あんまり難しくない釣りを、自分なりにこだわって。
プロフィール

cajonica

Author:cajonica
お金を掛けずできるだけ近場で簡単に何か釣れたらイイナ…という感じです。

twitter
Weather-GPV
カウンター
現在の訪問者数:
現在の閲覧者数:
タグリスト

cajonica / 【かほにか】
T名上からK江までランガンしたのに、マルタさんウグイさん、いったいどこへいってしまったの…。 at 04/29 12:40

今回は気張って川崎側に回ってみました。05時から10時くらいまで、瀬という瀬を一通り目視、時にルアーを投げるなどしたが全く反応なし。先行者の方も一箇所に留まっている様子はなく。上手な方はしっかり掛けてるかも知れませんが瀬付きのバシャについては皆無という。まあ還ってしまったものはどうしようもないわけで、あの時期に河原でお会いした皆さんはそれぞれ、バス狙ったり、ナマズ狙ったりとそれぞれのスタイルに戻っていくのですね。

ということで、ウチはパンコイスタイルに完全復帰します。堰下右岸で1時間程度ブッコみ、Lホ池で30分ほどパンを撒いてみたものの、1バラシのみで終了。

そして、午後からは自分の中では鉄板なK王多摩川へ。移動中、途中のN和泉の瀬も見ましたがこれもダメ、時合もあるかもですが。駅方面でラーメンを食べ、パンを調達しセッティング。しかし、竿立て持ってない!うわとりあえず伸びてる草の上にでも置き…あ、あるある!あるじゃない!立派な竿立が。

CA3F0508s.jpg

人が乗って人力で移動する竿立とはwww

最初、見た目もキレイで結構いい型が来ましたが、ランディングで思わず反撃に出られフックアウト。続いて、結構ラインを伸ばしてくれるコイさんも掛けましたが、これもバラシ。軽くいっぺんアワセておく必要があるの忘れてた!しばらく本格的なパンコイモードがなかったので、感覚が鈍っているのかなあ。

それでも、ようやく1本確保しました。

cajonica / 【かほにか】
ようやくボウズ逃れ、60センチ。それにしても今日はバラし多いね http://twitpic.com/4qtut7
 at 04/29 14:40

下流に下りながらブッコミを継続、ブッコミチャミング用の練りパンの軽いヤツにトップで反応あり!これはもう、イタダクしかありません。

cajonica / 【かほにか】
ガルステ+Fリグ3gでげt、58センチ。Lタックルでコイ釣るの楽しいね http://twitpic.com/4qvpmf
 at 04/29 17:31

DSC_0401s.jpg

さすがにこのクラスでもロッド弓なり、バットまでキレイに。もちろんラインは3号スプールのに替えてますが、比重が重くて途中で沈んでしまい、チャミングパンと同じ感じに流せないという。早く、沈みにくいラインに替えないとなあ…。

この後もブッコミを仕掛けつつトップで狙ってみますがなかなか食わすことができず。一回チャミングを食ってる最中に目の前に落としたら付いてるパンではなくフローターに反応!そこじゃねーよwww数は少ないですが、どこでもこういう個体はいるのですね。

パンのミミ部分がなくなったので、パンプカ魚道にブッコミを投入して確実に確保。

cajonica / 【かほにか】
Fリグスルーされてかなしいのでブッコミで。ラストのパンで掛けました。57センチ http://twitpic.com/4qvovl
 at 04/29 17:29

マルタさんウグイさんは海に還ってしまれたようですが、これからコイさんその他が本格的にトップで狙えるシーズンになるので、楽しみです。

ロッド:エーテック トラギア A866MH
リール:シマノ 09エアノス4000+1BB
ライン:東レ ソラロームII スーパー ドリフト 16lb
リ グ:自作ブッコミリグ8号+#2ヘアリグ
パ ン:ヤマザキ 超芳醇 特選

ロッド:バークレー ガルプ!スティック GSS-706L TE ORG
リール:シマノ 09エアノスC3000+1BB
    シマノ 09エアノス2500(スプール交換)+1BB
ライン:リールバンドル3号
    モーリス バリバススーパートラウトアドバンス 8lb
リ グ:自作フローティングリグ 3.75g #4ヘアリグ(一体型)
    ルアー各種
 
 
スポンサーサイト
2011/04/29 08:03 コイ釣り TB(0) CM(0)
いや、壊れてしまったので買っただけですというwww。以下、殉職したライジングサン706Lの状態。

DSC_0397s.jpg

下から2番目のガイドが回りだし、下から3番目のガイドも回った段階でティップ側がスッポ抜け。仕方がないので、できるだけ伸ばさずに釣ってたら、ここから折れてしまったという。ガイドが回りだした段階でMHタックルに切り替えればこんなことには…まあ後の祭りですし人災認定済みなのです。

