あんまり難しくない釣りを、自分なりにこだわって。
プロフィール

cajonica

Author:cajonica
お金を掛けずできるだけ近場で簡単に何か釣れたらイイナ…という感じです。

twitter
Weather-GPV
カウンター
現在の訪問者数:
現在の閲覧者数:
タグリスト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- スポンサー広告 TB(-) CM(-)
コイラバは相変わらずコイがいない(いるところに届かない)か、いてもコイにスルーされることが続いています。「食い気のあるコイの鼻先に落とす」には、まずそんなコイがキャスト範囲内にいることが先決で、それを確認するには…サイトマスターの導入を検討しますか。数万円レベルですが、すべての釣りに対して無駄な投資ではないはずなので。from ナマズ週報(9月第3週)

「いるらしい」ではなくて「見つけた」状態が理想。これを実現するのにハイクオリティーと言われている偏光グラスを使用すると、どこまでサカナが見つかるようになるのか。少々出費はかさみますが、使い回し次第で無駄にはならないはずなので、とにかく1本作ろうと投資してみました。

cajonica TALEXって釣具店じゃないと扱えないと思っていたけど、そういうわけじゃないんですね。なんと地元にありました http://t.co/9HOYNloY at 09/25 01:06

cajonica でもSightMastetが扱えるかどうかはわからないからまずは凸かな at 09/25 07:33

えと、何やらヘンなことをつぶやいてますがTALEXは偏光レンズのメーカー、SightMasterは釣り具メーカーの偏光サングラスのブランドでTALEXレンズを使用している。で、今回のオーダーは予備のメガネ(古いアニエスB)のクリップオンサングラスフレームのレンズだけ入れ替えるので、レンズメーカーだけに用があるのです。

cajonica TALEX発注。予備メガネの付属サングラスフレームにラスタブラウンを。ある意味お試し、レンジも中途半端なところで将来的に普段使い用になれば。 at 09/27 19:21

仕事が終わってから最寄のTALEXプロショップに。早速レンズの色を確認し、やっぱりアクションコパーが一番用途には合うのだろうけど、あまりに赤すぎて着けるモチベーションを失くすなあと無難なラスターブラウンに。

色の他には、元々のメガネがガラスレンズでこれ以上重く出来ないし眼の写り込みもイヤなのでプラレンズ選択+マルチコートをお願いしました。フレームはどうしても必要ですが、度なしだと随分安く上がるものですね。

cajonica タレLB受取完了、税抜10k。明日の日中と夕方で快適さを新旧チェックです http://t.co/RJi6k2ML
 at 09/28 20:34

手前がタレLB+予備メガネ(以降タレLB)、後ろがいままでのシマノ撥水クリップオンのブラウンをつけた普段使いのメガネ(以降シマノB)。

あんまり参考にならないと思いますが、スマフォのカメラ前に目一杯近づけて偏光レンズをかざしてみます。

KIMG1691s.jpg

これが裸眼状態。

KIMG1692s.jpg

これがシマノB。

KIMG1693s.jpg

これがタレLB。

見た目の色合い、可視状態の色合い共にシマノBの方が濃く、タレLBの方が薄く見えます。シマノBは可視光線透過率が23%になっておりマルチコートなし、タレLBは30%+マルチコートの為さらに数%分明るく見えるということになっていますから、この辺はつじつまが合いますね。

コントラストについては、たとえば水底に張り付いているウキゴリや水中で泳いでいるオイカワやアユなども肉眼でも見えますが、ほとんどは言われないとわからないとかそういうレベルで、これをくっきり浮かび上がらせる性能はやはりタレLBに軍配が上がります。ただ、そんな極端に違うかというとそういうわけでもないです。同じブラウン系だからかな。

偏光具合=水面の乱反射の吸収についてもあまり違いはないように見えます。但し、タレLBで視た後にシマノBで見ると、何だか霞んでいるというか、左右の眼で偏光具合がビミョーに違っているように思いました。

これは、クリップオンタイプにはありがちなことで取り付け位置がずれれば偏光具合もずれてしまうので、できるだけ違和感ないところを探して着けることで解消されますが、確実に決まるわけではないです。また、シマノBはレンズのカーブが意外についているので、レンズに近いところと遠いところで偏光度が違ってくることになります。

その点タレLBだとフレームが完全固定かつレンズに均等にほぼ密着なので、位置のズレもなく何度掛けても同じ視界が得られます。そういった意味で最強なのは度付き偏光グラスですが、安い偏光レンズの上乗せタイプでも、セッティングによっては充分使える、最大限に性能を発揮できる気がしますね。

さて、タレLBを装着しての実釣です。

時間は16時半、タレLBを装着したまま釣り場に入ります。ウェーダーで最大水深60センチほどの急流を渡りましたが、太陽が雲に隠れた状態でも、水底は以前より明るく鮮明な感じで確認出来ました。

中州に渡り終え、チャラ瀬部分に立ち込んでも足元は良く見えていていい感じです。流し毛鉤をアップクロス~ダウンクロスにキャストし巻いていきます。

KIMG1656s.jpg

オイカワ。ウキを見れば掛かったサカナがどこにいるかは分かりますが、いままでは寄せてもハッキリとした魚影は見えていなかった気がします。ここに精度表れり、といった感。

KIMG1661s.jpg

ウグイ。お腹も張っていてちょっといいサイズ。掛かるとザラ瀬一歩手前の急流をぶっ飛んで抵抗するので結構スリリング。結構暗くなってきましたがここでもサカナの位置はよく分かる感じです。

KIMG1664s.jpg

久しぶりに一荷。17:30を回った段階でさすがに視野が暗く感じます。かといってタレLBを外してしまうと、当然視野は明るくなりますが今度は水面が低コントラストで瀬ウキが見づらくなるというw。

ここまできたら多分イースグリーンの出番になるわけですが、夕闇が深まりライズが止んでしまうとなれば、使用するのは十数分程度…わかりました。イースグリーンを購入するか否かは、ここに拘るかどうかですね。

ストップフィッシングして再び急流を渡るにしても、水底の状態は常に把握したいもの。ヘッドランプは早めに装着していて、足元を照らしながら進みますが、水流の乱れがレンズになって水深のあるところでは水底の状態がちゃんと把握できなかったり。ここでタレLBを掛けても視野が暗くなるだけで特に変化はありませんでした。もう夜だし、仕方ないねw

cajonica / かほにか
タレLBのお試しを兼ねてウェイダーを履きご近所中洲へ。シマノのクリップオンとは正直偏光度合いは大差ないものの、精度に明らかなアドバンテージが…見え方が自然で疲れないのはガチ。そうそう、秋に入るとウグイが釣れ出しますね http://t.co/ZkuTr27J
 at 09/29 18:28

まとめはこのまんまですねw。数千円の安物と数万円のハイクオリティなレンズの性能の違いは多少あれども、根本的に大きく違うのは光学精度かと。結果疲れなく眼に優しい→釣りを続けるモチベーションが保てる、といった感じですかね。

偏光サングラスは安物でも持ってないよりは絶対いいけど、普段使っていて頭が痛くなる方はもちろん、見え方に違和感がある、さらにサカナや地形をもっとよく見たいという方はいいレンズ(フレーム込みの方が効果は高いと思います)にアップグレードすると、通いなれたフィールドでも、いくつか新しい気づきがあるのではないでしょうか。

ただ、費用対効果については購入各人の感覚になりますから、よろしくお願い致します。

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 河川釣りへにほんブログ村 釣りブログ 五目釣りへ
 
 
スポンサーサイト
2012/09/30 14:08 タックルなど TB(0) CM(0)
さあこれから台風が来ます。その前にちょっと巻いておきますか…なワケで05:30起床、06時前にご近所へ。もう面倒だから人目もはばからずウェーダーは履いて出ました。何だかダメになってく自分w

どれどれ堰直下のコイさんのご機嫌は…んん悪くないみたい。ヘチを上がってくるコイに寄っていくようにペンシルベイトをキャスト。さすがに足元になるとウォーキングドッグアクションが付けられなくて見切り多数。んでも何度かはフッキングしたものの、走られた段階でフックアウト。まだ掛かりが浅いんですね。

んならばと、ダブルフックをクワトロフックに交換した上で自分が上流側に移動し、ラインを長めにとってコイの通過ルート上でアクションが付けられるよう配慮して数投目、おおー乗りましたね!

KIMG1679s.jpg

高い堰堤部で掛けてから水面にアクセスできるここまで誘導するのは手間ですが、ちゃんとやればそんなに難しくありません。(とはいうものの、最後にやらかしちゃうんですけどねw)

KIMG1680s.jpg

じっくりくたびれさせた後、慎重にフィッシュグリップを掛け無事キャッチ成功!

cajonica / かほにか
釣れたね。63センチ3.2キロ。これは鯉キラーでしょと見込んだスゴイクイックBにて。ペンシル犬歩きスゴイ http://t.co/36GMM65J

 at 09/30 06:45


場を休める意味もあり、今度は中州に渡り川崎側の本流にキャスト。しかしノー感じ。っていうか対岸はアユコロ師がいっぱいいて水門流れ込みも狙えないわけで。そのまま中州外の落ち込みを一通り、これも反応なし。

また岸に渡るのが面倒なんで、そのままウェーダーにモノを言わせて水中を歩いて下流へ。水深や底の状態を確認するにはこれが一番。でもサカナ逃げちゃうんじゃ?とは思うけどアバウトなコイさんにはどうでも良さそうなのでw

さて、夜ナマポイントあたりでバフッ!と炸裂音交じりのモジリあり、雷注意報発令か?まあ近辺を通すように入れてみましょう…おおっ喰ったね!うわ走るわ重いは、こりゃやっぱりライギョかね???

結構時間をかけて浅場まで誘導、ありゃりゃコイじゃん。まあクソ重いことには変わりないしとにかく獲りましょ。弱ってきたのを確認し頃合いを見てズリ上げます!

KIMG1686s.jpg

ドーン!そんな長くないけど、このゴンブトっぷりはさすが。本流のコイは引くし魚体もキレイでいいね♪

cajonica / かほにか
71センチ5.2キロ。ルアーのヒートンが抜けたのは人生初。最初ライギョかと思った。どんだけパワーあるんだと。 http://t.co/YF0SBq54
 at 09/30 07:43

最近コイ揚げてないからかもだけど、腕パンパン。5キロともなると、フィッシュグリップ揚げる手が震えますw。

KIMG1690s.jpg

で、ご覧の通り。ルアー本体が裂けてヒートンがなくなっております。てかさっきの画像でコイの下にスプリットリングが見えてるようなw…まあ浸水もするだろうし、亡骸アリの殉職です。また万代書店に行かなきゃw

その後、さらにモジリを追いながら下流へ移動したものの、バイトまでは持ち込めず。マラスでも一応首振りもできるけどダウンで巻くと潜るんでダメですね。時間は09時を回り、暑くなってきたんで上がりますか、と。最後にアソビでもう一度堰直下を冷やかしてみますかね。

やっぱりペンシルがいいね、とここで実績のあるザラパピーにチェンジして一通り。やはり巻いてきてルアーが近づくにつれてアクションが載せられなくなるので、ダウンクロスで広範囲に誘っていると、おお乗った!型もなかなか、ざっくり70は超えてるね!

