あんまり難しくない釣りを、自分なりにこだわって。
プロフィール

cajonica

Author:cajonica
お金を掛けずできるだけ近場で簡単に何か釣れたらイイナ…という感じです。

twitter
Weather-GPV
カウンター
現在の訪問者数:
現在の閲覧者数:
タグリスト

チョイ以上投げ未満なw投げタックルのお試しも兼ねてこんなプランを立てつつ、就寝したのですが…。

cajonica 明日は思いきって三浦半島に。これで午後からの北寄りの風に悩まされることはないような…。 at 11/30 18:18

cajonica あとは釣り場の人口密度か。ここは割と過疎っぽくて何とか駅から徒歩でアクセスできるし、釣具屋もあるからまあ at 11/30 18:20

cajonica サーファーが多くないかの確認も大事、そしてボート屋が多い地域だから、サーフから投げるなら空気を読むことも忘れない方がいいよね。 at 11/30 21:42

cajonica 何だかんだいって制約は多いけれども、釣果ヒイラギ90パーセントにはならないと信じつつアウェイの地に臨むこととします。帰宅ったら速攻ねる! at 11/30 21:45

その後、釣り場の状況によってはイワシくらい回ってる可能性もあり、鑑みてサビキタックルも仕込みました。しかし…。

cajonica / かほにか
目覚まし時計が鳴らなくて寝坊、ガッカリだ。イコールマズメタイムの喪失による釣果の減少、釣り場の確保困難、電車内の混雑、といいことが一つもない…。 at 12/01 07:56

そんなわけで、途中釣具屋でいろいろ調達しつつ情報収集し、現地に到着したのが09時すぎ。港内に入ってみると、あれあれ釣り人誰もいませんよw。これは貸切wktkと思いきや、駐車場側にほとんど投げに使えるスペースがない!

プチサーフ側では若干空きがありましたが、水深が浅いしロープ等も入っていて危険。ヨットハーバー側は釣り禁なので、仕方なく船の出入り口辺りの突端外側に陣取って、投げはその後方でやることに。

ここで大きく読みが外れ、折から強めの北風が吹いております。結局、山間でもダメじゃんか…orz。船の入出港に気をつけながら、慣れない投げタックルで第1投!

KIMG2028s.jpg

早速アタリが!ちょっといいサイズ(これでも…)のピンギスをキャッチです。

KIMG2030s.jpg

もう1尾釣れた後は、時合いが終わったのかパッタリ。投げに失敗して引いて来たらサビーとミニピンが2連、フグも掛かりましたが、3本針のうち2本が切られ、このフグが付いていた針も折れ曲がっていて、触ったら簡単に折れました。つまり、1キャストで全滅orz。

錘を置く場所とか、気を使いながら投げて70mくらいラインが出ていますが、ヘタクソなのと風の影響で結局頑張っても50mほどしか飛びません。おまけにコントロールがうまくできなくて堤防対岸の常夜灯にラインを引っ掛けたり、根掛りで力糸ごとロストしたり(2セットも…)、全くひどいもんです…。

とどめに、雲行きの怪しい空から雨が舞ってきて軽く濡れるくらい降り、雨が上がったらさらに風が強くなり釣りどころではありません。もういやだこんなの…久し振りにココロが折れましたorzorzorzorzorzorzorz

あまりに悲しいので、寒さ避けも兼ねて近くの食堂でメシることに。

cajonica / かほにか
あぶずり食堂の煮魚定食。肉厚なカンパチが旨し! http://t.co/4Bw1mKpM
 at 12/01 13:32

ここ、創業55年という老舗。他にも刺身定食とかありますが、特別海の幸をプッシュした空気がないところが気楽でいいです。普段サカナばっかり扱ってる人が食事しに来るのに、サカナばっかり出しても喜ばれませんからね。

cajonica / かほにか
時合ギリにちょっといいピンギスを揚げてから雨は舞うし風は強いし、根掛りで力糸ごとロストするわで散々。様子を見て風裏で釣りができるところに移動したいけど、そんなところはあるのか…。 at 12/01 13:37

