あんまり難しくない釣りを、自分なりにこだわって。
プロフィール

cajonica

Author:cajonica
お金を掛けずできるだけ近場で簡単に何か釣れたらイイナ…という感じです。

twitter
Weather-GPV
カウンター
現在の訪問者数:
現在の閲覧者数:
タグリスト

さて、目覚まし時計のアラームが鳴る前になぜか子供に起こされ、さてついでに…と外は雨。うわーこりゃ仕方ないね、と一度はあきらめて二度寝して、ガチ起床は09時過ぎ。天気は何とか保っているようでしたが出掛けにまた小雨が…。まあ、濁りや水位もあるし、現場に着いてから考えますかと出発しました。そうそう、この日はULロッド入魂の儀式を執り行うのですよねw

到着した頃には雨も一応上がっていたのですが、水位は平常位より30cmは上がっている感じ。おまけに普段は普通に歩いていける辺りが冠水しております。あらら…まあ、立ち込むのだからどうでもいい話、とザブザブ歩いていつもの瀬に到着。川に入ってみるとすっかり腐っていた藻がなくなっていて、適度に濁りもあるのは良いですが、ちょっと流れがきつく水深も深くなっていて以前ほど奥には行かれない感じ。

流れがキツいのであれば、緩やかなところに群れているに違いない…と、一旦瀬での釣りは止めてテトラ側で流してみることにしました。思ったとおり、早々に2尾ほどをキャッチ。ULロッド入魂完了なのですが、10cm未満のおサカナではULでも引きの強さはあまり味わえない感じ。但し、Lタックルに較べると大幅な軽量化(〆て100g程度)となっていて、これなら丸一日振ってもストレスはない感じです。

この2尾から反応がほとんどなくなったのでルアーを投げてみることに。クロスで投げてもブレットン1.6g、PAL1.6gはダウンに切り替わった途端浮き上がってしまって、×。で、MIU2.2g、それにデカベスクを投げてみましたがテトラに根掛り易くなった以外、変化なし。ただ、足元に来たルアーの後ろを小魚がちょろちょろ追いかけているのを何度となく確認したので、どうやって掛けるのかは今後の課題に。

あきらめてリグを流し毛鉤に戻します。瀬の川岸に戻り、食事をしてから立ち込んでも困らない程度の位置から、流し毛鉤を投入です。まずはフジイの7連を。

cajonica / 【かほにか】
流し毛鉤昼ゲーム。完熟ではないけど、いい色出てますね http://twitpic.com/5y0kdf
 at 07/30 12:47

しょっぱなからこれかい!フジイの7連って、以前マズメに流してまるで反応が取れなかったのに、あれは一体何だったの…とwww。追星君は特別ゲストwなのでバレないように慎重に川岸に持っていって、撮影を。これは幸先がいいです。

それからコンスタントに追加。この日のアタリ色はズバリ、赤。他の毛鉤も赤黒とか、赤白とか、あと茶色にも来ます。ササニゴリ程度ならマッチするのでしょうか。ある程度獲れたので、他の毛鉤とローテーションをしながら釣っていきます。5連宇川式は今ひとつアピールに欠けるようで粘れば何とかという感じで以前のようには活躍していません。オーナーの7連飛ばし浮き仕様、ササメ4連(黒く塗る)は全く釣れず。

フジイと他のメーカーとの根本的なリグの違いは、毛鉤と毛鉤との間隔。フジイは結構広目に取っているあたりで、プレッシャーが掛かりにくくなっているのかも。それに、フジイは全部飛ばしウキが手前側にあり(未改造)、オーナーのは先端側に変更してしまっていて実はシチュエーションにより何か影響があるのかも。あとは、フジイの方が毛鉤のシルエットが小さめになっている気が(宇川式を除く)。

そんなこんなで、リグ確認の為にいくらか時間をロスしておりますが、日差しの射した14時-15時辺りを除いて、連続ワンキャストワンキャッチというのも珍しくない状況。基本曇天の中、気温があまり上がらず水温も上がっていないので長時間立ち込んでいると結構冷えてトイレも近くなるwので、リグ交換のタイミングで休憩しながらの数釣りとなっています。

意外とダブルは少なかったですが、いい絵が撮れたので。

CA3F0826s.jpg


追星君は最終的に2尾追加。こちらの彼らの方が熟しているようで、かなりいい色です。

CA3F0839s.jpg

CA3F0861s.jpg


いつの間にか日差しも消え、重たい雲が低く被さってきました。さて、最後の30分追い込むか…と思っていたら何やらゴロゴロ、と雷鳴が。そして雨がポツポツと…これはマズイ!と慌てて撤収しました。バラシ(釣れてきたけど撮影前に落ちたもの)も合わせて48尾、ほぼ半束の大漁でした。まとめはtweetで。

cajonica / 【かほにか】
本日の釣果:ヤマベ(オイカワ)45尾うち追星君3尾、バラシ3尾/8H。ルアーに浮気せず釣れるリグで通していたら半束は軽くクリアしていたかと。いつも日中こんなに釣れると、もっとお気楽なのですけどね。雨に感謝かな。 http://lockerz.com/s/125023816 at 07/30 23:37