KIMG1694s.jpg

余裕ブッコいて画像確保なんかやってたらラインスラックが出来ていて、サカナが下った時これがコンクリブロックの門に引っ掛かって…既に遅しラインブレイク。まあ何が悪かったのかは理解しているので、悔しいといった想いはあまりありません。むしろ経験値が上がったことに感謝かな。ルアーはもともとナマズ向けにバーブレスだしテキトーに外れるでしょw

cajonica / かほにか
朝巻きおわた。最後の最後にザラパピでヒットしたが誘導に失敗してラインブレイク!経験値が1上がった。ウ2キャッチ3バラシルアー終了2orz。久々にウデパンになったよ at 09/30 10:17

ウってなんですかウなんか釣ってませんよwww。にしても腕がダルい。MHタックルと比べると、同じようなサイズでも疲労感が違いますね。

これで、コイが(ハード)ルアーに掛かるのは決して「まぐれ」じゃなくて、ルアーで狙って釣れる釣りモノということがハッキリしました。ナマズと兼用ではなくコイ専用に、ルアーのセッティングを調整してみます。ちなみに一応パンも持っておくと、「寄せ」が効くので心強いのですがねw

ロッド:エーテック トラギア ネクストリーム A806M
リール:シマノ 10ナスキー2500(スプール換装)
ライン:東レ シーバスPE パワーゲーム 22lb
    +サンヨーナイロン ナノダックスリーダー 17.5lb
リ グ:ヘドン スーパースプーク Jr. X9236-25
    ヘドン ザラパピー X9225-XRS
    ルーハージェンセン バスオレノ 6443-038-982
    ラッキークラフト マラス ゴーストアユ
    ラッキークラフト サミー85 ヒガイ
    ゲイリーヤマモト スゴイクイックB 銀桃灰

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 河川釣りへにほんブログ村 釣りブログ 五目釣りへ
 
 
2012/09/30 12:21 コイ釣り TB(0) CM(0)
■9月23日(日)
■9月26日(水)

相変わらず不調続きであります。

cajonica 2バイト1バラシ。増水で冠水した草むらの中にいて手が出せない。それでも付近で落ちパクを拾ったがドラグが緩んでいてフッキングしきれず終了orz いい加減にしろ→俺 at 09/24 00:50

cajonica スーパースプークJrに1バイト、それもアクション止めてる時だからこれはコイかな。他ノー感じ。それより寒い。もう半袖はダメだね at 09/27 00:17

惰性で定点観測を続けている感じ。ですが、その結果で来年いつまでやるとかの判断ができるので、まずはそれでいいと思っています。

■9月28日(金)

さて、他の場所もダメなんだろうなあ…というのを確認しに。

cajonica 久々にテナガ現場へ。やはり完全試合であった。テナガ育てよテナガ http://t.co/NGfzwIH2
 at 09/29 01:04

cajonica そして、とある鯰師にお会いしてお話を伺った。いままでと現状についてはほぼほぼ一致し、これからについては、既に水中戦の方が有利ではないか、トップは増水時以外期待はできないとのこと。 at 09/29 01:06

cajonica 冬ナマへのアプローチや年間のアユの動き、カワウの動向、L/SMBの状況まで把握しておられるかなり詳しい方でした。お時間頂いてありがとうございました。 at 09/29 01:09

やっぱりダメ。まあ、それはそれでいいとして…まとまった雨による増水がなければ多分このままトップ終了、ボトムの釣りに移行、か…もう、シーズン終了宣言として今年のナマズのまとめやるかなあ。このサイトの嗜好するスタイルとしては8月あたりの時点で、かなり無理をしている感があるのです。

それでも何とかもう1本、10月中に獲るのを目標に動いてみますかね。不謹慎ながら、今度の台風に期待です。ほどほどに暴れてくださいね。

ロッド:エーテック トラギア ネクストリーム A806M
リール:シマノ 10ナスキー2500(スプール換装)
ライン:東レ シーバスPE パワーゲーム 22lb
    +サンヨーナイロン ナノダックスリーダー 17.5lb
リ グ:ヘドン ビッグバド X9410-C
    ヘドン スーパースプーク Jr. X9236-25
    ヘドン ザラパピー X9225-XRS
    フレッドアーボガスト ジッターバグ G650-10
    フレッドアーボガスト ジッターバグ G620-09
    ルーハージェンセン バスオレノ 6443-012-805
    ルーハージェンセン バスオレノ 6443-038-982
    ラッキークラフト マラス ゴーストアユ
    ラッキークラフト サミー85 ヒガイ
    イマカツ LOT BT100 スポーニングレッド
    ゲイリーヤマモト スゴイクイックB 銀桃灰
    ラパラ カウントダウン7cm JCB

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 河川釣りへにほんブログ村 釣りブログ 五目釣りへ
 
 
2012/09/30 00:08 ナマズ釣り TB(0) CM(0)
cajonica / かほにか
ヒイラギの捌き方や調理方法はネットで充分確認できたけど、そういえばザルとかトレイとか持ってないことに気がついた。とりま冷蔵庫にしまって、捌くのは買い物済ませた昼すぎでいいんだっけか(美味しく頂けるリミット的に大丈夫か)? at 09/22 01:47

KIMG1594s.jpg

片瀬漁港ヒイラギキャッチアンドイート(キャッチ編) にてキープしたヒイラギ17尾。釣堀のマスとかは捌いて塩焼きで食べたことはありますが、海のサカナとしては初めて自分自身で捌いて料理して食べるのです。

さて、自宅に到着して早速…いやいや上記の理由もあり明日テキトーに起きてからやりますよ、ととりま冷蔵庫に小皿に入れて乾燥しないように小皿の上からラップを掛けておきました。このオペレーションで正しいのかどうかわかりませんw

そして翌日、百均ショップでしこたま足りないキッチン用品や調味料などを確保し自宅に戻ったのがお昼過ぎ。じゃあ、始めますか。

【捌き~ヌメリ取り】
≪ヒイラギ以外に必要なもの≫
・多量の塩
・テキトーなサイズのボール
・テキトーなサイズのザル
・菜箸、マドラーなど柄の長めの棒状のもの
・水道

≪やり方≫
①ボールにヒイラギを入れ、さらに塩を投入します。塩の量は今回は200gくらいで間に合ってます。

KIMG1595s.jpg

②塩がまんべんなくヒイラギに行き渡るようによく混ぜる。手を使うのはヒレが刺さって危険なので、ここではステンレス製のマドラーを使いました。

KIMG1596s.jpg

③ヒイラギだけをザルに移し、よく流水で洗います。ここでもマドラーを使って流水をヒイラギにまんべんなく当てるようにします。ボールに余った塩は再生不可なので別途洗い流してください。

KIMG1597s.jpg

④ヌメリが充分落ちなければ、もう一度①②③を繰り返します。ヌメリがおいしいという話もあるので、その辺はお好みで。

【捌き~ワタ・ヒレ取り】
≪ヒイラギ以外に必要なもの≫
・料理バサミ
・テキトーなサイズの容器2つ
・水道
・古い歯ブラシ(オプション)
・テキトーなサイズのトレー(オプション)
・キッチンペーパー(オプション)

≪やり方≫
①容器を2つ、並べて置きます。それぞれ処理済ヒイラギを入れるものと、処理中にワタ・ヒレ等を受けるものになります。

②ヌメリを落としたヒイラギを掴み、料理バサミを腹の方から頭の方にやや斜め方向に入れ、腹ビレの根元~ムナビレの付け根~エラを含めた頭を一気に落とします。料理バサミは鋭利で且つ力が入るものでないと、大型の処理は厳しいかも。

KIMG1598s.jpg

③そのまま持っている料理ハサミの先端をヒイラギの腹に突っ込み、ワタをかき出します。(両手が塞がるため画像なし)

④そのまま持っている料理ハサミで、背ビレと腹ビレをカットします。(両手が塞がるため画像なし)

⑤流水で内臓部分を指を入れて洗います。背骨の下あたりが黒くなっていますが周辺にワタのカスが残っていることがあり、苦味の原因になるようなのでしっかり取り除きます。※古い歯ブラシ等でこするとよく落ちるみたいです

KIMG1599s.jpg

⑥②~⑤を繰り返し、全部のヒイラギの処理が終わったら捌き完了です。

KIMG1600s.jpg

⑦すぐに調理しない場合はトレイにキッチンペーパーを敷き、その上にヒイラギを乗せトレイごと冷蔵庫に入れておきます。

KIMG1601s.jpg

やりながら驚いたのは脂の多さ。料理バサミがガンガン水を弾いていて、触るとベタベタします。「脂が乗って旨い」というフレーズはよく聴くものの、捌く側の視点で見るとこういうことなのですね。あと、内臓を外したら一気にヌメリがなくなりました。どうせなら先に内臓を外したいところだけど、ヒレ切りも含めてムリだよなあw


さて、これで下処理は完了ってことなんですが、次に考えるのは、どうやって食べるかですかね。ネットで調べてみると煮物・揚物・汁物・干物くらいバリエーションがあったんで、サカナが少ないながらも一通りやってみることに。とはいえまだ夕食の時間帯ではないので、まずは干物から。

【ヒイラギの干物】4/17尾
≪ヒイラギ以外に必要なもの≫
・包丁
・水500cc
・塩17.5グラム
・水500ccが入るテキトーな容器
・一夜干し用の網(屋外用)
・テキトーなサイズのトレー(冷蔵庫用)
・テキトーなサイズのトレーに乗る網のようなもの(冷蔵庫用)
・ピチット(冷蔵庫用オプション)
・デジタルスケール等(オプション)

≪やり方≫
①下処理済みのヒイラギの背中から包丁を入れ、背開きにします。(両手が塞がるため画像なし)

②容器に水を入れ塩を投入し溶かします。※まあ大体ですが、海水の塩分濃度を再現するのがベターなようです

KIMG1602s.jpg

このデジタルスケールはそもそも、ルアーとかリグのウェイト測定用に買ったはずが…ヘンなところでお役立ちw

③そこに背開きしたヒイラギを投入し、30分ほど浸しておきます。

KIMG1603s.jpg

④その後、屋外で干すことになるのですが今回は夏場だし雨も降っているので、トレイに網のようなもの(ここではガスコンロのサカナ焼きグリルの受け網を使いました)を乗せた上にヒイラギを乗せ、冷蔵庫に収納。※今回は使用しておりませんが、冷蔵庫の場合はピチットで処理する方が美味しく出来上がるようです

