あんまり難しくない釣りを、自分なりにこだわって。
プロフィール

cajonica

Author:cajonica
お金を掛けずできるだけ近場で簡単に何か釣れたらイイナ…という感じです。

twitter
Weather-GPV
カウンター
現在の訪問者数:
現在の閲覧者数:
タグリスト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- スポンサー広告 TB(-) CM(-)
そうそう、あと4本獲ればコイさんキャッチ通産100本!年内にはクリアできるかなと思っているのですが、まあ誰が困るわけではないのでwww from 100本目を目前にして、いろいろと…。

海小物五目ばかりやっていたら、いつの間にかあと数日で新年。釣り納めとコイさんキャッチ通産100本目を掛けて、多摩川にパンコイに行ってきました。さらにさらに、Mタックルの入魂儀式もあり、ですw

お昼前にいつもの釣り場に着きました。前回と釣り場の状況は変わっておりませんが、今回は代用品でない2本置き竿、ロッドとリール以外は全部同じ状態で並べます。

CA3F1316s.jpg

左がMタックル、右がMHタックル。若干長さが違うのでガイドの位置とかきれいに並びませんが、釣果には関係ないので別にいいのですという。

Mタックルを釣り場で持ってみると、とにかく軽い!なにこのルアータックル的な何かwww。バランスが良いことも多分に影響してますね。3000番のリールでパンプカロッドとして使ってもいいし、春のマルタウグイ釣りの本流でのパワーゲームになっても、使い出がありそう。

Mロッドは8号の錘ではややスペックオーバーですが、全力で投げるわけではないので問題なし。それに、ティップが1.4mmなのでMHロッドよりはるかに敏感に魚信を反映します。当然、位置調整の為若干巻き取ってもティップはしなるので、そこは承知しないとですね。

それと、コイさんとのやり取りでは50センチ台でも結構曲がります。コシはあるかないかといえば、ない方かなw。それでも、Lタックルの時より安心感があるので、この位のサイズならラインも4号だしグイグイ巻いても支障なく。正直、もっと大きいのを掛けてみたいです。

リールの11エルフ4000も調子良いです。大きさは違えど基本コンポーネントは一緒なので当たり前ですが、10ナスキー1000のような安定感があります。ラインはスプールにいっぱいいっぱいに巻けているものの、新しいラインでも軽微なトラブルが一度だけという。GJ!

あと、対岸手前でコイさんのジャンプが良くあることは以前から認識していたので、MHロッドの有効活用として、リグを対岸の手前まで投げてみたものの、練ったパンを詰めたPVAバッグをつけると空気抵抗で寸止めされてしまうことを確認。やっぱり…。

うまくいったにせよ、対岸付近まで投げるとラインが風の影響をモロに受けることからこの日は途中で止めましたが、今後は12号とかもう少し重めの錘をつけて投げることを検討しますかね。どっこいしょフォームで全力投げしないのであれば、ノープロではないかと。


以下、本日の釣果なり。風が強くておまけに風向きもころころ変わり大変でしたがまあなんとかいつものペース、という感じ。

cajonica / 【かほにか】
Mタックル入魂御礼!56センチ。 http://t.co/ZP73x5uZ

 at 12/30 12:03

cajonica / 【かほにか】
MHタックルでも。やんちゃな54センチ。 http://t.co/TceZ17Vp

 at 12/30 13:25

cajonica / 【かほにか】
63センチを追加。これで99本 http://t.co/oF1UInEh

 at 12/30 14:09

日没まで粘りましたが以降は反応なし。99本目で終わったということは、来年釣行時には100本目げtになるのですねw

なワケで、いつものようにまとめtweetです。

cajonica / 【かほにか】
釣り納めパンコイ終了…寒いのでマクドで解凍なう。結局年内に100本目は獲れなかったけどマターリいい釣り納めができました。相変わらずしょうもない釣りネタばかりになりますが、来年もどうぞよろしくお願いいたします。 at 12/30 17:17

ロッド:エーテック トラギア A866MH
リール:シマノ 09エアノス4000+1BB
ライン:東レ ソラロームII スーパー ドリフト 16lb
リ グ:ブッコミリグ錘8号+ヘアリグ#4 一度だけw/PVAバッグ

ロッド:エーテック トラギア ネクストリーム A806M
リール:シマノ 11エルフ4000
ライン:東レ ソラロームII スーパー ドリフト 16lb
リ グ:ブッコミリグ錘8号+ヘアリグ#4

パ ン:フジパン 本仕込食パン

にほんブログ村 釣りブログ 河川釣りへにほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへにほんブログ村 釣りブログ 五目釣りへ
 
 
スポンサーサイト
2011/12/30 22:29 コイ釣り TB(0) CM(0)
早川港でイワシの一本釣り(午前の部)』より、続きです。

さて、食事を済ませて今度は市場の中を抜けて、港内に入ります。既に何名かの方々がUL~Lタックルでのチョイ投げを、家族連れの皆さんがサビキをやっております。Lタックルは出さず、ULタックルでとりあえず午前中のリグを投げてみますが反応全くなし。

やはりつまらないのでエサ屋にジャリメを買いに行き、リグを小型誘導天秤ショア天3.5g+自動ハリス止めサルカン+袖5号ハリス30cm(天秤分があるので実質20cmくらい)でチョイ投げ引き釣りに変更。しばらく投げたが全く反応がないんで、ヘチを叩いたらアタリが!

