あんまり難しくない釣りを、自分なりにこだわって。
プロフィール

cajonica

Author:cajonica
お金を掛けずできるだけ近場で簡単に何か釣れたらイイナ…という感じです。

twitter
Weather-GPV
カウンター
現在の訪問者数:
現在の閲覧者数:
タグリスト

14時くらいから正味2時間程度、この時間帯じゃ釣れんだろ…という想いを胸に、自転車で出かけるだけ出掛けてみたという。

cajonica / cajonica【かほにか】
ちょっと釣り行ってくる at 11/13 13:45

ホント何も期待できない感満載の淡白なtweetですね、わかりますw

とりあえずK多見⇒もしかしてI泉多摩川⇒ここは出るだろN戸、とチャミングランガン。日曜日の午後ほどは人は出てないけど、例によってユリカモメの妨害によりほとんどチャミングできず。野池にまでユリカモメが来る始末で、ホント泣きそう…。というか、全然出ません。あーもう冬とか、パンコイ無理なのかな…。

最後の最後のS河原、16時をまわり日没が迫って来ています。とりあえずチャミングしてみるが、お、ユリカモメが来ない!いまのうちいまのうち、とチャミングを続行。時々群れが通って元の木阿弥ということもあったけど、ユリカモメが来る頻度はかなり落ちている。

ふと気が付くと下流の方で、なにやら戦艦のようなさざなみが立っている。そしてところどころ、チャミングに対してもバイトが始まっている。これはイケるかも!とコ式にパンつけて流す流す。3投目くらいからほぼ毎回アタリあり、そして5-6投目くらいで、喰った!

でも、いつもと何か違うのです。いつもだともうちょっとシャクってもそんなに苦もなくコイが付いてくるのに、大きな水草が絡んだような根掛りのような重さ。なかなか上がってこないこの感じ、なんだこれは?と思いつつ、水面に浮かんだ姿を見て驚く。デカい!少なくとも70cmは超えている。60前後の見慣れているサイズではない。さすがにしぶとくて、ときおりドラグ鳴りっぱなしで耐えながら、10-20m位のところを走る&寄せるをしばらく繰り返す。

ようやく寄せたものの、もっと長いタモじゃないとキツいなぁ、などと思いながらタモをコイさんまで差し出すが、重過ぎて頭から入れられるポジションまで誘導できない。しまいには、タモ網とハリが絡んでしまいもうどうもこうも。もう、メチャメチャなままコイさんの頭を何とかタモ内に突っ込んで、タックルのテンションも使いながら一気にタモを持ち上げる…あ、何か鈍い音が…うわタモ壊れました。とにかくタモの枠を抱えて引き上げる。うわ何これおもっ!

cajonica / cajonica【かほにか】
宿河原82センチ。タモ壊れました。しばし放心状態という
 at 11/13 16:53

結局体感20分くらいかけて上げました。

CA3F0231s.jpg

もう暗くなりかけているので画像はブレブレですが、実測なんと82センチ!個人的には記録更新です。

CA3F0232s.jpg

お腹もハンパなく大きくて、リリースの際に持った時の感じだと、10kgとかあるのかな?という重さです。あくまで勘だけど。

CA3F0233s.jpg

お疲れなタックル達。タモ枠のダイキャスト製のジョイント部分が割れて、タモの付け根部分が曲がっています。ホントお疲れ様。今度はちょっと高いけど、ステンレス製の精度の高くて頑丈なタモ枠を買ってみますか。

さすがに暗くなってきたし、コイさんデカすぎて釣り的にはもうお腹いっぱい。心地よいプチ放心状態で帰宅しましたとさ。その日の釣果などやってみないと、わからないものですね。

ロッド:エーテック トラギア 866MH
リール:シマノ 09エアノス4000+1BB
ライン:デュエル ハードコアバス 16lb
リ グ:小林重工 銀座型 シロ
パ ン:ヤマザキ 超芳醇 特選
 
 
関連記事
スポンサーサイト



2010/11/13 16:35 コイ釣り TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://cajonica.blog.fc2.com/tb.php/12-1a42e30d
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
リンク
QRコード
QR