あんまり難しくない釣りを、自分なりにこだわって。
プロフィール

cajonica

Author:cajonica
お金を掛けずできるだけ近場で簡単に何か釣れたらイイナ…という感じです。

twitter
Weather-GPV
カウンター
現在の訪問者数:
現在の閲覧者数:
タグリスト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- スポンサー広告 TB(-) CM(-)
cajonica / 【かほにか】
明日釣りに行くってヘンタイですか at 05/28 21:05

なんでだか知らないがこの季節に台風とな。実は前日の方がまだ気候が良かったりしたのですが、まあどうするかは現場に行ってから考える、ってのはいつものパターンなのでw

cajonica / 【かほにか】
明日のラインナップはこんな感じ、まあ何か釣れると思うよ http://twitpic.com/53oehh
 at 05/28 23:34

今回はFリグによるパンプカ~ポッパーリグ~パンに見えるかも知れないトップ系ルアー~ナマズのようなものが釣れたらいいな、というラインナップ。ロッドはランガン主体になるはずなので、MHタックルは持たずに、復活したガルステのLタックルのみにしています。あとはやっつけのレインコートを100均ショップで購入して詰めたくらいで、特に変更なし。

余談ですが、このスピンオレノで高校生の頃、精進湖で初めてバスを釣りました。千代田湖でもキャッチしてます。今はダーダーとか言われて使い方も確立されているようですが、当時はただ巻きしかしてなかったですね、ハイw スピンアイディディー(ダブルスイッシャー)もキャッチこそできませんでしたが、当時、豪快にバイトしてきたことをよく覚えていて、トップの楽しさを教えてくれた1本。それぞれ売却せずに今に至ります。

始発の次の電車に乗り、M多摩へ。当然のように雨が降っています。水位は、いつもより50cmは上がっている感じでフツーにマッディー。大小問わず、ゴミも流れております。鉄橋下でレインコートを着込みタモなどセットアップしていつもの流れ込みへ。さすがに誰もいないだろう、と思ったが既に親子連れの方がルアーを投げていたので、本流上流側に回ってみました。

とりあえずパンは撒かずに、コテシラベで3.5cmポッパーリグを投入してみました。他もろもろまあ、結果は以下の通り。

cajonica / 【かほにか】
3.5センチポッパーリグ、パンなしでバイトしたのに結束ミスでロスト…そのあといろいろ投げてみたけど反応なし。水位も何気に上がってきて雨も強くなってきたので、撤収です@M多摩 at 05/29 10:06

ほんとうっかり、前日にラインとスナップを結束しておいたんですが、何だかパロマーノットのやり方を忘れてしまってgdgdになっていたのを忘れていた俺の痛恨のミス。しかも、予備を造る時間もあったはずなのに放置という…でもパンなしでも食ってくることはわかったので、ポッパーリグをバリエーション込みで大増産することとしますw 他、G680ジッターバグとかG770フラホッパーとかスピンオレノとか投げてますが完全スルーでした。ナマズについては、水位が上がっており、普段居付きそうな浅瀬はどこにもないので、まあ狙ってもダメなのかな、と。

やがて雨足が強くなり、本流の流れが強くなっているところへ、さらに流れ込みの水量も増えてきました。軽く身の危険を感じたのでオヒラキにしたものの、この段階で10時くらい。んー、折からの雨と軽い藪漕ぎで下半身はびしょびしょ、手もふやけてきました。まともにボタンができないやっつけレインコートのダメさ加減も手伝ってさすがに不快なのですが、何とか1本は獲ろうかと、コイさんでは鉄板なK王多摩川へ移動です。

川面を見ると、グラウンド正面~下流にかけて掃除機モードwのコイさんがちらほら。しかし、川岸に近づくと、ささっと逃げてしまうのです。それでも、パンを流すと下流の方で若干反応があるのでFリグを投入。掃除機コイさんは常に移動しているのと、岸近くと本流で流れが違う(速度の差で逆流のようになっているところあり)のでラインにドラッグが掛かって鼻先に誘導するのが難しく、成功してもパフンッ!と軽くあしらわれてしまいます。さすがのガチスレ、ここでポッパーリグがあればまだ、なぁ…と思っても後悔先に立たず。ブッコミ師さんたちの定位置にも誰もいないので、普段入れないところも含め、期待せずジッターを軽く投げながら、さらに下流にランガンしてみます。