KIMG1607s.jpg

⑤これで半日くらい放置で出来上がるようです。乾き具合等はお好みで。※実際に食べる時の説明は後ほど。

時間掛かるので煮物もいっちゃいます。

【ヒイラギの煮付け】5/17尾
≪ヒイラギ以外に必要なもの≫
・テキトーな大きさの鍋
・水200cc
・醤油15cc=大さじ1
・料理酒15cc=大さじ1
・みりん15cc=大さじ1
・砂糖大さじ1
・鍋の口径分のアルミホイル
・ガスコンロ
・しょうが少量(オプション)
・アク取り(オプション)

≪やり方≫
①鍋に水と料理酒とみりんを入れ、煮立てます。

②醤油と砂糖(+お好みでしょうが)を追加し、再度煮立てます。

③ヒイラギを投入、中火にして煮立ったらアクをとるみたいですが、今回はアクが出るほど量がないので諦めましたw

④アルミホイルで落とし蓋をして弱火で20分放置。

KIMG1606s.jpg

⑤一応完成の模様。汁なさ杉ですが、これでいいみたいですよ?本当かw

KIMG1609s.jpg


続いて、味噌汁も作ってしまいます。

【ヒイラギの味噌汁】2/17尾
≪ヒイラギ以外に必要なもの≫
・テキトーな鍋
・水適量
・味噌適量
・ガスコンロ
・具(基本オプション)
・包丁(オプション)
・長ネギ(オプション)
・だし、等(オプション)

≪やり方≫
①鍋に水と味噌を入れ煮たてる。ヒイラギの旨みを堪能するため、できるだけ薄味にしておくのがいいと思います。

②中火にしてヒイラギと具を入れます。今回の具は、「海鮮汁の具」というフリーズドライなものを使いました。わかめ他いろいろ、カップラーメンの具みたいですがねw

③一煮立ちしたら弱火にして5分くらい煮ます。

④仕上げに長ネギを刻んで入れて完成。

KIMG1614s.jpg

って、いつもの味噌汁にヒイラギ投入しただけじゃんwww

まあ、早めの夕飯でいいか、と勢いで揚げ物もやりますね。

【ヒイラギの素揚げ】6/17尾
≪ヒイラギ以外に必要なもの≫
・キッチンペーパー
・テキトーな大きさのフライパン
・(フライパンにマウントする)油落とし
・サラダ油適量
・菜箸など
・塩適量
・ガスコンロ

≪やり方≫
①キッチンペーパーでヒイラギの表面をよく拭き、水分を取ります。

②フライパンにサラダ油を入れ、中火で加熱。

③サラダ油の表面がわずかにモアモアしだしたらヒイラギを投入。弱火でじっくり揚げます。①をサボってるとここで油跳ねが盛大に起こるので注意です。※油の温度とか正直意味不明。ご自身で判断おねがいしますw

KIMG1611s.jpg

④ヒイラギの表面が軽く焦げたら火を止め、ヒイラギを菜箸で取り上げ油落としの上に置いて、余分な油を落とします。※画像のだとちょっと揚げすぎですかね。とはいえ、骨までバッチリ食べられるのはわかりますw

KIMG1613s.jpg

⑤食べる直前に塩を少量振るといいです。

さて、干物以外のネタは揃いました。ジャジャーン。

KIMG1615s.jpg

実食と参りまっしょう!

cajonica / かほにか
素揚げ、煮付け、味噌汁の具…なにこれうまい! http://t.co/rSvtNHc2
 at 09/22 17:20

もうね素揚げの旨さ、香ばしさといったら!バッチリ揚げてるので全部バリバリいけます。小魚の料理法としては鉄板ではあるのですが、サカナ自体にクセがなくて食べやすいのはガチでしょう。

煮物はアクが取れなかったせいかチューブショウガを入れすぎたせいか、ちょっと変なニオイもありつつ、しかし味付けはよく馴染んで美味しい!料理の精度を高めれば、かなり美味しく出来ると思います。それにしてもこの身と骨との分離のよさ、とてもありがたい。小骨が多いのがネックでもあるのでもう少し大きいのを食べてみたいのですがね。

味噌汁はちょっと味噌と他の具が多かったかも。あんまりヒイラギの恩恵を受けることが出来なかったようです。とはいえ、ヒイラギからと思われるアブラも浮いていて、ほんのり香りもあるような。身にちょっと苦みを感じたりしていますがそれでも総じて旨し!ワタ処理を丁寧にやれば多分ノープロかと。

干物もそろそろ…な時間に。焼物ということで食してみることにします。

【ヒイラギの干物】4/17尾(つづき)
≪ヒイラギ以外に必要なもの≫
・ガスコンロ
・菜箸など

≪やり方≫
⑥冷蔵庫からエージング中のヒイラギを取り出します。

KIMG1620s.jpg

⑦ガスコンロ、ストーブ等で炙ります。

KIMG1622s.jpg

⑧軽く焦げたら完成です。

KIMG1624s.jpg

⑨余った分はラップにくるんで冷凍室へ。冷凍とはいえ、いい意味で防腐剤も使っていないのでお早めにお召し上がりくださいなのは間違いないです。

これも激旨!ちょっとサカナの臭みを感じましたが、クサヤ的なフィーリングが嫌でなければ守備範囲内でしょう。多分もっと時間を置かずに丁寧に作れば、臭みは大分抑えられるのではないかと。次回に期待ですかw


クーラーの購入、移動、サカナをダメにしないような〆、冷やし方、下処理、捌き、調理…今回初めて海の魚をキャッチからイートまでのプロセスを確認したわけですが、あらためてフツーにサカナを食うことの何気なさの背景として、実はたくさんの方の手元を通って、またご苦労があって食卓に並ぶこととなるのを確認した次第です。

また、そのたくさんの方の思いも直接、間接を問わず間間で込められているんじゃないのかなあ、なんて思うのです。たとえば、お母さんが子供に美味しいって思ってもらえるように「おいしくなあれ」って思いながら料理する。これって、すごい尊いことなのだなあ、と。食育って大事だと思いました。

これからも、ありがたくいただきます。

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 河川釣りへにほんブログ村 釣りブログ 五目釣りへ
 
 
2012/09/23 17:40 海五目釣り TB(0) CM(0)
■9月18日(火)
■9月19日(水)

cajonica 今すごい雨と雷。アメッシュ見て早めに撤収して正解でした at 09/18 23:39

cajonica ちょっぴり増水に期待して行った。T名上の逆ワンドで1バイトのみ。ナマどこいった! at 09/20 01:04

今週はこれだけ。そうそう、先週実家に行った際に万代書店にて、ちょっと気になっていたルアーの身柄を確保。

KIMG1618s.jpg

今週こちらのアクション確認も含めて、巻いてきた次第。よくくるくると首を振りあまり移動しません。本当にピンスポな用途向きです。

今こうしてブログを書いてる土曜日の晩の時点でも、雨が降っております。これからさらに涼しくなっていくのは明白ですが、ある程度気温、そして低いなりに水温が安定しだす辺りでまた活性が上がることを期待しています。

季節の変遷による天候不順で水温が不安定など、今までとは別の理由で、ナマズの活性が落ちていると思われます。

思い起こせば、タフコンが少しずつ始まりだしたのが最高気温が気温25℃を超えだした辺り、明らかにタフになったと感じられたのが30℃超えあたりから。この逆に変遷するならば、9月中は微妙で10月初~中旬の気候が安定しだす頃がスイッチオンのタイミングになるのでは。そして、トップで釣れるとしたらあと正味1ヶ月程度の期間かな、と。

この週報も、一応10月末までは続けてみるつもりです。

ロッド:エーテック トラギア ネクストリーム A806M
リール:シマノ 10ナスキー2500(スプール換装)
ライン:東レ シーバスPE パワーゲーム 22lb
    +サンヨーナイロン ナノダックスリーダー 17.5lb
リ グ:ヘドン ビッグバド X9410-C
    ヘドン スーパースプーク Jr. X9236-25
    フレッドアーボガスト ジッターバグ G620-09
    ルーハージェンセン バスオレノ 6443-012-805
    ルーハージェンセン バスオレノ 6443-038-982
    ラッキークラフト マラス ゴーストアユ
    ラッキークラフト サミー85 ヒガイ
    エバーグリーン コンバットクランクSSR パールアユ
    イマカツ LOT BT100 スポーニングレッド
    ゲイリーヤマモト スゴイクイックB 銀桃灰

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 河川釣りへにほんブログ村 釣りブログ 五目釣りへ
 
 
2012/09/22 22:20 ナマズ釣り TB(0) CM(0)
cajonica / かほにか
代休先行消化。小型のクーラーボックスを買ってから、片瀬漁港でヒイラギを確保して賞味してみるトライアル。しかし平潟湾のハゼも捨てがたくて悩んでいるところ…。 at 09/21 09:08

そんなわけで、GW以来久しぶりに行ってみます。そしてキャッチアンド(クックアンド)イート初挑戦。まずは小型の魚向けクーラーボックスを確保する必要があり、JSYの開店時間に合わせて自宅を出ました。ここは新宿、さて…10時を過ぎてもシャッターは閉まったまま。おかしいなと思ってWebを確認すると、11時開店orz。

時間がもったいないのですぐに渋谷に回り、ダイワとシマノでほぼほぼ決めていた機種を確認。色がビミョーだと思っていたダイワのブルーのDUの現物を見たら好印象、頑張れば手持ちのボストンにまるっと入るので即決。他投げの仕掛け類を補充して、東海道本線経由で江ノ島方面へ。本当は新宿から小田急だったのに、アレですわ。



買ったのはこれです。もちろんセールのはがきも併用で。安物を改造したり複数の保冷バッグ類をあれこれ使いまわす手間を考えれば、ちょっといい新品を買った方がトータルでお得だと思います。ホントはこの機種ならライムグリーンが欲しかったんだけど在庫はこれだけって。まあそんな野暮ったくないからいいか。

結局辻堂まで乗り過ごしたりしてw、13時半くらいに片瀬江ノ島に到着。あまり種類が多いと無駄にプランばかり膨らませてロクなことがないのでw、ベナULタックルとMタックルだけ持ってきました。ハゼキャロと3本針投げ仕掛けで使い分け、港内外を。

KIMG1567s.jpg

さすが平日、両プロムナードは休日とは全く違ってガラガラ。そうそう、クーラーボックスに氷を入れないと。駅前のコンビニで種類を確認し、いつもの釣具店でジャリメを買いつつ氷も、って訊いたら扱ってないんだって。まあそりゃそうか。結局1.1リットルのロックアイスをコンビニで購入、袋のままクーラーに詰め込みます。

赤灯台のある東プロムナードの東側に陣取って、まずはクーラーボックスに海水を入れます。いわゆる「潮氷」でサカナを〆るセッティングです。コンビニロックアイスの袋が浮き上がってきて困りましたが、まずはこのまま。ヒイラギが釣れたら、蓋の上にある投入口から入れていきます。

で、以前ヒイラギが爆釣した辺りにMタックルで投入してサビくも、全く反応なし。いったいどうしちゃったの?って言うくらいのノー感じ。かといって置き竿をすればフグにハリスを切られる始末。このシチュエーションにして、ボ確定か?orz

そこで頼みの綱は港内に。空気読むと入港して来る船の邪魔にならなければノープロでしょ、とベナULタックルのハゼキャロに長めにジャリメをつけてキャスト。お!いいアタリだ。巻け巻け!力強い引きを見せながら上がってきたのは…ブルーギル!?

