あんまり難しくない釣りを、自分なりにこだわって。
プロフィール

cajonica

Author:cajonica
お金を掛けずできるだけ近場で簡単に何か釣れたらイイナ…という感じです。

twitter
Weather-GPV
カウンター
現在の訪問者数:
現在の閲覧者数:
タグリスト

帰省の移動中に、気になっていた千代田湖の状況をスマフォからチェック。
まあ、相変わらず小さいながらもそこそこ釣れているようですね。コイ釣りや明日の諸準備があって、到着したのは15時くらい。

DSCN1826s.jpg

これが平水かな。夏の渇水状況が、如何に異常なのかがわかります…。いつものように南側の空き地にクルマを停め、西側を北上しランガンしていきます。

DSCN1833s.jpg

水が多くサカナが散っているので夏ほどではありませんが、フツーに釣れてきます。フリックシェイクは鉄板万能餌wですが、ギルは油断するとすぐに飲まれてしまうので要注意。

DSCN1830s.jpg

バスも来ました。2インチセンコーの使いやすさはガチであります。

DSCN1831s.jpg

これが一番大きいか。20upです。相変わらず痩せてるなあ…バスならクチが大きく、針外しが使いやすいので飲まれてもラクだけど、早急にリリースできるに越したことはないです。

DSCN1834s.jpg

とある樹木の枝のオーバーハング下…ご覧の通りの密度。小物釣り師wとしては、コレを撃たないテはありません…。しばらくワームを落としましたが反応はなく。しかし、水面に活発に波紋が…よっしゃやってみるか、アレを。

何かの間違い狙いで持ってきたザラポーチ2つ。とりまできるだけ遠投して、水面の波紋が消えたらチョコン、さらに消えてチョコン、いきなりワンショットでダイブさせしばらくステイ、などなど…かれこれ四半世紀前に見たトップウォーター本に載っていたアプローチを思い出し、こんな感じかな、っと…おおっと出た!!

一発では乗らなかったものの、マズメタイムで活性も上がってきたのか失敗にもめげず何度も突きに来る。ん?波紋が出てるけど、ルアーがない…ロッドにも…乗った!!

DSCN1836s.jpg

おっしゃーキャッチ!やっぱりトップウォーターゲームは楽しい!!

この調子で引き続き…あらら着水ストライクまで出る始末w 一度はラインスラックを取りすぎてロッドが弾いてしまったのだけれど、相変わらず反応は活発で、大変よろしいwww

もう1尾を追加したものの、オバハンの枝にルアーを巻き付けてしまいロスト…あああ、あと一個しかないや。オリザラやザラパピーみたいにどこにでも売ってるわけじゃないから、実に痛いorzorzorz

そんなわけでYAGUCHIカラーのザラポーチを使うしかない。これは津久井湖の矢口釣具店に行かないと入手できないから、ますますレアなのですよ。恐る恐るながら入れてみると…。

DSCN1838s.jpg

おっと、ちゃんとストライクするじゃないですか!FTより地味だからアピール不足かと思っていたけど、そんなのはどうでもいい活性みたいです。でもだんだん暗くなってきたしそろそろお開きかな、って…。

DSCN1840s.jpg

着水ストライク!ベリーフックの方が掛かってました。ガチで喰いに来てるのか?その後はさすがに暗くなってきたので撤収しました。


小バス2ギル7うちトップでキャッチしたのはギル4。夏は小バスもトップに出てくれるといいなあ…。

今回はやらなかったけれども、基本ワーム向けの硬めのタックルなので、これを管釣りT(次にアップする管釣りの記事で使っています)にしたら、トップルアーへの乗りは改善されるんじゃないだろうか?サカナのサイズもこんなだし、全く問題ないと思うのだけれど、どうでしょうね。

ザラポーチの補充とそのくらいの大きさのトップルアーをある程度揃えて、帰省した夏にまた入りたいと思います…。

【コバッチ捕獲用ULタックル】
ロッド:ゴールデンミーン JJ-Pack JPS-68
リール:シマノ 11バイオマスター1000S
ライン:ラパラ ラピノヴァX マルチゲーム0.4号
    サンライン ベーシックFC 5lb(リーダー)
リ グ:ノーシンカーワッキー、スプリットショットなど
    ザラポーチ(FT、YAGUCHIアユカラー)

