あんまり難しくない釣りを、自分なりにこだわって。
プロフィール

cajonica

Author:cajonica
お金を掛けずできるだけ近場で簡単に何か釣れたらイイナ…という感じです。

twitter
Weather-GPV
カウンター
現在の訪問者数:
現在の閲覧者数:
タグリスト

今日は、昨日できなかったポイントに立ち寄りランガン、状況確認をやりながら多摩川沿いをニコタマまで向かいます。しかし、05時に起きたら、雨…二度寝して09時以降からのスタートです。

KIMG2559s.jpg

KIMG2560s.jpg

KIMG2572s.jpg

いずれも反応なしです。フライの方がサカナを掛けているのがありますが、これは鯉スレのようです。すべて東京側からの確認。後ろが斜面だったり岸が遠浅でなかったりと、どちらかといえば川崎側からアクセスした方が釣り易い感じですね。

もちろん、他にもポイントになりそうな場所はあるのですが、基本待機狙いの為、ただ遠浅な瀬が広がっていたり瀬尻の落ち込みが深くなかったりというところはできるだけ避けました。あとはアクセスの問題で立ち寄れなかったところもあります。

さて、昨日のポイントに11時前に入りました。他下流側にも人がいますが、ここは誰もいませんね。確かに急流っちゃー急流ですけど、そんなに難しいところかなあ?とまあ一通りアピール系のルアーを投げてみますが、昨日と違いノー感じ。おっかしいなー?そんなバカな…。

こんな時はセオリーにこだわらず思い切った路線変更をやってみるのが吉、っとTBで買ったブレットン2番のアカキンをキャスト。んーやっぱダメだよね……ん!?当たった?当たった!おっしゃー喰ってるし!!!

KIMG2573s.jpg

困ってゴールド系投げて喰わせたのって、前はいつだったっけ?って具合で、シルバー系を充実させるのと引き換えに、ゴールド系のラインアップはあまり用意しておりません。このあと、胸ビレへのスレで1尾揚げましたが、さすがに連続投与はいかんかな。

んでは次!今度はカストマスター1/8oz!

KIMG2576s.jpg

おー釣れましたよ!昨日の今日でこんなにパターンって変わるもの?以降反応なく、そろそろお腹が空いてきたので食事のため一旦撤収。


要はスレた(慣れた)のか?サカナにタグでもつけておかないと識別は出来ないが「居着き」状態であればまあ納得はできるかな…。ちなみに、婚姻色の黒い帯だけがほとんどなくなっているので、このまま居れば盛りを過ぎた甘塩鮭カラーwマルタウグイに戻るのか?

ケンタで食事を摂り釣り場に戻ります。おっとっと、ここはまだ当たってなかった。

KIMG2577s.jpg

一見いい感じなんですが、ノー感じ。本流に面した大場所は待機でもサカナが散ってしまうので、魚影が濃くならないとなかなか難しい…かな。ちなむと、瀬の方では時々バシャりがあって、対岸で掛けてる方がいましたね。こちらは一応、瀬の上にはルアーを乗せられますが、横風に煽られてなかなかいいコースを取れませんでした。

いい加減ほとぼりを冷まして、さっきのポイントまで移動します。時間も空けたはずなので、ゴールド系以外を一通り試し通用しないことを確認してから、再びゴールド三昧に。

おっとー!乗りましたよ!ん!?りゃりゃーニゴイ様ご光臨ですな。

KIMG2580s.jpg

ルアーはBUX5gゴールドです。61センチ2.0キロ。以降完全ノー感じ…そういや、さっきから1羽のカワウがずっと瀬に張り付いていて、こちらの気配を感じると逃げますが、なんだかんだまた戻ってくる、と。50センチのマルタを丸呑みに出来るかどうかはともかく、きっと影響はあるんじゃないかなあ。


昨日と同様、釣れないと寒さが身に沁みるので早めに帰ることにしました。少々自宅からは遠いのでしょっちゅう入るわけには行きませんけど、また陽気が良くなったら一度来てみたいです。

【マルタウグイ向けLタックル】
ロッド:バークレー ガルプ!スティック GSS-706L TE ORG
リール:シマノ 10ナスキー2500S
ライン:ラパラ ラピノヴァX マルチゲーム 0.6号
    +サンヨーナイロン ナノダックスリーダー 10lb
リ グ:MIU3.5/4.2g、BUX5g、ブレットン5g、
    ピグミーボックスヘビーミノー、
    ドラッグジグ7g、リュウキ50Sなど

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 河川釣りへにほんブログ村 釣りブログ 五目釣りへ
 
 
スポンサーサイト
2013/03/31 18:12 マルタウグイ釣り TB(0) CM(0)
タイトルは…まあ、例によって深い意味はありませんw


金曜日出勤前にご近所に入ってみたけれど、こんな感じでした。まとまった雨がトリガーとなる第二波が、あまりに待ち遠しいので…。


爆発するのはマルタが釣れてるリア充wwwではなくて、多摩川のあちこちの瀬がバシャ爆になればいいな、ってことなので誤解なきようw


どこに行ってもとてもバシャなど期待できないコンディションなのはわかっているので、早起きするモチベーションはなく。それでも勝手にカラダが動いて、ザックを背負い自転車にウェーダーを積み込み、下流に移動です。