KIMG1568s.jpg

いやいやいやいやwww。これは…チンチン。クロダイの幼魚です。リリースしその後も数尾をキャッチ。んならMタックルも湾内方向、いやさすがに漁港入口方向にキャストしてサビいてみます。おお早速キタキタ!

KIMG1569s.jpg

揚げてみると…あららヒイラギとピンギスの一荷とな。早速ヒイラギはクーラーボックスに、ピンギスはリリース。なにこれ逆じゃないかとw。いやいや今回は何でも釣れたらいい訳じゃないのですよ。

ヒイラギに限らず、何かの理由でサカナが港外には出ていないようです。釣り人が少なくて好きに移動ができるのでいろんな角度からアプローチして、ヒイラギの数もそこそこ集まってきましたが、そろそろ日暮れが近づいています。

西プロムナード側を見ると、数名の釣り人が座り込んで港内にキャストし始めました。向こう側は20時に一斉消灯しますけど照明は明るいし、勝手知らない赤の他人ではありますが人気はあった方が心細くないので、隣のブロックに入らせてもらいました。

ベナULタックルで東の港内にキャストとしたのと同じように、投げて巻く。すると数投目で反応あり。ピンギスチンチンたまにヒイラギくらいの割合で釣れていましたが、またチンチンか?っていう強めの引きと共に上がってきたのが…シタビラメです。

KIMG1585s.jpg

キモっ!いったいなんなのこれ?って一瞬w。裏返ってると余計謎w。そういえば今年の正月も釣れましたね。もう少し大きかったですが。

KIMG1586s.jpg

無事針が外れて正規のポジションに。よく見ると小さいですが眼が確認できます。かわいい!これも何かキモカワユスだわwww。

隣の方に伺ったところ20センチくらいではまだ食べるサイズではないとのことで、素直にリリース。ってかクーラーボックスの中はヒイラギでヌルヌルだし、別の魚もだと〆て捌くところも含め対応しきれないので、今回は他の魚のお持ち帰りは止めた方が無難と判断しています。

いつの間にか西プロムナードは照明も消え、それでもアタリは続いていましたが、22時辺りでガチノー感じに。隣のグループの方が「これ、止まった?」「止まったね」「じゃそろそろ帰りますか」といって帰られたので、よく分かりませんが潮に比例しない時合のようなものがあるみたいです。

それから30分くらいやってようやくジャリメを使い終わり納竿。クーラーボックスのコンビニロックアイスは既に溶け切っていたものの、後で入れ熱交換された海水はキンキンに冷えてました。重たいので海水を捨て、すぐにまたコンビニでロックアイスを買ってクーラーボックスの中に入れ、電車に乗り込みました。

cajonica / かほにか
釣りの部終わったよ。あれだけ爆釣していたはずのポイントでヒイラギが全く出ず終電2本前まで粘って数を揃えました…ピンギス9チンチン6シタビラメ1ヒイラギ20くらい。他小さいからリリースしたけど、テイクアウトはヒイラギだけで良かったのか…。 http://t.co/uOdwy1Om
 at 09/21 23:28

釣れたヒイラギがマメすぎて、3尾ほどリリースしてるので、キープは17尾。まあ次回とか工夫してヒイラギの粘々が着かない様にクーラーボックスに入れ〆られれば…ちょっと大き目のシロギスとかも、釣れたらいいんですけどね。

釣りのレポートとしてはここまでね。以降、片瀬漁港ヒイラギキャッチアンドイート(イート編) に続きます。

ロッド:エーテック トラギア ネクストリーム A806M
リール:シマノ 10ナスキー2500(スプール交換)
ライン:モーリス バリバススーパートラウトアドバンス 12lb
リ グ:フジ 誘導ミニミニジェット天秤8号
    オーナー 鈴なり仕掛けRキス3本 7号

ロッド:エーテック トラウティズム 565ULT
リール:シマノ 10ナスキー1000
ライン:東レ ソラロームII スーパー ドリフト 4lb
リ グ:自作パイプ付き中通し錘0.8号
    +自動ハリス止めサルカン
    +オーナー ハゼ針7号12cm

ベイト:舟七釣具店のジャリメ

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 河川釣りへにほんブログ村 釣りブログ 五目釣りへ
 
 
2012/09/22 20:18 海五目釣り TB(0) CM(0)
精進湖から実家に向かいながらG明川の薮の状態を確認。約1ヶ月ぶりですが、さほどひどくなっていないので、一旦実家に戻ってから行ってみますか。但し、明日は早朝から農作業なのでほどほどに。

まずはG明川の第1セクションから。今回はマラスにサーチさせました、がノー感じ。サミーに替えても反応なし。第2セクションに入る手前で結構時間が経ってしまったので、ここで止めとくか…あ、ダメモトだけどちょっと覗いてみようかな、Y糸川。

前回、実はG明川の前にこちらにコイラバで入ってまして、田んぼの灌漑のため水量が増えて水深がかなりあり、風もかなり強かったので諦めたのだけれど、今や稲刈りの為田んぼを干上がらせるモードに移行していて、水門は開けっ放しで水深はヒタヒタ。

まあダメモトですから、と38Jジッターを対岸、中央、こちらのヘチと投げ分けてダウンでスキャン。すると、いきなりパン!と心地よいバイト音が聞こえてきたじゃありませんか!音的にはあんま大きくないみたいだけどいることはいますね。音のした辺りにキャストし直して巻く。パン!乗らねーなあ、まだくるかな?パン!パン!と面白いようにバイトが続きます。

結局別の方向にキャストしたのが1発目で乗ったけど果たして抜けるか?まあ寄せてみて…んーこれなら何とかいけるかも。一度ロッドをしならせてナマの重さを載せてからゆっくり巻きつつ、腕で持ち上げ道路に落とします。キャッチ成功!

その後も上流に向かって、転落抑止反射ポールの区画ごとにランガン。極端に浅いところでなければ大体1回はバイト音があります。2つの用水路が合流する辺りが激浅なのでライトで照らしてみると、30センチくらいのナマちゃんがウロウロしておりました。釣れてはいないけど、これはいいね。

と、時計を見るともう25時近い!うわマズっ!しかし欲望に負けてクルマまで戻りながら結局巻いちゃいましたw。さすがにスレたのか反応は落ちてきましたが楽しい楽しい!でも…明日、大変だぞwww

cajonica 実家夜巻き。いつものG明川が不調で、気になっていたY糸川へ。いわゆる用水路、このタックルで抜けるかどうだかだったがコナマばかりで安心w43センチ500グラム。5バイト追い食いとかないわ…反応良すぎ。田舎の用水路、なんて恐ろしい子! http://t.co/K5IxDCoK
 at 09/17 01:14

1時間ほどで10バイト以上2バラシ1キャッチ。型は小さいものの、久し振りのナマパラが楽しめました。また、来年が楽しみですw

ロッド:エーテック トラギア ネクストリーム A806M
リール:シマノ 10ナスキー2500(スプール換装)
ライン:東レ シーバスPE パワーゲーム 22lb
    +サンヨーナイロン ナノダックスリーダー 17.5lb
リ グ:フレッドアーボガスト ジッターバグ G620-09
    イマカツ LOT BT100 スポーニングレッド
    ラッキークラフト マラス ゴーストアユ
    ラッキークラフト サミー85 ヒガイ

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 河川釣りへにほんブログ村 釣りブログ 五目釣りへ
 
 
2012/09/19 00:32 ナマズ釣り TB(0) CM(0)
実家の稲刈り後処理のヘルプの為、レンタカーで一路。いきなり関係ないですが、今回はこんなツールを用意したので、移動経路の確認が本当にラクになりました。

cajonica 合計で千円は安く買えるのを分かっていて敢えて。製品サポートの質もあるが、レンタカーのヒューズ飛ばしたくないからね…。 http://t.co/ko0qC3dF

 at 09/12 20:03

モバブでもいいんですけどね、いつもの通信すると充電が終了する仕様に悩まされるので、せっかくあるシガーライターから電源が取れれば、と…これがあればカーナビとしてスマホの継続使用が可能なのですよ。このときのレンタカーはニッサンキューブの古い型ですが、まずは無事に故障や不具合なく使えたのがありがたいです。

今回もプランはギル釣りと釣ったギルをエサにしてブラックバスを釣る、ワラシベコース。でも、今年はこれで最後です。以降、今年は特に実家には用事がないのでw

今回持ち込んだタックルは、延べ竿2.7mギル仕掛けとLタックル。手返しと余計なアソビをしてしまうリスクを考えてwULTは置いてきました。あとはズックビクとミミズと管ゴムと目印用のウキ、ワッキー向けフックにおまけでシャロー~トップ向けルアー類。

渋滞込みで4時間ほど掛かってお昼過ぎに精進湖赤池へ。珍しくでいいのかわかりませんが夏休みにあれだけあったヘラ師のボートはなく、時々バス師のボートが湖面を走るのを確認するくらい。臭かったヘラブナの死骸もなく…現状が決して悪いわけではないんですけど、8月しか来ていない自分には何となく違和感が。

早速ボートを借りて、以前ヘラ師のボートがたくさん繋がれていて入れなかった辺りに到着。ワンド入口の岬の岩にボートを固定、地形的に回遊してくるバスの目につきやすく、かつエサギルを追い込んでもらいやすいようにします。

KIMG1547s.jpg


エサ向けのこのくらいサイズは実はあまり釣れなくて、釣れた半分はスタミナ、アピール共に全然足りない5センチ程度のコッパレベル。あとは15センチ程度の大きめサイズ。糸鳴りとかしてそれはそれで面白いんですけど、今は要らないw。

KIMG1553s.jpg


そこそこ喰わせ頃サイズが集まったら、ギルにワッキー向けフックを鼻掛けまたは背掛けしてキャスト。ロッドに対してギルの重さは正直強すぎますが何とか10m位は飛んでいる様子。こんな調子ですから、サイドキャストの方が投げやすいし着水時にギルが跳ねしたりして誘いという点でもいいのかも。

キャストしてから落ち着くと、時々ウキが沈んだり寝てしまったりしますがそれはエサギルが元気な証拠、ボートに寄りすぎたり極端に浅場に行かない以外は自由にさせておきます。何度かキャストを繰り返していると、さすがにヘロヘロになってしまうので、最後数投は回転しない程度に巻きを入れ、泳がずに沈んでいくようになったら恩赦としました。

KIMG1556s.jpg


時折日差しの中雨の舞う変な天候の中、ギルキャスト合間に延べ竿でギルを釣りつつ、暑くもなく寒くもない静かな時間をまったりと…。

ん?また潜ったか。まあそのうち浮いてくるからなあ、とあんまり気にしてなかったけど、今度ばかりは全然浮いてこない。根に入っちゃったかギルちゃん、まさか…?というwktkを抑えつつ、ラインスラックを取り、ゆっくり巻きロッドをそっと煽ってみる。

重い!何となく動くのは、根掛かりじゃないよね。とりまいったん巻くのを止めて少し送り込み聞きアワセ。3回ほど繰り返しても何となく動く重さに変わりがないので、ここでゆっくりとロッドをスウィープしてガッツリ合わす!