ロッド:下野 CBモバトラII 565UL
リール:シマノ 09エアノス1000
ライン:モーリス バリバススーパートラウトアドバンス 6lb
リ グ:ささめ針 毛鈎でちょい投げ 4本鈎 W-002(黒く塗る)
    +自作飛ばしウキ
    オーナー針 ハヤ・ヤマベ毛鈎仕掛7本(飛ばしウキ仕様)
    フジイ ワンタッチ式 ハヤ・ウグイ仕掛け 5本 宇川式
    フジイ ワンタッチ式 ハヤ・ウグイ仕掛け 7本ウキ付
    ルアー各種

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 鯉釣りへにほんブログ村 釣りブログ 河川釣りへ
 
 
スポンサーサイト
2011/07/30 23:58 川五目釣り TB(0) CM(0)
cajonica / 【かほにか】
マ式を管理釣り場じゃなくて多摩川に投げたら何が釣れるんだろ。アラベスクでマルタ爆釣な噂も何となく訊いたので、その辺は釣れそうだが、どうしてもコイさんは釣れちゃうんだろうなあ…。 at 07/29 00:46

cajonica / 【かほにか】
っていうかそもそも、流れのあるところで使って効果あるのか、マ式…。 at 07/29 00:50

有言実行、というか準備だけは着々と…。

ポリシーは何かサカナが釣れたらいいんです。バカだの子供だのプライドないの言われても結局釣ったモン勝ち、パンコイやるのと何ら変わりません。なので、管理釣り場でバカ釣れしやすくレギュレーション違反になりがちな、フェザー系のリグを集めてみました。シチュエーションの違いはあるにせよ、これをフィールドに持ち出さないテはないでしょうと。

cajonica / 【かほにか】
多摩川なら、レギュレーションの中の人などいない! http://twitpic.com/5xmiy8
 at 07/29 20:35


中古のマ式と新品デカベスク4色。あとついでに、JSYカラーと思われるクリアイエロー/シルバーの中古MIU2.2gでラインナップを補填です。VANFOOKのフェザージグもあったので検討したけど、思った色がなかったのと、サイズ的に割と大きいおサカナが対象になってくると思ったので、とりあえず購入を止めてます。

マ式は、中古だけあってリーダーが縮れていますし、オリジナルの長さが確保されているか謎ですが(実測20cmで1-1.5号といった太さ)、実際の浮遊状態を見ながら流れ脇の溜まりや流れが緩やかなロケーションでLタックルで試してみようかと。正直コイさんが掛からないか、かなり心配ではあるのですがw。

デカベスクはオレンジ(イクラまたはフレーム)がなかったのが残念ですけど結構期待をしています。水深を考えると縦のアピールは難しいので、アップで底に時々当てながらのタダ巻き、あるいはダウンで小さくリフト&フォールを繰り返す感じですかね。エサ釣りで浮きを流すラインに沿って引いてくると、もしかしたら、何かが起こるかもしれません…。

あと、それぞれ投げ仕様流し毛鉤の最終端に装着するというのも面白そう。マ式のは別売りしていますし、飛ばし浮きの浮力に余裕があれば、アラベスクをぶら下げてもいいかもです。


そんなわけで、明日出掛けてみますか。ただ、朝あんまり雨が降っているようだったら、さすがに出掛けないと思います…。

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 鯉釣りへにほんブログ村 釣りブログ 河川釣りへ
 
 
2011/07/29 21:17 タックルなど TB(0) CM(0)
cajonica / 【かほにか】
下野CBモバトラII565ULげt。これならまるっと収まるね。Gutsだぜ! http://twitpic.com/5tga9p
 at 07/21 21:14

cajonica / 【かほにか】
ラインの巻きムラが気になってあれやこれややっていたらオマツリ状態に。小一時間の格闘に完敗し、結局これに。スナップスイベルもマイクロスプーン用に変更してなぜかカンツリタックル化まっ... http://twitpic.com/5uju1j

 at 07/23 22:13

上記調達した流し毛鉤釣りのタックルですが、それだけに使っているのはマコトにもったいない!ということで、多摩川で降海型じゃないハヤ(ウグイ)やそこそこサイズのニゴイそして最近繁殖してきたカワムツ、また無理やりアブラハヤ間違ってヤマベ(オイカワ)近場に棲息してるかわからないオヤニラミなどなど、所謂外道とされがちなマイナーな彼らと遊ぶべく、管釣り系のルアーをちょこっと調達です。

cajonica / 【かほにか】
TBとSSIでカンツリもとい川の小物対応を…散財かどうかは今後の釣果次第ですが何か http://twitpic.com/5wo7yj
 at 07/27 23:20

なお、本当の管釣りタックルだとラインは4lbでも太い時があって、ロッドもSULになり対応ウェイトも4gまでとか、かなり繊細になってくるので厳密には使いづらいところですが、メインユースの流し毛鉤は荒瀬ではなくとも本流で流しますし、こういうときには全く有難くないコイさんとか無駄にデカいニゴイさんとか何の因果か掛かってしまった日には泣くに泣けないので、あまり繊細すぎても困るのです。

それ系の手持ちを一式並べてみました。ルアーの傷は、春のマルタウグイ釣りの勲章ということで…何気に稼働率もわかりますね。

CA3F0812s.jpg

ブレットンの1.6gの黒/Gと黒/Sにスナップオンタイプのバーブレス赤フックを装着。それと、おなじみのMIUの赤金系2.2gとたぶん新品のウグイカラー1.5g、ピンクの塗装が剥がされてオールゴールドになって売られていたPAL1.6g、スレたりヒカリモノで反応がない時のリリーフとして、黒とペレットカラーのBUX2.5gがラインナップに追加です。あとは2-3個、2-1.5gあたりに銀&中間色系が入るといいのかもです。

