あんまり難しくない釣りを、自分なりにこだわって。
プロフィール

cajonica

Author:cajonica
お金を掛けずできるだけ近場で簡単に何か釣れたらイイナ…という感じです。

twitter
Weather-GPV
カウンター
現在の訪問者数:
現在の閲覧者数:
タグリスト

実家に到着して翌日。釣れない前提で実家からクルマで30分ほどの山上湖、四尾連湖の様子見です。

KIMG0365s.jpg

上が駐車券、下が釣り券(環境整備協力券)です。400円が2枚で800円…。交通手段はまずクルマしかないし、かつ釣りをするとなると最低限これだけは掛かるということですね。

湖畔に出てみます。いやー空気が冷たい。お客さんは数組の家族連れとバス師数名、あとツーリングの小団体といった感じです。さすがに人は少なかったですね。

ボートに乗った家族連れの子供が「下にサカナがいっぱいいる!」とか驚いてます。何だろな。興味はあるけどお金も掛かるし手漕ぎボートで消耗するのはイヤなので、遠慮しときますw

KIMG0366s.jpg

一周何キロ、ってほど広くはないです。夏は桟橋でヤマベ(オイカワ)が釣れますが、この時期は深みに行ってしまっているようで全く音沙汰がありません。とりあえず湖畔を歩いてみます。途中、大き目の鯉が居たのでパンを投げてみましたがスルー。まあそんなもんだねw

湖畔の西側~南側にストラクチャーがあって、周辺でバス師を良く見かけます。しかしオカッパリだとキャストできる場所もランディングできる場所も限られているので、ここはボートから攻めるのが得策でしょう。

cajonica / かほにか
四尾連湖にて。何のサカナかはわかりませんが、魚影が群れでいくつも。スポーニングはまだまだ先のようです。 http://t.co/pxmV0Z4N
 at 04/01 17:26

多分子供が言ってたのはこれでしょう。バス師が叩いてないところを見るとバスではないと思います。とりあえずイクラ/ミミズ/ブレットンwを投げてみましたが反応はなく、群れ自体が逃げてしまうのでどうにもなりませんw

そんなわけで1時間程度で退散。子バスがスクールしだしたらリアルミミズのキャロで遊んでもらおうか、というと時期的には7月位かな。

まだ東京行きの高速バスに乗るまで時間があるので、いつもの釣堀へ移動。

cajonica / かほにか
四尾連湖はあまりにベイトがいないので、いつもの釣り堀で2H。60狙いでのふかせミミズ一本掛けも結局チビニジに喰われてしまうのですよね。 http://t.co/Z6dNu3a5
 at 04/01 17:38

さすがに天気のいい日曜の午後なのでお客さんが結構出てました。ウキ釣りの林を縫うようにロクマルの着いている中央の循環機辺りを狙ってキャスト、18尾/2H、とまあまあでした。人が多い分、プレッシャーも掛かるしね。

最初細軸のシングルバーブレス6番でダウンショットリグを試したけれど底の藻のようなものを引き摺ってしまい、反応はサッパリ。あんまり漂う感が表現できないからか。で、フックをフツーの8番に替え、ガン玉2Bを2つ30センチ感覚で分散スプリットショットしてフカセリグを。

エサが昨日から使っている加工イクラだからか、反応はイマイチ。これをミミズに切り替えたらおー当たる当たるw。特に、ロクマル狙いで一本掛けしたのは適度なスピードで引いてみるとワームみたいに泳ぐのね。これはそそるでしょ。あ、そもそもワームなんだから当たり前かw

ミミズを長いまま着けているせいか、バラシが結構あったので当たったらステイ(食わせる余裕を作る)とか、食い込ませやすいようにもっと小さいフックでやるとか、検討は必要なのかな。

ここも結構通っているのである意味退屈なのですが、サカナの反応をサイトしながらできるので「サカナを的確に掛ける」という基本的な部分では勉強になっているかと思うです。

今回は釣りレポじゃないから、タックルの記載は省略しますw

にほんブログ村 釣りブログ 河川釣りへにほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへにほんブログ村 釣りブログ 五目釣りへ
 
 
関連記事
スポンサーサイト



2012/04/03 01:37 雑感等 TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://cajonica.blog.fc2.com/tb.php/145-f52dc193
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
リンク
QRコード
QR