ここからファイト開始。LTのバットまでバッチリ曲げてくれるこのグリグリとした感触はさあ何が掛かったか。あちこちにある溶岩の隙間に入り込もうとするだけで、エラ洗いとかもない。コイか、それともニゴイか。バスが掛かっているイメージがどうしても沸きません…w

時間が掛かるかと思ったが案外すんなり浮いてきて、浅場に走った魚体を見て確信!紛れもないラージマウスバス!こりゃなかなかデカイわ!引きに耐えつつじっくり空気を吸わせ、刺激しないよう慎重に寄せます。

フィッ(ry…wあ、いやいやせっかくだからバス持ちで捕ろう、と下アゴに左手の指を掛け…なかなか歯が痛いけどいい滑り止めだ。ありったけの握力を使いつつ一気に持ち上げる!滑るなおもっ!!!

KIMG1558s.jpg


獲った!獲ったよ!遂に…たまたま釣れそうになったんじゃなくて釣ろうとして釣った!ご覧の通り、フックの刺さり方が浅めで、よくぞクチ切れしなかったと感心。逆に、フックを外す時にバーブがなかなか抜けなかったのでこんなにクチが硬いんだ、って思ったよ。

さて採寸ですが、んー、ヨンマルヨンマル…ゴーマルあるか?あ、ないわw。でも何だろう、クチのデカさ含めその存在感には圧倒されますわ。バス師のみなさんはこんなのをフツーに釣ってらっしゃるのでしょうから、別に驚きもしないでしょうけど。あ、重さ量り忘れましたorz

cajonica 精進湖ワラシベリターンズファイナル。遂に、遂に獲ったよラージマウスバス47センチ!胸いっぱいで重さ計り忘れました。でも嬉しい! http://t.co/60oKKdjU
 at 09/16 16:18

もう一度記念撮影してリリース。また遊んでね♪ルアーじゃないから喰いっぱぐれはないしw

KIMG1562s.jpg


指でつまむwいやバス持ちするには充分重いね。あくまでも勘だけど、1.5Kg以上2Kg未満って感じです。

その後はエサギルも余っているし、延べ竿のギル釣りは止めてのんびりをギルを投げてウキを見て過ごし、そろそろな時間になったらオマケのルアー釣り。ルアーをテキトーにキャストしながら船着場に戻りました。いっぺんダイソーSALT&CLEARシリーズ(昔のBigOne)のシャロクライワシカラーにショートバイトがあっただけであとはノー感じ。

ワラシベプレイが成功した何ともいえない余韻と共に、夕闇が迫っています。レンタカーに慎重に乗り込み(またガルステのティップ折ったら堪らん…)タックルを整理して、tweetを確認して(ボートの上は電波が弱くてね…)実家に向かいました。

cajonica 精進湖ワラシベリターンズファイナルおわた。ギルは20尾位、バスは1尾のみ。強烈なエラ洗いとかはなく何だかあっさりと。アワせた後は確かに引きましたけど、特別すごい訳じゃなくて所詮はサカナなんだな、と認識した次第。現実的ですみません…。 http://t.co/ZlgE7TUi
 at 09/16 18:47

精進湖のワラシベトライアルを試み始めた頃を顧みますと、もともと、バスが釣りたいんじゃなくて、ワラシベ(ムーチング)がしたかっただけなのよね。釣れるまでのプロセスが異様に長かった気がするけど、それはご覧の通り、サカナの生態にきちんと迫ろうとしなかった甘い認識ゆえ。

そこを理解してアプローチすれば釣れる。エサもルアーも関係ない。エサに甘えずにアプローチするということを認識できたのは、ネット上で情報を下さった方々のおかげですが、夜ルアナマを数ヶ月続けてきたことも大きかったかなと思います。

工房の頃学校の友人とスポーツタイプの原チャリでカーブの道々を攻めながら到着し、リールフットがよく外れたファントムのスピニングLロッドにデュポンストレーンのバイオレット6lbラインで、スピンオレノをただ巻きで生まれて初めて釣ったサンマルラージ…。

ヒットしたとき「バスがキタ!」と叫んだら「え、観光バス?(本当に道を走っていた)」wwwと友人達に云われたのを良く覚えています。これが自分の精進湖バスの原風景です。

ありがとう精進湖!また来年もよろしく!

ロッド:POINT BAY 白滝渓流Ⅲ 270
リ グ:自作玉ウキ仕掛(ササメハゼ針5号ハリス0.8号10センチ)
ベイト:マルニチ 熊太郎レギュラー

ロッド:バークレー ガルプ!スティック GSS-706L TE ORG
リール:シマノ 10ナスキー2500S
ライン:モーリス バリバススーパートラウトアドバンス 8lb
リ グ:固定桐どんぐりウキ
    +ワッキー用ワームフック#3直結
ベイト:10センチ程度のブルーギル

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 河川釣りへにほんブログ村 釣りブログ 五目釣りへ
 
 
午前中は釣果らしい釣果はなく、コイのスレのみ。禁断症状出まくりでこれなら獲れるでしょ、とパンコイ:自作リグを使用したパンプカをやってみました。

17時20頃中州に渡り…おっとあれあれ?水位が上がってるか。んー今回はサンダルだしまあ何とかなるでしょ、とかなり足場を選んで上陸。んで、流れ込みのちょっと上流に立ち込んでパンを撒いてみる。が、コイらしき反応はなし。

仕方ないんで、流れ込みの上流の中州に渡って、上流側へ移動。そこからパンを撒くと、ゆっくりとだが確実にコイのもじりが。ではではリグを…すっごい久し振りにFリグ(コ式は商品名だからね)を一式引っ張り出しチョイス。

KIMG1546s.jpg


まずはスレ具合の確認も含め、やや大きめ(重め)のシングルフック版でやってみます。チャミングしてFリグを投入。波紋がFリグにさあ、こいコイw…うわすっぽ抜けた!orz…ここのところ、すっかりルアー漬けになっていて、パンコイアワセの感覚が戻ってません。

その後も何度か試しますが、ショートバイトあるいは激しい波紋と共に弾かれます。さて、今度はリグをポッパーリグ(小)に変更してみます。モジリのポイントがだんだん下流側に移動しているので、自分も合わせて移動しつつ、チャミング&キャストを繰り返します。

KIMG1544s.jpg


んーなかなか出ないなあ、と思って軽くポップさせると大きな波紋が。なんだそこにいたのかー驚かしちゃってごめんごめんハハハ…って謝ってる場合じゃないw。だんだんスレていくのは自明orz

いつの間にか、周囲が暗くなってきてリグを目で追うのがキビしくなってきました。本当に真っ暗になる直前まで粘りましたが、結局ノーフィッシュ。

結局、小1時間同じようなところでやらざるを得なかったのがアウト。川崎側の岩護岸からアプローチして下流にランガンすれば、一気にスレることもなかったのです。そして、地方のパンプカと違いこの辺りは週末ともなれば必ず釣り人がいますから、ガチスレでなくても、プレッシャーは掛かりっぱなしがデフォなのですよね。

難易度高い、というよりは自分のスキルダウンもかなり原因としてあるんじゃないですかねorz。今度は、無難に流し毛鉤にしときますw

ロッド:エーテック トラギア ネクストリーム A806M
リール:シマノ 10ナスキー2500(スプール換装)
ライン:東レ シーバスPE パワーゲーム 22lb
    +サンヨーナイロン ナノダックスリーダー 17.5lb
リ グ:自作Fリグ(2号錘内蔵フローター+#4バーブレスフック)
    自作ポッパーリグ(1号錘内蔵ポッパーフローター+#2バーブレスフック)
ベイト:セブンイレブン おいしい食パン

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 河川釣りへにほんブログ村 釣りブログ 五目釣りへ
 
 
2012/09/16 00:23 コイ釣り TB(0) CM(0)
■9月11日(火)
■9月12日(水)

cajonica サミーにニゴイのような1バイト、マラスに邪魔だと言わんばかりの派手な1バイトのみ。ホントに場所変えよう…。 at 09/12 01:09

cajonica 一つ上の堰下。ペンシルしか出ない。出ても乗らない。ご近所とそう変わりません…2バイトのみ。辛いなあ。 at 09/13 00:47

火曜日はご近所、水曜日はK河原堰下へ。9月すぐのまとまった雨以降、ほとんど雨が降っていません。数日で元の渇水モードになりさらに水位が下がってきている模様。ご近所はホントだめ。ピンポイントの範囲がさらに狭まって乗りも悪くなった感。ダーターも通用しないし、ラパラCDにも反応がないので、頼みの綱はペンシルベイトしかありません…。

■9月14日(金)
ペンシルベイトでのアプローチの幅を広げるべく、バリエーションを増やすことに。

cajonica TBのメールで200こにゅうかしたって。さっそくかいこんだけど、たぶんどれかでつれるとおもうよ。ねぇ…。 http://t.co/KQ0eV4ZY
 at 09/14 18:45

サミーは垂直立ちでダイブ系のアクション、ならばスケーティングが得意っぽいところで、ザラ周辺からチョイスですか。ついでに巨大ワンコペケwが黄札でお安く追星オイカワカラーに即バイトw、サイズダウンを狙ってザラパピー、もしかしたらイケるかも…なペンシルペンシル(以下ペンシル2)を。

実は前日、ヘドン版のスーパースプークJr.を新品お買い上げ済み。スケーティングが大きめなのがどう出るか分かりませんが、低音が効くラトルも相まってサミーとの差別化はできるんじゃないかと。TBのはエクスキャリバー版。ゴーストフロッグなかなかいい色だね。ノーマルのままちょっと比較を。

KIMG1541s.jpg


ご覧の通り、浮き姿勢はほとんど同じ。重さは13g程度でヘドン版の方が0.5g軽いくらい。このヘドン版はソルト向けらしくフックやスプリットリングが変更されています。大きく違うのはラトル音の音質。ボディの材質が違うらしく、明らかにエクスキャリバー版の方が音が大きく音質もハッキリしています。もう売ってないだろうし、こっちはとりま在庫にしておきますw

