あんまり難しくない釣りを、自分なりにこだわって。
プロフィール

cajonica

Author:cajonica
お金を掛けずできるだけ近場で簡単に何か釣れたらイイナ…という感じです。

twitter
Weather-GPV
カウンター
現在の訪問者数:
現在の閲覧者数:
タグリスト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- スポンサー広告 TB(-) CM(-)
cajonica / 【かほにか】
もうねるお。ここんとこあまりにコイさんげんきないので、こんかいはあたたかいおみずのあるところへいってみるのです at 01/29 00:06

tweetのとおり、ここのところ不調なのであたたかいおみずのごかごをさずかるつもりなのです。で、その前にというか、いろいろやってます。

CA3F0418s.jpg

ブッコミ用へアリグは#4, #2, #1を揃えました。ブッコミリグ(シンキングリグ)はテンビン具合を増やして非対称に。Lタックル用に四半世紀前のワームシンカーにクリップで芯を入れてナス型オモリを作成。あとはフローティングリグですが、ここ大事です…。

あと、マイクロコ式を流していて気が付いたのは、小さいリグでスナップスイベルを使うと、流す姿勢が安定しないってこと。基本はフックが下流側で、フローターが上流側に配置されていないと、コイさんに怪しまれること必至のようなのですが、その辺の姿勢制御が難しくなるようなんですね。ただのスナップに変更するという手もあるんですが、ラインのヨリは取りたいので、この辺はいろいろ考えてみますかね。 from On high sui

フローターにスイベルを埋め込みました。で、接続はスナップスイベルじゃなくて、スナップのみとする、と。重量バランスとかはシビアに確認してませんが、とりあえず対応はできたのかと。そもそもブッコミリグもスイベル付きなので、スイベルの重複はまあヨレが余計に解消できるのはいいけど、回転系のルアーでもないし金属部分が長くなるだけで無駄っちゃー無駄ですからね、その辺りを全部統一したというわけです。

で、フィールドテストというか、釣果ですよね…。

CA3F0421s.jpg

cajonica / 【かほにか】
久しぶりにトップでキャッチ感、Lタックル+Fリグ6gでじっくりと。60センチ
 at 01/29 11:56

ちゃんと獲れました。Lタックルでもやっぱり3gだと飛ばしにくくて、こっちでやって正解。ラインが細めなので結構走らせてくたくたにしてキャッチしたおかげで、後はやっぱり荒れたみたいです。で、おまけにというか、何度か投げているうちに水中から出ている茎か何かにバッチリフッキングしてしまい、なくなくラインを切りました。夏だったらサンダルで余裕の水量なのに…鉄橋近くの障害物にへアリグのついたコ式のようなものがついていたら、それ俺のです…返せとは言わないので、ちゃんと釣れますし良かったら回収して使ってやってくださいw

続いて、ちょっと下流でやってみたんですがやっぱりフローターがあると追わない状況。ヘアリグ直結+上記の非誘導型ワームシンカーブッコミリグで。当たり前ですがやっぱりノーシンカーより投げやすいです。あとはもう面倒なので、枯れた芦の茎などにLタックルを立てかけてドラグ全開で放置。

CA3F0427s.jpg

cajonica / 【かほにか】
やはりFリグで出なくなったんで、改造ワームシンカー+でキャッチ。これも60センチとな。クチまわりの損傷がイタいです
 at 01/29 12:02

そんなでも、ちゃんと釣れましたというw まあ、ここのコイさんもかなり釣られていて、こういう個体は見ているのが辛いのですが結局そんなおいらも…まあ、所詮エゴなのですよね、とそんなことを何度(ry、いや、バラしたりしないでちゃんと獲ってあげる方向での努力は一応してますので、どうかお許しを。

とりあえず2本獲ったし、例の流れ込みに行ってみますか、と。流れ込みの直下に見えコイはしっかりいますが、それが浮かべたパンを喰わないのは判っていたし、ちょっと下のほうで浮き釣りされている方もいらしたので、迷わずブッコミで流れ込みの波紋が消え始める辺りにブッコミング。