食事を終えて水を飲みながら、スマホで周辺をリサーチ。路線バスで小坪港に移動という手も考えたけれど、そういえば反対側に立ち禁が多いけど釣り場があったような…。

KIMG2031s.jpg

あった!ここなら風の真裏になるし、意外と釣り人も詰めていない。時間までに上がればいいし(このエリアは出入りには時間制限があります)、何か言われたら消えましょ、って位で出来るだけ奥に入ります。

お!ナイスサイズのイワシくんが回って来てますね。ちょうどアミコマセも融けてきたことだしやってみますか。まずはトリックじゃなくてフツーの上カゴサビキだからあんまり期待してないけど、さて…。

cajonica パターン鰯、サビキ仕掛けに向かって急速接近中! at 12/01 21:23

cajonica コマセの弾幕を張れ!柄杓出撃準備! at 12/01 21:24

某アニメの見すぎのようですがwwwとにかく群れをステイさせ、掛かったらできるだけすばやく外しクーラーにINです。

KIMG2037s.jpg

ご覧の通りウルメイワシ。2連、ときに3連もありますが、結構ポロポロこぼしちゃいますね。風裏にしてそれでも風はあるし、錘3号でやっていると結構仕掛けを振り回されるのでサビキ仕掛けが絡んだりしてイラっとしますが、まだ釣れるのでいいです。

ちなみに、もう少し重くした方が仕掛けを振り回されなくなるんじゃ?と思って、3号錘にブラクリ+青イソやメタルジグを追加しましたが、全く関係ありません。むしろサビキ針の動きが不自然になるのか、若干釣れなくなった感あり。

KIMG2039s.jpg

たまにこんなのも。小さいメジナも釣れましたが、メジナにしてはウロコがフナみたいだしw…スズメダイですね。

もう結構釣ったし反応も悪くなってきたので、今度はトリックサビキに切り替えてみますが、猛烈に仕掛けに寄っては来るものの、あんまり掛かりません。先のフツーのサビキは針4号、こちらは針3号なので単純に掛かり辛いのかも。あと、ハリスの長さが1cmくらいで極端に短いのも、食い渋る原因かもですね。

cajonica 不可視水域に巨大なエネルギー反応!…消えましたorz at 12/01 21:25

たまに、こんなこともあるのですがw。実際、イワシが回遊している辺りは若干沖で、足元にはメジナ他磯系の小さいサカナがウヨウヨ。20オーバーとかの魚影もちらほら見たような気がします。

KIMG2040s.jpg

おやおやトウゴロウ!ビミョーにさっきのとは群れが違うのですね。

やっぱり調子が悪いのでさっきのサビキ仕掛けに戻します。でもそろそろ日没、本当に回遊も落ちてきたみたい。アミコマセが残り少なくなって来ているし、時間も見ながらやっていると最後に…。

KIMG2041s.jpg

18センチのメジナ!引きました。竿は良くしなるけど、4mと長めのものを使っているので、細糸仕掛けに思わぬ大物が掛かってもバラしにくくタメられて、やりとりに余裕が生まれます。サビキ釣りで長めの竿が好まれる理由は、長い仕掛けを扱いやすい、回遊の中心になるやや沖側にアクセスしやすいだけではないのですね。

若干風向きが変わり風も強くなってきて、空の水汲みバケツを紐ごと落下させサルベージしたりやっぱりイラっとするのですが、まあサビキOJTが大成功に終わったので、良しとします。

お約束の時間までに釣り場を出て、昼用に用意していたおにぎりなど食べながら、充分釣ったしもう帰ってもいいかなどと考えつつ…あ、そういやULT使ってないわw。

早速最初の漁港に戻ってみましたが、入口にカギが掛かっていてアウト!んじゃあ、あそこしかないねとダメモトでプチサーフに入ります。風上側は建物の塀があるものの、風もそこそこあるし、とにかく寒い。

KIMG2043s.jpg

余った青イソに7g天秤に1本針でサビいてみます。基本砂底で、岩が点在していて生命感はありそうだったのですが反応ありませんね。それにしても寒い…そんなに辛かったら、もう止めてもいいのよwww…んじゃこの青イソ1本で。

長いまま中央部にキャストしてサビいて来て、あまり時間が経っていない辺りでひったくるようなアタリ!そしてラインが横に走ります!様子を見ていなし、寄せて砂浜に一旦乗せ一応波が来るのを待って、ランディング。