KIMG1542s.jpg


こんなフック周りになりました。右の3つはキャストはまず問題ないけど、この状態でザラパピーが7.2g、ペンシル2が10.5g、ダイソーペンシルが6.1g。ペンシル2はよく飛ぶと思うからネタルアーじゃないことを祈りましょうw。おそらくザラパピーがギリ(ラパラCD7が7.7gだから)で、ダイソーペンシルはさすがに軽すぎる気が。とりま投げてみて判断かなあ。

■9月15日(土)
朝練。何か釣れればラッキーくらいのペンシルベイト比較。

ジャイアントドッグX
サミー寄りのアクション。トルクを感じる分派手なアピールが身上か。重くて飛ぶかと思ったけどそれほどでもない。リアルな造形ゆえの使い方を考えないともったいないか。

ヘドン スーパースプーク Jr.
スケーティングとはこういうことか。操作しやすい。ラトルがゴツゴツいうけど、暗闇の中ではちゃんと動いているかどうかを知らせる目印になるのは◎。

ラッキークラフト サミー85
ベーシックなウォーキングタイプってことでいいのよね。後発ゆえかザラシリーズよりは多彩なアクションができるみたい。

ヘドン ザラパピー
7gって全然飛ばないかと思ったら、空気抵抗が少ないフォルムゆえさほど不満はない。これも操作しやすいね。食べ頃のベイトのサイズって実はこんなもの?早速コイが飛びついてきましたw

ラッキークラフト ペンシルペンシル
このサイズでこのウェイトなら…と期待したが、飛距離はサミー程度。六角形のなせるワザか操作していて妙なトルクを感じる。きっと水押しがいいのよね。ザラパピーとサイズは同じなので、プレッシャー加減で使い分けになるのかな。

ダイソー SALT&CLEAR ペンシルベイト
ザラパピー程度は飛ぶがいろいろ着けて重くしすぎたみたい。ノーマルのウォーキングのレスポンスは何処へやら。ザラパピーがあれば、特に要らないかな…。むしろ、Lタックル専用でいいのかも。

cajonica 朝練おわた。一通りペンシルベイトを投げ倒し。野鳥の会ブーツでも中洲に渡れることを確認、対岸にコイラバするも届かず。帰り堰直下50m以降でコイに遊んでもらってご覧の通り。あと、堰上のシャローって、軽くウィードあるのね。 http://t.co/MSBFbZBi
 at 09/15 11:17

コイラバは相変わらずコイがいない(いるところに届かない)か、いてもコイにスルーされることが続いています。「食い気のあるコイの鼻先に落とす」には、まずそんなコイがキャスト範囲内にいることが先決で、それを確認するには…サイトマスターの導入を検討しますか。数万円レベルですが、すべての釣りに対して無駄な投資ではないはずなので。

そうそう、堰上のダムの浅場にウィードが。ベイトも着いていて時々コイらしき波紋あり。5月に一度来ていますが当時は経験もないし…念のため、今一度確認しておく必要はありそうです。

それにしても何か釣りたい!夕方、パンコイしてきますwww

ロッド:エーテック トラギア ネクストリーム A806M
リール:シマノ 10ナスキー2500(スプール換装)
ライン:東レ シーバスPE パワーゲーム 22lb
    +サンヨーナイロン ナノダックスリーダー 17.5lb
リ グ:ヘドン ビッグバド X9410-C
    ルーハージェンセン バスオレノ 6443-012-805
    ルーハージェンセン バスオレノ 6443-038-982
    ラッキークラフト マラス ゴーストアユ
    ラッキークラフト サミー85 ヒガイ
    エバーグリーン コンバットクランクSSR パールアユ
    ラパラ カウントダウン7cm JCB
    スカジットデザインズ テッペンスプーン 15g 若アユ(銀)
    ダイワ クルセイダー 17g 青金
    メガバス ジャイアントドッグX WAGIN OIKAWA
    ヘドン スーパースプーク Jr. X9236-25
    ヘドン ザラパピー X9225-XRS
    ラッキークラフト ペンシルペンシル キン
    ダイソー SALT&CLEAR ペンシルベイト RH

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 河川釣りへにほんブログ村 釣りブログ 五目釣りへ
 
 
2012/09/15 15:11 ナマズ釣り TB(0) CM(0)
日曜日の夜、数週間ぶりに延べ竿の宴へ。21時過ぎに到着して竿出し。

この日は風がいつもあって、適度に水面が波立ちサカナの活性も悪くない感じでした。気温も落ちてきて気持ちがいいけど、何気に蚊が多いのだけが不快…蚊取り線香は焚いてるんですけどね。

ノベコイのお二人はなかなか乗らず残念なところ(餌チーズなのにカニが掛かるとはありえない…)、ミミズで完全に雑魚狙いの自分は割と好調に揚げさせて頂いております。

サイズは6~7センチから12~3センチ程度、水門の奥側はウグイが多く、出口に向かうに従ってニゴイの割合が増えていきます。もう少しいい型が欲しいけど、群れにはそれ以上のサイズはいないようで。

KIMG1526s.jpg

ウグイ。最近やった小物釣りでは、すっかり定番化してますね。

KIMG1528s.jpg

ニゴイ。ライトで照らすと眼がピンク色に光ります。このくらいのサイズだと、背中に薄く斑というか模様がありますね。初めて気がつきました。

KIMG1532s.jpg

スゴモロコ。緩い流れのポイントはこればっかり、って印象があったのに、最近はほとんど見かけておりません…。

ノベコイのお二人が抜ける時に一緒に上がっても良かったんですが、フナに期待しつつ、たまにはS席(水門出口側の方が回遊が多いらしい)でも竿を出したくて一人で居残り。まあ、奥とはそんなに代わり無くでしたが。

cajonica / かほにか
延べ竿の宴に小物釣りで参加してきたが幹事さま達は前日頑張りすぎてグロッキーなので早退、一人で釣ってきた。ウグイ9ニゴイ8スゴモロコ1。久し振りにちゃんと釣れた感 at 09/10 01:09

翌日の社会復帰を考慮して、夜半過ぎには撤収しました。ベイトの成長っぷりと釣れ具合に、季節の移ろいを感じた釣行でした。

ロッド:POINT BAY 万能小継 流心 390
リ グ:自作玉ウキ仕掛(ダイソーケミ装着対応加工済)
    ガン玉B、ワンタッチハリス止め、ハリス15cm袖3号
ベイト:マルニチ 熊太郎レギュラー

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 河川釣りへにほんブログ村 釣りブログ 五目釣りへ
 
 
2012/09/10 01:27 川五目釣り TB(0) CM(0)
Mタックルのラインリーダーもヘタれて短くなっていることだし、件のポイントは昼間叩きまくったしwで、今晩のルアナマは止め。こっそり懸案になっていた、中洲の流し毛鉤をやってみるとします。

17時に河川敷着。さっさと入水して薮漕ぎせずに中州へと向かい、上陸。投網のおじさんが「この辺はよく釣れるよ」と声を掛けてくださり、対岸ではフライの人、ヴォーカリストの練習の声(あーうるさいwww)、ウクレレか何かの弦楽器の人。思い思いに楽しんでいる様子です。

チャラ瀬に入水して流れ込みの上をダウンスキャンしながらランガン、ですが今ひとつライズが少ない。まだ時合いじゃないか、というのも当たってはいますが釣果はいまひとつ。

KIMG1487s.jpg

とりまキャッチして撮影…お、夕焼けか。

KIMG1488s.jpg

これで18時チョイ前。日が暮れるのが本当に早くなりました。

一通り流れ込みの終端まで探って、戻ります…と、何だか通り過ぎてきた辺りではなくその上流側でライズが活発に行われております。ん?ここからだとアップか。アップアップアップ…リグ絡むかなー…んー、やっちゃえ!w

リグが絡まないように着水後はすぐに巻き、瀬ウキと補助ウキとの距離がリグを伸ばした長さになったのを確認して、ラインスラックのない状態を保ちつつナチュラルドリフト。すると一発目でヒット!重たい感触が伝わってきます。おっしゃー!巻け巻け!

KIMG1491s.jpg

なかなかいい型です。時合いにも入り、ほぼ入れ掛かり状態。手返しよく釣っていきますが、せっかく釣った、唯一の追星君を落としてしまったのが悔やまれる…orz

KIMG1495s.jpg

すっかり暗くなってきて、スマフォカメラの照明をONにする位になると、そろそろライズのラッシュは終わり。さて、撤収しますかとヘッドランプを頭に装着して、中州を後にしました。いつの間にか、対岸のいろんな人はいなくなっていました。練習中のヴォーカリスト以外は(やっぱりうるさいwww)。

cajonica / かほにか
いい夕焼けだわ。 at 09/08 18:36

辺りを見回すと、空の真ん中は晴れて、地平線を囲むように雲がそれぞれいろんな形で濃紺の空に時に夕焼けを映しています。もう暗くてスマフォのカメラではロクに写らないから誰か写真撮ってうp、と思うくらい。

cajonica / かほにか
堰下中洲攻略にそろそろ本気出す。ダウンのポジションではライズが少なく、ライズに向かってアップキャスト即リトリーブで掛けていく感覚が楽しい!オイカワ17尾/1.5h。夕焼け雲が綺麗でした http://t.co/0gqvLaf4
 at 09/08 18:55

今回の流し毛鉤は「釣り」の観点で充実していて、実に楽しかった!

