あんまり難しくない釣りを、自分なりにこだわって。
プロフィール

cajonica

Author:cajonica
お金を掛けずできるだけ近場で簡単に何か釣れたらイイナ…という感じです。

twitter
Weather-GPV
カウンター
現在の訪問者数:
現在の閲覧者数:
タグリスト

cajonica / かほにか
出張分の代休を今度の土日に加え月火と4連休にした。引っ越しタスクもあるものの、2回くらいは多摩川行けるんじゃないかと。ネタは①流し毛鉤リベンジ。浅い瀬で補助ウキなし②5.4m手竿でデカベスク③サビキ&ウィリー仕掛け+スプリットショット at 04/19 08:50

cajonica / かほにか
リグの仕込みも終わったし、ゴミまとめて寝ますかね。起床目標05:00…厳しいか? at 04/20 23:13

05時起床できましたw。とりあえずT名上から多摩川を遡ります。2週間前に入ったポイントを確認しましたが瀬付きなし待機なしの状態。おかしいなあ、と思ってT高前の瀬も確認しましたが沈黙。うわーもう終わりかよ!?と思いつつ、堰下に賭けるしかないか…と自転車を漕ぎました。

KIMG0471s.jpg

カラシナも満開で一応水温は14℃以上ありますが、春爛漫…というにはあまり温かくない日です。

いつもの陸っぱりポイントで様子を探るも、ここも沈黙。んじゃ堰上…おっと、一枚岩の瀬でバシャらしきものが。とりまウェーダーを装着して中州に上がります。溜まっていそうな辺りを通過するようにキャストしますがなかなかどうして厳しい…。ここで流し毛鉤をやってみましたが1回スレらしき状況になってバラした位。あーあ、今日はもうダメか…。

そういや川崎側に人がいっぱい入ってるよなあ…中州の反対側におー、いましたいました。川崎側からのキャストが到達困難な辺りに時々バシャがあり、小さな群れが確認できます。では早速…とMIUやブレットンでご挨拶、だがしかし反応は非常に薄いという。

飽きてきたのでネタのウィリー+天秤、サビキ+胴付でアップを試みたら一撃で根掛り。さらに、先ほどの流し毛鉤の下側の針の上に2Bのガン玉をつけてチンチン釣り仕様で流しヒットするも、リグブレイク…ゴミ作って、本当にごめんなさいごめんなさい…orz

ネタの最後は、延べ竿デカベスクですか。5.4mの渓流竿硬調子モノにLタックルのラインをつけてデカベスク、もとい鱒の華1.0gを装着して溜まっている辺りを通過させますがなかなか…というか沈まないので認識してもらえていない模様。そんなことをしているうちに根掛りでロスト…はああorz

これではいかん、と5gのスプリットショットをクッションゴム付きで追加して別のカラーの鱒の華を装着して投入。スプリットショットが底に当たる「コツコツ」という感触を確認しながら竿を動かしますが、これがキツイ。安物かつ仕舞60センチの小継なので多分250gはあろうかという重量、右肩に乳酸が溜まる溜まる…しかし、何とかネタをモノにしようと頑張りました。

ある時、根掛りかと思い竿を上げると何やら動いている感触が。おーついに来たかあ!と喜んでいるのもつかの間、強烈な引き込みが。あちゃースレた!小林良彰氏ばりの竿さばきで耐える耐えるw。何とかいなして近場の砂地にランディング。55オーバーの個体でした。

あー重かったー。でも、延べ竿でもスレが揚げられることが確認できたのは大収穫。もう一回スレ掛かりしてこれもキャッチ、信頼性もあるか…お、今度は随分軽いなあ。てかスレてないじゃん!やった!

KIMG0474s.jpg

これは楽しい!まあ、少々操作にコツはいるし瀬付きを伴う近距離戦がメインにはなりますが実用にはなりそうです。ただ、この竿重すぎる…っていうか逆にこの竿で良かったのかも。同じ長さでも軟らかくて軽いハエ竿なら一撃で撃破でしょう、いや竿がwww。この引きなら鯉竿か、長めの硬調子のヘラ竿でもいいと思います。

クチに掛けてもう一尾を追加したところで根掛りでスプリットショットごとロスト。ザンネンではあるがもう一度基本からやりますか、と浅瀬向きの様々ルアーを投げるが反応なし、たまにスレた感触はあるもののフッキングはせずという感じ。夕方から用事が入っているので時間も読みつつ、まだだ、まだ終わらんよ!Lタックルで1尾はキャッチしたいと思うのです。

KIMG0478s.jpg

個人的には究極奥義wのデカベスクスプリットショットリグもとい1号中通しナツメ錘のやっつけキャロ(ストッパーは2Bガン玉w)にウニシスデカベスクを装着して、何とか1尾を確保。そんなところでオヒラキの時間となりました。

そのころ、黄色いジャンパーを着た方が入ってきて、チョイっと投げてほぼ毎投キャッチほぼ全部クチ、という。あまりに華麗なので帰り際に声を掛けリグを確認させて頂いたのですが、さては高級なフライかなんか…え、針!?環付き針に銅線を巻いたものをキャロしてるだけです。何と奥深いのでしょう、マルタウグイ釣り…。

cajonica / かほにか
瀬付き不調、待機も捉えられず…唯一堰下の中州で勝負。延べ竿鱒之華で2尾キャッチしたがハードルアー不調、ウニシスデカベスクで1尾という…サビキとか正直遊びすぎました http://t.co/BDabodfj
 at 04/21 14:46

ごめんんなさい、画像の黒いのはスマフォのカメラにかかった指ですw。

重たい延べ竿のおかげで右腕&右肩が超お疲れなのですが、そんなにかさばらないし常備はしておきますか。とは言いつつも、どうやら祭りは終盤…もう今年は活躍しないかな、なんてねw

ロッド:アルファタックル PREMIUM SENSOR 巌流 硬調54
ライン:モーリス バリバススーパートラウトアドバンス 8lb
リ グ:ダイワ 鱒の華 杏、他1.0g + スプリットショット5g

ロッド:バークレー ガルプ!スティック GSS-706L TE ORG
リール:シマノ 10ナスキー2500S
ライン:モーリス バリバススーパートラウトアドバンス 8lb
リ グ:ウニシスデカベスク UN5 + 1号ナツメ錘キャロ、他

にほんブログ村 釣りブログ 河川釣りへにほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへにほんブログ村 釣りブログ 五目釣りへ
 
 
関連記事
スポンサーサイト



2012/04/21 22:30 マルタウグイ釣り TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://cajonica.blog.fc2.com/tb.php/136-26b46037
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
リンク
QRコード
QR