しかしジャリメはまるっとなくなっております。これは針が大きくて吸い込めないのかな、と袖3号に変更してリトライ。お、掛かった掛かった!さて、何が付いているか…。

CA3F1305s.jpg

来ちゃいましたキタマクラ。グーグー言ってます。どくいりきけんたべたらしぬで、なおサカナです。ぶら下げて記念撮影を、と思っていたらハリスをパチっという音とともに切ってセルフリリースというorz。フグやカワハギっぽいのは、こういうことがあるのですね。

その後、投げる場所を市場側に移動してランガン、こんな感じで釣れました。

CA3F1306s.jpg

おなじみサビー、いやサビハゼです。愛着が湧いてきましたかw

CA3F1307s.jpg

メゴチ。大き目のヤツに袖3号を丸呑みされて外せずにフック付きリリース、ここから軸の長めなハゼライト6号に換装。他の方も釣られていたので、港内に限って言えば魚影は割と濃いんじゃないでしょうか。

CA3F1311s.jpg

ふと振り返ると、白い鳥がババっと舞い降りて、市場の中の方に歩いていきます。これは…コサギじゃないですか。何羽も揃ってエサの取り合いとかwww。アオサギもおりまして、ここではカラスのポジションをサギ類が担っていることを軽く驚きながら理解しましたw

おこぜ2.jpg

またしてもハオコゼ。かわいいのうかわいいのう。

CA3F1315s.jpg

オーラスでやっと来たピンギス。もっと釣れても良かったよ?

で、日も沈みそろそろ…あ、市場の照明があるのでこのままナイターに突入しようか…やっぱ止めた!反応が全くなくなっているのにこの寒さではモチベーションが上がらない。ということで撤収。いつの間にかルアーの人が増えてる=フィッシュイーターが出てくる、という図式か。

寒いしそろそろハラヘなので駅前のラーメン屋で一杯、暖まってから駅に…え、こんなにダイヤに間隔があるの?参ったなーと思いながら、寒い中待って待ってようやく東京行きの電車に乗りました。小田原で乗り換えて以降、爆睡…。

午後の総計はキタマクラ1尾、サビハゼ3尾、メゴチ2尾、ハオコゼ1尾、ピンギス1尾と3時間くらいで計8尾。何気に五目達成という。この寒い時期でこの内容は結構良いんじゃないでしょうか。それでは、まとめです。

cajonica / 【かほにか】
早川港遠征おわた…いろいろ28尾。何より海がキレイ、釣れたおサカナの種類も多く豊かな環境であることを実感、満足はしたもののまだまだ修行が足りないなあ、と http://t.co/xMvWx33l
 at 12/29 18:27

内容はホントに良く、定期的にウォッチしたい釣り場の一つですが、サビキ(中層)もチョイ投げ(底層)もとなると、エサ代が掛かるのがネックかな。費用の面やトイレタイムのことを考えると、食うサカナ目当ての誰かと一緒に来てもいいのかな、と思いましたw

ロッド:下野 CBモバトラII 565UL
リール:シマノ 10ナスキー1000
ライン:ライン:デュエル ハードコア フロロプラス 5lb
リ グ:ショア天3.5g+自動ハリス止めサルカン
    +袖5号→袖3号→ハゼライト6号30cm
ベイト:釣船坂口丸のジャリメ

にほんブログ村 釣りブログ 河川釣りへにほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへにほんブログ村 釣りブログ 五目釣りへ
 
 
2011/12/30 19:55 海五目釣り TB(0) CM(0)
cajonica / 【かほにか】
明日は腰越漁港でチョイ投げ引きサビキをやってみる予定、問題は冷凍オキアミの状態か。かさばるのでスピード餌つけ器は使わないから一つずつ手で付けるのだが、真実は餌屋のみぞ知る at 12/28 20:33

cajonica / 【かほにか】
しかし、腰越港まで690円/1時間15分、と考えるともう少し費用を出して早川港まで840円/1時間20分、のプランの方が幸せになれるのではないか?交通費は1.5K出るけど、質の良い釣堀に行くと考えれば妥当かも、と at 12/28 22:33

そんなわけで思い切って、小田急線を最後まで乗りさらにJR東海道線に一駅乗って、早川港まで行ってきました。

実に素晴らしい!駅を出てすぐに港が見えるのはw。なんたって釣り場までの移動がラク。エサ屋は港内を囲んだ近隣にあり現地調達もラクショー。トイレも敷地内にあり困らないという、まったくコンビニエンスな環境です。

で、今回のテーマはチョイ投げ(トリック)サビキ。事前にルアーロッド向けの短いトリックサビキ仕掛けを調達しておいたので、まずはこれで。エサ屋さんで使えそうな付け用オキアミを選んでもらいましたが、念の為ジャリメを…おっと費用がw。

まあ困ったらまた買いに来ればいい距離なのでそれだけ購入して、港の入口方面へ向かいます。市場まである漁港は初めてなので勝手が判らず、漁港内に入らずに外道から駐車場経由で釣り場に。実は入って歩いても良かったり(市場の方の邪魔にならなければ…)w

CA3F1276s.jpg

こんなロケーション。上に見える橋のようなものは西湘バイパスになります。外海からの潮が港に入るちょうど門にあたりますか。それにしても水がキレイ、水深は5mはあろうかというところで底が見えてます。こういうところに棲んでいるサカナさんはフツーに旨いんじゃないかな。

そんなクリアな水面下に小魚の群れた魚影あり、どうやらイワシのようです。早速Lタックルに仕掛けを装着して、群れの中を通すように投げてみます。しかし、突きはするもののなかなかフッキングしません。

CA3F1281s.jpg

どうやら、針が5号では大きい模様。隣でサビキを始めた方々も針が大きいようで「アジの仕掛けじゃ大きかったかねえ」とぼやいております。それでも、何度か通しているうちにブルブルっと感触が。おー、人生初サビキ釣れました!