逆に言えば、負傷はこの部分だけなので若干短くなることを許容すればリペア可能かも。ただ、補強だの塗装だのとやっていると、買い直した方が安く済むかもなのですが、もう次期モデルに移行していて販売していないようです。そこで、後継Lロッドを思い切って、あw、やっちゃったwww。

cajonica / 【かほにか】
後継Lロッド、ポチしたよ。免責保証対応をケチって安くするか悩んだけど、結局安心を取ってガルプ付きの標準モデルにした。|ピュア・フィッシング・ジャパン ガルプスティック 706Lレッド ピュアフィッシング http://t.co/GN3JS0G at 04/26 01:11

とはいうものの、納期を確認したらGW過ぎになるとのこと。申し訳なくキャンセルさせて頂きまして、急遽店舗での購入に変更しました。

  

まず、比較の為に並べてみます。

DSC_0394s.jpg

上からガルステ706L、ライジングサン706L(ガイドが一つ外れた状態なので若干短いw)、TRGR A866MH。

で、ざっくり確認した限りでは、今まで触ってきたどのテレスコLロッドよりも一回り硬くバットも結構しっかりしていている。つまりテレスコなのにコシのないスローテーパーではなく、所謂ファストテーパー、先調子な造りになっていてルアーロッドとしてはやや違和感はありつつも、軽いルアーやコ式などを投げつつ(スペック上では2gのマイクロコ式が投げられます)、大物のパワーにもある程度耐えられるわけで、ガイドもフツーのサイズが採用されていてテレスコロッドを使っている気がしないという、まさに願ったり叶ったり。

ただ、バランスはエアノスC3000をつけてもまだ竿側が重い感じ。なのでTRGRくらいリールシートが前だとバッチリだし、釣れたときに腕でロッドを支えることもやりやすかったりするのが残念。竿尻のネジを使ってエクステンション部分を作ったら一気に解決なのかもですが、まあ現状で使えないわけではないし、これもベストエフォートということで。

あと、ガルステを購入した際に必ずやって欲しいことが…とネットを見ているとそこかしこに。それはティップカバーの交換。バンドル品はハンドルなどに使われているEVA製で見た目もスッキリ、一見グッジョブなのですが触ってみると当然軟らかくて、それは一番守るべきティップの部分も指で押すとペコペコな状態。そこで、富士工業製のSTC-16Bというカバーを同時購入しております。

DSC_0395s.jpg

ホント、こっちのほうが純正品に見えてしまう位のマッチング。ガイドがカチャカチャ言わないようにプラスティック製の芯のようなものが出ていて、ここにガイドを通すことになっているけど、案外面倒なので、この辺は好き好きじゃないですかね。これ付けると、仕舞寸法が2-3cmアップしてしまうのがちょっと困る(リュックに仕舞うので切実なのです)けど、ティップ折れるよりはマシだろうから、これはこれで。

DSC_0398s.jpg

ともかく、フィールドワークが待ち遠しいのであります。
 
  
2011/04/27 02:30 タックルなど TB(0) CM(0)
土曜日の天気が不穏だったので多摩川の状態が気になっていますが、まあとにかく行ってみます。

cajonica / 【かほにか】
まだ雨が降っている。しかし明日の朝多摩川に行くといったら行くのです。瀬付きはマルタから無印ウグイに変わっているようだけど、ブログをヲチしていると、ニゴイ含めコンスタントに釣れているようで安心。 at 04/23 21:41

cajonica / 【かほにか】
今回はニゴイを掛けてみたくてチャートのダイソーシャッドとかシャロクラ+脱着式Mリグ、さらにラバジやスピナベも持っていくけど、保険で超芳醇特選も確保しているので、溜りのコイさんが多い日も安心…いえむしろパンコイが本業なのですが何かw at 04/23 21:54

05時にまず、前回のポイントへ。やはり水位の上昇が確認でき濁りもある。とりあえず前回のコースをトレースするも、当然流量が増えているので底を通すとかかなり困難な状態。で、本流から外れた緩い流れのある溜りには、コイさんのパクパクがいくつも。これは!とパンを投げるもスルーまたスルー。うわーこんなパクパクでも喰わないときは喰わないのか…と現実を受け入れつつ、溜りの向こう側に瀬が見えたので、そちらまで入ってスプーンを投げてみるも全く反応なし。

「堰上はダメ」の結論を出すまでに時間がかかり、06:30にようやく下流に向けて移動。堰直下は誰もいないし水量が増えているので立ち込みやポイントまでの移動が長靴レベルでは困難と判断、さらに下流へ…お、バシャあるし既に対岸でルアーの方がアップで釣りまくっている。それでは、と07時あたりから開始です。