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 五目釣りへにほんブログ村 釣りブログ マルチアングラーへ
 
 
スポンサーサイト

そんなプランでおりまして。しかし、台風がガチに来ているということを知ったのは出発の前日。2種類のタックルといくつかのリグがあればいろいろできるけども、天候如何では最悪14日(土)の夕方しか釣りができないわけで。

夕方、富士川本流でミノーを入れてみることも検討したけれど、久し振りに実家の家族と食事に甲府の近辺まで出掛けることもあって、千代田湖へ入ってフィネスなソフトルアーを入れてみます。

DSCN0930s.jpg

これ、湖畔の南側から西側を見た光景。先日よりも一段と減水が進んでいます。こんな状況ですから、水際から10m離れても大した水深にはならず、ロングキャストが出来ればまだしも、フィネスなワームでは飛ばず藻の濃さも濃縮されているようで、サカナがワームを発見できるところまでは到達が困難…orz。

左回りに結構歩いて、ようやくゲームになりそうな辺りまで来ました。

DSCN0932s.jpg

いまや鉄板、フリックシェイク2.8インチのWMでギル2尾。この個体は比較的サイズも良く力強い引きでしたが、キレイに呑まれましたとさorz

続いて、偽クマタロウでギル1、やっと子バスが1尾釣れました。極力気をつけてはいるのですが、キャッチする度にワームを吹っ飛ばされてどこへ飛んだか分からなくなってしまうので、ロストするのはともかく、環境への影響が気になります…。

徐々に水際をランガンしつつ、ワームの種類とカラーをいろいろ変えてみます。2インチセンコー、スワンプマイクロ、と試してイマイチなので2インチグラブも入れてみますが、却って反応が取れません。ダウンショットでは藻が多くてアプローチが困難なのでずっとノーシンカーってのもあるのでしょうが、ここ、巻く釣り方では不利…。

まあ例によってギルが当たっても、フックのあるところまで食いきれず…スプリットショットを入れて飛ばしても、ノーシンカーで近場でもイマイチ…もうマズメタイムだというのに、何をやっている!?…あ、あれは試してない。イモ30の#354(ゲイリーのサイトのカラーチャートには載っていません)!

なんと、一投目でキました!

DSCN0936s.jpg

やはりギルは食いきれないみたいですが、この後こんな子バスを連発…しかし、辺りは結構暗くなって来ていて、4尾目を境に反応はなく…さすがにもうワームは見えていないのかも。

念のため、プロブルーのセンコーで輪郭を見せたり(半月ですが結構明るかった)、2.5インチGテールサターンを入れ波動で寄せる方向にアプローチしましたが結局ダメ。時間で引き上げとしました。


もう今年は実家に用事はないので、次回があるとすれば年末年始になるけれど、そんなシーズンでもギルコバッチタソには構ってもらえるのかな?多分多少なりとも深場に潜ってしまうので難しい釣りになると思うけど、まあ一応検討はしておきますか…。

【コバッチ捕獲用ULタックル】
ロッド:ゴールデンミーン JJ-Pack JPS-68
リール:シマノ 11バイオマスター1000S
ライン:ラパラ ラピノヴァX マルチゲーム0.4号
    サンライン ベーシックFC 5lb(リーダー)
リ グ:ノーシンカー、スプリットショット

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 河川釣りへにほんブログ村 釣りブログ 五目釣りへ
 
 
すっかりあきらめたので期待はしませんが、もしかしてもしかするともしかしちゃうんじゃないか…05時に目が覚めてしまったので2Hほど行ってみましたよ。すっかり忘れていた最寄のあのサカナのポイントエリアへ。日曜はSHTがあるしもうバッチリな日差しに当たるのはカンベンなので、サクッと。ええ、保険なしです。

早速、偽クマタロウをダウンショットで落としてみましたが、2連続根掛りでリグをロストorzorzorz…もういい!オフセットフックが使える2インチセンコーをライトテキサスで…うあこれじゃあ、重すぎてストンと落ちすぎ…んじゃノーシンカーにしますかね。もともとそこそこ重いし。

カラーをプロブルー、ギルカラーと変えてあちこちの穴や周辺に落としますがノー感じ。やっぱダメだわ。ホントにあのサカナはいるのか???所詮多摩川なのかwwwとはいえ、水面へのライズめいたものもあり、全くいない感はないのですが。沈めたらダメなのか?周りの明らかにやり込んでいるバス師達にもヒットがない様子です。