多摩川では朝はルアー、夕方は流し毛鉤と使い分け、あと実家の近くでアブラハヤがうじゃうじゃいる川があって、上流で深みに溜まってる渓魚狙いのフリwをしてもいいし、ちょっと出掛けた富士川では流し毛鉤で釣れそうな瀬も見つけているので(一帯は昔、吸い込みで40cmくらいのハヤが釣れてますし、小さいながらニジも釣ってます)、その辺りで投げてみても面白そうです。

まあ慌てずに、いろいろ、いろいろ、試してみましょうか。

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 鯉釣りへにほんブログ村 釣りブログ 河川釣りへ
 
 
2011/07/28 00:24 タックルなど TB(0) CM(0)
諸用のため、実家に行ってきました。まあ、朝夕は当然のように釣りをw

パンプカLタックル以外に流し毛鉤のタックルも持って行きましたが、流せそうな川は先日の台風の濁りがまるで取れないので投げるところがなく、現地視察だけ行っています。

但し、いつものG明川だけは特に濁った様子はなく(一応水位は上がっていたようですが、この河川は直接の水源が水田のみだったりするのかも知れません)、コイさんたちも土手から見た感じ元気そうなので、普段より時間は取れませんが、遊んでもらうことにしました。

まず、1日目夕方の分。リグはポッパーリグ3gで。Fリグ3.75g+ダブルフックも投入してますが、反応が良くないのですぐに戻しています。

cajonica / 【かほにか】
64センチですが、ぐいぐい引いてラインを50mも出してくれやがって…愛してる http://twitpic.com/5uh9ox
 at 07/23 19:08

何かもう、いつぞやのKO多摩川のコイさんとは別物という活性具合。ドラグ設定を完全フリーにしたつもりはなかったのですが、走る走る…しかもサイズはそこそこのくせになにやら重い。キャッチしてみると、胴回りがマグロのような円形具合。産卵期のそれとはまた違いますが、随分肥えた感じです。5月に入ったときは意識していませんでしたが、こんなんだったっけか?

で、2日目朝の分。

cajonica / 【かほにか】
朝一番47センチ。ラインこすれて出血したみたいです http://twitpic.com/5uux3y
 at 07/24 10:56

傾向として、小型ほど高速に走る感じですが、バテるのも早いのでこの位だとそんなに苦もなく。大抵掛かってから、コイさんの進行方向でラインがムナビレやエラブタに引っ掛かって外れる時に「ガクン」となるのですが、そのラインのこすれ具合でたまたま切れてしまったのかな。別の原因かもしれませんし、不可抗力ということで、ひとつ。

そう時間が経たないうちに、もう一本追加です。

CA3F0796s.jpg


cajonica / 【かほにか】
63センチ。こいつも良く走りやがりましてlove。ラインぼろぼろです…。 http://twitpic.com/5uuzwe
 at 07/24 11:01

走るのはまあいいとして、この川はところどころ川の中央に向かって石が積んであり浅くなっているところがあって、その向こう側に入られると、なかなか寄せられないですね。こちらからコイさんに近づいていってキャッチすることが多いです。当然、ラインもこすれて部分的に毛羽立ってみたり。ランディング後のラインチェックは欠かせません。

この後、反応が一段落したのでY糸川も覗いてみましたが、こちらはあまりチャミングに反応がないのと、流れてくるゴミが多くてリグを流しづらかったので見切って、またG明川に戻りました。あらためて土手から水中を確認すると、とある障害物の陰にデカコイさんが…。ノーフィッシュは回避されているので、今度は型狙いで行ってみることに。

一匹狼ならぬ一匹鯉というのは案外いなくて、大抵ある程度の群れで回遊しているので、デカコイさんがいる群れが留まっていることを確認して、その上流からチャミング、チビ~レギュラーさんたちが喰いに来たところで大き目のパンをつけたポッパーリグを投入、デカコイさんがいる辺りをかすめるようにロッドを立てラインを操作してドリフトを掛けていきます。

当然、チビ~レギュラーさんの反応がありますが、ある程度大きいので吸い込みきれずあきらめること数回、放置されているリグへの反応を辛抱強く待っていると、やがてバスっと反応あり。あれ?どこ行ったっけ?外れてるよね?とラインを巻いてくると、お、これ掛かってる?…掛かってる!

それほど走らない代わりに、なかなか上がってきません。寄せてくるとときおり見せるクチが明らかに大きいので、これは作戦成功!という。ご覧の通り、なかなかのゴンブト。タモ揚げてその重さに軽く驚きました。

CA3F0806s.jpg


cajonica / 【かほにか】
デカそうなコイさんがいる群れを狙ってパンでか目でキャッチ、ゴンブト71センチ。 http://twitpic.com/5uv33s
 at 07/24 11:06

そろそろ暑くなってきたので、もう一本獲ってから…と場所だけを変え、同じオペレーションを。やはりチャミングで群れ全体の活性が上がっているところになかなか喰えないパン。結構イジられたのでもうパンは外れているのかな…と思っていたらいきなりガボっと下流側からガチバイト。今度はリグが浮き上がってこないことを確認してアワセ、ファイトを楽しんでキャッチです。これも元気で重たい個体でした。

cajonica / 【かほにか】
66センチ。もしかしたら、パンなしで喰ってるかも http://twitpic.com/5uv9sc
 at 07/24 11:17

