あんまり難しくない釣りを、自分なりにこだわって。
プロフィール

cajonica

Author:cajonica
お金を掛けずできるだけ近場で簡単に何か釣れたらイイナ…という感じです。

twitter
Weather-GPV
カウンター
現在の訪問者数:
現在の閲覧者数:
タグリスト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- スポンサー広告 TB(-) CM(-)
cajonica / cajonica【かほにか】
多摩川釣りおわた。鯉70cmクラスを掛けたもののML6ftのロッドでは思ったように寄せられず芦の株にラインが絡むなどして格闘30分、ランディング直前に口が切れて終了。疲れました at 09/18 19:05

cajonica / cajonica【かほにか】
今回は道具の限界を思い知ったわけで。50cmと70cmの引きがこんなに違うとは…次は12ft位のシーバスタックルを導入してみようかと。まあコミコミ4ケタの範囲で安く上げるのですがね at 09/18 19:41

そもそも冷静に考えてみると、Lアクション(MLは間違い)のトラウトロッドでコイ狙いでブッシュ周りを攻めること自体が有り得ないが、一度釣ってしまったら自重できなくなってる俺ガイル。この時は子供を連れて行ったこともあって、「ここやばいよなー、釣れてくれるなー…」「もっと釣れろー!」といういわゆる、天使と悪魔が戦ってる状態なのです。

cajonica / cajonica【かほにか】
安物でいいんです。所詮パンプカですから。
 at 09/20 18:31


cajonica / cajonica【かほにか】
件の70オーバーCarp、そして障害物に備えたタックルの選定。リールはSHIMANO AERNOS 4000番ラインナイロン4号150mを確保している。ベアリングが少なくて多少ハンドルが重いが、回りだせば大した差はないし。 at 09/26 00:32

最低でも太目のラインが巻けるリールは欲しいなあ、と。で、09エアノスのC3000って付いてるラインが4号巻きなのか、3号巻きなのか表記で判断できなかったので、矛盾のない4000、面倒なのでライン付きをチョイス。ダイワはこの辺りが判りづらいのでパス。4000ってC3000と比較すると、100gほど重たいのですが、ドラグ能力とか考えると、いい選択だったのかな、と。自分の感覚では、4000でも全然大きくなくて過剰とは思えないです。むしろ、小さい方が不安だったり。

そうそう、釣りのノウハウは中高生の頃の状態で止まっているので、ワゴンリールのクオリティに正直ビックリしています。

cajonica / cajonica【かほにか】
これに遜色ないスペックのロッド、それも安テレスコとなればA-TEC(AlphaTackle)TRGR AシリーズのM~MH、ないしDAIWA CROSSBEATのMしかない。短めの投げ竿もコスパが良いので検討したが、ガイドの小ささと重さが気になってパス。 at 09/26 00:33

cajonica / cajonica【かほにか】
このTRGR、某掲示板上では「ふにゃふにゃ」とダメ出しを食らっているが、仕舞寸法を考えるとTRGR一択にならざるを得ない。幸い近所の上州屋にA866MHの在庫を見つけたので、近日中に確保する予定。9Kだけどまあ相場ですかね at 09/26 00:35

cajonica / cajonica【かほにか】
パンプカメインロッド確保。電車や高速バスでの移動を考えると出来るだけ仕舞は短い方がいい。コイツは54センチ、リュックの背丈を越えるのは危険なので。
 at 09/26 16:24


2ピースならもっと安くていいのがいくらでもありますよね。クルマは持っておらず電車・路線バス移動が基本、実家へは高速バスで移動、となればテレスコでできるだけ仕舞が小さいやつ。可能ならリュックより短くて、それでいてバット部のパワーがあるもの。汎用性が高くて選択肢の多いMLとMHでは随分違いますから、、、と考えるとこんなものですかね。

CA3F0203s.jpg


cajonica / cajonica【かほにか】
効率の良い道具と引き換えに、失うものもあったりします。50センチクラスの引きでも相当楽しかったのに、全然物足りなくなってる…。まあ確実にキャッチして放してあげたほうがサカナさんの為という、いや釣りという行為そのものが人間のエゴそのものなのですがうわああ at 10/02 19:24

この頃は、止水ないし微流なところに棲むコイしか釣ってなかったんですね。いざ本流でキャッチしてみると、同じサイズでもパワー感が違うし、またスレ掛かりの場合は更に引くので、50センチ台でもちゃんと楽しめます。逆にいままでのタックルではオールラウンドには使えないということになりますね。ルアーやってる方が暇なときにやるパンコイは、タックルが弱くても根本的に駆け引きが上手なので問題ないのでしょうけど、自分はムリですね。
 
 
スポンサーサイト
2010/09/26 00:00 タックルなど TB(0) CM(0)
子供を連れて、パンでコイを狙っての釣りに初めて行きました。

cajonica / cajonica【かほにか】
明日子供と多摩川に釣りに行くのですが、大口&小口や青いエラのサカナなど外来種が釣れてしまったら、釣り上げた後はみなさんどうしているのでしょうかね。もっとも釣り方はパンプカですが at 09/18 00:07