DSC_0386s.jpg

ファーストヒットです。もう面倒なのでいちいち厳密な採寸はしてません。指でざっくり採った感じでも、マルタ含め50cm以上の魚体はありませんでした。ここは前回のところよりも流れがまだ緩やかなので、Lタックルでもそれなりにゴリ巻きしてキツイ流れに潜られる前にランディングが可能なのですというラッキー具合。最初マルタが続きましたが途中から無印ウグイのオンパレード。うわーこんなにハデとは…ウロコの大きさから、なんか巨大な金魚を見ているような錯覚をw

バシャのある場所が対岸寄りなので釣れるラインを確認するのに少々苦労しましたが、確実に釣れます。こんな状態だとさすがに目に付くので、ルアーマンとフライマンで瀬付き周辺が人大杉になるのに、そんなに時間は掛かりませんでした。まあ当然のようにオマツリも発生、ラインやリグが絡むし、スレ掛けして耐え切れずに下流に向かうとか、必然的にいろんなやり取りが交わされ、これはこれでいいコミュニケーションなのかも。

今回のヒットルアーはダイソーのジグスプーン。実はこれで6本揚げてます。というのも、軽いルアーだとサカナさんの目の前に落とせないので小粒でよく飛ぶルアーしか選択肢がなかった、というのはあります。またオーダーしなきゃw。

ある程度釣れたところで違うルアーで遊ぼうか、と思っていた矢先、何やらLロッドの一部のガイドが回っていることに気が付いて直してみるとあれ?ガイド部分だけ回転してるし。おまけに縦方向にも動くし…うわ瞬間接着剤でもあればなあ、と思いつつダマシダマシ使うことにしました。

一度外れてしまうとクセになるというか、時々穂先側だけ飛んでいってしまったりいつの間にかそこだけ1回転していたり。いろいろあって最後はサカナさんを掛けて本流から抜き出す辺りでバキッ!と…うわーやっちゃいました。これで完全にこのロッドは終了。まあ前回の釣行から本流の水圧との戦いでかなりロッドにストレスが掛かっていたし、まあ値段なりの品質という点は理解しているので、割と簡単に諦めは付きました。

仕方がないのでというか、MHタックルでルアーを投げてみるトライアルはいずれやろうと思っていたので早速。まずはラバージグ単体で。まあ基本に忠実にボトムに当てながら巻いてくる、ってのはやりましたが、スレが多くてちょっと困った。で、これにチャートのワーム(これも四半世紀前購入)を装着して、2投、3投…ん、何かおも…わ、わ重っ!コイさんキター!と久し振りに腕が痛くなるトルクが。

慌ててタモ持って下流に移動、ランディングを決めようとしたもののなかな決着が付かず。クチ周辺からラインが出ているのはわかるけどスレかも知れないがちょっと焦って綱引きをしてしまったタイミングで痛恨のバラし。うわー三目釣り達成が、というかパンコイじゃなくて是非ルアコイしたかったのだがorz

まあ、気を取り直して今度はMリグ仕様のプラグを投げてみる。シャッド、シンキングミノー、シャロークランクに脱着式Mリグを装着してかわるがわる。これだと合計8g程度なのでそこそこ飛距離も出てよく沈み、反応も確実にあり実際にキャッチも。ただ、何気にバラシが多いので、本物のMリグみたくリアフックをダブルにしてもいいかも、とは感じました。

DSC_0390s.jpg

DSC_0391s.jpg

見づらくて申し訳ありませんが上がシャロクラ黒金、下がシャッド黒金、両方ともMリグウェイト装着。コスパ高過ぎて、すっかりフツーのルアーを購入できないカラダになってしまいましたwww

で、最終的にはこんな感じです。

cajonica / 【かほにか】
07時頃から3時間半でマルタ2本無印ウグイ6本、スレ&バラし多数。残念ながらLロッドが殉職されましたが、MHタックルでも何とかなりましたという
http://twitpic.com/4oph1j

 at 04/24 11:25

また来週行けるといいですが、いつまで釣れますことやら…。
 
ロッド:タカミヤ ライジングサン 706L
リール:シマノ 09エアノス2500(スプール交換)+1BB
ライン:モーリス バリバススーパートラウトアドバンス 8lb
リ グ:ルアー各種

ロッド:エーテック トラギア A866MH
リール:シマノ 09エアノス4000+1BB
ライン:東レ ソラロームII スーパー ドリフト 16lb
リ グ:ルアー各種
 
 
2011/04/24 23:40 マルタウグイ釣り TB(0) CM(0)
まだ終わらねーwww。桜も散り、マルタウグイさん達はそろそろ撤収にかかるのではないかという不安からか、わけが判らなくなってきましたw

cajonica / 【かほにか】
どうも今週あたりでマルタウグイの瀬付きは終了してしまっているようなので、次は背付きコイ狙いでMHタックルで大き目のソフトルアーも投げてみますかね。いっそスピナベとかどうかな?もっともそのコイの瀬付きも長くなさそうなので、ようやくパンプカで鯉釣りが始められそう at 04/17 22:27