群れサイトの最中、巨大な亀(スッポン?)や、ムナビレだけで対岸方向に泳いでいった大き目のサカナ(コイっぽいけど、ナマズかも)が確認できましたが、ヘンな模様があるサカナさんも見かけました。何だこのマダラ模様?ライギョ…???いやいやコイさんの群れに混ざっているしどう見ても体形はコイさんなので、これ、ドイツ鯉なんじゃないかと。

状況次第で見つけるのが大変かも知れませんが、狙って釣ってみたい対象がまたひとつ。

ロッド:バークレー ガルプ!スティック GSS-706L TE ORG
リール:シマノ 09エアノスC3000+1BB
ライン:東レ ソラロームII スーパー ドリフト 12lb
リ グ:ポッパーリグ3cm 3.00g #2フック
    フローティングリグ 3.75g+#4 ダブルフック(分離型)
パ ン:セブンイレブン おいしい食パン

P.S どこでもペットボトルやコンビニ袋は落ちていたりしますが、この釣り場でキャタピーとナマジーのパッケージをゴミとして拾いました。夜ナマ釣るのは別にいいけど、ゴミは持って帰ろうよ。あと、食パンの袋も。パンコイの人もゴミは持ち帰ってね。もし余裕があったら落ちてるゴミも拾って行って欲しいけど、最低でも自分の分だけは、確実にお願いできたらと思います。

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 鯉釣りへにほんブログ村 釣りブログ 河川釣りへ
 
 
2011/07/24 23:08 コイ釣り TB(0) CM(0)
cajonica / 【かほにか】
いまさら胴に乗るグラスっぽいULロッドが欲しいとは…もちろんテレスコで仕舞目標40cm! at 07/19 23:47

ここのところ流し毛鉤で夕刻にヤマベ(オイカワ)を狙っております。Lロッド+#2500リールではあまり引きも味わえないし、デカハヤ(ウグイ)でも掛かるのならともかく、何よりタックルが過剰に重くてね。やはりというか、ULロッドが欲しい。それもどちらかというとペナペナ系で乗りやすくバラしにくい感じのロッドが。

まあ、グラスたっぷりの安物でいいっちゃーいいのですが、(仕舞えない)鱒レンジャーってわけにもいかないしw、さてどうしたものかと。ネットを一通り検索して候補をいくつか挙げてみたものの、やはり現物確認はしたいし…だったら店舗で直接買えるもので決めちゃっていいのかな、と。トラウト系のテレスコでULアクション、価格帯は5K以下という条件です。

そんなわけで、心当たりのある店舗に片っ端から電話してみました。特に価格帯を言わなければフツーにTRGRか、アブガルのなんとかボロン(これはとっても物欲をそそられるのですが、所詮ムリorz)を紹介されます。逆に、2K台だと今度はガイドのクオリティとか怪しくなってくるので、速攻パスしてます。

JSYはやっぱりSZMという自社ブランドがあるので、ネットでスペックを確認できるものはほぼ置いていません。PNTは新シリーズが販売されたばかりなのですが、仕舞が長いし、ランクはバスロッドからになっているようなのでパス。そして、最後の砦CTGには…ありました!価格は約4K、割とどの店舗でも扱いがあるようです。もう、これで良いんじゃないかな。そういえば、FSMは忘れていて確認してませんw。

cajonica / 【かほにか】
下野CBモバトラII565ULげt。これならまるっと収まるね。Gutsだぜ! http://twitpic.com/5tga9p
 at 07/21 21:14



そうそうこれ、鱒レンと同じメーカーなのですよね。6ftモデルも同じ値段でありましたが、仕舞寸法優先でチョイス。見た目もグリーンベースに遊びっぽい意匠が入っていたりして好きです。では、早速釣りに…は行けないので他のロッド達と比較研究など。

DSC_0489s.jpg

長さをわかりやすくしてみました。なぜか延べ竿も並んでいますがw。右からTRGR A866MH、ガルプ!スティック706L、3つ目がモバトラII565ULです。実測41cm、これは小さい!

しかしその左のSZMのLAKE SPIN606だと、6pcsなので6ftでももっと小さい。正直、この6pcsでもう少しクオリティの高いロッドが欲しいんですがね。あとは延べ竿13尺と9尺という。やはり40cmが選択基準です。

では、ラインを通してロッドを伸ばし、しならせてみます。

CA3F0786s.jpg

短いことも関係しているのか、意外とペナペナせずあまり胴に乗る感じじゃありません。さすがにガルステよりは軟らかいし、あんまり管釣りに特化して軟らかすぎるのもそれはそれでリスクがあるので(一応本流で使うのですよ)、まあいいでしょうかね。

それにしてもガイド。トップから3番までの間にもう一つあっても良いような気が。あと、リール側の口径が小さい小さい。トラウト系のパックロッドは今みんなこんな感じなんですかね。まあ、この値段だしこの仕舞なので贅沢は言いません…。

今度は、リールを装着してみます。マッチするのは、どう考えてもシマノだと#1000でしょう。余談ですが、ラインを以前2500Sスプールに巻いていたFAMELL ADDICT6lbに替えてます。さすがに全部巻いても足りないので、下巻きとしてバンドルライン2号を若干残してカット、四半世紀ぶりにブラッドノットなどを。

