あんまり難しくない釣りを、自分なりにこだわって。
プロフィール

cajonica

Author:cajonica
お金を掛けずできるだけ近場で簡単に何か釣れたらイイナ…という感じです。

twitter
Weather-GPV
カウンター
現在の訪問者数:
現在の閲覧者数:
タグリスト

cajonica / 【かほにか】
前回のプランをリトライできるよう物資補充。安物ジグは春のマルタウグイ釣りの準備も兼ねて。 http://t.co/fzpJ4o58
 at 01/27 19:21

cajonica / 【かほにか】
10ナスキーC3000をJsyのセールで6千円を切って購入。これから12lbライン巻きます http://t.co/InZIjYfR
 at 02/08 23:16

準備を進めながらも、結局実家方面でコイさんを釣ることになり、順延順延…ようやく、日中の潮周りの良いタイミングで出掛けることができました。行き先は当然、片瀬漁港です。

今回はMタックルのチョイ投げで投げキス3本針仕掛けを試すのがメイン。天秤もフジ製の誘導タイプに変えてます。リールはこないだパンコイで入魂済のナスキーC3000です。また、Lタックルも持参してサブのチョイ投げや胴付仕掛けでのヘチングで活躍してもらうことにしました。

ちょっと出遅れて到着したのは09時すぎ。いつもの釣具店でジャリメを買いコンビニでおにぎりを調達してさて行きますか、と…なにこれマラソンやってんの?警備の方が「しばらく渡れません」とアナウンスしておりますので、素直にあきらめて地下道経由で港に向かいます。

どれどれ、赤灯台方面は…え、もうこんなに人がいる!こりゃ入るのムリ!と判断、最も位置的に近いと思われる境川の右岸の先端部にお邪魔して、以前釣れた辺りに向けて投げ…え、このライン達何でしょ一体w

背後には中学生集団3-4名がおのおの投げて置き竿しており、流したい方向はほぼシャットアウト、かといって河川のど真ん中に投げても釣れないし海面差の大きい引き潮も手伝っていずれ流されて彼らと同じくらいの場所に落ち着いてしまうのです。

そんなわけで投げたら引きたい(誘いたい)ワタクシとしては、半分くらいの確率でオマツリ。まあ引っ掛かると大抵、彼らの誰かが「おい!デカいのきたぞ!」とか騒ぐので、あー参ったなーと思いつつ「ごめんごめん、外すからちょうだい…」的な会話を何度も。

間に挟まれた隣のサビキの男性も嫌な顔をせずラインの受け渡しを手伝ったり。彼らもあんまり気にしてない様子なのでま、いっか、と。でも、後から来てラインのある方に投げてしまうこちらがやっぱり悪いんだろうな。ホントすみません…。

KIMG0120s.jpg

それでも、ヒイラギさんの反応は飽きない程度にあって、ときにMタックルの3本針キス仕掛けに3連というヒイラギさんの掛かりっぷり、ここで8尾ほど揚げました。しかしさすがに大人気ないので、赤灯台デッキ側の人の並びに変化があったことを確認して11時くらいに場所替え。

これで彼らと位置が同列になったので、投げやすくなったもののやはり境川の流れの影響で下流側の方とオマツリはあり。さっきよりは頻度は落ちたのでまだ良いのですが。

引き続きヒイラギさんは釣れていますが、アタリが遠くなってきたようなので置き竿しつつ、Lタックルも出して船キス2本針仕掛け(昨年から使っているもの)に5号の誘導天秤をセットし、捨て竿的に近場に投げ、放置。

すると、こんな生物が釣れました。全長50センチ程度で直径は2センチくらい。穴に潜っていたのかトルクがすごくて、なんと2本針の上側が下の針までずり落ちるくらい。

KIMG0126s.jpg

一見見た目はハモっぽいけど目つきがカエルというw。果たして魚なのか両生類なのか?後で調べたら、ダイナンウミヘビ(大難海蛇)でした。学術的にはウナギ目ウミヘビ科ダイナンウミヘビ属に属する魚類、ウナギの仲間です。

怪我や毒のリスクもあることはあるのですが(隣の小学生はヒイラギとの一荷で25センチくらいのエイを釣りました。針外しを手伝いましたが毒針もしっかりありました)、海はこういう未知との遭遇的なことがあるからまた面白いのですよw

さて、お昼にもなったし置き竿しながらトビに気をつけながら(デッキすれすれの旋回が実にやばい…)おにぎりを。食べ終わってさて、ん、掛かってるか?あ、あれ、またトリプル!