そうそう、無理やりですが動画撮りました。向きの修正法方がわかりませんのでそのままアップしました。ごめんなさい。



今度機会があったら、ちゃんと動画撮りたいな。誰か手伝ってください。ってここで言ってもアレだから、どなたかにお声掛けするかも知れませんので、心当たりの方はよろしくです。

ロッド:エーテック トラウティズム 565ULT
リール:シマノ 10ナスキー1000
ライン:東レ ソラロームII スーパー ドリフト 4lb
リ グ:フジイ ワンタッチ式 ハヤ・ウグイ仕掛け 7本ウキ付

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 河川釣りへにほんブログ村 釣りブログ 五目釣りへ
 
 
2012/09/08 21:09 川五目釣り TB(0) CM(0)
■9月2日(日)
月が変わった途端、天候の変化が激しく天気雨が続き、水位もさらに上昇。とはいえ、何とか隙間で釣りが出来ないか…とりあえず激しく降られてもいいように、傘も持って出掛けました。

玉川3m超えの増水なので、やはり移動に薮漕ぎを余儀なくされまして、ときおり降る強い雨の中、非常に苦労して6月にオイシイ思いをした辺りに到着。

当時のようにバシャバシャパンパン!という活性はありませんが、時々冠水した草むらの中からバイト音がします。まずは広範囲に中華ジッターを巻いて歩きますが反応なし。進入路付近に戻ってみると、時合到来なのか、活性が上がってきているようです。

ここで流水の脇を攻めるようにビッグバドを投入。反応がないと思ったら、足元2m先でバイト!あらあら激近なのねw。そんなわけでヘチ周辺にキャストしていると、かなり近場でナマズらしき波紋を確認。

これはいるぞ…慎重にキャストしルアーが想定のポイントを通過…ラインがスーッと移動!ん?無音バイト?とにかく巻くか。おーおー引く引くライン出まくり!ってそんなにドラグは緩くしてないはずなんだけどな…え"、背中のスレ?…って何これ、デカいじゃん!

cajonica 出たよ72センチ2.5キロ!ただ、思いっきりスレなんですけど…あんまり見事なのでご報告。 http://t.co/SWUyIS89
 at 09/02 20:04

うわーもったいない!これはちゃんとクチに掛けたかった。浅場ヘチにいるのは50センチ台ばかりだと思っていたのに…スレだし、ラインも出るわけです。

KIMG1454s.jpg

白くてなかなか見事な魚体でした。それにしても背中の傷が痛々しい…ごめんね。

その後ベイブオレノに切り替え、キャストしようとしたら、いつの間にかなかったはずの陸地があちこちに。早っ!土曜日は増水の速さに慌てたけど、実は減水も速いんだ…。

辺りを見回すと、アユの亡骸があちこちに。大きいのは15センチくらいありましたね。随分と大きくなったもんだ。持って帰って食べることも考えたけど、ここが多摩川という時点でパス。

cajonica その後巻いていたらほんの5分ほどで水位が一気に下がり、あちこちでオサカナSOS!目についた動いているサカナは全部本流にリリースしました。 http://t.co/XwP6u5zS
 at 09/02 23:09

ロッドと傘を置いて、デカいサカナは抱えて、小さいのは捕まえては本流に投げてます。数多すぎていちいち丁寧にやってられんw

結構忙しいんですが、逃げるのを追いかけるのがなかなか楽しい。ミシシッピーアカミミガメやカニも居ましたが、おまいら足あるだろw、と放置。

ひとしきりハンドキャッチアンドリリースをして、上流側に移動しながらランガン。案外ベイトは近場にはいなくてちょっと沖の流れのある浅場に多く集まってます。その辺りで1バイト。以降、BTに切り替えましたが反応なし。6月ならパスパス喰ってきたのに、もうノイジー系は全然ダメですわ。

水が引いたことで、水の中を歩けるようになって薮漕ぎ不要となりました。そしてすっかり気温も下がって、Tシャツ1枚ではレインポンチョを脱いだら寒いくらい。この日はこれで終わりです。

cajonica ナマズ4バイト1(スレ)キャッチ、コイ2フナ1オイカワ1オタマジャクシ1アユたくさんハンドキャッチ。結局ちゃんと釣ってないけど、すごく楽しかったよ。 http://t.co/v8kzACD4
 at 09/02 23:16

後で画像を確認したら、他にウキゴリの大きいのも1尾キャッチしてました。単に「獲った」という点では、7目達成なのですw。

「サカナとふれあう」のは竿で釣るばかりではなく、それ以外の方法でも充分楽しいということを図らずも確認。前半は荒天と薮漕ぎでひどかったけど、後半は実にいい体験が出来ました。

■9月4日(火)
丸一日置いたら、渇水時よりは若干水位が高いけど元の風景に戻っておりました。そんなわけで。増水以前のポイントで。

今回はお試し2つ。一つは、蓄光テープを替えてみました。



1cm幅でメーターホムセンで野口越えwと高価ですが、確かに明るい。うまくいけば2キャスト目も弾道が確認できるくらい。遠投してもダーターの動きとか、ペンシルの首振りとかマル分かり。テープが伸びないのでルアーによってはシワシワになる部分もあるものの、これはいいね。◎。

もう一つ、シリコンスプレーでPEラインをコート。



釣り用のものを見つけてはいたけど、どれだけ効くのか効果も分からないしちょっと高くておいそれとは…しかし、ホムセンに代用できる廉価なものがあると訊いて、蓄光テープと一緒にお買い上げです。噴いて1時間くらい置いただけですが、ルアーの飛距離が2割はアップしている感じ。ガイドを通る時のノイズも減った気がします。これも◎。

そんな改善はしつつも、とりまブレードをフックに戻した中華ジッターでスキャンするも反応なし。ちょっと潜らせてコバクラSSRも同様。やっぱりノイジー系はダメだね。もう、パイロットでジッターを使うのは止めることにします。

溜りっぽいところなので、ここはサミーを出してみる。やっぱり出ないか…。気分転換に、ちょっと上流の軽い段差のある浅瀬をアップで何度か巻いていると…おおお出た!もうリーダーが短いので油断すると弾くから、自分ごと移動してテンションをゆっくり掛けて…もらったあ!ガチアワセと同時に水面が爆発!

おーおー重いねえ、しっかり締めたドラグもカリカリ言っております。さて、ズリ揚げて、っと。おお、こりゃなかなかデカいわ。

KIMG1461s.jpg

ピンボケですが、代わりがないしまあいいよね。ベリーフックが2本ともクチの脇に刺さっております。バッチリだね。ルアーが宙に浮いてるのはリアフックがラインに絡んでいるから。この状態でも、揚がるのねw。

ご覧の通り、トップウォータープラグの接続にあるまじきと云われる、スナップスイベル装着。一時スナップだけにしていたけれど、やっぱりないとリーダーのヨレがひどいような。現にこうやって釣れるのだしバスの世界の常識は無視していきましょうw。

あと、すんなり獲れたのはベリーフックの延長の為につけたスイベル、これがナマズロールを全部吸収してくれたんじゃなかろうか。ズリ上げ時も安定していてとても揚げやすかった。頭~腹に食ってくるヤツだけ相手すればいいから、もうリアフックの延長は不要。ただ、マラスについてはフック同士の位置がかなり近いので、絡み防止にリア側を延長してます。

さて、ルアーを外して、どれどれスケールを…おお、こりゃナナマルあるか…?あった!ギリだけど多摩川モンスター降臨!!!で、おk?w

cajonica 水位はほぼほぼ戻り、いつものアプローチに。なかなか重いと思ったら…頂きました70ジャスト2.3キロ!サミー殿、実にご苦労であった http://t.co/TXAoXAvm
 at 09/04 22:46

然るべき場所に確実に掛けて獲るのは非常に気持ちがいいです。幹部クラスサイズならなおさら。かえすがえす昨日の72スレナマもちゃんと釣りたいなあ。目印を背中につけてしまったからすぐわかるだろうし。

たまには、こんなショットを。

KIMG1464s.jpg

デカいクチ。さすがに拳は入りませんが。

KIMG1473s.jpg

また遊んでちょーだいね。サンキュ(ry

その後はサッパリ。ベイブオレノもダメ、帰りながらド流水脇にビッグバドを入れてもダメ。まあいいか。この日は、1キャッチのみです。

■9月7日(金)
あまりに出ないので、沈める方向のアプローチをマジメに検討するのです。

cajonica カッとなってやった。だが、後悔すると思う。 http://t.co/LhB9Q6X4
 at 09/07 18:42

ええ、買いましたとも。ラパラCD7とスプーン。どうせいつかは根掛りロストする悲しい運命なのですが…ナイトで巻くなら関係ないけど、デイ対応も考えるとカラーは結構悩みました。

多摩川のマッチザベイトとして、アユカラーが欲しかったけどラパラはなし。ベタにBとかSとかだとパクリみたいなのでwクロームブルーにしましたが良いのか悪いのか。スプーンは唯一アユカラーがあったので金銀でそれを。但し15gって、ちょっとでかすぎかなw。フックはラパラが#4バーブレスダブル、スプーンは1/0に落としました。バランスとかどうでもw

そんなボトムなルアーを加え、出かけてみました。

cajonica T摩川J宅上流。1バイトのみ。ダメすぎる…。 at 09/08 01:25

進入口上の瀬、急流、上流テトラ脇、全部いろんなルアーを試したけどノー感じ。

悔しいのでご近所朝練に。06:30には現着してますがノー感じ。急流ボトム→溜まりトップ→中州上陸トップ→岩護岸上陸ヘチボトム→岩護岸終点からトップ、というすべてダメモトメニュー。

cajonica 朝練がgdgdになって今頃終わったよ。川崎側に上陸してスプーンとラパラCDで岩護岸ヘチスキャン、終点でルアコイ。F田さんから思わずチャミングのプレゼントを頂いたがバイトしつつもノーキャッチ。 http://t.co/GAhjhO83
 at 09/08 13:02

cajonica ところでFさん、下流にいた延べ竿の人には何か言ったのかな。釣れたコイがまともに目の前に来たら気になるよね。それとも、そこまで想定して先行者の俺が釣り場譲ればよかったの?まあ、そんな感じの釣り場模様でした。 at 09/08 13:09

あ、トップの対象はもちろんコイです。反応はあるんだけどねえ。チャミング以前にサミーもマラスもミッジオレノも、ちゃんと食わないね。

そうそう、マルタウグイのときも一度あったけど、F田さんっていう多摩川パンフライ第一人者の方と遭遇しています。見事なマッチザチャミングパンでバイトを取りますが、なかなかフッキングしないようでした。自分もさんざん巻いてスレさせてたから場を荒らしてすみませんは伝えたつもりだったけど、チャミングありがとうございました、も云えればよかったかな。

川崎側すき家で朝昼食を摂り、再び川を渡って帰宅。ガチでしばらく巻かない方がいい気がしてきました。もう一雨待ちか。

ロッド:エーテック トラギア ネクストリーム A806M
リール:シマノ 10ナスキー2500(スプール換装)
ライン:東レ シーバスPE パワーゲーム 22lb
    +サンヨーナイロン ナノダックスリーダー 17.5lb
リ グ:フレッドアーボガスト ジッターバグ G650-10
    ヘドン ベビーラッキー13 X2400 WCD
    ヘドン ビッグバド C
    ルーハージェンセン バスオレノ 6443-012-805
    ルーハージェンセン バスオレノ 6443-038-982
    ルーハージェンセン ニップアイディディー 6463-038-0908
    イマカツ LOT BT100 スポーニングレッド
    ラッキークラフト マラス ゴーストアユ
    ラッキークラフト サミー85 ヒガイ
    エバーグリーン コンバットクランクSSR パールアユ
    ラパラ カウントダウン7cm JCB
    スカジットデザインズ テッペンスプーン 15g 若アユ(銀)
    ダイワ クルセイダー 17g 青金

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 河川釣りへにほんブログ村 釣りブログ 五目釣りへ
 
 
2012/09/08 15:22 ナマズ釣り TB(0) CM(0)
■8月28日(火)
諸事情ありながらも、うずうずはしているので…。

cajonica さて、巻きに出てみます。12時には戻ろうな! at 08/28 20:56

cajonica 中州まわりで4バイトのみ。ついでに中州を遡って川崎側のチャラ瀬もやったがノー感じ。時計代わりのスマフォ忘れたのに0時5分前に自宅着。すごいな俺w at 08/28 23:59