DSC_0494s.jpg

ロッドを伸ばした状態で、重心はスプールのライン中央くらいに来ます。手持ちのロッドの中では最高のバランス。何気にフックホルダーも付いていてグー。しかし…ガイドカバーはガルステのトップカバーと同じ材質の、あのEVA。これは絶対に危険なのでFuji製のカバーも同時購入しようとしたのですが、サイズが大きいものしか店舗になく、また別途購入ということでこの日は諦めました。

DSC_0491s.jpg


そんなわけで、所詮Made in Chinaのローコストなテレスコロッドなのですが、ティップを折らないよう大事に使いたいと思います。

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 鯉釣りへにほんブログ村 釣りブログ 河川釣りへ
 
 
2011/07/22 00:51 タックルなど TB(0) CM(0)

cajonica / 【かほにか】
もとい雨乞いしたい。川も人もダメになりそう at 07/16 22:03

もうここのところ朝からピーカンなほぼ快晴、水温上昇と渇水でどの釣りもあれやこれやという…。連休の最終日になって、ようやく曇ってきたので、午後から出掛けてみました。

最初はT名高速の直下。家族連れの水遊びと鮎コロガシの方がいて、ちょっと下の方にはいい瀬があったのですが、フライマンが数名おりまして。空気読むと入れないわ、ここ…まあ、釣れる気はしませんでしたが橋の下辺りでとりあえずリール毛鉤4連を黒くマジックで塗ったものを投げてみる。

うーん、やっぱこのスーパーボール重いわ…そこで、ダイソーBigOneのフローティングミノー(さすがにリップは切りましたw)をスーパーボールの代わりに装着、投げてみる。あわよくば何か掛かるかと思って、フックはマルタの時のシングルバーブレスのまま。あちゃー、軽くはなったけど、リップ切っても沈むのねー。ともかく、スナップスイベルでの連結は止めて、かつお腹のフックも外さないとダメですね…。

小一時間投げて気が済んだので、いつものテトラに。この日は3.9mの万能竿にハヤ・ヤマベ系のウキ仕掛け。しかし、沖目に流しても釣れる気配がしないので、定例のテナガ釣りに。ハリスが20cmあって、ウキとガン玉のバランスを取っているので以前のようには…お、釣れるじゃないっすか。20オーバーのジャンテナも含めそこそこキャッチ。両隣のブッコミの親子連れに余ったミミズを差し上げつつ、通りすがりの外人さんにも It's long arms! とか言いながら見せつつ、即リリースです。

テキトーに時間が潰れたので、本題の流し毛鉤にいきますかと。新兵器投入です。

CA3F0774s.jpg

これこれ、これを探していたのです。厨房の頃使ってたメーカー、フジイっていうのですね。パッケージのデザインも変わっていません。小型7連タイプを確保と同時に、宇川式という鮎毛鉤のような巻きが特徴の5連タイプも。JSYスタッフの方曰く、蚊ではなく、フライフィッシングで言うニンフ(水生昆虫の幼生)のイミテーションのようで、昼間でも釣れるとのこと。開封済みですみませんがw、お値段もそれなりでちょっと凝った造りになってます。

と、その前に、先日の7連の飛ばしウキを下側に移動したものを投げてみる。あ、とりあえず釣れますね。曇っているのと、若干水温が低めこともあってか、17時前に3尾ほどキャッチ。あんまり心配しなくて良かったかな。安心して、今度は5連宇川式を。数投して、ガツンと重い感触が。

おお、これは…13センチほどのヤマベがダブル。しかも一尾は婚姻色てんこ盛り!よーしおとーさんきれいなおさかなのしゃしんとっちゃうぞー、の前にポトリという…残念すぐるorz。その後もポツポツ釣れましたが、それがほとんど10センチ以上。フック自体は実は小さめなのですが、毛鉤の全長が長いので良型を選んで釣ることができるようです。これはいい仕事してますね!

ちょっと休憩後に、今度はフジイの7連タイプを。しかし、時既に18時を回っているというのに全く反応がないってどういうこと???何かがマッチしてないとしか思えないのですが、まあそこそこに切り替えて、また5連宇川式を投げるのです。やはりというか、マズメもオッケーです。毛鉤の色は黒系も来るものの茶系にも多く来てます。暗くなるのが微妙に早くなっていて慌てましたが、ラストスパート15分は毎投キャッチ状態でご覧の成果です。

cajonica / 【かほにか】
今回の釣果:テナガ4、ヤマベ16。バッチリ婚姻色が出たヤマベをダブルヒットしたが諸般の事情によりお見せできないのがかなり残念…。 at 07/18 20:17

これから、しっかり雨が降るのは良いのですが、災害等起こさない程度に適当にお願いしますね>台風6号

ロッド:POINT BAY 万能小継 流心 390H
リ グ:自作ウキ仕掛+袖3号
ベイト:キジ(細)

ロッド:バークレー ガルプ!スティック GSS-706L TE ORG
リール:シマノ 09エアノス2500S(スプール交換)+1BB
ライン:モーリス バリバススーパートラウトアドバンス 8lb
リ グ:ささめ針 毛鈎でちょい投げ 4本鈎 W-002(黒く塗る)
    +ダイソーBigOneフローティングミノー黒金
    オーナー針 ハヤ・ヤマベ毛鈎仕掛7本(飛ばしウキ仕様)
    フジイ ワンタッチ式 ハヤ・ウグイ仕掛け 5本 宇川式
    フジイ ワンタッチ式 ハヤ・ウグイ仕掛け 7本ウキ付
 
にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 鯉釣りへにほんブログ村 釣りブログ 河川釣りへ
 
 
2011/07/18 22:19 川五目釣り TB(0) CM(0)
さて、夕方の部です。

マズメより1時間ほど早めに到着し、効率を考えて最初から7連の流し毛鉤を投入。2-3投で一度反応がありましたが、その後は全くなく。それでも水の中に立ち込んでいた方が涼しいので、時々水を飲む以外は、水中を歩いて移動しながら投げ続けます。これもランガンといえばランガンなのですよね。

ようやく、18時近くなって初ヒットです。割と良型かと。

CA3F0748s.jpg

今回はタックルをマルタウグイ仕様に。というか、手持ちでティップが軟らかめのロッドはガルステLしかないし、ラインが細めのものもエアノス2500Sのスプールに巻いた8lb(直径は6lb)なので。それでも、前日のタックルよりも繊細にはなっていて、バラシは少なかったような気がします。あと、エアノスC3000のボディは1000と較べて巻き上げが早い分、逆転時はバックラ注意ですが1BBを追加してある分、スムースに流せます。こんなところにご利益がw

その後、ビミョーに間隔は空くものの、コンスタントに釣れています。ちょっと余裕ができたので、こんな写真など。

CA3F0751s.jpg

さて、日没を確認してからがやはり時合のようで、3-5分で1ヒットのペース。19時を回ると、今度は随分重たい感触が伝わってきました。何か別のサカナが掛かったか…?あれ、ダブルだわダブル!しかも2尾とも良型!これは嬉しいね、と画像を確保したのですがすっかり暗くなってきて、オバケのような状態になっているので、アップは差し控えさせていただきますw

さすがに目印も見づらくなってきたので、陸に戻りながら最後の一投。お、またダブルか…?

cajonica / 【かほにか】
オーラスでトリプルヒットですよ http://twitpic.com/5o1kk2
 at 07/10 19:27

やりましたトリプル!これは止められない。毛鉤の色については、日が出ているうちは黒や黒赤ばかりですが、日没後は赤、黒黄にもバイトがありました。この組み合わせで自作したら爆釣なのかも、と思いつつも、毛鉤の単価の高さに断念せざるを得ないのです。ましてやタイイングなど…あ!黒く塗ればいいのかwww 今度リール用の毛鉤で試してみよう。


タックルを片付けて護岸の土手に座り、半月に照らされ川辺の風に吹かれながら、報告tweetしつつ冷たい水を飲むのは、実に心地が良いのです。

ロッド:バークレー ガルプ!スティック GSS-706L TE ORG
リール:シマノ 09エアノス2500S(スプール交換)+1BB
ライン:モーリス バリバススーパートラウトアドバンス 8lb
リ グ:オーナー針 ハヤ・ヤマベ毛鈎仕掛7本

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 鯉釣りへにほんブログ村 釣りブログ 河川釣りへ
 
  
2011/07/10 22:25 川五目釣り TB(0) CM(0)
06時くらいにKO多摩川へ。水面には風に流されて集まりかけたゴミやホコリが膜をつくって、こちら岸一円を覆っています。そこにパクパクさんなコイさんがいくつかいたので、早速リグ投入、いくつかバラしながらも、08時までにトップで2本揚げました。

cajonica / 【かほにか】
トップ2本目、56センチ。 http://twitpic.com/5nugfc

 at 07/10 11:14

1本目はなぜか撮影ができておらず。61センチでした。

その後ブッコミを2時間程度、再びパンプカで狙うも直前リターンどころか完全スルーもあり。ついに真・パンプカwというべきライン直結も試みていますが何が悪いのか、これも見切られました。

単にスレているだけだと思いますが、水温上昇による活性低下もあるのかも。水位も落ちてきているし、水面のどろどろした膜も消えるはずなので(ラインやガイドが汚れて悩ましい)、ここは是非一雨欲しいところ。


っていうか、昨日梅雨明けして朝から見事なピーカン。暑すぎて人が耐えられないので11時前には撤収しました。一旦自宅に戻って、夕方の部に備えるとします。

ロッド:エーテック トラギア A866MH
リール:シマノ 09エアノス4000+1BB
ライン:東レ ソラロームII スーパー ドリフト 16lb
リ グ:ブッコミリグ錘8号+ヘアリグ#2 w/PVAバッグ
パ ン:ヤマザキ 超芳醇 特選

ロッド:バークレー ガルプ!スティック GSS-706L TE ORG
リール:シマノ 09エアノスC3000+1BB
ライン:東レ ソラロームII スーパー ドリフト 12lb
リ グ:ポッパーリグcm 3.00g #2フック
    フローティングリグ 3.75g+#4 ダブルフック(分離型)
    フローティングリグ 3.75g+#4 ヘアリグ(一体型)
    #2フック直結

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 鯉釣りへにほんブログ村 釣りブログ 河川釣りへ
 
 
2011/07/10 13:17 コイ釣り TB(0) CM(0)
cajonica / 【かほにか】
明日はPM勝負。食事をしてからゆっくり出て通り道でエサを買い、テトラ底モノ攻略&マズメに瀬を毛鉤で、というプラン。うまく行くかな at 07/08 22:45