ふと、穴付近の水面を見ると、ちっこいウキゴリがフハフハしながら浮かんでいます…ひょっとして、ウキゴリ喰ってるかなあ?まあダメモトでシナモンに換装。同じように探っていきます。

何度か落とし込んではツンツンとやり、また落とし…ん?根掛り??えーなんでオフセットで根掛んだか。またロスとかorzorzorz…とりあえず引き抜きますか、って…何かグラグラしてない??え、えー!?今魚体がヒラを打ったでしょ!!!

その色から、ちょっといいサイズのフナが釣れたんじゃないかと思って、これはこれで良かった!と思ってしばし潜られないようにファイト…いや違う。えー、まさか、クチが小さいあのサカナのガチサイズ(俺にとってはね)がついに、キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!

さて、ランディング。護岸から水面まで意外と距離があって、タモも持っていないし、最寄のテトラに降りてハンドキャッチするというワークアラウンドも浮かばず…じゃあ、抜いてみるか。地域の八百万の神々を召還、その魂をロッドに宿しハ・ハ・ハ・ハイパーDokkoisyoを発動!!でもこれ、このサカナじゃかなりカッコ悪いwww

どーん!!って言うほど大きくはないねw。

DSCN0894s.jpg

一応、いままでに釣ったクチが小さいのとしては一番大きいか。

DSCN0895s.jpg

サンマルいってないけど、どうでもいい。そもそも大きいのは狙ってないし(だからタモを持ってきていない)ほとんど事前知識がない状態で現場の状況を考え仕込んで釣った(釣れた?)ことに意義があるのよね。これもサイズじゃないプレミアムなサカナ。



その後、もう少しやって2.5インチGテールサターンのスプリットショットにギルが食ってきたけど、長くてフックまで呑めませんでしたorz。まあいいやね。今日のところは充分です。

あー良かった。これで心置きなくアジを釣りに行ける。あ、アジングじゃなくてサビキですw

【コバッチ捕獲用ULタックル】
ロッド:ゴールデンミーン JJ-Pack JPS-68
リール:シマノ 11バイオマスター1000S
ライン:ラパラ ラピノヴァX マルチゲーム0.4号
    サンライン ベーシックFC 5lb(リーダー)
リ グ:ダウンショットリグ、ノーシンカー、スプリットショット

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 河川釣りへにほんブログ村 釣りブログ 五目釣りへ
 
 
東京に戻りながらの釣り。懸案になっていた四尾連湖で、実際に小バスを釣ってみることとしました。駐車料と(釣り)協力料を民宿の方に支払い、早速湖畔に入ります。まずは桟橋。

DSCN0848s.jpg

とりあえず釣れましたが、ほとんどがこれよりも小さい個体でフッキングは困難です。ちなみに、こちらの湖にはギルは移入されていないので、本当にこのコバッチが釣れなければボになるところです…まずは良かったw

DSCN0852s.jpg

周辺にはこんな感じでコッパが群れています。ガチで釣るなら袖5号くらいの針にミミズで爆釣と思われます。

さて、もう少し大きいのを…と探すと付近にもいることはいるのですが、傍を通してもスルー、たまに興味を持って寄ってくるものの最終的にスルー、といった感じで全く釣れる気がしませんorz。それでは、と日が当たらないうちに西側のストラクチャー周りを確認しますかね。

何気にコイが湖底をスパスパやっているのをやり過ごし(デカいし体形良いし)、樹木の下のオーバーハング周辺や、水草の茂った辺りにワームを落とし込みますが、ほとんど反応がありません。見えコバッチも確認できないので不安に思っていると、追われたオイカワが岸に向かって突進してきます。

こいつらサカナ喰ってるモードなのか?だったら、それなりのものを用意しないといけないね…。一昨日、甲府までワームを補充に行った際に買ったセンコーのギルカラーをチョン掛けしてガン玉をフックのすぐ上に付け、簡易ジグヘッド状態でキャスト!

1-2投目だったかな?フォールしきるのを待っていると、なにやらラインが動いているような…喰っているか反応を見るべくちょっと引っ張ると確かにアタリのようなものはあるけれど、途中で外れるのもイヤなんでそのままのテンションを保持、やがてヘッドシェイクで重みが乗ったところで、アワセ!!