CA3F1279s.jpg

トウゴロウイワシと思われます。残念ながらその後は思うように掛かりません。大きい針のサビキで釣れにくい状態で待つよりはいっそULタックルで群れを叩いた方が釣れるんじゃ…と思い、チョメリグ2.5gに自動ハリス止め、袖3号をハリス30cm程度取ってセッティング。さて…。

群れている辺りより遠めに投げて、テキトーにカウントダウンしてから群れている泳層に重なるように巻いては止め、巻いては止め…おおヒット?いや反応はあるけどやっぱり食い込まない。そこで付けオキアミを半分、さらに1/3にして針に付けてみると…。

CA3F1295s.jpg

おっしゃ予想通り!まさにイワシの一本釣りwwwタナと時合さえ外さなければ、高確率で釣れちゃいます♪しかし、後から隣に来た市場のオヤジ風の方が延べ竿のサビキでコマセなし(サイト)でバカスカ揚げて、テキトーに獲ったら帰って行きました。これぞまさしくプロの犯行w

ULタックルが忙しくなったのでLタックルはヘチ狙いでエサをつけたまま放置。すると、想定外なおサカナが釣れました。

CA3F1283s.jpg

スレで釣れました。ベラなのは間違いないのですが、名前がさっぱりわかりませんという。カミナリベラの♀。なかなかキレイですね。

CA3F1285s.jpg

カサゴの子供ですか。成長が遅いので大事にしたいですね。

おこぜ1.jpg

これもよくわかりません。ハオコゼ。ちっちゃいですがトゲトゲ。表情がなんだか、ポケモンのキャラみたいですw。全長5-6センチ程度で何気にかわいいけど鰭棘に毒があるようなので注意とな。

やがてお昼が近づくにつれて、イワシさんの反応が落ちてきましてなかなか釣れなくなってきました。いい加減あきらめてメシ…そうそう、ここの市場に一般客も入れる食堂があるのですよ。これは行かないテはないでしょうw

CA3F1304s.jpg

お昼時とあって小田原巡りな観光客で店内はいっぱい、刺身定食とかバリエーションもあって惹かれるものの、費用は抑えたいのでここは敢えて日替わり定食で…見せてもらおうか、魚市場食堂の実力とやらをw

CA3F1303s.jpg

この日の日替わりはアジの照焼丼にモツ煮が付いたもの。では…何気にウマー、フツーに食堂のメシなのですが、特筆すべきはやはりアジ。こんなにフワフワしたのは食べたことないわ。しかも照焼の焦げた香り、さらには皮の食感がまた堪らんという。ご馳走様でした。


ここまで、トウゴロウイワシ17尾、上記魚種1尾ずつの計20尾です。今回は画像が多いので、続きは『早川港でイワシの一本釣り(午後の部)』に続きます。

ロッド:下野 CBモバトラII 565UL
リール:シマノ 10ナスキー1000
ライン:ライン:デュエル ハードコア フロロプラス 5lb
リ グ:チョメリグ2.5g+自動ハリス止めサルカン
    +袖3号30cm

ロッド:バークレー ガルプ!スティック GSS-706L TE ORG
リール:シマノ 09エアノス2500S(スプール交換)+1BB
ライン:モーリス バリバススーパートラウトアドバンス 8lb
リ グ:マルフジ トリックJr. 5号(ナス型錘3号付き)

ベイト:小田原F.B.C購入の大粒オキアミS

にほんブログ村 釣りブログ 河川釣りへにほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへにほんブログ村 釣りブログ 五目釣りへ
 
 
2011/12/30 00:35 海五目釣り TB(0) CM(0)
いろいろ悩んだ末、Mロッド購入しました。以下、迷走の記録なり。

cajonica 2本目の…ということで本気で検討しているわけですが、今のMHと同じロッドを揃えるかと思ったけれど、アベコイさんにはちょっと強すぎる気がしているのと、Lタックル+3号ラインでも頑張れば獲れることを考えると、軟らかいM~MLでチョイスかなあ、と at 11/29 23:48

cajonica で、チャリトレインアングラーのワタクシとしては、仕舞重視で50センチ前後で、10号程度のブッコミ錘の投入に耐えられる強度があって、さらにティップに繊細さが欲しい…となれば3~4号程度磯竿か。しかしそんな磯竿のウワサは聞いたことがないのです at 11/29 23:53

cajonica そうなると、パワーアングラーの皆様にザンネンがられるのは百も承知で、TRGR…無印のMはやはり強いし、となるとネクストMが妥当な線ですが、そんなにパワー感は変わらないと思われる、ML-Fにいくかね。 at 11/30 00:03

cajonica 今の感じではネクストの856ML-Fにいきそうです。エギングロッドでコイ釣ったっていいじゃない…と思っていますが、どなたか助言頂ければありがたいです at 11/30 00:04

cajonica 初めて箱付リールを買いました@J屋のセール。無印エアノスに1K足して買えるなら悪くないでしょ。あとはロッド…。 http://t.co/AtvHPKbx
 at 12/04 14:39

cajonica リールは買ったが、未だにロッドが決まらない。先週辺りから釣具屋を巡回してみたものの、無印のMLはヘタすると長いだけでガルプのLレベルだし、TRGRネクストのMLやMが触れる店は全くなく。 at 12/06 01:07

cajonica そもそもMHにしたのは、どんなシチュエーションでも確実に獲ることが目的だったね。ティップに繊細さはなく多少食い込みが悪いにせよ、いわゆるカープフィッシングのロッドを見れば胴調子でばっちり硬いわけで、ジグキャスト向けのロッドとそう変わらないような気が at 12/06 01:13

cajonica 実はシマノのホリデーパックがパワーも的確に選べてアクションもレギュラーっぽくて結構いいのかなと思っていた、、、が、しかし。リールシートと竿尻までの距離が短くて、ファイト時に肘でロッドを支えることができないのは厳しい。価格も手頃なのに全くザンネン。てかホリパって船竿だよねw at 12/06 01:24

cajonica 購入金額のこともあるので、結局無印866MHをヤフオクの半額トラギアでげtに落ちついてしまいそうな予感。しかし、尼とか夏とかで突然セールになったりする可能性も見越して、すぐには飛びつかないようにしてるモードです。 at 12/06 01:29

cajonica なんとなく、値下げが来るような予感がしていました。虎次Mちょい短いけどこのプライスなら、とポチ…TRGR A シャフト ネクストリーム A-806M 69145 アルファタックル(alpha tackle) http://t.co/CDyVh4HU at 12/22 00:56

cajonica 虎次中八尺六継、尼より到着也 http://t.co/6lT5hJMs 
at 12/25 21:53


購入を決めたのは6K台に価格が下がっていたからなのですが、この記事を書きながらAmazonのリンクを見たら価格が元の8K台に戻ってました。あーあぶないあぶないwww