さすがにこの天気なので、ヘラ師さんたち釣り人は誰も居らず、独占状態。この辺りも掃除機コイさんが出没しております。しかし、めがけて投げてもここでも件の流れの差があり、ラインドラッグでうまく流すことができません。あ、手前側が逆流してるなら、上流に投げたらいいじゃない!おあつらえ向きに、上流の手前側にコイさんがおります…。

あれ?Fリグは?ラインってどこ行った?え、随分近くだなあ…って、掛かってんじゃん!

CA3F0592s.jpg

cajonica / 【かほにか】
やっと獲れました56センチ http://twitpic.com/541421
 at 05/29 15:33

何か別のことをしていてFリグを見ていないスキに、いつのまにか釣れていたというしまらない俺ですが、まあキャッチはキャッチなので。

その後は手前でパンに反応するコイさんがおらず、3号オモリ直結のブッコミでもう少し粘ってみましたが、傘で雨をカバーしていたリュックもびしょ濡れだし、濡れて冷えた体に風がときおり吹いてきて、ちょっとこのままだと風邪引くか?とまた軽く身の危険を感じたのでw15時で本当に撤収しました。


…総括はタイトルのとおり。この方がフツーより説得力があるような気が。次回は盛大にリベンジするよ!まあ、予定だけどw
  
ロッド:バークレー ガルプ!スティック GSS-706L TE ORG
リール:シマノ 09エアノスC3000+1BB
ライン:東レ ソラロームII スーパー ドリフト 12lb
リ グ:ポッパーリグ 3.5cm 3.75g #2
    フローティングリグ 3.75g #4ヘアリグ(一体型)
    #2へアリグ直結+非誘導3号ナス型オモリ
パ ン:ヤマザキ 超芳醇 特選
ルアー:ジッターバグG680-06
     フラポッパーG770-02
     スピンオレノ パーチ
     ダイソーポッパー

 
スポンサーサイト
2011/05/29 18:57 コイ釣り TB(0) CM(0)
諸用により土日は実家へ、ついでに釣りも。荷物を減らすため、LタックルパンプカFリグのみを携帯しての帰郷です。そもそも、パンプカできっちり出る状態なのかは不明なのですが、最悪ノーシンカードリフトができるような準備はしております。

DSC_0438s.jpg

今回のお題のようなものは、前回破損したポッパーリグを造り直し、サイズもまちまちにしたもののテスト、です。大きい方から4cm、3.5cmでそれぞれ1号錘(3.75g)、3cmには0.8号錘(3.00g)を仕込み、フックサイズは#2で統一。3cm版はフックが重くて浮かべるとナナメになってますが、まあいいでしょうというw

まず、土曜日は今年の正月に行ったG明川へ。前回のポイントは藪が多いのでパスして、その上流を確認してみました。

DSC_0439s.jpg

いくつか橋をスルーして遡ると、用水路レベルの流れが集まるこんな魅力的なポイントが。パンを投げると早速反応あり。では、テストいきますか。

cajonica / 【かほにか】
ホッパーもどきリグ3cmでキャッチ、65センチ。フルサトノカワハアリガタキカナ http://twitpic.com/50hpzd
 at 05/21 19:35

ボディ4cmのリグを試すも、いまひとつ乗りが悪いので、最小の3cm版に切り替えた途端イッパツ!無事獲ったものの、若干ボディが裂け、それだけならまだしも、残念ながらフックが伸びてしまい完全終了という。正直、そんなに綱引きしたつもりはないんだけど…。

仕方がないので、今度は4cm版で下流に移動しながら攻めてみる。チャミングと一緒に一旦流しきってから、ゆっくり巻き上げて、パコパコやってるとしばらくしてコイさんが迫ってくるので、この音というか波動で寄せるというメソッドは状況次第でかなり有効かもです。

ただ、反応はあるものの、いまひとつ食い込まない。これ、ボディが大きすぎるのかな。それともフックサイズが大きいのかなあ。あるいはパンのつけ方に問題があるのか、いろいろ、いろいろトライ&エラーを繰り返すしかないような気が。