まあ乗りません。いつものことだし、すっかり慣れてきましたw

■8月30日(木)
瀬周りだけじゃなく、溜まり系も。

cajonica USジッターで1バイト、サミーで2バイト1バラシ。バラシの原因はダブルフックが抜けて外れたこと。かなり重くて寄らなかったんで、でかいコイかライギョじゃないかな。ニゴイはもっとヘタレだし http://t.co/AxdmU0jw
 at 08/30 00:26

USジッターは瀬に渡る入口へのキャスト。乗りませんが盛大に出ました。サミーは本当に惜しいことをしましたね。あの重さはナマズではありえない。

そして、フックだけ持っていかれるという…これがダブルフックの欠点。ルアーに装着したあとタコベイトを付けなければ、針金かなんかで軸を縛っておいた方がいいんでしょうけど。ていうか、トレブルフックマイナスワン的な構造でいいのにね。

■9月1日(土)
なんか気が付けばルアーばっかり買ってます。いい加減TBのメンバーズカード作った方がいいと思ってるんだけど、登録が面倒でw。

cajonica 発泡モデルの証、パーティションラインが入ったバスオレノ、この値段で出てていいのかと。許せず身柄確保。 http://t.co/fKAuW5S1
 at 08/31 18:58

3本フックのルアーはデカイから買わないって決めてたんだけどね。税抜きワンコインならまあいいか、って。フック換装の作業で、ボディが間違いなく発泡素材なことを確認。TBの人もあんまりわからないんだろうね、というか実はそんなにレア度は高くないのかな。いつの販売元なのか識別できないけど、LUHR版より明らかにスリムで意外にコンパクトな印象。

cajonica これはひどいw http://t.co/DhIy6g1b
 at 08/31 22:15

もう一つ、透明のビッグバドがあったのでこれも確保。何気に透明好き。最初からブレードにはスイベルが付いてました。でもなぜかリング2個付けになり…いわゆる名作なモデル達をこんなにしちゃって…とはいえ、ジッターと変わらんかw

前日は23時に寝て、03時すぎに起床。で、朝巻き。早速中州に渡ってランガン。水門前の流れ込みにバドを上流側から入れてみます。

cajonica 66センチ重さ計ってないw1.5キロはある感じ。衝動買いのビクバドにスイミングフックで流れ落ち直下で一撃でした。 http://t.co/whByAAbZ
 at 09/01 04:56

なんか、ナマズ釣ったのって久し振りですよねwww。

バド使うのって初めてだったんですが、これは釣れるはず。シャロクラ的にも動くけど、テンション掛けて引くとダートするのね。このグリグリ具合というか、浮力から生み出されるトルクによるステイっぷりは唯一無比なんじゃないかなあ。正直見た目で避けてた。ビッグバドに謝れ!すいませんでしたっ!www



リーダーも、コイラバのコイ視覚対策でコーヒー牛乳色のwスーパーGT-Rから着色の少ないナノダックスリーダーに替えてるので、これのテストでもあったんですが、幅広の流れ込み下の端から対角線、流れ込み上の足元まで、ドラグを緩めずに一気にピックアップできました。直径は3.5号相当で強度は17.5lb、クオリティは問題ナッシングと思います。

KIMG1443s.jpg

で、ご覧頂きたいのはビッグバド。お験しでピタホタルを装着しております。細身のミノー系プラグに特化してあるのか、ピタホタル本体のRが強くて、かといってしなやかな素材でもなく。したがって、バドへの接着が完全ではありません。でも粘着自体は結構強いんで、そうそう剥がれることはないでしょう。

バドが透明なので認識度は高いんですけど、盛大に光漏れしているのは間違いなく。しかし、ちゃんと釣れるのでやはりナマズに関してはケミの有無は関係ないですね。

もう一点、あれから前日のtweetの画像とは違う風にフックの位置とか変えてます。これが大正解!バッチリ口の中にフックが吸い込まれております。片方はリアフックに絡んでましたけどw。リアフックはナマズの体に刺さってサポートする感じになってました。

現時点での結論:ヤル気のあるヤツは後ろからじゃなくて下からバイトするから、スイミングフックはリアじゃなくてベリーにつける。バドに関して言えば、フッキングの範囲はほぼボディ全体をカバーできるので、極論を言ってしまえばリアフックは要らない。そういえば、LUHRのルアーのリグで、ベリーフックを延長してるようなのがあったかも。

KIMG1445s.jpg

ありがとね。(また)僕に、釣られてみる?w

それから夜が明け、発泡バスオレノのアクションを確認して、コイラバに切り替えてしばらくやってみるテスト。テストで終わりましたが、いっぺんショートバイトがあったので、何を調整したら良いか考え中ではあります。

08時前くらいまでやってたけど、想定外の増水の為に強制終了となりました。

cajonica 増水は薄ウォーターメロンカラー。上流でしっかり降ったみたいですね。これで水底の状態が良くなればと。1バイト1キャッチ。 http://t.co/sCUnSgiK
 at 09/01 08:36

で、増水で強制終了になった理由が…これはヤバい。シャレになってない。

中州で、対岸の水門の流れ込みに集まっているコイ狙いでドライブクロー2インチを付けたジグヘッドを投げていたら、あれ?乾いている地面に水が。え?何?これ…マズくね?しばらく待てば引くのかな…とも考えたけど、周りを見渡すと明らかに水位が上がっている…だめだ!帰る!速攻撤収!!!

渡ってきた地形は覚えているので、それをなぞるように歩くけれども、かなり濁りが入っていて足元が見えません!でも、行かないとガチヤバ!ずぶ濡れになってもいいようにスマフォとかをポケットから出し、とにかく元の川岸に渡る!

cajonica 堰解放。中洲にいて間一髪gkbr(>_<) http://t.co/xGCsLL9s
 at 09/01 08:03

何とか危機は脱しました。幸い、パンツの高さぎりぎりまでは濡れず。その後さらに水位が増えてきて、この時点で30センチくらいは増えていたんじゃなかろうか。ちなみに、堰は以前から開きっぱなしですw

cajonica 多摩川雨量水位サイトを見てまたgkbr。あそこで脱出しなかったらまだ中州に。その中州もあれからさらに水位が上がったので…こうやってPCからtweetなんかしてる状況じゃないのは間違いない at 09/01 10:22

cajonica 玉川の水位が若干落ちてきたが、八王子辺りで盛大に降っている辺り、なかなか引かないしさらに増水する可能性もあり。慣れ親しんだ多摩川だが、自然の厳しさと全力で逃げることの大切さを噛み締めているところ。 at 09/01 10:35

cajonica 洗濯物干せないくらい降れなんて言ってないじゃん! at 09/01 11:17

cajonica 今、近所に雷落ちました…。 at 09/01 11:18

cajonica しかし、雨上がりのナイトを想像すると、wktkが止まらないのですw at 09/01 11:19

喉元過ぎれば(ry。いやいや、今回は本当にマズいと思った。生命の危険ってのは、本当にちょっとしたそこらじゅうにあるんだと。肝に銘じたいと思います。

そして、懲りずに夜の部を。未だ水位はあまり下がらないのでさすがに中州には上り(上がれ)ません。その上で、定期的に雨雲アプリを確認しながら、レインポンチョ持参で。

そうそう、ルアー達のフックの仕様変更をやりました。ルアーの浮力も考慮しつつ、ベリー側を極力延長するかスイミングフックにして、フッキング率をアップ。あと、リア側は基本的にスイベル延長を止めて簡素化し、アクションの妨げが少なくなるように。この設定が正しいかどうかの検証ですね。

パイロットルアーは中華ジッター。ベリー側のスイミングフックの触れ幅でボディの後端あたりまで掛かるようになるので、敢えてリア側にはブレードを装着してあります。これでショートバイトが減ってフッキング~キャッチできれば、想定は合っていることとなり、検証は成功です。

あとは、このまとまった雨でナマズが出やすくなったかどうか…。ともかく巻いてみます。

河原に出てみると、何だか懐かしい風景。当たり前ですが、5月の大出水の頃に似ています。と思えば、既に先行者が。まあ、考えることは一緒だよね、獲れてるのかな?と中華ジッターを巻きながらランガン。普段は砂利でところどころ草が生えている辺りが水没していて、その辺りにナマズに追われて逃げていくベイトの波音が確認できます。

結局、中華ジッター、コバクラSSRでは反応がなくて検証にならずorz。堅く獲っていくならダーターか、とベイトの波音が立つ辺りにミッジオレノを通していきます。

cajonica さすがに今日は出るでしょ。56センチ1キロジャスト。この個体、なんか前に釣ったような気が…。 http://t.co/7DuuSfLI
 at 09/01 22:27

頂きました。何で既視感があったかというと、クチ周りが壊れていたから。フッキングはこんな具合です。

KIMG1448s.jpg

ルアーをクチに真横に咥えた状態でフックはエラの方にガッチリ。スミスの化研フック#2ですが、ちょっと曲がっちゃいました。まあ、もともと細軸が良くてトップ用の#2を使わないのだし、曲がったらプライヤーで元に戻せばいいだけの話。

さて、もう少し獲ってみますか…そうそう、天気ってどうなんだろ?と雨雲アプリを確認したところ、大きな雨雲の帯がこちらに向かっております。んー…ここは大事を取って撤収しますか、と。もったいないけど、何も隠れるものがないところで土砂降りは雨具があっても結構堪えますよw

cajonica この感じだともう2-3本イケたけど、雨雲アプリで雲行きを確認したら、そろそろまとまって降るみたいなので撤収。確かに土手から抜けたら結構降ってきた。1キャッチ1バイト。 at 09/01 23:31

ロッド:エーテック トラギア ネクストリーム A806M
リール:シマノ 10ナスキー2500(スプール換装)
ライン:東レ シーバスPE パワーゲーム 22lb
    +サンヨーナイロン スーパーGT-R 16lb (リーダー)
     or サンヨーナイロン ナノダックスリーダー 17.5lb
リ グ:フレッドアーボガスト ジッターバグ G650-10
    フレッドアーボガスト ジッターバグ G651-XRW
    ルーハージェンセン バスオレノ 6443-012-805
    ルーハージェンセン バスオレノ 6443-038-982
    ヘドン ビッグバド C
    イマカツ LOT BT100 スポーニングレッド
    ラッキークラフト マラス ゴーストアユ
    ラッキークラフト サミー85 ヒガイ
    エバーグリーン コンバットクランクSSR ゴーズトワカサギ

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 河川釣りへにほんブログ村 釣りブログ 五目釣りへ
 
 
2012/09/02 00:16 ナマズ釣り TB(0) CM(0)
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。