早速、いろいろ確認してみました。まずは、仕舞寸法から。

CA3F1263s.jpg

左からTRGR無印 A866MH、TRGR NEXTREME A806M、Berkley Gulp! Stick GSS-706L、下野 モバトラⅡ 565UL。

画像でお分かりの通り、TRGR無印A866MHより数センチ短い程度でGulp!Stick706Lとほぼ同じ。仕舞寸法が50センチを超えると、どうしても可搬性が落ちてくるのですが、30ℓリュックに収める前提ではまだ大丈夫です。

NEXTREME、手元の塗装は凝ってるのに、のばすとカーキ(なんでカーキ…)のようなカラー一色です。あんまり意味がない観点ですが、却って無印の方がデザインが良いように感じます。あと、グリップはコルクでもEVAでもどちらでも良いとは思います。

次に、ティップ寄りのガイド部分をチェックしてみます。比較は左からTRGR NEXTREME A806M、TRGR無印 A866MH。

CA3F1262s.jpg

正直、これはひ(ry…一般的に、ガイド間の間隔は先端からだんだん広がっていくものだと思っていましたが、目一杯中間ガイドを押し込んでも以上の状態。磨耗した状態も考慮しての位置設定であればまだ理解できますが…。

ガイドはもちろん全部Fuji製ハードガイド。PEは使わないので個人的には問題ありません。ガイドには金属のフレームが入っています。ただ、無印は黒、こちらはメッキなだけで実質パーツに変更はない模様。

ちなみに、手持ちのコンパクトロッドの中でガイドピッチが一番まともなのはGulp!Stickですね。今は投売りされてますが、それなりの値段でリリースされていたことが理解できる基本設計の高さです。

あと、竿尻部分はピッタリ合わせているので全長の違いは10センチもないことがわかります。カタログスペックからの相対値は2.59m-2.44m=0.15mですから、長さにそう違いがなくてある意味嬉しいのですが、絶対値では確認していないので、微妙でもあります…。

CA3F1274s.jpg

で、ラインを通して曲げてみます。さすがにGulp!Stick706Lよりは明らかに硬く、無印A866MHより軟らかいのはわかります。振ってもあんまりベナベナしないしそんなに胴に乗る感じじゃありませんが、実際コシがあるかどうかは実釣で確認かな。

CA3F1269s.jpg

最後に、バランス。ピンボケですみません。リールは11エルフ4000です。無印A866MHだと上部グリップの先端が重心になる感じですが、やはりロッドが軽いので、より手元には寄ってきています。とはいえ、所詮テレスコロッドですからこんなものでしょう…。


とまあ、細かくケチをつけたところで、釣果が変わるとも思えません。パンコイタックルはこれからMHタックルとMタックルで比較をして、使いやすい方をもう一本追加するイメージで考えています。将来どちらかは別用途として、ジグサビキを投げるかガチなサビキロッドになる予感がw


海小物もいいですが、近日中に入魂&100本目げtを兼ねてパンコイに行こうかな。


にほんブログ村 釣りブログ 河川釣りへにほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへにほんブログ村 釣りブログ 五目釣りへ
 
 
2011/12/25 22:55 タックルなど TB(0) CM(0)
cajonica / 【かほにか】
仕事が終わらなくて仕掛けの補充もできなかったけど、明日は頑張って小田急の始発に(乗れるといいな…) at 12/23 22:30

結局起床が06時、電車に07時10分前くらいに乗りました。まあ大体08時には到着して早速、駅前の釣具店に。中のご主人、客がいるのになかなか出てこないw…正直10年レベルで売れずに色褪せている釣具も多数ですが、逆に天秤などはお値打ち感もありという。

ジャリメ一杯のほか、4号のナス型錘や、釣船屋時代に注文して作らせたというキス2本針仕掛け他、全部で1050円のところ端数を切って頂いたりして、これはJSYやCTGでの買い物に慣れている身にはかなり新鮮な感覚www

この日は割と時間があるので、江ノ島も回りつついつものように投げてみます。まずは漁港隣の境川。観光船発着所のちょい上流の階段付近で投げたら毎回根掛りアウト!これはたまらん、と下流の堤防まで行って2-3投投げましたが反応なし。

サクっと気持ちを切り替えて江ノ島まで歩き、最寄のオリンピック記念公園辺りで…何これ?ちょっと水深が浅いかな。やっぱり反応なし。しばし歩いて、湘南港の大堤防へ移動。ヨットハーバーが釣り禁なのがちょっと恨めしい距離ですw

大堤防最初はヨットハーバーの隣のトイレ側のエリア。この日は海上自衛隊のイベントで掃海艇「のとじま」の一般公開がありまして…基本は機雷除去担当ゆえ小型で砲力も強力なものはありませんが立派な軍艦です。とはいえ今は釣りに来ているので竿出さないとw

ようやくちょっと腰を落ち着けて、竿立なども出し、ULタックルで引き釣り、Lタックルで時々引き釣りなどを。そうそう、風が意外にあってラインが簡単にたるんでしまうのでULタックルは早めに仕舞い…あれ重いなあ?何かゴミでも…お、カニカニ!カニ釣れた!