時間も気にしながらやってるので、とりあえず確実にもう1本獲ってみますか、と。

cajonica / 【かほにか】
ちょっとホッパーもどきで遊びすぎたので真面目にいつものFリグで、55センチ。それにしても、この寸足らず具合が何気に気の毒なのです http://twitpic.com/50hstr
 at 05/21 19:42

実は夕暮れに近づくにつれ、何やらコイ以外の魚影を確認。あ!ナマズだわナマズ!あんまり大きくないですが生息しているのですね。これは獲らねば!と帰りに近くのダイソーで黒金ポッパーとシャロクラを購入、トレブルフックのカエシを潰して明日に備えたのでした。

で、日曜日。午前4時に起きて昨日のポイントへ。早速ポッパーを投げ、ポコポコ言わせながらただ巻きするというアピール具合なのですが全く出てくれません。時合の問題なのか、それとも単にウデがないだけか…とりあえず、次回はナマズさんに鉄板なはずの、ジッターバグを投入してみますかね。

まあ、見込みのない対象にあまり時間を割いてもいられないので、ちゃんとコイさんを獲ってみます。投げるのはド定番のFリグ3.75gヘアリグ#4です。

cajonica / 【かほにか】
朝ナマは獲れずともナイスサイズ75センチなり http://twitpic.com/50xgdh
 at 05/22 14:50

いい感じなので、再びというかポッパーリグ4cm版を投げてみたところ、おっとキましたよキました!と寄せる半ばでいきなりフックアウト。あれあれ…とリグを回収したところ、これもフックが伸びております。んー、どうもリグ側で引っ張りの衝撃を吸収するところがなくて、フックに負荷が掛かりやすくなっている模様。

ブッコミリグに、これと同じフックを使ったヘアリグを組み合わせても、伸びてしまったことはまずないことを考えると、誘導式オモリ部分に使用しているナイロン6号が実はいい仕事をしてるんじゃないか、などと。次回作のポッパーリグは、ケプラート10号のハリスを止めて、フロロで作ってもいいのかな?とか考え中です。

ポッパーリグ最後の砦、3.5cm版で再チャレンジ。今度はフックに負荷をかけないよう、もう少し走らせる方向で獲りますか。とはいえ、これもなかなか乗りません…が、しかし。

DSC_0442s.jpg

cajonica / 【かほにか】
時間かかったけどホッパーもどきリグで粘って71センチ http://twitpic.com/50xiqx
 at 05/22 14:56

またしても良型。パンは大きめにつけてます。どうやら、単にフックにつけたパンが吸い込めるかどうかだけのような気が。

つまり、パンの大きさで釣れる型をコントロールできるのかな、とも。当たり前の話だけど、クチのサイズが大きければ、大きなパンを吸い込める確率は高くなるわけで。ただし、これは活性の高い状態が前提であり、冬場は型に関係なく#4フックだって吸い込んでもらえないこともあるわけで。

さて、この周辺は充分獲ったので、他にコイさんが釣れそうな河川を探してみることにしました。幹線道路というにはさびれ過ぎな道を進んでいくと、ちょっとイイカンジの用水路を発見。この河川は、Y糸川と呼ばれているようです。下流側は工事中にて立ち入り禁止なので、上流側に川面を確認しながら移動してみます。

DSC_0443s.jpg

すると、一部の浅瀬から水門までの間には15-20尾程度の群れがいることを確認。これはイケるかも…だがしかし、両岸はコンクリート護岸で水面まで距離があってタモが使えるかどうか…と思っていたら、対岸が5mくらい段差になっているところを発見!ここからチャミングして叩いてみることに。

パンを投げると、おーワラワラと水面にコイさんが湧いて来てパンを喰う喰う!こんなところのコイは誰も釣らないでしょうから、スレてない具合が非常に新鮮です。さて、引き続きポッパーリグで頂いてみますかね。

cajonica / 【かほにか】
行き当たりばったりな用水路で56センチ。こういうキレイなの、多摩川にはいないよなぁ http://twitpic.com/50xuf7
 at 05/22 15:23