で、ヘンな目先にとらわれてこんなことを…フック直下のパンは固く締め、その下はフツーorゆるく付けて、パンのスノーマンの出来上がりですwww

CA3F0431s.jpg

cajonica / 【かほにか】
流れ込みに移動してブッコミ。超芳醇スノーマンに効果があったかは謎ですが、55センチ。
 at 01/29 12:07

cajonica / 【かほにか】
続いて60センチ。なかなか魚影小岩
 at 01/29 12:12

すぐにとは言いませんが、狙ってブッコめば必ずアタリがあります。実は、この60センチもちょっとクチ周りがアレだったのですが…簡単に釣られるコイが悪いのか、はたまた釣れるコイに群がるヒトが悪いのか…何だか、タマゴニワトリのような感じですね。

さて、そんなワケで本題です。いや、こっちが本題なのか謎ですが、とにかく。

cajonica / 【かほにか】
今日は好調。AMで充分獲ったので、初の丸子橋チャレンジ逝ってみますかと南武線なうなのです at 01/29 12:20

精神的に余裕があるので、新規開拓を。山国育ちなので、基本汽水域とか、海水による水位の変動がある場所についてはさっぱりノウハウがありません。まあ、いけばわかるさ、とw

M蔵小杉から(S丸子は歩いてしまえますね)直接行っても良かったのですが、横着してM河原で下車してナルハヤで河川敷に。え、入れない???…簡易ゴルフコースや打ちっぱなし施設が結構広がっているし、一応水辺まで行ったものの結構な崖っぷち具合。まあ、釣れても釣れなくても現状視察ですから…それでも、釣りやすい場所を探して上流方向へ向かいます。

新幹線の通る鉄橋辺りから釣り場っぽくなってきたので、試しにパンを投げてみたものの基本遠浅で反応確認できず。でも見えコイはちゃんといて、結構な魚影です。しかも、個体がデカい!正直、今まで釣っていたエリアより一回り大きい感じ。俄然、キャッチしたいのですが…。堰下まで行ってみて全体に遠浅なことがわかると(こんなところに本当にシーバスがいるのかしら?っていう)、ロッドが出せそうなところまで戻って16:30まで粘りましたが、今回ここの結果は、ボウズ。最後の最後にパクパクしてるのにパン流しても反応ないって、どういうこと…???

cajonica / 【かほにか】
納竿。結局M河原~S丸子はトップ全く反応なし、ブッコミもアタリらしきものはあるけど食わずという。あー見えニシキゴイ釣りたい at 01/29 17:24

まあトップは仕方ないとして、ブッコミのアタリがいやらしい。ロッドティップを弱く引いては戻し、弱く引いては戻し、たまにガクンといきなり戻すを繰り返して、パンがなくなれば無反応という…。これ、そもそもコイじゃなくて、なんかエビとかザリガニとかパンをもぎ取ろうとしてるんじゃないかという推測に。遠浅ではあるが川幅が広いので極端に群れているわけではないし、回遊がなければ当然、なので…。


コイさんが上流ほどパンに反応するかどうかも含め、堰下のカルチャーはわからないことだらけ。仕切りなおして次回は、AMから出かけてみたいと思うです。確認してませんが、東京側の方がまだ水深があって竿を出しやすそうな感じ、今度はそっちから攻めるか、あと、下流側の状態も確認したいな、という。

ロッド:エーテック トラギア A866MH
リール:シマノ 09エアノス4000+1BB
ライン:東レ ソラロームII スーパー ドリフト 16lb
リ グ:ブッコミリグ+#2へアリグ
パ ン:ヤマザキ 超芳醇 特選

ロッド:SZM レイクスピン 606L
リール:シマノ 09エアノスC3000
ライン:リールバンドル 3号
リ グ:自作フローティングリグ 6g #4ヘアリグ(一体型/分離型)
    #4ヘアリグ+非誘導ワームシンカー
パ ン:ヤマザキ 超芳醇 特選
 
 
スポンサーサイト
2011/01/29 23:26 コイ釣り TB(0) CM(0)
cajonica / 【かほにか】
okt。ルート決めてないけど多摩川へ at 01/22 05:37