おそらく時合は過ぎているものの、瀬尻の落ち込みが深くなっているポイント数ヵ所をチェック。ですが、既に一つ一つ撃っている時間はありません…。

テナガ現場を越え、H瀬川の合流も上流側になり、246まで随分近づきましたね。昨年もこの辺りまで来て、現調視察をやりましたが、その時の流れ込みは乾上がっていて中洲ができていました。後の予定もあるので、この辺で視察は止めておきますか。

中州といってもほぼ地続き、自転車ごと入ります。早朝から入ってもう引き揚げたのかもですが、誰もいないし。まあ出なくて元々…おっとー!足元をマルタらしき魚体が一尾通過していきます。もしかしちゃったら…昨日のご近所よりは生命感アリ、マルタ感アリです。瀬頭では鯉らしきブッとい魚体がバシャっております。

風も若干あり、手が悴む寒さではありますが、水温は15℃くらいと、意外にありました。曇って日が射さないのでアピール系ルアーの独壇場ですかね…まただわ。何だか今年はマルタ釣り始めて一日もピーカンな日がないような気が…。

MIU単色オレンジ、背面コッパーオレンジ、単色ピンク、あと放流ファイヤーイエローで出ませんね。タスマニアンデビルは、やはりあまり底が取れる感じでもなく。かといってドラジグレインボー・ブルピンでも出ない。さらに、裏面がゴールドのPAL3.8gネイティブ#10柄もノー感じとは…。やっぱ、アレですか…。

KIMG2562s.jpg

出ました!いくらルアーが派手でもメリハリがなければ、アピールに欠けてしまうことがあるようです。あと割と小場所ではありますが、中央が急流なので、ラインに引っ張られるのか、ルアーが重めかつ小さめでも、浮き上がりがちになるんですよね。

ローテーションを回していますが以降反応が…おーそうそう、ライトソルトなミノーがあったんだった。

KIMG2565s.jpg

おっしゃー!ファーストキャストでヒットですよ。いつもフックサイズは#6ですが#8でも掛かるものですね。これ、なんだかバランスが悪くてスローリトリーブだとボディが斜めになってしまうみたいです。でも、マルタウグイの場合は結局リアクションで掛けるわけだし、傾いたボディとか関係ないっていうw。

ともかくちゃんと巻けばアクションするし、ボディがこれだけ小さくて4g近いってのは、下手なスプーンより飛ばせるんじゃないですかね。あと、このシリーズのシンペンも買っていますが、さすがに沈まないのでアウトw。逆に浅場の瀬着きマルタには使いやすいかも。

以降しばらくやっていたら、うわやっちゃったーな鯉スレ。下流にグングン走ってテトラまで…んーもういいわ外れてくれ!っとゆっくりドラグを締めたらフッと軽くなりました。フックが伸びただけで良かったね。程なくして撤収しました。


ここ、サカナの数が増えれば充分ポテンシャルあるポイントになると思いますが、ウェーダー要らずなアクセスのしやすさで、あっという間に人多すぎになりますね。ある意味寒くてよかったw

【マルタウグイ向けLタックル】
ロッド:バークレー ガルプ!スティック GSS-706L TE ORG
リール:シマノ 10ナスキー2500S
ライン:ラパラ ラピノヴァX マルチゲーム 0.6号
    +サンヨーナイロン ナノダックスリーダー 10lb
リ グ:MIU3.5/4.2g、ピグミーボックスヘビーミノー、
    ドラッグジグ7g、リュウキ50Sなど

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 河川釣りへにほんブログ村 釣りブログ 五目釣りへ
 
 
2013/03/30 21:04 マルタウグイ釣り TB(0) CM(0)
ご近所の上流の堰、上河原堰にも先日の増水でマルタウグイが本格遡上したようで、堰下流の河川敷工事中の近辺でもバシャがあちこちで爆発していた模様。土曜日は仕事を頑張って1日で処理して日曜日を空けたので、まるっと上流尽くしでメニューを組みました。

基本視察でガチで釣るテンションはないのですが、念のためLTだけでなくMTもザックに詰めました。いつもの釣行よりはゆっくりと出掛け、土手沿いを自転車で走っていると、おおG本松の桜並木が満開じゃありませんか!今年は早いね。つまり、春の多摩川マルタウグイ祭も例年より早めに終息…?そう考えると、淋しいな。

KIMG2540s.jpg

KIMG2541s.jpg

KIMG2542s.jpg

KIMG2543s.jpg

分かる方には分かる、T摩S道橋上流から上河原堰下までの瀬ポイント。たまにニゴイらしきバシャはありますが、マルタのものは見つけられませんでした。ルアーを投げてもノー感じ。せっかくなので、堰上も確認を。


「メリーの墓」がなくなるのは覚悟していましたが、中洲まで崩してしまうとは…土砂が堆積して堰が浅くなったので掘りました、って理屈はわかるけれど、中州ゆえ手付かずの自然が、おそらく十数年維持されていたのに…。保護区のような形とか、何とかならなかったのか…。