お約束どおり取れましたが、用事までに時間がハンパだし、もうちょっと粘ってここで何とかもう1本獲ってみることに。

ときおり、軽トラックに乗った農家の方が通りながら「釣れますか(はい、釣れてますよ)」とか「コイ離しちゃうの?持って帰って喰えばいいのに。3日も漬けとけば…(ムリだってば!)」とか、道すがら話しかけられることしばし。田舎ならではのユルいコミュニケーションも味わいつつ、ですねw

まあ一回パンプカで獲ったポイントは総じてシブいのですが、タイムリミット前に何とかキャッチできました。

cajonica / 【かほにか】
さすがにスレたけどそのまま続行、やたら走るし重いしの67センチ http://twitpic.com/50xwhy
 at 05/22 15:28

たっぷり時間をかけて獲っただけのことはあって、水中に戻した際に、しばらく横転してました。ごめんね。


次回の田舎釣行は7月くらいかな。多摩川でもやらないといけないけど次回の大きな課題は、虫対策…かしら。
  
ロッド:SZM レイクスピン 606L
リール:シマノ 09エアノスC3000+1BB
ライン:東レ ソラロームII スーパー ドリフト 12lb
リ グ:ポッパーリグ4cm, 3.5cm, 3cm #2(一体型)
    フローティングリグ 3.75g #4ヘアリグ(一体型)
パ ン:セブンイレブン おいしい食パン
    パスコ 超熟
 
 
2011/05/23 00:53 コイ釣り TB(0) CM(0)
子供と釣りに行く約束は前々からしていたのですが、子供が風邪を引いたりイベントが入ったりで、この日ようやく一緒に出掛けることになりました。最近子供が自転車に乗れるようになり面白くなってきたようで、サイクリングおよびプチキャンプ(小型ガスコンロを使用した調理での簡単なランチ)へのリクエストも兼ねて、片道4kmほどかけてI泉多摩川へ。

さて、駅近くのスーパーでプチキャンプの食材とパンコイ用食パンを購入、釣り場に到着しました。コアジサシがときおり現れて、盛んに水面にダイブ、餌を獲っています。背後や隣の木の下には、大学生や社会人のBBQの団体さんでいっぱい。ソフトボール等のスポーツも行われており、皆様五月晴れの日曜日を満喫といったところ。

今回、頑張ってパンプカはしないでMHロッド+ブッコミリグでいろんなことをしながら待つスタイルを。ここは、過去にパンプカで挑戦して見切られまくった経験のあるポイント。そのうち何か出るだろうという確信の下、PVAバッグに潰したパンを詰めて、一緒にブッコんでおきますかと。あと、この界隈に小魚などいないことはわかっているのですが、子供本人の気が済めばいいので、小物釣り用の延べ竿も。

ガスコンロを組み立て点火、コッヘルに水を入れて沸かし、カット野菜、ハム、マルタイの棒ラーメンを投入してラーメンのようなものができたので、順番で食事をし、それぞれ手が空いたら竿を持ち釣りに興じるという。まあ、小学校低学年なので延べ竿にしても仕掛けの投入とかいろいろ不備があって、何かの度にインタラプト入るのはイライラしますが、まあたまに子供と釣りしてるのですからドンマイドンマイ、ですわw

何度か仕掛けを上げ投入し直したりしていますがさっぱりアタリがないし、向かい風も出てきたので、じゃこれで場所変えようか、と片づけを始めた途端アタリが。あれあれ、あたっちゃったのーとか思いながら揚げてみるがなかなか寄ってこない。もしかしてデカいか?とwktkしつつ確認、お、悪くないですねえ…ナナマルは行けそう。子供はタモの柄を伸ばしてワクワクしながら待っています。まあ使い方も知らないし(何かと水平に上げようとするので壊れるのが恐怖orz)子供一人の力では困難なのでサポートしながらキャッチ。

DSC_0430s.jpg

cajonica / 【かほにか】
まさかの良型ハラボテメタボ。スケール持ってないから謎だけど四捨五入でハチマルじゃね http://twitpic.com/4xvdvf
 at 05/15 15:00

そうそう、スケールは昨日の釣行のアフターメンテナンスで洗って干しておいたままでしたorz。まあ、タモの直径は60cmだし大体合ってれば…間違ってたところで誰か困るわけじゃないしねw

せっかくなので子供にリリースをお願いしたのですが、このままコイさんを抱えるとヌルヌルが服に付いてしまって家庭内で別の問題が発生するので却下。そこでタモを持ってもらうことにしましたが、重すぎて持ち上がらない!