目覚ましかけてあるのに鳴る時間の前に起きている張り切りっぷり。しかし、行く先はなりゆきかな…あ、リニューアルブッコミリグの検証をやるんでしたね。

DSC_0268s.jpg

とまあ、他はなりゆきで久し振りにN戸で降り、水嵩の減った状況を水平視察。いやー電車の車窓とはまた違った別世界ぶり。川底の地形の記録としていくつか画像を確保です。最終的に水が戻った際の地形は現状とは変わるかもですがこういうのは、共有してもいいよね。

DSC_0269s.jpg

DSC_0270s.jpg

DSC_0271s.jpg

DSC_0272s.jpg

ついでにパンを投げてみました。反応があることはあって、一応フローティングへアリグを投入したものの、食い込みが悪く結局1フックアウト止まり。食パンもパスコ超熟だったのでウェット感にいまひとつ欠け思うに任せず…パッとしない状況に見切りをつけ、09時くらいに切り上げていつもの溜りに移動です。別のパンも買いつつ…夏場は個人的に不評だったウェット過多が、空気が乾燥している今はとてもありがたい、ヤマザキふんわり食パンを。

そんな時間に入ったせいか、コイさんたちパンに見向きもしないです。活性低い低い。そんなわけで最初からブッコミリグですがなかなか回遊してくれません。それに、同じ間隔でブロックが沈んでいて、その間の平坦なところに投入しようとしてもうまくいかないヘタレな俺。フックアウトも1回ありつつ、そんな中、随分待ってようやくヒット!

cajonica / 【かほにか】
これは最低記録更新!と思ったら、ヒゲが…。フナとしては立派な、37センチ。
 at 01/22 12:18

ヘラブナ(ゲンゴロウブナ)ですかね。初めての外道だったりしますが、釣れるお魚は基本オールウェルカムなので、来るウヲ拒みませんw

シンカーとリグの接続にクリップを使ってみましたが、思いの外絡みやすくキャッチ時にタモに絡んでちょっと慌てました。あと、ハリスがクリップに挟みこまれることもあったので…まあ、クリップは捨てオモリ仕様が必要な場合以外は極力使わない方が良いことがわかっただけでも、まずは収穫です。また、ブッコミリグにハリスが絡んで戻ってくることがあるので、これはテンビン具合を強化すれば回避できるかな、などと。

お昼にY野口からK王多摩川に移動。ブッコミの前にチャミングすると、割と好反応!早速Lタックルで流してみました。しかし、バンだのカルガモだのの妨害を受け(パンを見て浮いてきたコイさんの真上にいたりするものですからもう…)、これもキャッチならず。まあ、時間的にもアレだしブッコミリグ+#2フック(結局#4フックと一緒に買いました)のヘアリグに切り替えて、30分おきくらいにアタリなければランガンな感じで。

cajonica / 【かほにか】
リニューアルブッコミリグ初コイ、54センチです。
 at 01/22 14:23

しかし…ヘラ座周辺はとっくに満員、パンコイ魚道に投げたいのにままならず、あきらめて上流に戻るも同じところに投げるなよと(ry根掛りにブッコミリグごと2回も取られてしまう体たらく。もっとも、リグの強度テストとしては成功なのかね(結束箇所が解けたりしていないという意味で)、しかし残念…。

そんなことをやりながら以降アタリも遠のき、そろそろ夕暮れ、追加はなくお開きとなりました。花粉症はイヤですが、早く春にならないかなあ…などと切に思った一日なのでした。


ロッド:エーテック トラギア A866MH
リール:シマノ 09エアノス4000+1BB
ライン:東レ ソラロームII スーパー ドリフト 16lb
リ グ:自作フローティングリグ 6g #4ヘアリグ(一体型)
    自作ブッコミリグ+#2 or #1 へアリグ
パ ン:パスコ 超熟 / ヤマザキ ふんわり食パン

ロッド:SZM レイクスピン 606L
リール:シマノ 09エアノスC3000
ライン:リールバンドル 12lb
リ グ:自作フローティングリグ 6g or 3g #4 ヘアリグ(一体型)
パ ン:ヤマザキ ふんわり食パン
 