CA3F1248s.jpg

ボ回避も完了、そんなわけで「のとじま」とのツーショットと相成りましたw

それ以外は全く反応がないのでLタックルも引き上げて、今度は大堤防南側のWD(ウッドデッキ)へ。ちょっと張り出したエリアには何人も入られていてフカセとかウキとか、そんな感じの仕掛けでメジナ他を狙っているようです。

では、とマネしてヘチっぽくLタックルを微チョイ投げして柵の隙間に置く感じで。何かちっちゃいのが突付いてる感じもありまして、波で錘が軽く動いただけとか、よくわかりませんが何だか眠くなりました。ここ、日向ぼっこをするには最高のロケーションですねw

さすがにこれだけ反応がないのでは困ったので、江ノ島を後にして片瀬漁港へ向かいます。まず、西堤防から入って外側の岩場あたりで投げましたが反応なし。あまり近いと根掛かるけれど、そのくらいの辺りに見えメジナさんらしいのがいるのですよ。

結局、西堤防の突端まで行き、実績のあるところでやはり実績が。ヒイラギさん1尾とチビハゼさん1尾。で、このハゼさんはちょっと種類が違うのか何となく見慣れない感じですが、気のせいかな?どうやら、サビハゼのようです。

CA3F1256s.jpg

この日の釣り人の出は前回の半分以下でさすがに空気読むと、漁港の方には入れない感じ…小学生がおサカナキラーを回収に入ってきて空気が変わったので、サクっと手すり越しに3-4投してみましたが反応なし。んー、何かが違うなあ…。

そろそろ食事に…という時間。西堤防から出て、釣り人の居る東堤防の突端まで入ります。狙いは港内方向なのですが釣り人がいてそこはムリ。仕方がないのでコンビニおにぎりを頬張りつつ、沖目にLタックルで時々巻き、ULタックルで港内方向で引き釣りを。

時間も押してきているにもかかわらず2時間投げて2回反応があったきりという。しかし、日没まであと1時間くらいのところで港内方向で釣りをされている方がお帰りになったので、早速入らせて頂きました。

おーいるじゃんピンギス。ラストスパートというには程遠いですがピンギス一尾、ヒイラギ一尾を追加です。日没とともに撤収、余ったエサは隣でトリックサビキしてる女性にあげました。「うれしい!飼ってる魚のエサにします」だそう。気持ち良くもらって頂けると、こちらも嬉しいね。

では、まとめです。

cajonica / 【かほにか】
江ノ島上陸したけどサッパリ、片瀬漁港東西堤防もサッパリ…朝から入っていろいろ5尾、完全に落ちましたかね、それとも潮回りか…。 at 12/24 17:30

今回、念の為スキーウェア関連のアイテムも装備しつつの釣行でしたが、それでもやっぱり寒い!おまけに風が意外とあって投げるコースが変わる変わるという。そんなことが原因なのか反応も薄い、となれば冬は素直に釣りするの止める、というのもわかる気がします。

潮周りも見てみると、大潮なのですが釣りをしているのが、ちょうど潮の変動が小さいタイミングだったのでこれも活性に影響するのかも。水深が足りないといわれるオリンピック公園でも潮が上げていてあれだけの水深…というのはチョイ投げには結構キツいですね。

ナスキー1000+5lbフロロでの海小物五目ファーストトライアルもありつつ、カタログスペックより錘を重めにしてみました。たとえば、ULタックルであれば1.5号→2号に、Lタックルであれば3号→4号といった風。本気投げもしませんが、そんなに違和感なく使えています。

で、思ったのですが隣でトリックサビキしてた方がヒイラギを何枚も揚げていました。タナを見たら中層のようでしたので、もしかすると底で待っているのではなくて、落ちるのを見て追いかけて底で食っているんじゃないかと。だから、早く沈む仕掛けは釣れない。

つまり、フロロ化+錘大型化した今回のタックルではこれからも釣れない???…わかりません。そういった意味では、チョメリグを使った方が良いのかも。まあ、釣れれば何でもいいのですが、引き続きトライ&エラーは続きます。寒いけどw


ロッド:下野 CBモバトラII 565UL
リール:シマノ 10ナスキー1000
ライン:ライン:デュエル ハードコア フロロプラス 5lb
リ グ:自作チョイ投げ仕掛け
    1.5号→2号オモリ中通しパイプ付+自動ハリス止めサルカン
    +舟七釣舟店謹製キス仕掛け2本針6号
    +金袖5号20cm

ロッド:バークレー ガルプ!スティック GSS-706L TE ORG
リール:シマノ 09エアノス2500S(スプール交換)+1BB
ライン:モーリス バリバススーパートラウトアドバンス 8lb
リ グ:FUJIWARA 山本式高感度天秤 S (誘導式に改造)
    +ナス型錘3号→4号
    +サルカン付き自動ハリス止め
    +SASAME ちょいハゼ 6号 H001
    +舟七釣舟店謹製キス仕掛け2本針6号

ベイト:舟七釣具店のジャリメ

にほんブログ村 釣りブログ 河川釣りへにほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへにほんブログ村 釣りブログ 五目釣りへ
 
 
2011/12/24 22:59 海五目釣り TB(0) CM(0)
cajonica / 【かほにか】
明日は諸用で実家へ。日帰りゆえ空き時間が少ないので水辺に行けるかわかりませんがナスキー1000+フロロ5lbの入魂ができればやってきます at 12/17 20:24