KIMG0132s.jpg

その後も、Mタックル3本針仕掛けで1尾だけ釣れるのはあまりなく、ダブルまたはトリプルで釣れた方が却って多かったり。最初の魚信があっても一気に巻き上げないで当初引いていた位のスピードかチョイ速で巻いていくと、他の針にも掛かってどんどん重くなってくる感じです。

おまけに、Lタックルも揚げてみたら一荷という。引きはやっぱりMタックルよりも面白いですね。

KIMG0130s.jpg

と、楽しんでいたらいつの間にか釣れなくなってきました。そういやそろそろ下げ止まりか、という時間。前回の時の「時合」がまたあるとすれば、それまではMタックルは置き竿して、Lタックルで遊んでみますかと。

以前早川ではオキアミを付けた五目メバル胴付仕掛けに今回はジャリメ。これをヘチ底に垂直降下させてトントンとやりながら軽くテクトロってみます。イソギンポが簡単に釣れますが、反応があったら一気に引き抜かないと掛かりに潜られて悲しい思いをするという諸刃の剣w

KIMG0136s.jpg

おなじみの小物達。イソギンポ6尾とハゼ類2尾をキャッチ。小さいけどスリル満天、なかなかいい暇つぶしになります。とはいえ、太陽がほとんど顔を出さず寒い。おまけに午後に入ってからは若干風も出てきたし、体感温度がやっぱりヤバめですという。

時々置き竿にしたMタックルにも手を掛けているのですが、なかなか。せっかくなのでダイソー製誘導天秤10号を投げてみましたが重くなった分却っていいタイミングで投げづらくなりかつ大して飛距離も伸びないので、確認後は使用していません。

そんなこんなで、16時辺りから反応が復活してきたようです。以降ヒイラギアワーと化しました。ほぼ毎回ヒットで最低一荷、トリプルももちろんあり。タイムアウトの17時過ぎの段階で20尾を追加、最終的にヒイラギ42尾をキャッチ。ヘチ遊びの小物も入れるとちょうど半束となっております。


結局、良い釣り場所を確保できるか、つまりこういう場所では朝の陣取りに勝てるか勝てないかが釣果を分けることとなりますが、そこまで必死にならなくてもいいのかな、と思います。

どうあがいても地元の方にはかないませんが、地元の方が引き上げるのが早めなのもまた事実。引き上げた後の釣り場でオイシイ思いをすることも設定次第で可能なのかな、と。


以下、まとめです。

cajonica / 【かほにか】
片瀬漁港チョイ投げおわた。この長細い生物は魚?ともかくヒイラギだけはいっぱい釣れました。これで心おきなく多摩川マルタにシフトできます…。 http://t.co/d3dlDwpT
 at 02/26 17:45

ダイナンウミヘビの頭部アップです。目が「魚」じゃないので焦りました。確かにヒイラギはたくさん釣れますが、子供のギル釣りの代用にするにはちょっと条件が厳しい感じ。少々怖いけどイソギンポへチングの方が難易度低いかなw


これから2ヶ月程度はマルタウグイ釣りにて多摩川中流域に入り浸ることになるかと。どこかの瀬でお会いする読者様もいらっしゃると思いますが、どうぞよろしくお願い致します。

ロッド:バークレー ガルプ!スティック GSS-706L TE ORG
リール:シマノ 09エアノス2500S+1BB
ライン:モーリス バリバススーパートラウトアドバンス 8lb
リ グ:フジ 誘導ミニミニジェット天秤5号
    +舟七釣具店謹製キス仕掛け2本針6号
    ササメ メバル五目胴付き3本針 6号+3号ナス錘

ロッド:エーテック トラギア ネクストリーム A806M
リール:シマノ 10ナスキーC3000
ライン:東レ ソラロームII スーパー ドリフト 12lb
リ グ:フジ 誘導ミニミニジェット天秤8号
    or ダイソー誘導天秤10号
    +オーナー 鈴なり仕掛けRキス3本 7号

ベイト:舟七釣具店のジャリメ

にほんブログ村 釣りブログ 河川釣りへにほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへにほんブログ村 釣りブログ 五目釣りへ
 
 
関連記事
スポンサーサイト



2012/02/26 23:57 海五目釣り TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://cajonica.blog.fc2.com/tb.php/160-8f4c6ed0
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
リンク
QRコード
QR