CA3F0573s.jpg

さすがにそりゃそうだろう、と親子の共同作業で、するするとコイさんを水中に放ってあげました。

その後あまり時間が経たずに、もう一本を追加。さすがにラクショーで上がってきました。これも親子リリースで。

cajonica / 【かほにか】
56センチ程度もキャッチです http://twitpic.com/4xwjv4
 at 05/15 16:35

その後もしばらく投入し続けたものの、自転車が倒れるほど風が強くなってきたし、近くの新歓BBQの学生が酔っ払って騒ぎながら川岸からダイブしたり、仲間を水に落としたり…不愉快なやんちゃも見たくないし、早めに撤収しました。ならば、こういった場所は避けるべきなんでしょうけど、子供のことを考慮し、公衆トイレへのアクセスや移動のしやすさを考えると、こういった割と猥雑なロケーションで釣りをせざるを得ないわけです。

ともかく、全体としては子供が学校に提出する日記の宿題ネタにもなったし良かったと思います。「また行こうねと」子供に訊ねて即「うん」の返事がもらえたことが正直嬉しい。多分子供としてはサイクリングやプチキャンプだけでも楽しんでくれたと思うのだけれど、コイさんが釣れてくれて、本当に感謝なのです。

ロッド:エーテック トラギア A866MH
リール:シマノ 09エアノス4000+1BB
ライン:東レ ソラロームII スーパー ドリフト 16lb
リ グ:ブッコミリグ10号+#2ヘアリグ w/PVAバッグ
パ ン:ヤマザキ ふんわり食パン
 
 
2011/05/15 22:08 コイ釣り TB(0) CM(0)
cajonica / 【かほにか】
明日は久し振りにT摩川原橋から右岸を釣り下ってみようか。昨日までの雨で溜りがどうなっているか楽しみだわ at 05/13 23:48

電車利用なので若干遅めに家を出て、橋下の溜りに到着したのが06時すぎ。しっかり雨が降った後なのでマッディかと思いきやバッチリなクリアウォーター。しばらくパンを投げてみるも全く反応なし、ブッコミも然り。今日は広く浅くなランガンスタイルなので早々に切り上げて、パンを撒きながらI田公園あたりまで移動。若干パンへの反応はあるものの、食わすまでには至らず。時間帯や水温も関係してるかもなのですが、結局この辺りの本流は、まだまだトップの釣りは厳しいことがわかりました。

そうして堰下へ。ここは支流、M沢川との合流地点。かなり前にランガンした時は合流の下側からアプローチしていい結果が出ませんでしたが、今度は上流側に。魚道側道からの流れ込みがあり、少し溜まってから合流地点までのエリアに、いい感じにコイさんが溜まっているのがわかります。支流側の流れを利用してパンを流すと、早速ヤル気のあるコイさんが出ましたね。それでは、Lタックルに今回は新作のFリグで…。

そうそう、こんなことがありましたよね。

割と近くで、ゴミや泡をありえないバキューム音を立てて吸い込んでいたので、Fリグも吸い込んでもらいましたな56センチ。 from http://twitpic.com/4g1szq

この後もブッコミを仕掛けつつトップで狙ってみますがなかなか食わすことができず。一回チャミングを食ってる最中に目の前に落としたら付いてるパンではなくフローターに反応!そこじゃねーよwww数は少ないですが、どこでもこういう個体はいるのですね。 from マツリは終わった、そして…。

パンが付いているのを確認した上で、流したリグをゆっくり巻き上げて、岸際についているコイさんの前でホッパーみたく動かしてみると、お、激しくバイトしたではありませんか!おーしいっただきー、と駆け引きをやっていたのですが結局バレてしまいました。ロッドにコシがないのでアワセが甘いのかも…こういうのは悔しい!今度Fリグ作るときは上流側をカップ状にして、形状をリアルホッパーに近づけてみるとします。 from 小物の数釣り