KIMG2042s.jpg

片瀬漁港でもあったけど付けエサが長いと釣れやすい…チンチン?あ、縞模様のないチンチンか!とこの時は思っていましたが、キビレ(キチヌ)ですw。全長20センチにしてこの肉厚、これは喰い堪えがありますね。

その後は一切反応がなく。19時前の路線バスで逗子駅に戻り、帰路に。以下、まとめです。

cajonica / かほにか
葉山港より帰還なう。あれから風裏を探してヘリポートへ、ガチなイワシの群れを確認してサビキOJTを実施、一人で食うには充分確保しつつ、ナイスサイズな小メジナなども。最後にプチサーフでチンチンを追加して〆ました http://t.co/ic8T8DdU
 at 12/01 19:19

午前中はホント最悪でしたが、午後は満足のいく釣行が出来てよかったです。海も早川漁港並みに澄んでいるし、魚種も悪くありません。夏休みや連休とかは知りませんが、人もそんなに多くないみたいで穴場といえば穴場ですね。交通費も逗子駅から港へ歩くなら、腰越港に入るのとそう変わらないし。

あと、逗子という駅が何気に便利で、小田急線周りでも行けますが新宿から乗り換えなしで行けるとか(この日の帰りはそうしました)、その気になれば新逗子駅から京急で三浦半島東側~金沢八景方面の釣り場にも行けたり、といろんな意味でキーになってくる駅かと思います。

cajonica / かほにか
本日のお持ち帰り:ピンギス4、ウルメイワシ22、トウゴロウイワシ1、メジナ2、スズメダイ1、キビレ1。いろいろ被って、調理に悩む…。 http://t.co/BLqyvZnl
 at 12/01 22:02

毎度毎度こんなちっこいの持って帰ってどうするの?っていう御仁もいらっしゃると思いますが、サイズはともかく簡単に釣れる釣りを楽しみたい(イート込みで)わけで、どうしてもサイズは小さいのが主体になってきます。もちろん、希少種や根魚は考慮しますけど、つまり…。

ボーズは、イヤ…ボーズはイヤ、ボーズはイヤボーズはイヤボーズはイヤボーズは…イヤー!www

【投げタックル】
ロッド:シマノ ホリデーショートスピン 335GX-T
リール:シマノ 09エアノス4000+1BB
ライン:シマノ パワープロ デプスハンター 0.8号
    +サンライン スーパーキャストPE投IIちから糸 3号
リ グ:フジワラ Lキャッチ天秤固定式15号・18号
    or 富士工業 誘導KAISO天秤 18号
    +オーナー 鈴なり仕掛けキスR3本 7号
    or ハヤブサ フグの歯対策 投げ五目 鉤8号

【サビキタックル】
ロッド:エムオン 小継磯 潮影 2-390
リール:オクマ セーバー 2500
ライン:ラパラ マルチゲームナイロン 12lb
リ グ:マルフジ 伝承豆アジピンク 4号
    +コマセカゴ小、3号錘
    マルフジ 改良トリック7朱塗 3号+3号錘

【ULちょい投げタックル】
ロッド:ゴールデンミーン JJパック JPS-68
リール:シマノ 10ナスキー1000
ライン:ラパラ ラピノヴァX マルチゲーム 0.4号
    +デュエル ハードコア フロロプラス 5lb 3m
リ グ:自作パイプ付き中通し錘2号
    or ショアゲー天秤7g
    or チョメリグ 6g
    +自動ハリス止めサルカン
    +ホンテロンハリス30cm
    +ショアゲー ショアファイン M

ベイト:愛古堂の青イソメ 40g
    愛古堂のアミブロック 1Kg

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 河川釣りへにほんブログ村 釣りブログ 五目釣りへ
 
 

これからサカナ料理です。
 
cajonica / かほにか
以下調理予定。キス→天ぷら。イワシ→丸干し。キビレ→ムニエル。メジナ→から揚げ。スズメダイ→あぶってかも(一夜干しのようなもの)。刺身は皮剥きできる包丁とスキルがないのでやれませんorz at 12/01 23:25