過去数年間お世話になっていたパンコイホームがなくなってしまいました。上流の護岸帯にもコイはいるけれど、対岸が近くそれゆえの流れやストラクチャーも豊富でしかも水深がしっかりある釣り場って、多摩川中流域には知っている限り、ないんです。これは凹む…orzorzorz

軽くショックを受けつつさらに上流に向かい、多摩川原橋から対岸、川崎側に渡ります。ここでナマズ狙いで小一時間スプーンを投げてみましたが反応なし。未だ日差しが当たらずヒンヤリとした感じですから、まず活性は上がらないでしょう。護岸斜面に腰掛けて食事を済ませI田堤の護岸を超え、堰下に。

KIMG2546s.jpg

東京側はフライ師が数名、仲間うちですかね。休憩していたりして特に釣れている感じはないのですが。バシャもニゴイのものと思われるものだけ。ともかく、ここが先日バシャ爆になっていたポイントのようなので撃ってみます。後になって少しよくなってきたものの、基本曇り空で日差しが当たらないゆえアピール系中心のローテで。

うわっち!ヒットした!あれれ?色…かすかに婚姻色が確認できる程度でいつもの?マルタウグイに戻っているようです。この既視感は…そうだそうそう、甘塩の鮭の切り身だわwww。

KIMG2550s.jpg

以降、ルアーチェンジを繰り返しながらポツポツ程度には釣れていますが全部甘塩鮭切身カラーw。これからなのにとりま遡上したのか、それとも事後なのかわかりませんが、スレでは釣れず完全にリアクションバイトですわ。

中でも、MIUネイティブの#10は以前もひったくるように持って行かれて、今回も2回目は帰ってきませんでした…ある意味スゴイパフォーマンスだわ。また渋谷Jで補充しなきゃ。

そんなこんなで15時半を回った辺りで反応が途絶えました。まだ日は高いので引き続き…うわラインがぐちゃぐちゃ…スプール上でですよ。既に現地FGノットを一回やっているのでどおってこたー…あーやっぱだめだこりゃー。もう5尾揚げてるから、LTは終了でいいか。

そこでMTの出番なのです。素直にマルタを狙ってもまず釣れないので、その辺でたまにバシャるニゴイ、できればコイを掛けてみますかね。飛ばないのでスモラバは止めてジグヘッドに4インチグラブをセットします。

ニゴイバシャがある辺りをクロスでゆっくり底を感じながら巻いてきて3投目、んん!キター!!水面が爆発しますがタックルもアレだし、そんなに手間隙かからず身柄確保。やっぱり引かない感で定評のある、安定のニゴイだわw



KIMG2553s.jpg

さすがに追星が出てますね。ともかくこれが、多摩川でグラブ使って釣ったファーストヒットです。

以降は根掛りでリーダーをロストしながら続けましたがスレっぽい感触はあれど喰わせられません。ナチュラル系カラーのワームは、光量が落ちるとアピールが減るので厳しいですね。ともかく、寒くなってきたので撤収。


【マルタウグイ向けLタックル】
ロッド:バークレー ガルプ!スティック GSS-706L TE ORG
リール:シマノ 10ナスキー2500S
ライン:ラパラ ラピノヴァX マルチゲーム 0.6号
    +モーリス バリバススーパートラウトアドバンス 8lb
リ グ:MIU3.5/4.2g、カストマスター1/8oz、リュウキ50Sなど

【コイ・ナマズ向けMタックル】
ロッド:エーテック トラギア ネクストリーム A806M
リール:シマノ 10ナスキー2500(スプール換装)
ライン:東レ シーバスPE パワーゲーム 22lb
    +サンヨーナイロン ナノダックスリーダー 17.5lb
リ グ:デコイ チヌヘッド SV-10 3/32oz #2
    +ゲイリーヤマモト 4インチグラブ WM
    他スプーン類

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 河川釣りへにほんブログ村 釣りブログ 五目釣りへ
 
 
2013/03/24 21:39 マルタウグイ釣り TB(0) CM(0)
まあ「瀬付き」でも構わないのですが、瀬に定着するという意味合いにおいては「瀬着き」の方がより的確かと。



昨日、久し振りに温かい雨が降ってそこそこの増水があり。いろいろ期待できそうな感じにwktkして早めに起きまして。んま!もう入ってらっしゃるとは常連さん…この方もご近所なのですね、きっと。

それはいいとして、いつもの流れ込みに異変が!まだ薄暗くて濁りが取れてないのを差し引いてもサカナがいない!しかしこの気温にしてまた待機モードが発動するのか???

もちろん先行者もありなので、また上流の中洲でタイキングか…ん!その上の瀬が騒がしい。ところどころにバシャがあり、複数のマルタの尾ビレが。しかも時折細かく震動するなど…こりゃ、ガチな瀬着きじゃないですかね。

そうと分かれば話は早い!延べ竿で瀬着き近辺を撃ちますがなかなか掛からず、掛かっても胸ビレのスレとか…さすがに水深が浅いので難易度の高さはガチ。

諦めてLTで瀬着きから離れてアップで撃ってみると、なにこれ食った!?