ホッパーもどきFリグの使い方としては、フツーに流し、コイさんが出てる辺りでルアーのホッパー的な操作を(落ちないように、パンは練ってつける位がいいです。多少のボディの沈みは気にしないw)。ある程度流れずに巻き取ることになるのでしばらくステイさせることが可能で、チャミングパンに夢中でスルーしているコイさんも波動に気が付いて注目、さらにパコパコすることでリアクションバイトも含めフッキングさせる、という壮大な?計画なのですwww

で、あっさり獲れました。

cajonica / 【かほにか】
ホッパーもどきFリグでキャッチ、ハラボテメタボ65センチ http://twitpic.com/4xdhri
 at 05/14 15:45

ガポンと勢いのある音を立てて吸い込んだコイさんはサイズの割に超メタボ。しかし、全然引きませんwクチ周りを見ると相当釣られている感じなので「写真撮ったら早く帰してチョーダイね」的なスレ具合という。まあ、いいんだけどね。

DSC_0420s.jpg


で、せっかく造った新作のFリグ、見事に破損しました。ボディの下側が薄かったのは確かですが、結構キますね。とりあえずオモリをボディに戻せば、まだ使えますか。ポップ音やトップルアー的操作の効果はともかく、春になってヘアリグ仕様でなくてもバッチリ吸い込んでくれるコイさんが出てきたのは確かです。

その後MHタックルでFリグ+PVAバッグにチャミングパンと小石を詰め遠投、遠くのモジリを狙ったところうまく掛けることができましたが、フックアウト…Lタックルのつもりで合わせをやりすぎましたなダメな俺。

やがてパンへの反応が鈍くなってきたので、対岸に移動してみることに。さすがにT摩川原橋まで戻るのは気が引けたので、京王相模原線経由で。途中、M沢川でこんな光景が。

DSC_0421s.jpg

ベビコイさん達がウジャウジャおります。足場もないので、さすがにこれをブッコ抜く人はいないと思いますが。

やがてK王多摩川に到着、パンを補充してからいつもの釣り場へ。今日は結構マッディで水嵩もやや増えている感じ。パンを流すと、早速トップに反応あり。さて、いきますか。

cajonica / 【かほにか】
ホッパーもどきFリグのボディがどこかに行きましたな59センチ http://twitpic.com/4xdk7m
 at 05/14 15:51

ボディがどこかに行ってしまったのは悲しいですが、また造ればいいよね。

cajonica / 【かほにか】
フツウのFリグでも。63センチ http://twitpic.com/4xdle7
 at 05/14 15:53

その後、場も荒れたのか反応が落ちてきたのでブッコミに切り替え。今回からオモリを8号六角から10号ナスに変更、ハリスも20cmから25cmにリニューアルしたヘアリグになってます。

今日はずっと一箇所でやってるんですが、全然アタリが遠のきません。メシ&休憩タイムを除けば時速2本とかいく勢いですw。そんな中、妙に重いコイさんが…。

CA3F0561s.jpg

自分のロッドが曲がってる画像を撮る気になるのも、もう何本も獲って余裕があるからですよねw。TRGR A866MHのテーパー具合を確認したい方は参考になさってください。

DSC_0426s.jpg

cajonica / 【かほにか】
ブッコミに切り替えて6キャッチ、これが最大70センチ。みぎうでがいたいです http://twitpic.com/4xe9rb
 at 05/14 16:56

えーと、64、66、70(この個体ですね)、63、69、62と大漁大漁!