 
2011/01/22 23:40 コイ釣り TB(0) CM(0)
cajonica / 【かほにか】
実はブッコミ初ヒットはフックアウト。強烈なトルクに吹っ飛んで来たリグのどこが切れたかと思ったら、なんとフックが曲がってましたという
http://twitpic.com/3o26wg
 at 01/08 17:14

cajonica / 【かほにか】
トップに全く出ず、ブッコミリグは持って行かれ、最終手段のノーシンカーリグで執念の一本、57センチ。
http://twitpic.com/3ocn9z
 at 01/09 13:51

cajonica / 【かほにか】
ロングヘアリグを全部持って行かれてしまい、ダブルフックでキャッチの54センチ。それにしても、今日はいったいどんな日なのだろう…と途方に暮れています
http://twitpic.com/3od0wk
 at 01/09 14:29

以上、先週のリグに関する不幸で、図らずもブッコミリグ(誘導式中通しオモリ仕掛けといった方が簡単ですよねw)と、ロングヘアリグ(いえ、ユーロカープスタイルでやる方は20cmくらいがフツーのようですが、うちはパンプカ≒コ式がデフォなのでロングになるのですよ)の再作成、予備も含め若干増産を。

cajonica / 【かほにか】
ブッコミリグ復活計画。ラインは結束が悪いだけと判断し、前と同じものを使ってみます
 at 01/15 14:45

実家からは5号オモリと6号ナイロンラインを持ってきただけなので、若干のパーツを購入です。それにしても、オモリって意外と高かったんですね…軽く驚きましたw

で、ネットで、現在の相場としてのコイ釣り用ブッコミ仕掛けについていろいろ調査した上で、出来上がりはこんな感じです。まあ、最初はなぜこんな複雑なのか、理由がわからなかったのですが見よう見まねでまずはw

CA3F0409s.jpg

引張強度30Kg程度のスイベルに6号のナイロンラインをパロマーノットで結び、向こうアワセの乗りやすさを考慮してシンカーは8号と以前よりも重く、根掛り対策としてオモリは中通し型を止め六角型にして、事務用クリップでの固定ができるようにしています。また、ハリス絡み防止の観点から、ナイロンチューブにスイベルを通し、自転車のクチゴムで挟んだものをテンビン的に。そこに、スナップまたは事務用のクリップに通したシンカーを留める、と。ロングへアリグに関しても、#1のフックで同様に。#4はお店にバーヴレスタイプがなかったので、また入手できた時にでもやりますかと。

110116_1228~01s.jpg

ほほー確かに、こうしてぶら下げてみるとシンカーとハリスの位置関係が平行になり、投入時に絡む可能性が減る感じですか。その辺はチューブの長さでいくらでも調節可能みたいですが、長ければ長いほどフックからロッドまでの直進性が損なわれるので、アタリのレスポンスは落ちるのかな。

シンカー部分に関してはクオリティはちょっと不安ですけど、予備のシンカーさえ持っていれば、最悪スナップスイベルにシンカー直結でのブッコミもできるしね。それにノーシンカーでは軽すぎて飛ばず、数メートル先ならともかく着水ポイントのコントロールって、結構ムリなので…。


ともかく、来週以降に実釣テストです。
 
 
2011/01/16 13:31 タックルなど TB(0) CM(0)
昨日より、続けてK王多摩川へ。路線バスの時間を調べてなるはやで到着したのが07:30前。かなり寒いですが、河川敷の一面の霜や川からの水蒸気に当たる日差しの低さがある種幻想的な光景です。

さっそく、チャミングしつつLタックルでフローティングヘアリグを投入。しかし…この日は想定外なことばかりでした。

想定外1:T布市消防団による出初式
もちろん気温もありますが喧騒のせいか、ホント活性が低いです。まあ、昨日もテントとか張ってたんですが何かするわけでもなく…って、あれは準備だったのだと今日になって理解しました。

想定外2:昨日スーパーで買ってきたパンが、超ダメパン(コイ釣り的な意味で)
スカスカでこれでもかと言うほど粘らない。耳もほとんど同じ状態でヘアリグを貫通してもボロっと欠けてしまう始末。それでも何とか固めて投げても、コイのいるあたりで既に外れているというひどさに、もう泣きそう…。