こんなものを過去(四半世紀前程度)に購入していて放置されていたので、まあダメモトで稼働させてみますかと。この辺は再利用なのでまだ良いのですが、

DSC_0380s.jpg

白い方はスカートが劣化していて使い物にならないので、補修用のスカートを購入。あと、衝動買いの小型のスピナベや100円だからどうでもとラバージグなども。ルアー単価400円縛りは遵守されていますが、あーますますわけが判らない私はどこへ…このようなルアーを使いつつどうやら、バスが着く場所で使わないことは間違いないようでwww

DSC_0381s.jpg

さらに、MHタックルでの対応を考慮して脱着式Mリグと、ダイソールアーのバリエーションとしてスピナー+ルアー(小)のコンビネーションなど。

DSC_0383s.jpg

まあ、ムダにスレるお腹のフックを外したついでに、事務用クリップを加工し0.8号(3.00g)のナツメ型オモリをマウントして、お腹のフックアイ(って呼び方で良いのかしら)に通す。これはブッコミの捨てオモリの応用で、根掛り時にオモリだけ抜け、かつ簡単に脱着が可能となるよう、若干スキマを残してループを作っています。

あと、コンビルアーですがルアー(小)の使い道がアレなので本当にやっつけ。一応リップは削っていますが削らなくてもいいような気がw


もっとも、こんなにたくさんルアーを試してる時間はないと思いますが、釣れるかどうかはおいおい確認していきます、ということで。
 
 
2011/04/23 22:25 タックルなど TB(0) CM(0)
アニメor特撮ヒーロー番組の必殺技的な何かのようですが、まあそういうことでwww

cajonica / 【かほにか】
さて、明日は東名下から堰下までざっくり覗きながら行きますか。どうもマルタが少ないようなので、コイさんも狙えるようにMHタックルもどっこらしょっ、とね at 04/15 22:22

今回も午前中のみ。時合過ぎたら夕方(日没)まで釣れないみたいなので、マルタだけならこれでいいのかな、という感じ。

05時に多摩川に到着。T名下で30分、堰下で1時間ほど投げてみましたがノーバイト。いずれもマルタウグイの瀬付きが確認できません。替わりにバシャバシャやってるのはコイさんたち。試しにパンを撒いてみても完全スルーで、違った意味でヤル気のあるコイさんばかり。おまけに立ち込みポジションにも制限があって(水深のあるところにたち込む必要があるので最低ヒップウェーダーまでは必要かな)、お題のアップストリームキャストも満足に試せない。こりゃどうもこうもというw

これでは時間のムダっぽいので、07時くらいに気になっていた上流のK江に移動。ここはバッチリ護岸ですが本流が一度瀬になってから斜めに岸にぶつかっており、立ち込まずにアップやりホーダイなロケーション。すでに3-4名いらっしゃってまして、川上の方に入らせて頂きました。いっぺんヒットしたものの川下に人がいたりするのでノンドラグで頑張ってみたけどやっぱりラインブレイクorz、その後は何を投げてもほとんど反応なし。隣のベイトタックルのお兄さんは3-5投に1回ヒットしてバカスカ揚げてるというのに、いったい何が違うんだろう???

どうもサカナさんが瀬付いてる感じの辺りをルアーが通過していない模様。あまり隣の人に近づくと迷惑なんだが、その辺りしかいいラインをトレースできなかったり。東側からの風も出ていてアップに投げるもラインがたわんでいい位置に誘導できず(特にスピナーやプラグ)、ルアーの沈め具合もコントロールできない状態でしたが、ようやくヒットです。

cajonica / 【かほにか】
チビだから捕れたマルタ44センチ
http://twitpic.com/4lc6kn

 at 04/16 10:43

とはいえ、こっちはLタックル、本流がぶつかってる辺りは紛れもなく本流なワケで、ドラグ開放しても回収は困難…となればごめんんなさいごめんんさい!!!と並んでいる皆様に謝りながら下流に歩き、タモ入れてげt。おー、ちゃんとクチに掛かってる!さすがアップストリームキャストwww

それから、隣の方がデカニゴイを背中にスレ掛けして困っていたので(Hタックルでも揚げられない!)普段パンコイしている60cmタモで掬ってあげました。何となく使っているタックルとかを伺いつつ、ビミョーながら何気に下流側に。そんなこんなで、だんだん近くなりつつもいいラインがトレースできるようになってきた!