2mもない足元でヒットとな。そうか!数ヶ所の瀬着きを線で結ぶと、その延長線上下側の立ち込める程度の深みがプチ待機場所なのね。あるいは、ここでも産卵してるかもなのですがルアーははるかに通しやすい。

あとはもう少し下流に移動して、瀬着きラインをトレースすれば…はい釣れたー!!TBで中古で買った謎メーカーのメタルバイブレーションです。



メタルバイブは、この時隣になったベイト使いの方が爆釣していたので、いつかは使ってやろうと思っていました。確かに悪くない。ちなみに、この方とは最近よく釣り場でお会いするのですがw

途中から挽回し、とりま5尾をキャッチしたところで、また延べ竿に切り替えます。基本急流の浅場ゆえ、ミノーなど引きずってアクションさせるルアーよりは、ヒラヒラコロコロ自然に流してアピールできるルアーの方がいいみたいです。

おっしゃーもらったー!!



ルアーは重さで使い分けるのが基本としても、形状で漂流感または着底感が随分と違うものです。



もう1尾ミニメタルバイブで掛けましたが、残念ながらバラシ。急流では延べ竿で下流に走られるとさすがに寄せるのがキツく、時にラインブレイクも。竿がラインより強い可能性もあり、そこは足でフォローが必要かなあ…というのも今回の教訓なのでした。


確かに瀬着きは始まったようですが、まだ第2波は遡って来ていないような気がします。大爆発には、もう一雨と大潮のタイミングがキーになるか?といったところでしょうか。

【マルタウグイ向けLタックル】
ロッド:バークレー ガルプ!スティック GSS-706L TE ORG
リール:シマノ 10ナスキー2500S
ライン:ラパラ ラピノヴァX マルチゲーム 0.6号
    +モーリス バリバススーパートラウトアドバンス 8lb

【マルタウグイ向け延べ竿タックル】
ロッド:宇崎日新 ルシード鯉 硬調 450 振出
ライン:モーリス バリバススーパートラウトアドバンス 8lb

リ グ:MIU3.5g、カストマスター1/8oz、ブレットン5g、
    リトルマックス1/8oz(似)、など

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 河川釣りへにほんブログ村 釣りブログ 五目釣りへ
 
 
2013/03/20 08:25 マルタウグイ釣り TB(0) CM(0)
~ing、というヤツで。まあそのものズバリ書くのもアレですからポケモンっぽく読んで頂きましたw

今日も今日とて、出勤前2H多摩川マルタウグイ。幸先よく05時起床、昨晩の寒さに用心して真冬仕様で釣り場に入ります。先行者の様子を見ても、やはり流れ込みはノー感じっぽいので中洲の上流側に入ってアップで落ち込みにルアーを落としていきます。

まだ薄暗さが残っているので、ドラジグレインボーをUVライト照射して投入(腹側が蓄光カラー)。程なくしてキャッチ!今回はラバーネット磯タモを使ってサカナに優しくかつ早めのランディングを心掛けます。



随分痩せてますね。ちゃんと食ってから遡上しろと何度(ry、いやもうスッキリしちゃったのかとw

この後、アテにしていたMIUの#10を根掛かってロスト。あちゃー…あと(反射がない)完全アピール系はないか…と考えていたらそろそろ朝日が昇ってきました。どこかで使えないかという思いもあり、今度こそブレットンで掛けてみます。



なんとファーストキャストであっけなく。その後カラーを変えたりして3尾をキャッチです。スピナーはどちらかというと後期の瀬付きよりは初期の待機狙いの方がハマるのかも知れません。そう考えるならば、スピナーがリアクションバイトを誘発する能力は高いといえます。

さてさて、他カストマスターやMIUを試していますが今ひとつ着底感がなく、ヒットが得られない状態が続きます。じゃあガチで沈めますかとドラジグ、日差しがあるのでブルピン…あータックルケースの中で絡んで取り出せない!もういい、ピンクで行くwww

数投してググン、っと重量感のある引きが。おもーいよってこなーい!!



ありゃりゃ、困ったときの保険王ニゴイ殿ですな。もしかして、昨日の個体か?

しばらく他のルアーをローテーションしてみますが、ヒットに結びつきません。ここまでバラシが釣れたのと同じくらいはあったかな。そろそろ時間だし、ブルピンを取り出すのに本気出すwww



ほーらワンキャストでキャッチ。特別大きいわけではないけれど、ナイスファイトで楽しませてくれました。


また次回も休日出勤前2H釣行、多分…orz。ただ、まとまった雨が降った翌日は、平日早朝1Hだけでも投げてみるかもです。

【マルタウグイ向けLタックル】
ロッド:バークレー ガルプ!スティック GSS-706L TE ORG
リール:シマノ 10ナスキー2500S
ライン:ラパラ ラピノヴァX マルチゲーム 0.6号
    +モーリス バリバススーパートラウトアドバンス 8lb
リ グ:MIU3.5g/4.2g、ドラッグジグ7g、カストマスター1/8oz、
    ブレットン5g、スピアヘッドリュウキ50S