ロッドとリグ以外は20年以上昔のもの。まあ、あんなデカいサカナが簡単に釣れるわけないし、こだわらずに何か釣れたらイイナ!くらいの感覚で。

最近よく話題になる「おさかなポスト」を確認してから、釣り場に到着。随分な浅場なのに70-80cmくらいの大コイが2-3、うろうろしています。これは釣れないだろーと思いながら、一応近くにコ式を投げチャミングしてみると、お、反応あり!しかし、ギリギリで見切って口でパンのついたフックを吹き飛ばしているという、これはなんというおりこうさん。まあこれだけメジャーな釣り場にいるのだから、スレまくるのも当然なのかな、と。

cajonica / cajonica【かほにか】
稲田公園前で。まずは50cmオーバー、デカくて取り込みがタイヘン
 at 09/18 16:12

そんなわけで、キャストが届く範囲でもっと深いところがある場所に移動したら、割とあっけなく1本釣れてしまいました。パワーがないタックルなのでいつ水中のテトラに潜られるかドキドキしながらの駆け引きがかなりスリリング。

100918_1411~01s.jpg

時間を掛けて寄せたものの、ロッドごとブッコヌキはありえないので、ラインを手で持ってそーっと。こんな状態ですからコンクリ直置きは止むを得ないのですといくらでも言い訳したい気持ち。しかし、子供は大喜び。水面まで両手に抱えて、リリースしてもらいました。

あと、ここでは永遠のジャミとなる、カルガモを初めて釣りました。可哀想なのと爆笑したいのと、何とも複雑な気持ちです。これで1羽調教完了orz

cajonica / cajonica【かほにか】
多摩川釣りおわた。鯉70cmクラスを掛けたもののML6ftのロッドでは思ったように寄せられず芦の株にラインが絡むなどして格闘30分、ランディング直前に口が切れて終了。疲れました at 09/18 19:05

その後、河川敷のとある野池に行きました。狭いし芦が生い茂っているところなので危険を感じつつも、チャミングを続けながら投げてみたものの、コイさんにはひたすらスルーされ続けていたのです。しかし、ちょっと目を放した隙に、いつの間にやら乗ってしまったんですね。バットまでばっちり曲がってしまい全く意図しない方向にラインが動いていきます。ドラグを鳴らしながら耐えるのが精一杯、さっきの引きとはまるでレベルが違う!

落ち着いたと思ったら、ラインは左脇の芦の茂みの中。コイさんがバッチリ確認できる距離なのにラインを外側から引っ張ろうとしても、背の高い芦に阻まれ、6フィートのLロッド(MLは間違い)では誘導できないという。しかも、子供の延べ竿の仕掛けが絡む始末。どうしようもないので、近くで小物釣りをしていたおとうさんにアドバイスを受けながら、ラインを緩めつつ(もう、コ式ロストしても、バレてもいいよねぇ…)子供の延べ竿を使っていろいろやっているうちに何とか芦のない場所まで誘導完了、さてランディング…と思いきやご覧の通り。ホント、ご迷惑をおかけして申し訳ありませんでした。

おとうさん曰く「ここで一番大きいコイだね。70センチはあるんじゃないか」このとき、激しくリベンジを誓ったのはいうまでもなく。

cajonica / cajonica【かほにか】
今回は道具の限界を思い知ったわけで。50cmと70cmの引きがこんなに違うとは…次は12ft位のシーバスタックルを導入してみようかと。まあコミコミ4ケタの範囲で安く上げるのですがね at 09/18 19:41

そんなわけで、頑丈なバットとある程度の長さを持つ割とお安いロッドを探すこととなりました。

【この日のタックル】
ロッド:SZM トラウトスピン 606L
リール:RYOBI CX-1
ライン:デュポン ストレイン 10lb ゴールド
リ グ:小林重工 マイクロコ式 シロ
パ ン:ヤマザキ 超芳醇特選
 
 
2010/09/18 13:00 コイ釣り TB(0) CM(0)
リールとラインとロッドが揃ったので、リグをどうするか…という段階です。

cajonica / cajonica【かほにか】
コ式買ってきた。ハリスは外してライン通して管理釣り場用フックと直結だね、8lbだから
 at 09/08 16:29


「パンを浮かべてコイを釣る」という意味合いでは、別に飛ばし浮きとか必要なくて、ライン直結とかも充分アリなのですが、選択肢は多い方がいいし、どのくらい遠くまで投げる必要があるのかさっぱりわからない、ということで直結用のバーブレスフックと、パンコイリグのデファクトスタンダード「コ式」を。そして、どこで売っているのかもよくわからないので、健康診断の帰りに台風の中メーカーの小林重工のショップまで行って買いました。後日、MP65というラージサイズも購入しています。

結局、特にフックとラインを直結しなくても釣れることがわかったので、コ式ばかり使っています。あと、景山産業のライセンス製造版もそのうち入手すると思います。あ、tweetのライン8lbは間違いで、正しくは10lbです。。。
 
 
2010/09/08 15:00 タックルなど TB(0) CM(0)
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。