うわこの引きはガチか?ガチサイズなのか??とはいえ所詮コバッチなので、寄せるのはラクショーなのですが。

DSCN0849s.jpg

やったね20up!!ベイトパターンを読んでハマるようにアプローチを変更することなどバス師にとっては当たり前のことなのですが、自分だけで判断して読みが成功した時の喜びはまた格別なのです。サイズに関係なくメモリアルフィッシュですよ、コイツは。

しかし、その後は全くノー感じ。東側の水草周りも当たってみましたが反応は得られず。最後に、オーバーハングの木の枝に引っ掛けてしまいリーダーごとロストした段階でお開きにしました。

通りすがりの方の会話が聞こえてきて「ブラックバスの駆除はやったからもういないよ」とか何とか…平日には当たりますが、どうりでバス師を見かけないわけです。宿泊ファミリーのハッスル振りや子供達の歓声などでプレッシャーもそれなりにあるので厳しいのはわかるけれど…。


バスを駆除したからといって、昔のモツゴやフナのいた湖に本当に戻せるのかどうか。そして、観光客を増やす、というビジネスの観点でバスを、バス師を否定したことに誤りがないかどうか?(富士五湖の一部はバス容認に回りましたよね)それはこれから検証されていくことかと思います。

さて、実はレンタカーの返却リミットは21時。まだ余裕があります。せっかくなんで返却前にサクっと掛けにいけるところ、それも電車で移動が難しいところ…んー、ここだ!


立日橋周辺も考えたのだけれど、駐車場の情報がよくわからないので、釣果の担保はさておき確実にクルマが停められる公園が近くにあるところでこちらにしました。

しばらくは日が高くて釣れる気がしませんでしたが、足元近くでリーダー部分が見えている範囲ではコッパがワームを突付いているのは確認できました。さすがにフッキングは厳しいのですが、反応がかなり良いワームがあるのでそれで粘ってみます。結構濁りがあるので、WMなどナチュラル系カラーは不向きの模様。

へら師が帰ると共にバス師がだんだん増えてきて、マズメタイムの様相を呈して参りました。芦ヘチにも入れてはいるものの、確実に反応が取れるのは足元付近。まあ玉砕覚悟だし間違って小ギルでも釣れればいいか、位に考えていたのですが…。

また突付かれてアワセてもピュッと外れるんだろう、位でそっと引っ張ると何だか重い。根掛りかと思ってラインを見ると動いてますね、これ…ゆっくりトルクを掛けてロッドを煽ります…ガチが掛かってる!!

DSCN0860s.jpg

まとめtweetの個体、25センチジャスト。ザンネンながら呑まれているのでリリースに手間取りましたが(これまでの釣り場で手持ちの針ハズシを全部忘れてきましたorzorzorz)。画像は、基地に帰還する航空機とのツーショットです。

DSCN0861s.jpg

ギルも釣れました。このワーム、どう見てもミミズですよねwww。小物がリアルベイトに傾倒するのは、小中学生のエサ釣りが効いているのかな。やはりここにもコイはいますが、このワームで釣れたりするんじゃないかと戦々恐々だったり。

そろそろ引き上げますか、のタイミングでもう1尾を追加。

DSCN0865s.jpg

さっきよりはちょっと小さいけど、なかなかいいコバッチ。これをリリースしてクルマに戻りました。あ、行きも帰りも多摩川を歩いて渡っています。遠回りして橋を渡らなくていいし、いまどきなら何より水が気持ちイイですよ。


また実家に行くことがあればやってみたいと思いますが、このメソッドが多摩川本流のクチの小さい奴にも有効なのかどうかは、一度調査したいと思っています。

【コバッチギル向けワーム釣り ULタックル】
ロッド:下野 モバトラII 565ULT
リール:シマノ 10ナスキー1000S
ライン:ラパラ ラピノヴァX マルチゲーム0.4号
    +ヤマトヨ フロロリーダー 5lb
リ グ:ノーシンカーワッキーorちょん掛け
    デコイ ショットリグワーム10 #6
    or +ガン玉2番
    ジャッカル フリックシェイク2.8インチ WM+BF
    ジャッカル シザーコーム2.5インチ WM+BF
    ゲイリーヤマモト 2インチ ヤマセンコー WM+BF
    ゲイリーヤマモト 2インチ ヤマセンコー WM+GILL/CLR
    レインズ スワンプマイクロ クマタロウ(CTG特注)