想定外3:この辺りをホームに、ホッパーの着水音で寄せて釣ってる方にお会いしました
お使いのタックル等について、少しお話を聴かせて頂きました(非常に参考になりました)。

その後、下流に移動。チャミングへの反応はさっきより良かったのですが、いかんせんこのパンでは何をやっても状況の改善は不可能。やむなく買い出しに…移動中の気晴らしに、こんなPOSTを。

cajonica / 【かほにか】
神戸屋のユゴネは粘りがなさすぎてパンコイに使えません。この美味しい時間を六田にしやがってと思いつつ超芳醇特選を買いに駅まで…仕切り直しですよ at 01/09 09:26

えーと、ユゴネはユダネの間違いですw。その後、張り切って超芳醇特選を投入するも、オイシイ時間帯は過ぎてしまったようで反応なし…ガッカリ、気を取り直してブッコミに切り替えます。

想定外4:昨日のヘラ釣り場に行ったらヘラ師さん達が多数
それでも昨日釣れた辺りの釣座は確保でき、ブッコミをひとしきり。でも、極端に隣り合わせということはないものの、自分の投入音とか、投入ミスで事故起こさないかとか、気にしちゃいますね。空気読むと日曜日のここはヘラ釣り以外は居てはいけない感じなので、時間で区切って撤収。昨日ブッコミで釣れた辺りはパンコイ魚道に一本も通らず、アタリすらなかったのでタイミングとしては長いくらいかな。

それから東京側での釣りは見切って、T摩川原橋を渡りホームの溜りに移動。移動中、橋の上からこんな画像が撮れました。それにしても多摩川ってドンだけコイがいるのかね、しかもこんな浅場に…。

CA3F0400s.jpg


さすがに移動は疲れましたが、確度の高い場所なのでパンプカで獲れるかな…と思いきや、全く反応なし。まあ川崎側も環境に大差ないと考えれば、納得はいくのですが…。

想定外5:ブッコミリグブレイク!
最初はブッコミリグ+#4フックのロングへアリグで。前触れないアタリから強烈な引きは想定の範囲内でしたが、いきなりリグが飛んできた?あれ?軽いなあと思って確認すると、誘導式オモリのラインがほどけて、スイベルのみが残るのみ。あー確かに、どうもキレイに完全結びができない感があったような。さて、予備のブッコミリグは持ち合わせていません。フックは何とかなるとして、オモリやスイベルはありません。さあ、どうしようか…。

想定外6:手許にあるもので釣れば良いじゃない!
小物ばかりですが最終手段のノーシンカーリグで意外と獲れました。

cajonica / 【かほにか】
トップに全く出ず、ブッコミリグは持って行かれ、最終手段のノーシンカーリグで執念の一本、57センチ。
 at 01/09 13:51

ここでLタックルに切り替え。例によってスナップスイベルとフック(ハリス)を繋げただけのもの。幸いにも#1ですが6号PEハリスでロングへアリグを作ってあったので、少々フックが大きいかなあ、と思いながらの嬉しい1本でした。

想定外7:またしても、ロングへアリグをロスト!
↑の後に仕掛け、またアタリがあったのですが、駆け引き中に帰ってきたのはラインだけでしたという…スイベルとラインの結束が弱くなっていたということでしょうか、まあそもそも3号ラインなので、MHタックルのノリでやっていると限界は早いということはわかりました。

こんなこともあろうかとwという意識はありませんでしたが、ロングダブルフック(折り返さない全長30センチ)も作ってあったので、以降はそちらで。最終的に2本追加できました。

cajonica / 【かほにか】
ロングヘアリグを全部持って行かれてしまい、ダブルフックでキャッチの54センチ。それにしても、今日はいったいどんな日なのだろう…と途方に暮れています
 at 01/09 14:29

cajonica / 【かほにか】
その後、52センチを追加なのです。
 at 01/09 17:06

まあここはこれでいいか、という気分になって、今度は橋の上から確認していた別の溜りに行ってパンを投げてみました。まあそこそこ活性はあるので何度もフローティングへアリグを試すも、パンをクチに加えたままでフッキングしませんという。ベビ鯉が正体なのかもですが、ここもあまり良い結果は得られないまま、時間切れとなりました。原形をとどめない余分なパンは投げ切って、撤収です。