メジナやキビレは血抜きをしていない只の氷締めゆえ、臭みがどの位出るのかも見当が付かずどんな料理がいいのか迷いに迷ってこんな感じに。結局また直前で変わるんですけどねw。

cajonica / かほにか
イワシを残してすべて下処理完了、めっさ疲れた。キビレとかスズメダイはまだいい。メジナのウロコ地獄に腰痛がwww。イワシをはじめ、小さいサカナのエラ取りってサバ折り状態でいいんだよね?ってかそれ以外不可能と思われなす at 12/02 01:27

メジナのあのウロコ、キビレやスズメダイよりも魚体に平行且つ深く入っているようで抵抗がものすごく、無理にやると魚肉を痛めるレベルなので、慎重にやっていたらすごい疲れたw。あれはペットボトルの蓋を回すように動かし、ウロコを横にずらす感じでやると、少しは抵抗感が薄れている気がする。

cajonica / かほにか
トウゴロウイワシを塩着けて丸かじってみた。ちょっとバリバリするけど、甘い! http://t.co/JDkZ2LWW
 at 12/02 01:57

cajonica / かほにか
トウゴロウさんってウロコが妙に厚いのね。飛び散り率高しw。こうしていろんなサカナを捌いてみると、それぞれ特色があって面白い。ウルメさんの処理は明日やります。どうせ干し物だし(諦めた…)、では。 at 12/02 02:01

ネット上の記事にそんな事例を見つけたので、トウゴロウ1尾だけだしやってみました。ウルメイワシのエラ取りは最初悩みましたが、22尾もやっていたら大体カンドコロがわかりました。先に腹を切っておくと、エラを取る時に一緒に内臓も出てくれる。やらないと腹が破れるくらいです。

cajonica / かほにか
旨さを噛み締めるたびに「うえー」とか「おー」とか一人ブツブツ言ってる俺危険w http://t.co/l37m0hmE
 at 12/02 22:25

えー、最終形態です。冷凍しておいた平潟湾のハゼと今回のキスを天ぷらに、味噌汁はメジナの中骨をダシに玉ねぎを入れました。で、結局キビレは塩焼きに、メジナがムニエルになりまして…。

ハゼは1ヶ月以上冷凍庫にあったものですが特に劣化とかは感じません。キスの旨さはガチ鉄板なのでいまさら言いませんが、今回のトップ賞?はキビレ!氷締めして26時間後、下処理して22時間後。河口のサカナが泥臭いとか、血抜きが必要だとか言われてるけど、全然臭くないよ!ガチ鯛の仲間ってこんなに美味しかったか?って疑うクオリティ。

いままで食べた鯛系のサカナは焼きが甘いのか魚肉がヌルっとしていて慣れないニオイもあって敬遠していたんだけど、これは全然違う。まあ冷蔵庫にペーパータオルでくるんで放置だしちょっと魚体に切れ目を入れすぎたwから焼いたらパサつき感はあったけど、逆にそれが良くって、30分前に振った塩もいい塩梅の量だった。

かなり残念というかビミョーなのがメジナの味噌汁。玉ねぎの甘さとアラの風味が良くマッチしていて結構良かったけれども、ちょっと嗅ぎなれない気になる臭いがある。氷締めして28時間後、下処理して23時間後。次回釣れたら即〆て血抜きして、同じものを作って比較してみるか。

そんなメジナのムニエルは念のため、牛乳に浸し30分エージング、塩コショウを振って小麦粉をつけてバターで焼きました。さすがに臭いは消えてます。これはイイネ。皮側もパリっと焼けていて、チョー旨し!

キビレ以外は半分ほど頂いて、残りは明日の弁当箱へIN!密かな楽しみだったりw。他、ウルメイワシとスズメダイは既にピチット加工に入っていて、明日の夜シートを剥がしてスズメダイは焼きに、ウルメイワシはまた冷蔵庫か吊るしの網で数日乾燥させ、ガチな干物にする予定。

将来的には1回の釣行で2-3日分のオカズにできると家計が助かるんですけどね…ちゃんとした冷凍ストックについても検討してみますか。
 
 
関連記事
スポンサーサイト



2012/12/02 19:09 海五目釣り TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://cajonica.blog.fc2.com/tb.php/129-209164bd
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
リンク
QRコード
QR