短時間で確実におサカナをキャッチする…となれば、釣り堀等の施設での釣りも対象に入りますか。

cajonica / 【かほにか】
2本目のパンコイロッドが、ナスキーに化けました…。フロロはいろいろ難しいみたいだけど、まずはトライ&エラーでしょ http://t.co/b1eUhWsI
 at 12/13 22:03

特に今回は、新機軸ナスキー1000とフロロ5lbの諸確認、もとい入魂の儀式を…ナスキーにしたのは、JSYの年末セールもありましたがw、ラインローラーにベアリングが入っていてラインがヨレにくいらしいということ、またフロロの導入は、より感度を上げて微弱なアタリを確実に捉えられるかな、という辺りでのチョイスです。

特に、JSYの中の方にも言われましたが、この小径リールに巻いた5lbフロロ(一般的には管釣り仕様として3lbを巻くみたいです…)のクセが克服できそうか、という点が大きなチェックポイントになっています。

というわけで、またしても自転車で山道を釣り堀まで小一時間かけて上がり、2時間ほど撃ってきました。もう寒いし、前回よりは無茶しなかったので、それほど移動での消耗はしていません。

到着すると、帰りがけのお客さんとすれ違ってからは誰もおらず、実質貸し切り状態w。エサのイクラを買いまずは1Hを申請。リール竿なので何か言われるかなと思ったけどノープロ。そういえば「ルアー禁止」の張り紙がないねwww ※シーズンで変わる可能性がありますので、詳細はお問い合わせですね

CA3F1240s.jpg

まず、チョメリグ2.5gに自動ハリス止めを接続し、いつ作ったのか全く覚えていない(多分四半世紀前とかw)ハリス付きマス針をセット。早速、一投目からヒットです。しかし、合わせるタイミングがいまひとつ分からず、針を飲まれること多し。

早目のアワセを心掛けるものの、なかなか改善しません。おまけに、カエシを潰すのを忘れていたので手返しは悪いしマスさんは弱るしで、途中からカエシを潰すもロス多し。試しにハリスを30センチ以上取っていたところを20センチに変更。しかしこれも決め手になりません。

まあ「チョメリグで(釣堀の…)マスがフツーに釣れる」ということは確認でき、ラインが塊でドバっと出て行くようなライントラブルはなかったので、この位のウェイト(2.5g+フック分≒0.8号位ですか)までならナイロン同様、フツーに使えるのかな…という感触は得ました。

今度は、デカベスクのサーモンとオリーブを投入。一応アタリはあるのですが残念ながらフッキングまでに至らず。続いて、小さめのスプーンということでMIUの1.5gウグイカラーも投げてみましたけど、やはりパッとしません。

ではではと、ギルでちょっと実績のあったPAL1.6gゴールドで試しにエサのリアルイクラをトレーラーにして投げたら一発でヒット、なんとキャッチも。どちらで釣れたかを検証する為、今度はイクラなしで投げたらこれもヒット。すげー!しかし、キャッチ直前でバレましたorz

とどめにブレットン1.6g金黒赤フックを投げたらこれは完全スルー。というか、底ベタで浮き上がらないように巻くと、ブレードが回っていないような。なんだろう、このルアーフィッシングに関する俺のセンスのなさは…ホント絶望的だわ。

やはり負荷が軽い分、巻いていてもラインのたるみとか割と出やすくてライントラブルがちょっとあったけど、VARIVASナイロンの初期と同じくらいのレベルで(実はVARIVASって硬目だったんだ…)、意識していればそうひどい状態にはならない感じでした。

とまあ、無駄といえば無駄な時間を少々過ごし、一旦休憩。完全に山間部なので日が落ちるとホント、釣れば釣るほど手が乾かなくて寒いですw。釣堀の中のオヤジさんとくべた火を囲んで軽くお話をして、1H追加しました。


後半は、前回と同じ赤バーブレスフック直結にガン玉Bを2個、20センチ間隔に取り付けたフカセリグで狙ってみます。このとき、家族連れが一組入ってきたので少々遠慮がちにやっているのもありますが、反応があるもののあまり取れません…といいつつ、結構追加したような。

このフカセリグはゆっくり落とす系のチョメリグとの沈降速度などの差はあまりなくて、差があるとすればフックとフックまでのライン(ハリス)なんじゃないかと。もっと細いラインでもっと細軸のフックならガシガシ獲れるかな。こちらも負荷が軽いため、少々ライントラブルありです。

以下まとめです。こんなスコア。時速10尾では爆釣じゃないかもですがヘタクソなので。アワセのタイミングがやはり…最後の10分くらいで勘所がなんとなくわかってきたという、ダメな俺ですorz

cajonica / 【かほにか】
T川レジャーセンターの釣り堀で20尾/2H。ゆっくり巻いてモソっとしたらアワセ入れるだけというのが意外にアレだったり http://t.co/st5ss5q5
 at 12/18 17:35

そういえばナイロンと較べると、フロロって水面に残っている(表面張力で浮いている)時間はやっぱり短いですね。ライン先端の沈降速度と水面に対するラインの角度が変わることを考えると、(フォール時間を特に意識しない)底モノ狙いには良い影響を与えそうです。

あと、この釣堀の中央にろ過した水を落とすところがあるのですが、たまたまそこのコンクリート架台にリグがこすれた時の感触の鋭利さといったら…これもナイロンラインとの違いかな、と。

もう一つ言うとやっぱりナスキー、いいです。何このスローリトリーブ時の安定感。単にハンドルノブにガタがない、とかいうレベルではない精度の高さを何気に感じます。

ただ、09エアノスよりちょっぴり重たい感じはします。しかしロッドとのバランスを見るにつけ、むしろ…1センチ重心が手元に寄ったのでそれはそれでラッキーw。ラインのヨレ云々については、別途検証ですかね。


