グ:ライン直結ハリス2号程度50cm+棒ウキ固定+板錘+スレ針8号程度
ベイト:市ヶ谷フィッシュセンターの練り餌(スイミーっぽい色)

【市ヶ谷フィッシュセンター 金魚タックル】
ロッド:グラス製1mソリッド
ライン:蛍光ライン3号程度
リ グ:ライン直結ハリス1号程度20cm+玉ウキ小固定+サルカン+スレ針4号程度
ベイト:市ヶ谷フィッシュセンターの練り餌(スイミーっぽい色)

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 河川釣りへにほんブログ村 釣りブログ 五目釣りへ
 
 
2013/01/27 22:37 釣り堀・管理釣り場 TB(0) CM(0)
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
リンク
QRコード
QR