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 河川釣りへにほんブログ村 釣りブログ 五目釣りへ
 
 
2013/03/17 13:04 マルタウグイ釣り TB(0) CM(0)
例によっていつもの休出前フィッシングです。目覚ましは05時セットなのに結局30分遅れでご近所に。

いつものポイントにはお約束どおり先行者が。それはともかく、今日はバシャは見られず楽勝で釣れる感はなし。一応いくつかルアーを巻いてはみるものの、完全ノー感じ。対岸のアングラー達もいつの間にかいなくなっております。

んではと、近くの待機ポイントに。ここは最初から入っている人がいたので少し上流側をチェックしてから向かいます。食事をされている間に入って、陽射しも当たるようになり、MIUの鉄板色を投げてみる。

んお、ヒット!やったね…と寄せてきて、足元に誘導してくる時イヤーんな感じが。フッと軽くなるのは想定の範囲内だがルアーがない!スイベルの根元から、ブレイクだぜ…orz orz orz 。

今度は実績の鮎リュウキで。しばらく巻いていると小気味良い感触でヒット!おっしゃー巻け巻けー、っとまた軽くなり。ありゃードラグが緩かったか…まあルアーは付いてるから、いいかw。

そろそろ戻りますか、な時間になりつつもルアーを虹リュウキに換え、諦めずに巻いているとクグッと重くなり。今度はドラグも締めてるし、獲れるでしょ…!



ニゴイです。2月下旬といい、この空気の読みっぷりは「好意に値するよ」w。自分はルアーでも、とりま何か釣れたらハッピーなレベルですからね。


まあ、まだお彼岸も過ぎてないわけだしこんな日もあるさ、っと。


【マルタウグイ向けLタックル】
ロッド:バークレー ガルプ!スティック GSS-706L TE ORG
リール:シマノ 10ナスキー2500S
ライン:ラパラ ラピノヴァX マルチゲーム 0.6号
    +モーリス バリバススーパートラウトアドバンス 8lb
リ グ:MIU3.5g/4.2g、ドラッグジグ7g、カストマスター1/8oz、
    スピアヘッドリュウキ50S、BUX5g、デカベスク他

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 河川釣りへにほんブログ村 釣りブログ 五目釣りへ
 
 
2013/03/16 08:38 マルタウグイ釣り TB(0) CM(0)
何の予告もしていませんでしたが、まあ時間があれば、いやなくとも多摩川にマルタ釣りに行きますよねw。今回は長時間枠でいろんなルアーを試してみる編というところですか。

日曜日の朝。どうしても05:30前に家を出れません。当然、いつもの中州は人いっぱい。仕方なくというかまあいっか…延べ竿ミノーで釣ったポイントに入ります。

拾い物のメバルミノーをキャスト、巻き…ん?れ?うわーやっちゃったー根掛りだわー。どうにも外せず、覚悟を決めてラインを引いたらリーダーがない!ルアーはどうせ拾い物だからいいけれど、現地FGノット、確定…orzorzorz。

しばらくやってノー感じなので、上流側の中洲に移動します。ここは流れ込みが背中方向からになっていてアップのポジションを取ることが困難だし、足元にマルタの移動ルートがあって逆に撃ち辛いのですが、ウェーダーで瀬の落ち込み辺りに立ち込んで、できるだけアップストリームキャストになる軌道を確保します。

すでに日は出ているものの、雲があったりで光量が少ないのでアピール系を中心に。

KIMG2476s.jpg

このMIUはド派手なカラーの裏側がツヤ消し黒。コントラストの強さでアピールするのかな。この日はこれで計4尾を揚げています。

しばらくすると、少し日が射すようになってきたので、シルバー系を投入してみました。ようやくスピナーが使えるか、と投げてみてもノー感じまたはたまにスレっぽい感触があるだけです。悩ましいなあ…。まあとにかく、いろいろ試しましょうかね。

KIMG2483s.jpg

シルバー系といえば…鮎リュウキ入魂完了、連続で2尾キャッチ!後で虹リュウキも投げて釣れています。最初はホントに釣れるのか半信半疑でしたが、“プワマンズDコン”の異名は伊達ではないようですよ。

続いて、カストマスターとBUXのシルバーで1尾ずつをキャッチ、また曇り出してきたのでアピール系としてドラッグジグのブルピン(ここの瀬には重い…)と先出の派手なMIUで繋ぎます。

とまあ、投げていれば対岸の方とのオマツリ多数。いつもにこやかな表情で「こっちくれ」と合図してくれるので、悪いなあと思いながらも任せてしまいますが、実はこれ、人様のルアーバリエーションを確認するチャンスでもあるんです。俺も、見たい…w。外しながらついでに根掛りを外してもらったりとか、ホントすいません…。

もちろん、自分でも根掛りの回収に入ります。思わず、ピンク銀BUX13.2gでエリモンと思われるフックが装着されているものもサルベージ。失くすものもあれば得るものもあるのです、と。パイロットルアーとして、有効に活用させていただきますw。