1-1.5号の錘で投げるなら、現状のセッティングでノープロの模様です。もう、波止でも実戦あるのみかと。

ロッド:下野 CBモバトラII 565UL
リール:シマノ 10ナスキー1000
ライン:デュエル ハードコア フロロプラス 5lb
リ グ:チョメリグ+サルカン付自動ハリス止め+マス針7号
    デコイ ワンタッチフック?(赤)直結+ガン玉B×2
    ルアー各種

ベイト:釣堀のイクラ

にほんブログ村 釣りブログ 河川釣りへにほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへにほんブログ村 釣りブログ 五目釣りへ
 
 
2011/12/18 23:53 釣り堀・管理釣り場 TB(0) CM(0)
たまには、釣りそのものではない記事もアップしてみます。ごめんなさいねw

このブログを始めた頃は、パンを浮かべてコイを釣るのが面白くて、その流れでブッコミもやり…といったところで、「パンコイ!」とタイトルをつけてコイさん専門に釣りをして来ましたが、今年の春あたりからマルタウグイ、テナガエビ、オイカワ、ハゼ、…とだんだん魚種が増え、フィールドもどんどん海よりになってきて、タイトルをこのままにしておくってのも、どうかなあ…とw

ただ、コンセプトは一貫していて、釣りモノやフィールドこそ違えど、「子供でも初心者でも簡単に釣れる(釣れそうな)釣り」を自分なりに楽しくやってみる、というところはそう外れていない気がしますので、コンセプトを表すという意味合いで「パンコイ」はそのまま残し、「Style」をつけてみました。ただし、「!」の収まりが悪いのでw、これは一番最後に移動、としました。

そんなわけで、ブログ村のカテも現状に合わせて修正しました。もともとコイ釣りは河川釣りに含まれますし、ハゼも運河であれば一応河川釣りだし、海は磯や本格投げはまずありえないので、まとめて波止釣りという形に。あと、基本外道認定もないので、海川ひっくるめて五目釣りにもなるし、という感じです。

まあ、総括的なことをするとすれば、こんな感じですか。


・コイがこんなに簡単に(しかも楽しく)釣れるとは
 →パンプカ(コ式=トップ)

・トップに出なければ沈めたら良いじゃない
 →パンのサスペンド、さらにはブッコミ

・やっつけタックルでは限界が。サカナさんを大事にしたいなら確実に獲るべし!
 →強い竿に慣れると今度は弱い竿が恋しいという矛盾

・コ式にスレてきた、ULにタックル合う小さい仕掛けがない
 →ミニコ式作成、延べ竿の仕掛けを流用(ないものは自作)

・ルアーでも、サカナが爆釣できるんだということを知る。
 しかし魚がいなければどうしようもない
 →マルタウグイ

・テナガエビがカニかまで1尾。オイカワに練り餌で2尾とか…。
 →餌釣りは餌をケチると最悪。確実に釣りたければ調達努力あるのみ

・厨房当時やっていたリール竿の流し毛鉤を復活
 →オイカワというか、ULタックルが大好きなんだね。いわばオトナ買い的な満足感

・テナガエビ釣りの外道とされるヌマチチブが意外におもしろい
 →底モノ、ハゼ釣りへの伏線

・用事で横浜に行ったついでにハゼデヴュー~ULチョイ投げ引き釣りにハマる
 →海のカルチャーを知り、慣れるにはいい機会だったかと

・竿を2本、3本出せばそれなりに数は釣れる(らしい)
 →他のタックルとの組み合わせも併せてマルチロッド化進行中

・クルマなし、移動は電車か自転車
 →実は生粋のパックロッダー

・ようやくというか、第2世代化~リールのアップグレードが始まった模様
 →いままでの09エアノス各種サイズは子供用でもいいしね。


引き続き、よろしくお願いできればと思います。

にほんブログ村 釣りブログ 河川釣りへにほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへにほんブログ村 釣りブログ 五目釣りへ
 
 
2011/12/15 01:41 雑感等 TB(0) CM(0)
12月に入って、またも休日出勤や家事都合等で忙しかったのですが、今日は空いたので出かけてみました。実は、ポストハゼングな釣りがこれからの冬の季節、なるべく近場でできないかのリサーチをやっていまして、候補地出動への下準備を進めておりました。

cajonica / 【かほにか】
とりあえずギルやハゼくらい釣れて、喰えそうなサカナ狙いに小田急線に乗りました。現地の状況はよくわかりませんが、一路片瀬江ノ島へ…。 at 12/11 10:26

片道電車代500円程度/移動時間1時間程度で行け、駅から近く、さらにエサ屋やトイレなど、各種施設も充実している東京湾でないところといったら、ここしか。きっともっと釣れるだろう江ノ島に渡っても良かったのですが、初めての海(小物)五目なのに広く不慣れな場所で勝手がわからずココロが折れそうになる懸念があったのでw、まずは釣り場全体を把握しやすい規模の小さな漁港から、と考えました。

予定通り11時くらいに到着、駅前の船宿らしきお店でエサを買いました。今回はアオイソではなくて、あえてジャリメ。UL~Lタックルでの釣りなので、サカナのサイズに合わせればエサは一回り小さい方がいいのかな、と。それから、混まないうちにやはり駅前のマクドでサクっとランチして、西側の白灯台を目指して歩きます。

一応、この通路の西側の一部が釣り場ということになっていて、新江ノ島水族館を右手に、正面に富士山、左手に江ノ島という何だか釣りに来たとは思えないシチュエーション。と、プチ感動している場合じゃなくて、ひとまず竿を出す場所を…ええーっとええと、隣の方との間隔がなるべく広いところを見つけて、一声掛けてお邪魔させてもらいました。