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 河川釣りへにほんブログ村 釣りブログ 五目釣りへ
 
 
この日は、丸一日使って精進湖版をやりました。ワラシベプレイの準備はしておいたのですが、ミミズを忘れたのと(どっちにしても前日の暑さでgdgd、冷蔵庫に置いておいてもあまり使い物にならない…)ボートに乗るべきかの判断に悩んで、結局やっていません。

DSCN0790s.jpg

06時半くらいに到着。既に何人か先行者がありクルマが止まっております。昨年のような間違いが起きないかとLタックルでシャロクラやミノー類を小一時間巻いてみますが反応なし。もっと早く到着して暗いうちから準備するくらいじゃないとダメでしょうね。

その後はULTのソフトルアーに切り替え、溶岩帯をランガン。

DSCN0793s.jpg

フツーにギル、たまにコバッチは釣れてきますが、魚影としては明らかに千代田湖の方が多いような気がします。

DSCN0804s.jpg

ウィード周辺を当たっても活発なレスポンスはありませんし、溶岩帯についてもそこらじゅうに居るという感じではないですが、ワームの存在に気づけば、そこそこ釣れます。でも、小さすぎてフッキングできないこともよくあります。

DSCN0802s.jpg

このコバッチは、ギルが群れてワームを突付いているところにいきなり入ってきてワームを奪っていきました。その間のスピードの速いこと速いこと!


ともかく食事を摂りましょう。ということもあり、いつもの反対側、湖岸西側の町営駐車場にクルマを止め、最寄で食事を済ませます。

さて、午後の部…日が傾くと日陰になる西側エリアの溶岩帯に入りましたが、いやはや人大杉でしょこれ…。渇水中なので溶岩の島にボートなしで渡ってあちこち入れてみる…というのはやりましたが、風が強くワームが流されてしまうこともあり、反応がほとんどないとは…多分ガッツリ沈めた方がいいけれどテキサスもできないし。

1ヶ所ギルとバスをバラした島のポイントがあり、時間を空けてもう一度入ろうとしたら既に人が入っていて、その脇道をさらに何人ものバス師が通っていく…これはダメだね。でも他の人がバズベイトでトップに出し一撃キャッチな瞬間も目撃したし、このコンディションにして釣る人は釣るのでしょうけど、こんなの無理…。

DSCN0805s.jpg

風裏になるところを探しつつ、途中からLTに4インチカットテールを装着してULTと併用していくものの、反応は乏しい。しかも根掛かりロストが多く、モチベーションは下がる一方…。浜の左側の、ヘラ師が良く入る辺りの方がまだプレッシャーが弱いかと思って移動ししばらくやってようやくPMは1尾。18時半には撤収しました。


行脚はパンプカ/管釣りを挟んで、実家最終日に四尾連湖へと。

【コバッチギル向けワーム釣り ULタックル】
ロッド:下野 モバトラII 565ULT
リール:シマノ 10ナスキー1000S
ライン:ラパラ ラピノヴァX マルチゲーム0.4号
    +ヤマトヨ フロロリーダー 5lb
リ グ:ノーシンカーワッキーorちょん掛け
    デコイ ショットリグワーム10 #6
    or +ガン玉2番
    ジャッカル フリックシェイク2.8インチ GP+BF
    ジャッカル シザーコーム2.5インチ WM+BF
    ゲイリーヤマモト 2インチ ヤマセンコー WM+BF
    ゲイリーヤマモト 3.5インチ カットテール WM+RF

【ハードルアー/ワーム釣り Lタックル】
ロッド:バークレー ガルプ!スティック GSS-706L TE ORG
リール:シマノ 10ナスキー2500S
ライン:ラパラ ラピノヴァX マルチゲーム 0.6号
    +サンヨーナイロン ナノダックスリーダー 10lb
リ グ:ハードルアー各種
    ノーシンカーワッキー:デコイ ショットリグワーム10 #3
    ゲイリーヤマモト 4インチ カットテール WM+BF

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 河川釣りへにほんブログ村 釣りブログ 五目釣りへ
 
 
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
リンク
QRコード
QR