さて、ブッコミで満足するには、きちんと獲れるツール(リグ)の作成と、きちんと獲れるテクニックを身につける必要があることは理解しました。次回はMHタックル+へアリグで確実に獲れるよう、ブッコミリベンジしてみます。とはいえ、ブッコミはパンプカで釣れないときの代替手段として捉えているので、また3月くらいになったらもうどうでもいいか、とも…w

想定外8:余ったパンは、何日で食べきれるのでしょうかwww

【MHタックル】
ロッド:エーテック トラギア A866MH
リール:シマノ 09エアノス4000+1BB
ライン:東レ ソラロームII スーパー ドリフト 16lb
リ グ:ブッコミリグ+#1フックロングへアリグ
            #4フックロングへアリグ
パ ン:ヤマザキ 超芳醇 特選

【Lタックル】
ロッド:SZM レイクスピン 606L
リール:シマノ 09エアノスC3000
ライン:リールバンドル 3号
リ グ:自作フローティングリグ 3g ヘアリグ(一体型)
    自作フローティングリグ 6g ヘアリグ(一体型)
    #1フックロングへアリグ(ノーシンカー)
    #4フックロングダブル(ノーシンカー)
パ ン:神戸屋 湯種 / ヤマザキ 超芳醇 特選
 
 
2011/01/09 23:11 コイ釣り TB(0) CM(0)
cajonica / 【かほにか】
明日朝から釣り行けるのにこの業務のボリュームときたら at 01/07 23:36

cajonica / 【かほにか】
甘納豆とサラミで寒コイ釣るトライアルを計画していたがこの時間じゃコンビニ頼みにならざるを得ない at 01/07 23:40

当然帰宅が遅いので、いろんなことを放棄してセットアップ、朝に備えて寝ました。今回はY野口~I田堤の対岸、K王多摩川へ。駅を降りたコンビニでパンとサラミは一応確保、さすがに甘納豆は売っていないようです。

自宅から京王線に乗るには路線バスを使うので、いつもより現地到着は遅めでしたが、早速チャミングし即反応あり。初めての場所で様子がわからず、まずはMHタックル。やはり食む様子にガッツがないのでヘアリグ、なんとワンドリフトで一発です。

cajonica / 【かほにか】
2011年多摩川初コイ、66センチ。やっぱガッツないわ…。
 at 01/08 17:02

これは幸先が宜しいようでw引き続き流しますが反応がイマイチ。もっと早朝のほうが良さげだけど、ここチャリで移動する距離としては、ちょっとムリ…。

hair-rig2.JPG

あ、あくまでも自己流ですが、食パンをヘアリグにつける様子を撮影しましたので置いておきます。ご想像の通り針金が太くて(特に環の部分)貫通に苦労しているので、機会を見てもう少しスリムなものを探してみようかと。

チャミングをしながらだんだん下流へと移動したものの、ホントにトップに出てこない。しかし、チャミングして川底に落ちたパンは貪欲に喰っているのを確認。ならば…と実家で作成したブッコミリグを使ってみることにしました。こんな時の為に、ハリス長20センチのブッコミバージョンヘアリグを装着して、パンプカの魚道付近に投げてみる。そうそう、サラミも試しましたが、結局反応はありませんでした。

cajonica / 【かほにか】
実はブッコミ初ヒットはフックアウト。強烈なトルクに吹っ飛んで来たリグのどこが切れたかと思ったら、なんとフックが曲がってましたという
 at 01/08 17:14

投げて全くティップが揺れるとかという前触れもなく、いきなりロッドが強烈に曲がりました。慌ててロッドを持ち、ドラグ調整もそこそこに…二度、三度と冬場には珍しい強烈な引き、結構走られた感じもあり、なかなか上がってきません。こりゃデカいやつがスレたか…と思っていたら、いきなりフックアウト。ありゃりゃ…どこか切れたかな、と思って吹っ飛んできたリグを見ると、見事にフックが伸びております…。