さすがにアタリも遠のき、パンもなくなったところで早めですが撤収しました。久し振りに心地よい筋肉痛が来そうです。まあ、こういう日もあるということで…釣れるも八卦、釣れないも八卦www

ロッド:エーテック トラギア A866MH
リール:シマノ 09エアノス4000+1BB
ライン:東レ ソラロームII スーパー ドリフト 16lb
リ グ:フローティングリグ 7.5g #4ヘアリグ(一体型) w/PVAバッグ
    ブッコミリグ10号+#2ヘアリグ
パ ン:ヤマザキ 超芳醇 特選

ロッド:SZM レイクスピン 606L
リール:シマノ 09エアノスC3000+1BB
ライン:東レ ソラロームII スーパー ドリフト 12lb
リ グ:ホッパーリグ #2(一体型)
    フローティングリグ 3.75g #4ヘアリグ(一体型)
パ ン:ヤマザキ 超芳醇 特選
 
 
2011/05/15 00:34 コイ釣り TB(0) CM(0)
この日はAMのみ、久し振りに電車でM多摩へ。

今回は、今までとは違った角度からの攻略を。川右岸から1/3程度は玉砂利の浅瀬になっていて長靴でも余裕で入れるので、今までナナメに流すしかなかったポイントに楽勝で流し込めるように、今回長靴を持参しました。あと、C3000用に通販であんまり沈まないライン12lbを購入、バンドル3号と巻き替えているのでそれの確認も、です。



チャミングパンへの反応はしっかりあり、Fリグのパンもくわえますがヘアリグなのになかなかフッキングしてくれません。やっぱここもガチスレ状態なのかな。ラインは期待通り、30m以上流してもほどほどに潜り、回収時にFリグが根掛ってしまうことは全くなく…グッジョブです。

そんな中、何とか獲りました。

CA3F0537s.jpg

cajonica / 【かほにか】
立ち込んでLタックルFリグでキャッチ、51センチ。絵がマルタウグイみたいだわ http://twitpic.com/4ucics
 at 05/07 11:02

浅瀬で引きずるの大変…というのも、ガルステは不注意でティップを折ってしまい現在入院中、今回のLタックルは子供のLロッド。仕舞は小さくて良いけれど、どうにもコシがなく融通が利かないのです。

しばらく周辺を当たりましたが芳しい反応はないので、鉄橋下へ。ここもチャミングパンへの反応は悪くないのですが、Fリグだとどうも獲れない…ブッコめば獲れるのはわかっているので、敢えてやらずに遊んでみることにしました。

パンが付いているのを確認した上で、流したリグをゆっくり巻き上げて、岸際についているコイさんの前でホッパーみたく動かしてみると、お、激しくバイトしたではありませんか!おーしいっただきー、と駆け引きをやっていたのですが結局バレてしまいました。ロッドにコシがないのでアワセが甘いのかも…こういうのは悔しい!今度Fリグ作るときは上流側をカップ状にして、形状をリアルホッパーに近づけてみるとします。

その後反応がなくなったので、小雨が舞う中、流れ込みに移動です。もともとここにはコイさんはウヨウヨいますが、トップには出ない認識。しかし念の為パンを投げてみると、ゴーマル前後のチビコイさんたちがウヨウヨ、水面でパンを吸う吸う!これはイタダキなのです。

DSC_0414s.jpg

cajonica / 【かほにか】
普段トップに出ない流れ込みにちっちゃいのがウヨウヨ。頂きまくりのうちの一本、55センチ http://twitpic.com/4ucnkc

 at 05/07 11:13

この他同クラスのチビコイさんを3本揚げました。特に見切られて釣れなくなる感じはなく、ほぼ1-2投で確実げっと!型は小さいものの、証拠写真など撮らずに手返しよくやっていれば時速10本とかイケる感じでしたが、雨がひどくなってきたのでそこそこに撤収、「大きくなれよw」と残りのパンを投げてから帰りました。

今回は雨に濡れるのがイヤなこともあって、MHタックルでのブッコミはやってません。トップに出て確実に取れるならまあ、いいかな、と。型は期待できませんがそれはそれで、という感じです。

ロッド:SZM レイクスピン 606L
リール:シマノ 09エアノスC3000
ライン:東レ ソラロームII スーパー ドリフト 12lb
リ グ:自作フローティングリグ 3.75g #4ヘアリグ(一体型)
パ ン:ヤマザキ 超芳醇 特選
 