cajonica / 【かほにか】
口で喰ってくれるとやっぱり嬉しいね47センチ
http://twitpic.com/4lc7iz

 at 04/16 10:46

この位の引きだと、あんまり移動しなくても大丈夫なことがわかってきたので、若干ドラグ出しつつ移動はしたものの、さっきよりは余裕でげt。タックルが弱めなので、これがフィッシュグリップだと足元まで寄せる必要があって、ランディングはかなり大変なんじゃないかな。やっぱランディングネットじゃなくて長い(とはいっても柄の部分で2m程度ですが)磯タモ使ってて良かった。かなり救われてます。

CA3F0500s.jpg

この時はフォレストのMIU3.5gがアタリでした。ラインブレークのも、先の2尾もカラーは異なるものの全部これ、補充しなきゃ。ちなみに“ボウズ逃れ”“鉄板”と言われている模様のスピナーのブレットンはほぼ反応なし。この日は風の影響でラインがたわむし空気抵抗で飛距離が出ないし、水中でもスピナーはブレード回す分、スプーンより浮き上がりやすいからじゃないですかね。

時合を過ぎたのか、だんだん投げている方が少なくなってきて、隣の方も引き上げたので一番良さげなポジションを確保、そういえばソフトルアー投げてないねと思って、ダイソーカサゴメバルジグヘッド3gにシャッドテールタイプのワーム(購入が四半世紀前なので商品名不明w)を投入してみました。

cajonica / 【かほにか】
ダイソージグヘッドでコイさん54センチ。ぱねぇっす
http://twitpic.com/4lc8js

 at 04/16 10:48

何投かしたらグッと重くなって、おー引く引くえー何これ重っ!ギュルギュルドラグが出て行くという。あーこの感触って…うわやっぱりコイさんだ!もう下流には誰もいなくなったので、じっくり獲らせてもらいました。これもクチに掛かってて良かった。実はソフトルアーでのヒットは人生初だったりするのですが、こんな形で実現するとはwww

10時を過ぎるとほとんど反応がなくなったので、撤収。いつの間にかマルタウグイさんのバシャは見かけなくなり、コイさんだらけになったので、遊びでMHタックルでルアー投げてみようかと思ったけど、いまさらセットアップするのは面倒なので止めました。今度は朝一から入りたい、そんな釣り場でした。

ロッド:タカミヤ ライジングサン 706L
リール:シマノ 09エアノス2500(スプール交換)+1BB
ライン:モーリス バリバススーパートラウトアドバンス 8lb
リ グ:ルアー各種
 
 
2011/04/16 17:28 マルタウグイ釣り TB(0) CM(0)
いつまで続くのか、この煩悩シリーズwww。まあ気を取り直して、書いてみますか。

前回、幾多のフックをダメにしルアーもいくつか持って行かれ想定以上に消耗したので、その原因は何かと考えた。

 口に掛かる⇒本流に乗られずに寄せられキャッチ 
 スレ掛かり⇒引き強く本流に乗られラインブレイク ×

つまり、スレないように釣れればいいわけだ。そうすればラインブレイクもなく、かつラインやロッドを強化する必要もない。で、スレないように釣るにはどうしたらいいのか。あれだけサカナさんが寄っている辺りに投げるので100%というのは難しいかも知れないが、口に掛ける確率が上がるメソッドがあるのかどうか、グーグル先生に訊いてみた結論がこれ。

cajonica / 【かほにか】
ヒント:アップストリームキャストを徹底的に試す。 at 04/14 08:56

これは確かに、サカナさんが背後や横からではなく正面からルアーを認識することになり、口を使う機会は増えるはずなので有効な気がする。準じてアップクロスとかってのも。ただし、しっかり立ち込まないとアップとして投げられない状況も多そうですよね。

あと、無駄に魚影が濃い瀬付きにばかり目を向けていないで、冷静になって瀬付き周辺の待機中のゆるい群れを探すのもスレないのに有効なのだと。どの程度群れているかはサイトで確認できなければ判断できないけれども、投げながらめぼしいポイントに向かって歩いていくというのもアリでしょう。

もうひとつ、万一スレた場合でも周りに人がいなければ、ドラグを積極的に使いつつ、自分も下流に移動するなどして時間をかければ取り込めるはずだけど、人が入ってきたらそうもいかないので、混んできたら釣りを止めて撤収する、あるいは別のポイントを探し移動するのも賢い行動かも。


ともかく以上、やってみるべし、かしら。そして、リグやタックルもちょっと手を入れないと…。

cajonica / 【かほにか】
まずはダメージのリカバリー、あとラインも替えていきますかと
http://twitpic.com/4kor2e

 at 04/14 19:54

フックは#6がデフォ、プラグ用とスプーン用を。プラグ用は太軸モデルがあるけど、根掛り時にフックが伸びてもらった方がルアー回収がしやすいのでこれでおk。幅が広めなスプーン用に大きめ#4も購入。パンプカ始めた頃に買ったフックは、強いけど伸びがなく回収時に何度か折れているので、適宜換装していきます。