そんなわけで、家族と遅めの昼食を取ってから別れ、釣具屋に。コストを考えて今回はサシで。さすがに凍らせたペットボトル1個でエサの保冷は心許ないので、既に購入済みの凍らせた保冷材もクーラーバッグに投入済みで今度は万全、とはいっても正味4時間程度の釣行なので過剰なのかもですがw

15時半くらいから、いつものテトラへ。というか既に家族連れが入っているので、今日は、ちょっと上流のテトラ林?の方に入りました。早速小さめのテナガ♀をキャッチ、しかし以降はアタリもなくという状況。やっぱりキジの方が寄りが良いのかな…と。しかし隣で専門に釣ってるおじさんは「わたしはイカサシですよ。よく釣れるんですよ…」とのこと。このポイント、何が良く釣れるのかよくわからなくなってきたw

ここはテトラが混んでいて長い竿だと縮めてもやりづらいので、いつもの場所に戻りました。ここでも小さめのテナガ♀をキャッチしましたが、泣かず飛ばすといった状況で…その上、じわじわとお腹が痛くなってきて集中できないので、一旦納竿してグラウンド側のトイレにダッシュw 事なきを得ましたが、いつの間にか日も暮れて来ていたし、瀬のある方に近くなっていたので、流し毛鉤釣りに切り替えます。

家族連れが数組、浅瀬で水遊びをしたり、もう少し深いところまでたち込んでおじいちゃんと孫がハヤorヤマベを釣りまくっていたり。今日はサンダルなので、ザブザブとそのまま入水です。上流の釣りまくりされている辺りまで立ちこんで仕掛けを投入。さすがに夕マズメ、流水の方が却って温かく感じたりで、気持ちよく釣りができます。

仕掛けは今回は、投げタイプの4連のものは使わずに5連の手竿タイプのものを装着して、ヘタに投げると確実に絡むのでwそのままハンドルを逆転させながら足元から流すだけです。数投目で…ん!キタ!しかしフッキングしません。

この食い込みの悪さは、ちょっとロッドが硬いのかも知れないです(殉職したライジングサンならティップが軟らかいので、適役だったかも)。とはいえ、替わりはないので諦めずに流しては巻き、流しては巻き…を繰り返して、ついにブルブルっと来ましたよ!

cajonica / 【かほにか】
流し毛鉤、ヤマベ釣れますた…! http://twitpic.com/5nh9j5
 at 07/09 19:48

あーそうそう、この感触ですよ。というか、四半世紀も経ってればさっぱり覚えてませんがw その後も乗らないアタリをいくつか感じながらももう一尾を追加。広く探れるように7連のものに切り替えつつ流し続けましたが、釣れなくてちょっと飽きてきたので、エサのミャク釣りに切り替えました。

実はこの竿、今回が初投入なのですが、過去ほとんどグラス竿ばかり使ってきたのでいやー軽い軽い!3.9mで100gチョイという。安売り系の竿としては割といいお値段をしてますが、仕舞も短いしこれは疲れなくていいわ…でも釣れません。早く入魂したいorz

19時近くなり大分日も落ちてきました。いい加減あきらめて、もう一度ラスト15分、毛鉤を流します。

CA3F0741s.jpg

さっきより確実に反応が良いです。型は小さめですが毎回反応アリ、連チャンで3尾をキャッチ。色は黒系が大人気ですw さすがに周りには誰もいなくなり、そろそろ暗くなってきたので19時過ぎに納竿しました。


凍らせてクーラーバッグに入れておいたペットボトルはまだ半分くらい凍っていました。帰りながら飲みましたが、冷たくて旨い!

ロッド:POINT BAY 白滝渓流Ⅲ 270×2
リ グ:自作シモリ玉ウキ仕掛+エビ針1号
ベイト:紅サシ

ロッド:POINT BAY 万能小継 流心 390H
リ グ:自作ミャク仕掛+袖3号
ベイト:紅サシ

ロッド:SZM レイクスピン 606L
リール:シマノ 09エアノス1000
ライン:リールバンドル 2号
リ グ:マルフジ 簡単フライフィッシング K-037 3.6m 3号
    オーナー針 ハヤ・ヤマベ毛鈎仕掛7本

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 鯉釣りへにほんブログ村 釣りブログ 河川釣りへ
 
 
2011/07/09 22:00 川五目釣り TB(0) CM(0)
cajonica / 【かほにか】
結局同僚が来られなくなったので、明日は汽水域には行かずに淡水でテナガ&パンコイ予定。テトラ帯でどうやってリール竿を置くかが架台いや課題w at 07/03 00:14

そんなわけで、先週のポイントに。さっそくパンを撒きました。しかし、出てくるのは亀ばかり。すんなり諦めてブッコミに切り替え、同時進行でテナガを釣り始めました。ブッコミはしばらく待ってみたものの、特に反応もなかったので早々に片付け、テナガオンリーで進めて行きます。