これでロングへアリグは使えなくなったので、念の為用意していたロングシングルフックに換装、気を取り直して再開。

cajonica / 【かほにか】
ブッコミリグ初キャッチ56センチ。投げてからアタリ早すぎてビックリです
 at 01/08 17:09

そうそう、下流に投げて着底している辺りまで移動して、ブッコミの寄せ餌代わりにパンをテキトーに沈めて投げて帰ってきたらいきなりアタリ!激しく引いた割に粘りはなくあっさりキャッチ。サイズが小振りだものね。ともかく、これが四半世紀ぶりのブッコミ釣果第一号となりました。

それからもしばらく同じ場所でブッコミ継続。ヘタすると竿掛けが倒れてロッドが川に引きずり込まれる恐怖からw、さすがにMHタックルでブッコミ中に、Lタックルでパンプカやるというワケには行かなくなってきました。で、よくよくティップを見ていると、ガクっと揺れること数回、だんだ間隔が狭くなってきてガッツーンと来る感じですか。すっかり忘れているのでアワセの前の送り込みとか、えーと、えーと…というビギナー状態。それが原因なのかわからないけど何度かスッポ抜けとかありました。そんな中、ようやく…。

cajonica / 【かほにか】
ブッコミにて68センチ。実は、反対側の眼がなくなっているというかわいそうな個体なのです
 at 01/08 17:53

釣れました…少々グロいと思われるので反対側からの撮影は控えましたが。原因は不明ですが、たまに損傷が激しいコイさんがいて、ココロが痛いです。

その後、場荒れしたのか反応が少なくなったので戻りながら2-3箇所投げてみたものの、同じく反応が遠くなってきたので、ちょうどパンもなくなったし撤収しました。

DSC_0264s.jpg

ちょっぴりでも、富士山が見える風景に和むのは元Y梨県民だからでしょうかね。とっても、キレイな夕日でした。

ロッド:エーテック トラギア A866MH
リール:シマノ 09エアノス4000+1BB
ライン:東レ ソラロームII スーパー ドリフト 16lb
リ グ:自作フローティングリグ 6g ヘアリグ(一体型)
     ブッコミリグ 5号+ロングへアリグ・ロングシングルフック
パ ン:パスコ 超熟

ロッド:SZM レイクスピン 606L
リール:シマノ 09エアノスC3000
ライン:リールバンドル 4号
リ グ:自作フローティングリグ 3g ヘアリグ(一体型)
パ ン:パスコ 超熟
 
 
2011/01/08 20:52 コイ釣り TB(0) CM(0)
cajonica / 【かほにか】
明日から4日まで子供と帰省。農業用水路はそこらじゅうにあるのでパンコイやってみますかね at 12/29 19:32

毎年、盆正月は実家に帰省しています(Y梨県の中西部、K府盆地の外れとだけ伝えておきましょう)。そんなわけで、今年はパン投げてみることにしました。そういえば実家には、中学~高校生あたりで釣りをしていた頃のいろんなものが眠っているはずなので、ちょっと掘り起こしてみます。

cajonica / 【かほにか】
実家のヴィンテージなアイテム達。今のタックルで使えそうな気がしてるけども、ベリーに持っていっても引き取りようがないか。あ、魚拓のウグイは厨房の頃釣りました
 at 12/30 21:22

すでにロッドはありませんが、魚種を選ばないブッコミをやっていたので無駄に巨大なリールとかラインとかいろいろ。あと、一応ルアーもやってましたが、釣り場が遠くてまともに釣る機会もなく無駄にワームとかフックとかシンカーとかいろいろ。四半世紀が経っても基本的なアイテムは変わらないので、現状のタックルで使えそうなものだけ東京にお持ち帰り。

cajonica / 【かほにか】
今日は実家周辺の釣りポイントの視察に。見えコイにチャミングしても完全にスルーなので、四半世紀前の余りパーツを使ってこんなトラディショナルなものを
 at 12/31 23:45