そして、前回ロストして手持ちがなくなったダイソーのミノーフローティングB(黒金)を、考えた末に1ヶ口(6個)注文、入手しました。知っている店舗にはどこにも置いてないためダメモトで…通常は、お客様から商品指定での注文書を書くようなオーダーはやらないようですが、型番と画像で説明したらOKでした。在庫状況を踏まえての数量確認など、連絡を頂けて親切な担当者様で良かったです♪贔屓にしますよw

で、ラインも思い切って交換。今度のラインは6lb相当の直径で8lbの強さがあるというトラウト系ではよくあるタイプ。前のラインと比べて、ちょっと硬い気はするけど、今あるタックルを改変せず、かつ万一のことを考え、可能な限りスレ本流対策を実施してみました、といったところ。

そうはいっても、デカコイさんが掛かったらひとたまりもありません。これ以上やるとなると、PE1.2号とか+12lbリーダーとかでラインシステム組むようですか。そうなれば、結局MHタックルを持ち出すハメになりそう。パンコイFリグにも有効ではあるけど、うわまたお金が……まあ、何事もベストエフォートということでひとつw

そういえば、こんなことを書いていましたっけ。現状は、ほぼ想定どおりになってます。

シーズンは実は、花粉症のスタートから終了までが見事にリンクするという感じ。桜が咲く頃がピークというのもうなずけたり。10エアノス2500Sのスプールもすでにオーダー済みで、お店に届いたらバリバスの8lbなど(太さとしては6lbのようなので助かります)巻いてみようかと考えているところです。しかし、外道がニゴイさんなら歓迎ですが、リアルコイさんの群れが着底したタマゴを虎視眈々と狙っているので危険っちゃー危険、面白くなくなっちゃうかもだけどC3000リールバンドルの3号ラインを使う、あるいはFリグ+食パンに切り替えてパンコイやることも視野に入れておきますか。from マルタウグイ釣りという煩悩

多摩川の春はまだ続きますかね。ニゴイさんも釣ってないし、マルタさんが下流に撤収してしまう前に何度か行けるといいのですが。
 
 
2011/04/14 21:49 タックルなど TB(0) CM(0)
AMのみですが時間できたので行ってきました。今回は完全にマルタウグイ狙いに特化したスタイルにしてMHタックルと60cmタモを外し、替わりに実家から持ち帰ったオリムピックのランディングネットと、子供向けタックルをザックに積めました。

なかなか寝付けず起床04:00、出発04:20、現着04:50。しかし、先週のポイントまでは幾多の流れを超えて歩いて行かなくてはならないのです。自転車で行かれるぎりぎりまで河原に入り、靴を脱いで長靴に履き替えて、流れを渡ります。

DSC_0368s.jpg

長靴はあくまでも水中歩行に特化したものではなくオールマイティな外歩きの長靴ゆえ、深いところ、流れが急なところを避けつつ、また滑らないよう水底の状態を確認しながら、迷路ゲームを解くように慎重に時間を掛け進みます。といいつつも流れにビビりながら、ときおり滑りながらも何とかコケずに到着。慣れてないので結構この段階で疲れてたり。

さて、どこに投げ…おっとなんか目の前でバシャバシャしてるじゃん!おおこれこれ、これがマルタの瀬付きですか。見回すと、ここだけではなくてちょっと下の流れ込みや、堰側の段差下の溜りにウジャウジャおります。これが“鉄板”と言われる所以なのですねと、手持ちのルアーを一通り投げてみる。しかしこれといって反応がないのです。

えーっと、何か忘れてないかしら?と思い出して、そうそうプラグ、プラグ投げてないじゃないですかとダイソーのフローティングミノー黒金に油性マジックで細かく赤斑を入れたものをチョイス。さてどんなもんかしら…と。あれ何だろ重いなあ根掛りか?あ、え、これ掛かってる!?うっわやっば引くわ引くわでもドラグ出すと本流に行かれて大変んん!…と思いきや、最初のぐりぐりを耐えたら割とあっけなく寄せられましたという。スレじゃなくてちゃんと喰ってたし、まあよかった。

cajonica / 【かほにか】
初マルタ、ダイソーミノー一投目でキャッチ57センチ。なんというコストパフォーマンス
http://twitpic.com/4iw55b

 at 04/10 06:33

CA3F0491s.jpg

人生初マルタをダイソールアーで獲ったことに後悔はしていないwwwむしろドヤ顔で自分を褒めてあげたいですとwww

これに気を良くして?所詮ネタレベルですがマルタウグイをコ式で釣るトライアル。

DSC_0374s.jpg

子供向けタックルで瀬付き周辺を何度も通したけれどマルタウグイさん達完全にスルー。かといってコイさんが掛かるのはカンベンなんですが、まあダメですよねー…ウグイが魚肉ソーセージで釣れるという事は都市伝説なのですねよくわかりました本当にありがとうございましたorz