せっかくなので、テトラに三脚竿立をマウントした図など。フックの重石は500mlペットボトルに水を入れた凍らせたもの+ミミズのパックです。まあ、何とかなりますね。

DSC_0477s.jpg

釣れ出したのは07時位から、朝早く入れば良いというわけでもないようです。

CA3F0700s.jpg

その後もコンスタントに追加。午後2時辺りからぱったり釣れなくなりましたが、穴釣りモード(できるだけ狭い穴に仕掛けを投入し底ギリギリに上げてミャクで待つ…これが当たり確実なのですがタイミングを逃すと根掛りも必至という諸刃の剣w)も併用して17時までに最終的にジャンテナ(全長20センチ以上)4尾を含む21尾をキャッチ。もともと食べるつもりはないし、汽水域ほどエビ影が濃いわけではないので、全部リリースしています。

cajonica / 【かほにか】
ジャンテナ22センチ。いい青色です http://twitpic.com/5kj13x
 at 07/03 18:33

今回は、市販の仕掛けではなく、自作しました。ミチイト0.8号(天井糸加工)にシモリ玉ウキ0,1,2,3号1ヶずつをループで通し、ナツメ型錘0.3号、結束部保護用のビニールチューブ、自動ハリス止めサルカン極小に、エビ針1号ハリス0.4号という組み合わせ。

使ってみてわかったこと:
①玉ウキは3つで充分。追加するならもう一つ0号でいい
②玉ウキを移動させる時は、最低でも仕掛けを水に付けすべりが良い状態でやるか、面倒でもループを緩めた状態でやること。素のままで動かすとミチイトが縮れ、クセが付く。今後は爪楊枝の使用も検討
③エビ針は1号だとウキゴリに呑まれてしまうので2号でいい(常連さんらしき方から伺いましたが、ミミズなので4号を使っているとのこと。六郷ではアカムシでやるので2~1号というお話でした)
④根掛りロストの場合、ほぼ毎回スイベル~錘ごと無くしてしまう件。これは引っ掛かっている部分がハリではなく、錘なのではないか。形状の変更が必要かも

あと、エサの保管なのですが、気温の高い状態ではミミズが逃げ出すのは当然として、真夏の猛暑日では茹でミミズになることもありシャレになりません。今回はそれを見越して、簡易なクーラーバッグに凍らせたペットボトルを入れ一緒にしておいたものの、さすがに丸一日は保たず。15時くらいから脱走兵が続出したのでw、今後は専用の保冷材を忍ばせるようにしますかね。もう少し容量が大きいバックであれば飲料水も入れられ一石二鳥なのですが、自転車ならともかく、徒歩や電車の場合は手持ちの荷物が増えることになるので、それがネックかと…。

とにかく、ここのところ「曇り」という天気予報が当たったことがしばらくなくて、雲が全くないわけではないけれどときおり射す強い日差しに日焼けしまくっております。昨日も例に漏れず当然のように日に当たると結構疲れるし、午後からは風が出てきてまあ良かったものの、ときおり風が止まると本当にキツい。長丁場では大変です。ここでもある程度はテナガは釣れることはわかったし、飲料水の確保も必要なので(1リットルじゃ足りない…)ので、今後しばらくは頑張らずに、せめて午前の部/午後の部と分けて入るようにしますかね。


ということで今回はこれで。次回以降は約束があるので、一度は六郷になりますか。

ロッド:POINT BAY 白滝渓流Ⅲ 270×2
リ グ:自作シモリ玉ウキ仕掛
ベイト:マルニチ ミミズちゃん熊太郎(ミミズ)

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 鯉釣りへにほんブログ村 釣りブログ 河川釣りへ
 
 
2011/07/03 22:06 テナガエビ釣り TB(0) CM(0)
本当は予定があったのですが、午後から思いかげず空いてしまい3時間ほど行ってきました。何だかここのところ小物系に走っているので、今回はコイさんオンリーでKO多摩川へ。

そうそう、新たに導入した三脚タイプの竿立のトライアルを兼ねてます。今まで使ってきた地面に刺すタイプはコンパクトで便利、タフで故障もありませんが、フィールドによっては土があっても地面に刺さらない、コンクリ護岸では使えないというデメリットがありまして。



こんな感じでセッティング。さすがに三脚の脚から出ているフックに何かぶら下げないとよろけそうで怖いのですが、こうしてリュックをぶらさげてやることで三脚がある程度安定します。リュックの定位置も決まったことで釣り場も整理できて、一石二鳥ですw

DSC_0475s.jpg

全段フルに伸ばした高さが72cm、2m60cmのロッドなら充分ですね。仕舞もタモの袋にスッポリ入って、意外と薄くてかさばらず重さももしかすると地面に刺すタイプより軽いかも…これは使えますw 正直、この手のミニ系竿立としては値段はお高めですが、クオリティはガチですよ。

で、釣れました。しかし、後が全く続きません…。パンを撒くと少し反応はあるものの、先月くらいの活性はなく。リグの種類をいろいろ替えてやってみたんですが、食い込むまでには至らずでした。時間帯もあるかもですね。

cajonica / 【かほにか】
65センチ。あんまり引きませんでした。活性落ちてルンカナ http://twitpic.com/5jy1ek
 at 07/02 17:00

結局このままタイムアウト、撤収です。天気は曇りでしたがときおり太陽が顔を出し気温はそこそこ高くて、真夏ほどではないにせよ風がないと快適に過ごせない感、これからはホントに朝マズメ・夕マズメの勝負になってきそうな感じです。

ロッド:エーテック トラギア A866MH
リール:シマノ 09エアノス4000+1BB
ライン:東レ ソラロームII スーパー ドリフト 16lb
リ グ:ブッコミリグ錘10号+ヘアリグ#2 w/PVAバッグ
パ ン:ヤマザキ 超芳醇 特選
 
にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 鯉釣りへにほんブログ村 釣りブログ 河川釣りへ
 
 
2011/07/02 22:19 コイ釣り TB(0) CM(0)
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
リンク
QRコード
QR