あんまり難しくない釣りを、自分なりにこだわって。
プロフィール

cajonica

Author:cajonica
お金を掛けずできるだけ近場で簡単に何か釣れたらイイナ…という感じです。

twitter
Weather-GPV
カウンター
現在の訪問者数:
現在の閲覧者数:
タグリスト

今年最後の多摩川へ。前準備として自作フローティングヘアリグ(まあコ式のようなものですね)を製作し、ついでといえばついでですが、Lアクションロッドの有効活用としてリールを追加しました。

cajonica / 【かほにか】
子供用に買ったトラウト Lテレスコロッドに付けてるリールがあまりに小径でライン巻きぐせてんこもりなので、仕切り直してリール追加とな。ベアリングと替えスプールの追加前提で
 at 12/22 15:51

大きさの比較はこんな感じ。RYOBIのはこのサイズで2500番相当、昔のスプールがいかに幅狭&深底なのかがわかります。ロッドはJSYブランドのLテレスコ。パンコイなら本当はMLくらいあってもいいんだろうけど、仕舞40センチ以下のバスロッドってなかなかないし(ビジネスバッグにも15ℓのザックにもスッポリ入ります)、っていうかもう買えないしw、これでいくしか、という感じ。

CA3F0316s.jpg

で、まずは恒例のM多摩へ。

cajonica / 【かほにか】
バイトはあるけどフローターがほとんど沈まない状況の中、Lタックルでスナップスイベルとハリス直結して、何とかげtな48センチ。夏の暴れっぷりは一体どこへな楽勝キャッチ
 at 12/26 11:53

水量がさらに減少していて、本流のパクパクにはますます程遠く。で、ちょっと下流の実績のあるポイントでチャミ&撃ってみたものの、チャミングにはバイトするがリグはほとんどスルー。細身軽量のシングル、ヘアリグとも状況に変化がなく、フローターを避けているのが明白なので用意してなかったけどシングルフック直結に。とはいっても、リグ壊したりするのはカンベン、ととりあえずはスイベルにハリス直結で。

さすがにパン新品でも1-2分で沈んでしまい、まるでバイトが読めないのでドライ状態のお麩も使ってみたけどイマイチ。なんてやっていたらいつの間にか掛かってました。で、実にあっさりとキャッチ。Lタックルだったので夏場のような駆け引きになるか…と思ったらこのサイズでも全然余裕。まあ軽いリグ投げられるしラクなので、冬場は本流以外ならこれでイケるかも…という感じです。

以降はさっぱりなので午前中に切り上げて、Y野口に移動です。最初からヘアリグ(フローター一体型)で撃ってみます。

cajonica / 【かほにか】
自作フローティングヘアリグ初キャッチ62センチ。バイトも小さいが、あまりの無抵抗っぷりに萎えました
 at 12/26 13:00

cajonica / 【かほにか】
しばらくして追加、58センチ。こいつもサクっとキャッチ、他のコイさんも何が起こっているのかわかっていないようです
 at 12/26 16:34

風も出てきてかなり投げるのは難儀な状況でしたが、ちょっと沖に投げて風に任せて岸に寄せ、じっくり待つ待つ待つ戦法で2本キャッチ。フッキングは見事なまでにカポンと一気に。わかりやすいですが、いかんせん草木の陰からヲチしてるので、油断したスキに掛かってるとかありました。フローターは意識しつつ、アヤしくないか一応吸い込むだけ吸い込んでみる的な状況では、ヘアリグはかなり有効と思われます。ただ、いかんせんパンを縫うのが一手間面倒ですが。

CA3F0332s.jpg

CA3F0340s.jpg

上記2本のクチ周りの画像です。出血も特になく掛かり方が痛そうでないので、フッキングしたことを意識できなくて抵抗しなかったのかな。もう、何だかわからないけど引っ張られましたという。

2本目はタモを作っておくのを忘れて少々遊ばせたので荒れてしまったかな、と思い周辺の視察を兼ね場を休ませることに。対岸に行ってみたものの完全に向かい風で足元も泥濘んで怪しいので、京王閣側の本流を確認して戻ってきました。

もう3本獲ってるし、コ式投げてる人も入っていたので、先の場所からちょっと動いた辺りで期待せず投げて風に任せてみる。テキトーに流された辺りで草木がジャマで全然フローターが見えないなあ…なんて思って巻いてみたら、あれあれ、掛かってました。

cajonica / 【かほにか】
しばらく場を休ませついでに対岸を視察して戻っての一本。60センチジャストですが、掛かり方が痛かったのか、結構粘ってくれました
 at 12/26 16:44

おいおい、暴れると早くお水に戻れないんだけれどもw…出血もあって、ちょっと痛々しかったですが(フッキング状態にそれほど差違はないのですが)まあ、キャッチはキャッチということで。

結局、この日はMHとLタックル両方投げてますが、Lタックルでしか釣ってません。よほど潜られて危険な障害物がない限り、この引きならMHはイラネ。ちなみに、比較。こんなに大きさが違うとは思わなかった。Lは当然短いのだけれど、重量もトータルで150gくらいは変わってるはずです。MHのラインは件の比重1.09で伸びOKなライン。一見バンドルラインと変わりませんがw、ラインを垂直方向からみると紫色に変わるという。

CA3F0327s.jpg


いい竿納めができました。だいぶ日も落ちてきたので、ありがとう、来年もよろしく!と残りのパンを撒いて16時すぎには撤収しましたとさ。

ロッド:エーテック トラギア A866MH
リール:シマノ 09エアノス4000+1BB
ライン:東レ ソラロームII スーパー ドリフト 16lb
リ グ:自作フローティングリグ 6g + シングルフック or ヘアリグ
パ ン:ヤマザキ 超芳醇 特選

ロッド:SZM LAKE SPIN 606L
リール:シマノ 09エアノスC3000
ライン:リールバンドル 12lb
リ グ:シングルフック直結 / 自作フローティングリグ 3g ヘアリグ(一体型)
パ ン:ヤマザキ 超芳醇 特選
 
 
関連記事
スポンサーサイト



2010/12/26 19:00 コイ釣り TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://cajonica.blog.fc2.com/tb.php/1-d59f97f8
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
リンク
QRコード
QR