引き続きミノーを投げていくのですが、何やら一旦重くなってフッと軽くなる、で回収するとフックにウロコが1-2枚刺さってるという、これがまさにスレなのですねと納得したのもつかの間、スレたままヒットしやがった!うわおもラインの出が止まらないあれー本流に…やがてフッと軽くなりまあそういう話でスイベルからラインブレイク、ヒットルアーもろともサヨウナラ…。なんというパワーなのでしょう。

マルタウグイさんのどこに掛かってるのかはよくわからないがルアー、外れてくれるといいのだけれど…。その後もこんなことが二度続いたので、こんなこともあろうかとwパンコイ用C3000:3号ラインのスプールを持ってきていました。やはりルアーの飛びや沈み具合は劣化しましたが本流から引きずり出せないと他の方の迷惑にもなるし、やむなく装着。09時を過ぎると、すっかりマルタ狙いの方も増えてまいりました。

以降スレで3本追加してますが痛々しいので、特に検寸はせず足元に寄せたままで証拠撮影、水中でフックを外してリリース。やっぱりちゃんと喰わせたいしね。それにしても、根掛りやスレ本流での引きでフックは曲がったり折れたり、逆に根掛りでのロストはありませんがラインが切れてロストという、なんという消耗具合…それはそれで悲しいけど投げないと釣れないので。やっぱり餌釣りできればいいのですけどね。


瀬付きのマルタウグイを釣ることの激しさに正直驚いていますが、帰りながら別の瀬での瀬付きも確認したし、今回を教訓としていろいろ考えるところもありで、また挑戦してみます。

ロッド:タカミヤ ライジングサン 706L
リール:シマノ 09エアノス2500(スプール交換)/ C3000 +1BB
ライン:ヤマトヨテグス FAMELL ADDICT 6lb / リールバンドル3号
リ グ:ルアー各種

ロッド:SZM レイクスピン 606L
リール:シマノ 09エアノス1000
ライン:リールバンドル 2号
リ グ:自作フローティングリグ 6g +トラウト用シングルバーブレスフック#5
ベイト:マルハ アジなソーセージ
 
 
2011/04/10 21:39 マルタウグイ釣り TB(0) CM(0)
なぜ見えマルタが釣れないのか、自分なりに考えた次のアクションはこれです。

cajonica / 【かほにか】
どうも5gあたりだと見えマルタ食ってくれないようなので、スピナー、スプーン共にワンサイズ落としてみました。リールは子供用ですが将来はいろいろと…。
http://twitpic.com/4imts2

 at 04/09 17:14

ブレットン3g HGO、同HSO、MIU ネイティブシリーズ3.5g No01,07,08。鮎が上がって来ていることを知っていたらアユカラー入れたのに…とその点が若干残念。シングルバーブレスフックは品薄のようで、パワータイプのものが買えませんでしたがまあとりあえず。

リールは2号糸付き。浅瀬の流圧を考えたら子供にはこの位が無難なのかな、と。スプールを替えて菅釣りにも対応できるように、また、子供の手に合うようなるべく軽くという観点から#1000のチョイスです。

そもそも、浅瀬でないところのマルタが釣れるかどうかと言うのは個人的にノウハウがないので全く未知数ですが、無難なところで今度は最初から浅瀬に入ってみます。
 
 
2011/04/09 17:35 タックルなど TB(0) CM(0)
cajonica / 【かほにか】
土曜日マルタ釣り時間枠確保。今回はチャリ移動前提で。F子玉川~U奈根~S河原辺りをランガンしてみますかね。 at 04/01 00:08

東京の家に戻って参りました。およそ1ヶ月ぶりに多摩川へ。今回はマルタウグイ釣りのトライアルも兼ねて。

cajonica / 【かほにか】
双眼鏡。浅瀬のマルタバシャを効率良くチェックするには必須かなと…しかしまたザックが重くなるという両刃の剣なり
http://twitpic.com/4foldr

 at 04/01 22:57

もともとバードウォッチング用に買ったもので、安物ゆえレンズ性能はそれなりですが、視野が60度程度あり広く、つまり視野が明るいので朝夕のあまり明るくない状態の時でも割と快適に見られるということを期待しているのであります。