状況が読めないのもあって、まずはローコストLタックルにポケットスタイルS、Lタックルにチョメリグ10gに市販品投げ2本針仕掛けでブッコミ時々巻きをやってみました。しかし、潮の流れとはそういうことなのですね…と海釣りと錘の関係が良くわからない自分を納得させるには充分、みるみる流されラインが緩んでいきます。こりゃ10号くらい積んでおかないとダメっぽいです。

そして周囲の状況。放置されている右隣のサビキに20センチくらいのボラ掛かっていて、こっちまでラインが動いてるのに、困ったなあ…のんびりというかなんと言うか。さらにその隣では、初心者の投げた仕掛けがまったくあさってな方向に飛んで行ってオマツリ。自分も最初左隣の方の仕掛けにクロスしてごめんなさいだったので、まあまあ…海釣り施設には良くある風景といったところでしょうかw

ともかく、投げて待つ時々巻きを繰り返すも反応なし…いや?!

cajonica / 【かほにか】
片瀬漁港ファーストヒットはクサフグでした。正面に富士山が見えるのって、イイネ http://t.co/IcT7d8Rr
 at 12/11 16:55

ピンボケですみませんが主役は富士山ということでw。ボ回避が確定してホッとしております。フグはクチが強力というウワサを聞いていたので、針がうまいこと外れてよかった。

CA3F1217s.jpg

それにしても、膨れた姿が何ともかわいいです。だからといって食べたいとは思いませんがwww

その後は、ローコストLタックルを天秤リグとLタックルと同じ仕掛けに変更、しかも思い切って手持ちの3号ナス錘をダブル付け…ありゃ重いなあ、そうかさっき2号のナツメをラインに通してたんだった…合計8号だけどこのロッド、そんなにヘコられてないし、まあいいかwと投げて待つも反応なし。さて、どうしたものやら…。

と、隣の隣のカップルの女性が漁港側で浮き仕掛けでヒイラギを釣って戻ってきたのを確認。なあんだ、釣っても良かったんだ…と置き竿をローコストLタックルだけにし(近場にいるので釣れたとき駆けつけられるように鈴はつけてます)簡単に片付け、ULタックルにいつものアジキャロもどき中通し錘1.5号+自動ハリス止め+袖5号20cmをセットして漁港側へ。

CA3F1219s.jpg

ときどき、チヌタックルで糸を垂れる方も見かけます。当然、漁船の運航などに迷惑を掛けない配慮が必要になりますね。

まあ、いつもの要領で…お、釣れるじゃないですか。掛かるかどうかは別として、反応は結構あります。どうも小刻みにプルルッと来るのがピンギスのアタリのようです。ヒイラギはもっとガッツリきます。

結構な頻度でラインとハリスが絡んで戻ってくるので、なんでだろ?とちょっと悩んだのですが、よくよく考えてみると、着水した後そのままラインを送り出しているので、垂直にリグが沈んだらどうなるか…そういうことか!と今度は着水直前に強力にサミングし、ラインをフリーにしないで着底させたら、絡みは一気に解消して、釣れる確率も上がったようです。

3~4尾ほどキャッチしたところでトイレに行くため、ULタックル以外は撤収。移動途中、石積みのところで竿を出している方もいらっしゃったので2-3度投げてみましたが、一度は反応があり。しかし、手前側に根もしっかりあって、錘ごと持っていかれましてorz。

cajonica / 【かほにか】
オヤクソクのヒイラギさんヒイラギさん。これくらいのヌルヌルはコイさん触ってるからガチもーまんたい http://t.co/o4yJb5Kw
 at 12/11 17:02

cajonica / 【かほにか】
ピンギスちゃんも釣れてます。綺麗なサカナだわ…何気にちゃん付けしたくなる http://t.co/utmGFqCc
 at 12/11 17:08

cajonica / 【かほにか】
チビですが、メゴチさんも http://t.co/9Picx1cg
 at 12/11 16:59

再開時は漁港側のみULチョイ投げで、ほぼ日没と同時にストップフィッシング。最終的にクサフグ1尾、メゴチ1尾、ヒイラギ5尾、シロギス(ピンレベルのみ)5尾という結果に。

CA3F1223s.jpg

例えばサビキでやってたらもっと数は釣れるかもですが、食うために一定量を確保する必要はないし、コマセ関連の準備が現状に追加になることから、決してお気軽ではないのですよね。

そもそも、いわば「リール竿を使ったミャク釣り」というアプローチが好きなので、それはそれということで。ただ、漁港内は根掛りがほとんどない故、現状の1本針仕掛けを2本針仕掛けに変更しても、特に支障はないように感じます。


さて、今年はあと何回釣りに出掛けられますかね…と。


ロッド:下野 CBモバトラII 565UL
リール:シマノ 09エアノス1000+1BB
ライン:モーリス バリバススーパートラウトアドバンス 6lb
リ グ:自作チョイ投げ仕掛け
    1.5号オモリ中通しパイプ付+自動ハリス止めサルカン
    +金袖5号20cm

ロッド:バークレー ガルプ!スティック GSS-706L TE ORG
リール:シマノ 09エアノス2500S(スプール交換)+1BB
ライン:モーリス バリバススーパートラウトアドバンス 8lb
リ グ:チョメリグ10g+サルカン付き自動ハリス止め
    +SASAME ちょいハゼ 6号 H001

ロッド:SZM LAKE SPIN 606L
リール:RYOBI CX-1
ライン:ダイソー 道糸2号 蛍光
リ グ:ハヤブサ ポケットスタイル 海小物五目HA500 サイズS
    FUJIWARA 山本式高感度天秤 S
    + SASAME ちょいハゼ 6号 H001

ベイト:船七釣舟店のジャリメ

にほんブログ村 釣りブログ 河川釣りへにほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへにほんブログ村 釣りブログ 五目釣りへ
 
 
2011/12/11 23:44 海五目釣り TB(0) CM(0)
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。