そうそう、回収に入れば当然サカナを散らしてしまうことになりますが、次から次へとサカナが入ってくるので問題ありません…って、今のは瀬着きとは違うのですね。単純に水深がないので移動中にバシャっていただけ…よくよく考えてみればそんなこたーないわけで。瀬着きは「着く」ので、サカナの大きな移動はないはずです。

そろそろ飽きてきたし、上流にフライ師が入ったので、朝一に入ったポイントを反対側から狙います。ドラジグとかいろいろ投げてみたけれど、ここもたまにスレる感触があるくらい。日差しが戻ったので、またシルバー系に切り替えます。

アップクロスで投げ、クロス回収のライン上で重たい反応アリ。マルタウグイにしては違和感が…え?ニゴイ?いやいやいやマルタだわ…。

KIMG2492s.jpg

BUXシルバーにて。デカイオカンwまでは行かないかもですが重い。計ってみたら2kgありました。ちなみに、2-3尾確認レベルではレギュラーサイズの体重平均は1.2-1.5kg位かと。

以降、またさっきのポイントに戻ります。そういやダイソーミノーを使ってないと思い出して巻いていましたが、1つは軽く煽ってリーダーごと、もう一つはヒットした際にリーダーの先から持っていかれましたorz。さすがに手馴れてきて、現場FGノットをするスピードが速くなっている!連続ハーフヒッチをキメる手が機械のようだwww。

ルアーの方は百均なんで105円ですからいいんですけど、そういやあのシンキングはクロキンなんだわ。もう売ってない…誠にプライスレスorzorzorz。

そろそろ時合終了でしょうか、釣れるペースが落ちてきたのもあり、キンつながりで今度はゴールド系を試していきます。おっとその前に、コッパーがありましたね。

KIMG2496s.jpg

カストマスターのコッパー。第一投着水ヒット的なアタりを取りました。もし、人の持っていないルアーによるアドバンテージがあるならば、その最右翼かもです。ゴールドでも釣れて、今日だけで金銀銅トリプルフィニッシュw

そうそう、偶然なのか必然なのかルアーチェンジ後第一投で釣れること多々。第一投だからというよりは、ルアー付け替え等々でちょっとサカナが休まる時間が出来るって要素の方が大きい気がしますけど。でも当のサカナは移動しているわけで…結局、よくわかりませんw。

他、MIUのウグイカラー(共喰いかw)やアワビ緑橙金(正直、アワビ板貼付の効果が全くわからないのですが…)で釣れています。そういえば、今回は鉄板のピンク橙銀では反応が取れていません。何が違うんだろ?

あと、ドラッグジグ他ジグ系とスピナーはほとんど反応が取れていませんね。今回のような、割と流れがキツく水深があまりない(とはいっても深いところで50センチくらいはありますが)場所でのアップクロスには、ジグは底に着き過ぎてドリフトが難しくスピナーは流れが速すぎブレードを回転させるのが難しい、というところかな。

スレキャッチに関しては2尾、確率2/2+18=1割です。今回は完全アップストリームキャストではないし、この程度なら、まあいいんじゃないでしょうか。この時期のマルタは引くらしいので流れの緩い場所に誘導してみないとスレだかクチだかよくわかりません。確かに、腕や肩にそれなりの乳酸がw。

KIMG2503s.jpg

最後に、デカベスクで中州足元のマルタを大胆なアングルからガチアップで狙って釣り(イヤでも掛かるw。対岸のみなさんごめんなさい)、お開きにしました。


シーズンはまだまだこれからです。また行きますが、ここはキャパが少ないので、そろそろ新規開拓しようかなあ…と思っているところ。

【マルタウグイ向けLタックル】
ロッド:バークレー ガルプ!スティック GSS-706L TE ORG
リール:シマノ 10ナスキー2500S
ライン:ラパラ ラピノヴァX マルチゲーム 0.6号
    +モーリス バリバススーパートラウトアドバンス 8lb
リ グ:MIU3.5g/4.2g、ドラッグジグ7g、カストマスター1/8oz、
    スピアヘッドリュウキ50S、BUX5g、デカベスク他

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 河川釣りへにほんブログ村 釣りブログ 五目釣りへ
 
 
2013/03/10 16:02 マルタウグイ釣り TB(0) CM(0)
実は去年もやりました、延べ竿でマルタウグイの続編のようなものでございます。

これは楽しい!まあ、少々操作にコツはいるし瀬付きを伴う近距離戦がメインにはなりますが実用にはなりそうです。ただ、この竿重すぎる…っていうか逆にこの竿で良かったのかも。同じ長さでも軟らかくて軽いハエ竿なら一撃で撃破でしょう、いや竿がwww。この引きなら鯉竿か、長めの硬調子のヘラ竿でもいいと思います。from 延べ竿でマルタウグイ






新品を買うまでもないので、オクでブランドものの中古の鯉竿を入手。新品でも安物は重くて使用に堪えないのです。送料はアレなのですが、それでも合わせて4Kはしていないので悪い買い物ではなかったかと。あ、バックロッダーwとしてはありえない仕舞い寸ですが、ご近所限定なのでいいことにしましたw。