 
2011/05/07 14:12 コイ釣り TB(0) CM(0)
夕方まで時間がもらえたので、行ってきました。普段よりビミョーに増水してます。まず05時頃、N和泉の溜りに寄ってコイさんの状況を確認。やはりトップに出ないのですね…。そして、K王多摩川へ。パンを撒いても反応なしなのでブッコミ、さっそく1本揚げました。

cajonica / 【かほにか】
65センチ、久々のロクマル越え http://twitpic.com/4sym6d
 at 05/04 07:27

これでボウズは逃れたので、こんなトライアルを。

DSC_0403s.jpg

手投げで届かないチャミングのために、PVAバッグにパンを詰め、パンをつけたFリグにくくりつけて投入。結果…PVAバッグが片側(水面に接している方)しか水に溶けず、結局袋状態のまま固まって流れてしまうという…ダメだこりゃorz。小石を入れて一旦沈ませるとかやらないと、ダメそうです。

とまあ、いろいろやりつつもだんだんトップに反応するコイさんが出てきたので、早速頂きました。

cajonica / 【かほにか】
ヤル気ゴイさん結構出ます。Fリグで64センチ http://twitpic.com/4szb5d

 at 05/04 08:39

今回もLタックルで。楽しい楽しいw 実はこの個体の前にパンプカで1本、スレで揚げてます。シッポのスレって意外と引きません、というかシッポに掛かってれば推進力は得られにくいので当然ですよね。まあ、たいしたサイズでもないので紹介はしません、ということで。

そうこうしているうちにだんだん人が増えてきて、さすが黄金週間といった感じ、ギャラリー様もちらほら。ほとんど入る場所がなくなってまいりました。本来は釣れた場所から移動するのがセオリーですが同じ場所でやり続けるしかありません。

さらに困ったことに、ブッコミリグ(誘導式オモリ装着型)の手持ちを全部ロスト、仕方がないのでスナップにナス型オモリを直結して何とか体裁は保ちましたが、この状態でも根掛りにやられロストが続きます…いかんせん日頃の不精がたたったようです。あー、こりゃ参ったな。

そんな中、何とか1本追加しました。

cajonica / 【かほにか】
チビコイ53センチ。同じつり場だとこの後か続かない…。 http://twitpic.com/4t1y5j
 at 05/04 12:07

以降はほとんど反応がないので、別の場所に移動してみることに。

N和泉の溜り、S河原、H瀬川合流、とパンプカできそうな場所をランガン、パンを撒いてみましたがどこもこれといって反応がない。結局帰宅ルートの関係もあり(結構クタクタ)、S河原右岸で最後まで粘ることにしました。

このとき、パンプカ(ポップコーンプカ)やってるおじさんに声を掛けられまして、いろいろ話をしましたがほとんど反応なしとのこと。やっぱり…あとは時合(夕マズメ)に賭けるしかないという感じのようです。

川面にパンを撒いていると、ときおり薄ぼんやりと明るい姿をしたコイさんが。金というよりアルビノっぽく見えますが、こいつがときおりパンに反応するので狙ってFリグを投入したものの見事に見切られてしまいまして、ここはフカセ(ノーシンカー)でいくしかない!と思い立ちスナップとヘアリグを直結して投入したら一旦くわえたものの、吐き出されてしまいましたという。

夕刻に近づくにつれ、他のコイさんもだんだんパンへの反応が増えてきましたが、やはりあと一歩のところで食い込まない。なんというガチスレ状態。やっぱり連休で人が出ている影響でしょうか。17時、これからさらに反応が良くなると思われるのですがここで時間切れとなり、帰路に着きました。

ロッド:エーテック トラギア A866MH
リール:シマノ 09エアノス4000+1BB
ライン:東レ ソラロームII スーパー ドリフト 16lb
リ グ:ブッコミリグ(誘導式/固定式)+ヘアリグ#4, #2, #1
    自作フローティングリグ 7.5g + ヘアリグ#4
    ヘアリグ#4, #2(スナップ直結)
パ ン:ヤマザキ 超芳醇 特選

ロッド:バークレー ガルプ!スティック GSS-706L TE ORG
リール:シマノ 09エアノスC3000+1BB
ライン:リールバンドル 3号
自作フローティングリグ 3.75g #4ヘアリグ(一体型)
パ ン:ヤマザキ 超芳醇 特選

 
2011/05/04 22:53 コイ釣り TB(0) CM(0)
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。