T名高速の下に着いたのは05:30くらいでしょうかね。この時間にして寒くない。視界に入る川面を双眼鏡で確認しましたがバシャとかは全くなく。ルアーをどの辺に投げたら良いのか目星がさっぱり付けられないので、とにかく上流に移動です。ちなみに、秋にチャリランガンした対岸奥は河川工事中となっていました。

DSC_0352s.jpg

以前も入ったことのあるK多見あたりに移動すると、間隔の長いモグラタタキのように、水面にいくつもの波紋が広がっています。コイ…いや違うような気が…と思いながらとりあえず何か投げてみる…と思いつつふと偏光グラス経由で川面を見ると、なんとマルタウグイのみなさん方がわんさか群れており、時々水面に波紋を残しながら徐々に上流に移動しております。まあとにかくスピナー、スプーン、プラグ、小型ジグヘッド…カラーバリエーションも含め一通り投げました。いっぺんクルセイダー5gの金緑にバイトがありましたが、すぐにバレましたという。以降音沙汰なしですorz

群れているのは、いわゆる瀬付き待機中と思われますが(産卵床になりそうな川底はまだまだ藻などが付着したままで、産卵GOが出ないのです)、ときおりコイさんも一緒に移動していきます。そういえば、と思い直してパンを撒いてみると、何気に反応が。

cajonica / 【かほにか】
割と近くで、ゴミや泡をありえないバキューム音を立てて吸い込んでいたので、Fリグも吸い込んでもらいましたな56センチ。
http://twitpic.com/4g1szq
 at 04/02 20:46

なんとガッツのあるクチかとw慌ててやったらFリグだけスルーされたので、チャミングのパンはすべてパンの耳付きで同じくらいの大きさで投入し、同じくらいの大きさのパン耳をFリグにつけて流したら一発でした。結構細かいよっていうかそれ俺がイイカゲンだからwww

ひとまずお昼まで粘りましたが変化なし。ちょっと上流のテトラ周りやその対岸は人大杉なので、別の場所…まあ、あそこしかないか…S河原のダム堰下へ。移動しながら、見える範囲の瀬という瀬にはルアーフライ入り乱れてのマルタ祭会場となっており、ちょっと入りづらいなと思ったので、水門あたりから下流に移動しながら、いつもパンプカやってた辺りでマルタが釣れるかどうか試しつつ、見えコイがいればパンを撒いてみることに。

cajonica / 【かほにか】
流れ込み周辺に集まってるコイさん達にFリグをスルーされたので、ただのパンプカオヤジじゃないなどと大人げなくミャク釣り、60センチ。
http://twitpic.com/4g1uw7
 at 04/02 20:52

“ミャク釣り”という表現を使ったのは、ブッコミリグのオモリを8号ではなくてワームシンカーにして、かつ竿立てを使わずに手持ちにしたから。おまけに、自分からコイさん達が群れている辺りまで5mとか近くサイト状態なので、ミャク釣りなのかどうなのかも微妙ですがw読み通り、1分も待たずにフッキングしたという。それはそれで距離が近い分コイさんをくたびれさせることができず、暴れて採寸が結構大変でしたw

その後、パンを撒き続けるもほとんど反応なし。何匹ものコイさんの群れが水中でごにょごにょしているのを発見。つまり、発情しててパン食べるどころではないらしいですwそこでまたLタックルを取り出しルアーを投げてみる。で、ブレットン金赤5gにキました!ちゃんとドラグも出してるのでサカナさんが掛かっていることは間違いないのですが、残念ながら見えてこない段階でバレてしまい特定もできずという悲しい状況。やってるすぐ隣でバスが釣れた人も見掛けたのですが、ハデなジャンプとかはなかったのでコイ科のサカナさんに間違いはないかと。

DSC_0362s.jpg

結局、再び上流に移動して、堰堤直下の瀬の下側でジャマにならないあたりで30分ほど投げて何事もない状態でタイムアウト、お開きとなりました。とにかくここの瀬は流れが急なので、ロッドもある程度硬くないとしんどいかな…とは。マルタウグイだけでなく、コイさんもノッこんで浅場でバシャバシャが始まったし、ようやく春到来といったところですか。

DSC_0363s.jpg


ロッド:エーテック トラギア A866MH
リール:シマノ 09エアノス4000+1BB
ライン:東レ ソラロームII スーパー ドリフト 16lb
リ グ:自作フローティングリグ 7.5g #4ヘアリグ(一体型)
    自作ブッコミリグ+ワームシンカー+#2ヘアリグ
パ ン:ヤマザキ 芳醇

ロッド:タカミヤ ライジングサン 706L
リール:シマノ 09エアノス2500(スプール交換)+1BB
ライン:ヤマトヨテグス FAMELL ADDICT 6lb
リ グ:ルアー各種
 
 
2011/04/03 00:16 マルタウグイ釣り TB(0) CM(0)
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
リンク
QRコード
QR