長物ゆえコンビニキャッチができなかったので、職場の最寄の営業所に転送してようやく。準備は万端なものの、瀬着きが消えていないか心配ではありますね…。

翌日。ご近所定番ポイントへ鯉竿と共に。一応保険でLタックルも持ち…うわー今日はもう人入ってるわ。パン食べてる場合じゃなかったorz。まあ、中洲も反対側があるからね、っと渡ったら程なくして瀬着きが消えました。さすがにプレッシャーにはなるのかな。

とはいえ、みなさんぼちぼち釣られているので、クロスに投入して瀬着きがあった辺りの下流まで扇形に探ります。デカベスク単体だと下流側に行った段階で底が取れなくなるので、スプリットショットを追加します。

んん?食ったか?おお食ったね!魚が引っ張ると盛大に糸鳴りがします。実はちょっぴり、恥ずかしいのですがねwww。

KIMG2466s.jpg

延べ竿においては、竿が軽いことの恩恵は図り知れません。振りっぱなしだけど全然疲れない。しかもマルタを掛けるとガッツリ曲がりつつちゃんと粘ってくれて、誘導もラクラク。型落ちとはいえさすがメーカー元ラインナップの鯉竿、低カーボンの小継渓流竿とはモノが違いすぐる!


さて、安定のデカベスクでボ逃れした後は…ミノーいくっきゃないっしょ!で、大磯港で拾ったミノーを流していると、うわ乗ったか?ん?ありゃりゃーオマツリだわ。引っ張るなこっちは延べだぞwww。何でルアー(リール竿)と…なくなく道糸を切りましたorz orz orz …以降も、なかなか反応が取れず。時合終了?

だがしかし!そんなこともあろうかとwちゃんと予備は作ってあったのでした。んで、何やら上流側でモジリがあるので、道糸を替えた後、思いきってポイント変更を。

底が取りづらいので、よく沈むリュウキに変えてみます。「ヒラウチベント」ん?引っ掛かった?「ファイナルベント」あらあらあら動くじゃないですか!これは頂きデース!

KIMG2469s.jpg

…あ、上のネタは20代前半のアングラーなら分かるかもですよ。


ようやく釣れた!延べだから余計に嬉しいね!リアフックは根魚用のアシストフックでバーブレス加工済みです。

もう少し探りたかったけどタイムアウト。今日も休日出勤、いってきまーすorz orz orz 。


【マルタウグイ向け延べ竿タックル】
ロッド:宇崎日新 ルシード鯉 硬調 450 振出
ライン:モーリス バリバススーパートラウトアドバンス 8lb
リ グ:デカベスク、大磯港で拾ったメバル向けミノー、
    ダンシングガール5g、スピアヘッドリュウキ50Sなど

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 河川釣りへにほんブログ村 釣りブログ 五目釣りへ
 
 
2013/03/09 08:10 マルタウグイ釣り TB(0) CM(0)
♪続きは、昭和な方ならわかりますよねw


そんなつもりでいたのですが、帰宅後気がついたら、ロッドとタックルポーチを持ってウェーダー履いて河川敷にいましたとさw。

おーやってるやってる。さらに水位が落ちて幅が狭くなった流れ込みには、瀬着きがあちこちに。今年は遡上が随分早い感じですけど、そのうちまた冷え込む日もあるだろうし、このままの調子で継続するとは思えないけれど…ま、やってみますか。

対岸に同じようなことを考えている方が1名、同じような場所を通しますからときどき絡んでお互いに外しあう、そんな無言のコミュニケーションがあったりなかったり。7-8gくらいのスプーンを使われていましたね。

瀬周りにルアーを通すと、ゴツゴツとスレの感触が何度もあります。強引に合わせるとまずスレ確定ですから重くなった時点でちょっと巻くのを止めて、フックが抜けるのを待ちます。

それでも重さが残っているものはさすがに寄せてくるという感じですけど、やっぱり何度かスレました。ドラッグジグやカストマスターなど重めのルアーはダメですね。おまけに、ガチなコイスレでナベ化ダイソークランクをロスト。105円なんでまあいいですが、やっぱりショックですorz

どうやら、重たいルアーでは簡単にカラダに掛かってしまうようです。どうせ水深自体は浅いから、今度は比重の軽い、または小さいルアーで鼻っ面を通過させて吸い込んでくれるのを期待してみます。SALT&CLEARクランクよりは同ミノーの方が吸い込みやすそうだったので、ナベパーツを移植してトライです。

早速、重くなって様子を見て徐々にテンションを掛けていくと、グンググンッ!と強烈な引き!瀬着きの下の方でファイトの飛沫が上がります。うっわー引くわ、またスレか???ともかく寄せてみますね。

KIMG2458s.jpg

おっしゃークチキャッチ!やればデキる子じゃないですかw>俺。そういうことか。全体が重いのではなくて、一部分だけ重くて、フックが吸い込まれやすい形状であれば、クチに掛けるのは有利なようです。

今度は、小型ルアーの代表デカベスクで。夜なんでどうせ色なんか見えないから、フレイムとかハダイロとか使うのはもったいないんで、真っ黒にしました。これはこれで人間が見にくいのですが…ダメじゃんw。