まずはここぞっぽい辺りを下見、パンを投げてきました。いやータマゾンとはこんなに違うのかってくらい反応がない。皆無と言っていいです。となると、こういう仕掛けの方が有効なんじゃと思って、フック(バーブレスです念の為)以外は四半世紀ぶりに四半世紀前のパーツを使って作ってみたという感じ。ただ、MHロッドに10号は少々キツイかな…。一応カタログスペックではMAX45gイケるみたいだけど、その辺はTRGRだからね…と期待せず。

cajonica / 【かほにか】
Y梨県のG明川にて。小さなオンハイスイの流れ込みにいるわいるわ…しかし、パンプカは全く通用しないのですという。
 at 01/01 23:33

cajonica / 【かほにか】
子供とY川にてMHタックルでブッコミ。見えコイなかなか臆病でさっといなくなる残念です
 at 01/01 23:51

年が明けて、ダメモトでタックルを持ち込んでみました。いやー見事なまでに反応なし。自作スイコミ仕掛けのようなものを投げて待ってみたものの、まず10号だと重過ぎて打ち込み続けるべきポイントへの投入コントロールが効かなくて一苦労(そもそも、寄せ餌ダンゴの重量もあるのですよねw)、喰わせはサツマイモなんでまあいいですが、寄せの練り餌(しかも九ちゃん100%…)の消費がむなしいですむなしいです。アタリも特になかったし、年明け早々から、あえなく撃沈。

2日後、あまりに10号オモリが重いので、5号に変えて作りなおしたものを持って、再チャレンジ。しかし…念の為に流したパンに反応してるコイさまw一本を確認!それもこっちが明らかに見える場所で流していても警戒してない!定期的にチャミングしてコイさまを留めながらランディングしやすい場所に移動、芦茎や水草に潜られるとアレなので、MHタックル一択に6gコンポ型シングルフックをセットし投げてみる!が、しかし…やはり1、2回パクパクしフローターは一旦沈むものの、すぐに離れてしまうのです。どうもこうも、クチにガッツがないのですよ。

そこで、いまやお約束の3g一体型ヘアリグに切り替えて投入、一回目は数回パクパクしてフローターが沈み、吸い込んだか?と思ったがフローターが浮いてきて、またもやスルーされてしまいました。んー、ちょっとパンが大きかったのと、フックとの距離が開いていなかったかなあ、と思い二回目は小さくつけ、かつフックをパンから数mm離してみました。

CA3F0379s.jpg

ん!今度はフローターが浮いてきません。ならばとゆっくりアワセて…乗った!ということでげtですが、タモを実家に忘れてきてしまったおバカさん。うわぁぁん!と泣いてもいられないので、まずは徹底的に空気を吸わせながら寄せ、続いてラインを持ってキャッチ、いやさらに寄せてフローター部分をがっちり持ってリフト…お、ちゃんと上がるじゃないの、しかも若干暴れてもこの安定感。さすがPEさまさまです。っていうかフッキング部位が良くて、フックが上クチビルの硬いところにバッチリ入り込んでる。これならクチは切れないね。

cajonica / 【かほにか】
G明川にて初コイ65センチ。チャミングに反応した唯一の個体、スレてないけどクチにガッツがないのでヘアリグに切り替えたらファィトー一発!簡易スケールは持ったけどタモ他忘れましたごめ...
 at 01/03 15:52

コンパクト巻尺でサイズを計ってから撮影して(開けた場所ではないのでスケール置くのは面倒だからパスw)丁重にリリースしました。

さすがに場も荒れ、日没もそろそろ迫ってきていたので終了。見かけた100円ジュースコーナーに駐車、缶コーヒーを買い飲みながらtweetしたあと適当に買い物をして、実家に戻りました。

今度の帰省は8月になるかな。もっとアクティビティは上がってると思うけどトップに出るかどうかは別だし、あの暑さ(盆地なんで相当厳しいです…)で果たしてどうなるかわかりませんが、朝or夕マズメだったら何とかなるでしょ。あとはネットとか地元のショップでパンプカでコイが釣れる河川の情報を見つけておくとか、ですかね。

ロッド:エーテック トラギア A866MH
リール:シマノ 09エアノス4000+1BB
ライン:東レ ソラロームII スーパー ドリフト 16lb
リ グ:自作フローティングリグ 3gヘアリグ 一体型
パ ン:ヤマザキ 超芳醇
 
 
2011/01/04 22:43 コイ釣り TB(0) CM(0)
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。