あんまり難しくない釣りを、自分なりにこだわって。
プロフィール

cajonica

Author:cajonica
お金を掛けずできるだけ近場で簡単に何か釣れたらイイナ…という感じです。

twitter
Weather-GPV
カウンター
現在の訪問者数:
現在の閲覧者数:
タグリスト

やっちゃいました。え?衝動買いですよ衝動買い。

cajonica / 【かほにか】
7フィートのテレスコLロッドがニーキュッパならば押さえざるを得ない…とはいえ、アクションはそれなり故まあ、という感じなのですが、今後の子供のお友達対応ということでひとつ http://twitpic.com/3xvile
 at 02/09 12:24

あのー、一回チェーン居酒屋に飲みに行った程度の費用で一本買えちゃうんですから、まあそうメクジラ立てずにw…的な言い訳はともかく、マルタウグイ~ミドルなコイさんまでカバーできるLタックルとして、もうちょっと使えそうなテレスコロッドが欲しかったのは事実。

DSC_0292s.jpg 

仕舞の外観はこんな感じ。ラインガイドの角度がビミョーに揃っていなかったり、カラーリングもシンプルすぎ。伸ばして振ってみるとやはりベナベナ感は否めないし…ホント値段なりというか、チープ感満載なのです。しかし…。

手持ちの3本を並べてみました。上からエーテックトラギアA866MH、今回購入のタカミヤライジングサン706L、SZMレイクスピン606L。

DSC_0290s.jpg

リール側のガイド、随分大きくないですか?いや逆に上下のロッドのガイドの方が小さすぎるというか…それもこれも収納性、機動性を重視した結果なのでしょうが、実際、そこまでしなくたっていいじゃない?って言いたくなるくらい。

このガイドの効果を視覚的に現すと、こんな感じかしら。ライジングサン706Lとレイクスピン606Lとでリールのラインガイドを一番外側にして(若干ズレてますがご容赦w)ラインを突っ張った図。レタッチがヘタでごめんなさいね。

DSC_0296s_and_0293s.jpg

仕舞50センチの7フィートのロッドと仕舞40センチの6フィートのロッドで比較すること自体がアレではあるけど、絶対的なラインの折れ具合(ガイドにラインが当たる角度)については確認できると思います。ネット上の情報では、この高脚ガイドが結構不評だったりするのですが、デフォで若干高脚?(正直、ダイワの方がラインをサミングしやすい脚の長さです)のシマノのリールには逆に合っているような気はします。

あと、ラインを通して引っ張ってアクションを確認すると、意外にティップは繊細で606Lよりも軟らかく、感度はいい感じ。そして、バットもこの価格帯のロッドにしてはしっかり感があり、長さの分だけ胴で粘る風なのでそれほどパラボリックではないように見えました。まあ所詮Lタックルなのでデカコイさんには太刀打ちできないのですが、MHタックルよりはバラシは少なそうです。

仕舞はちょっと大きいけど、ガイドが大きい(いや、このくらいがフツーなんですが)上に、ちょっと長めの7フィート。この調子にしてラインも10lbまで使えるようなので、多少のコイさんは揚がるだろうし、これならいままでのよりもリグが飛ばせるのではないかと陸っぱりアングラーのおいらはwktk。一応ガイドリングはすべてSICらしく、PE巻いて遊んでも良いかも。また、もともとメバリングロッドのようなので、海でライトジギングとかチャレンジしてみてもいいし…などと、いろんな妄想はふくらむのでしたw

現時点での確実な不満は、無駄に大きいガイドカバーと、仕舞った際にロッドのバット部がガイドカバーで固定されていないのでガイドカバー側がくるくる回るし、ひっくり返すと重みでロッドが飛び出してしまうという、思わぬシチュエーションでは破損とかを考えてしまう恐怖感。ガイドカバーは合いそうなのを探して、交換ですね。


まあ、つべこべ言ってないで、フィールドに出ましょうか。
 
 
関連記事
スポンサーサイト



2011/02/10 01:42 タックルなど TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://cajonica.blog.fc2.com/tb.php/106-a0b72823
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
リンク
QRコード
QR