ポジジョン的に瀬着きが近すぎてあまり飛ばす必要がありませんから、スプリットショットの追加とかしないで、直接スナップに付けます。

んで、釣れましたよー。ちゃんとクチで。

KIMG2461s.jpg

当然ガンガンに底の小石にぶつけているので、繊維が外れジグヘッドが丸出しになってます。まあいいか。意外にこのフックは曲がらず、丈夫なのですね。というか、基本使ってるタックルが柔らかいというのはありますが。

そうか、軽くていいならば…と、今度は人生初にマルタを釣ったルアー、ダイソーBigOneミノーFのクロキン(にマジックで赤斑点を入れたもの)を通してみます。

KIMG2463s.jpg

ガッツリ重くてスレたかこれ??って思ったら、バッチリフッキングしてますよ!プチ感慨。どうやら必ずテールフックに掛かるみたいなので、ルアーのアクションを気にしなければ、ベリーフックはなくてもいいみたいですよ。でも、リュウキも同じ仕様なのに掛からないのが不思議でなりません。シンキングだからか?

そうこうしているうちに明日に備えてそろそろ戻るかな、という時間。明日の朝は…とりまもういいやw。


【マルタウグイ向けLタックル】
ロッド:バークレー ガルプ!スティック GSS-706L TE ORG
リール:シマノ 10ナスキー2500S
ライン:ラパラ ラピノヴァX マルチゲーム 0.6号
    +モーリス バリバススーパートラウトアドバンス 8lb
リ グ:ブレットン5g、MIU3.5g、ドラッグジグ7g、リトルミッキー、
    カストマスター7g、ナベリグ化ダイソークランクorFミノー、
    デカベスク、スピアヘッドリュウキ50Sなど

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 河川釣りへにほんブログ村 釣りブログ 五目釣りへ
 
 
2013/03/08 01:14 マルタウグイ釣り TB(0) CM(0)
タイトルはもう無理やり感満載で、お寒い限りですが…w。




結局行く気マンマンでwktkなのであります。

目覚まし時計どおりに起床。薄暗がりの中、河川敷に向かいます。入るのは先週ヒトサマの釣果を確認した中州側。この時点で対岸に一人確認しましたが、数分後に2人が中州に到着。みんな早いなあw。

さて、ここからだとどうルアーを通そうか…ん?ヒレ?デカっwコイか?って…いたいた!これマルタでしょ!。東京側からの流れ込みとの合流付近で、たまに水飛沫とともに婚姻色が見え、本流側でもときおりマルタと思われる波紋が立っています。

もちろん、本格的な瀬付きではありませんが、GW直前程度の群れは到着している模様。これはイケるでしょ。

昨日買ってきたミノーに早速反応ありでしたが食わせきれず。ブレットン、MIU肉厚と投げて反応がいまひとつ…流れがキツくて浮き上がりやすいし、ザラ瀬下の落ち込みに着いている待機組にアピールできません。それに、無駄に飛距離が出るとマルタがいる周辺を通り越してしまうわけで。

風も強いし曇っていて光量も少ないしで、昨年ラストに投げて釣れなかったドラッグジグでいきますか。アップ目に投げて、鼻っ面をクロスで横切らせますが、さすがにこいつは浮き上がらない。3投目くらいで根掛り?ん?スレか!?にしては軽いな?って、ちゃんと食ってます!!

バレるなバレるなと心の中で念じつつ、よっこらしょっ!


この日をずっと待っていました。マルタウグイが「好きってことさ。」ホモホモしいくらいwww。



個人的に2013年初物、頂きました。レインボーカラーも1年越しの入魂完了です。クロスの場合、ルアーの側面を見せることになるのでアピールという意味でも、長細いドラッグジグが有利だったのでしょう。

それからもルアーをローテしつつポジションも変えつついろいろ試しましたが、ときおりスレっぽい感触はあるものの、いまひとつヒットに結びつきません。やはりルアーが底をトレースできること、アピール系が有利なことに変わりはないようです。ドラジグのブルピン、いきますか。



鉄板ですね。太陽がちゃんと出ればシルバー系のスプーンもイケるとは思うんですが、それにしてはちょっと空が暗いようです。

そんなこんなであっという間にタイムアウト。これから仕事かと思うとウツではありますが、マルタに逢えた嬉しさで乗り切るべし、っと。


【マルタウグイ向けLタックル】
ロッド:バークレー ガルプ!スティック GSS-706L TE ORG
リール:シマノ 10ナスキー2500S
ライン:ラパラ ラピノヴァX マルチゲーム 0.6号
    +モーリス バリバススーパートラウトアドバンス 8lb
リ グ:ブレットン5g、MIU4.2g、ドラッグジグ7g、リトルミッキー、
    ナベリグ化ダイソークランク、スピアヘッドリュウキ50Sなど

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 河川釣りへにほんブログ村 釣りブログ 五目釣りへ
 
 
2013/03/02 14:09 マルタウグイ釣り TB(0) CM(0)
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
リンク
QRコード
QR