あんまり難しくない釣りを、自分なりにこだわって。
プロフィール

cajonica

Author:cajonica
お金を掛けずできるだけ近場で簡単に何か釣れたらイイナ…という感じです。

twitter
Weather-GPV
カウンター
現在の訪問者数:
現在の閲覧者数:
タグリスト

■10月14日(日)
朝早はナマズ、明るくなってコイ狙いのポイント確認ランガン。ナマズ以外の記事はこちらから。

堰上分流からの合流、堰直下プチテトラ帯、堰上護岸帯、パンコイホーム…と必要に応じスプーンを巻き、ペンシルを投げ、パンを撒き、パンプカをやり…複数箇所でいろいろやりすぎるのか釣果は出ません。

最後の最後にT摩川J宅上流のテトラ帯。既にブッコミ師の竿が3本、隙間でルアーマンが2名。わずかなスペースには小物釣り&ガサガサの親子連れが。ランガンせず1点で撃つしかありません。

で、スプーンはテトラ帯沿いに巻こうと思っていたけれど実は全然浅くてプラン破綻orz。川幅が広く対岸寄りに本流があって、かつ手前のテトラ帯側が広く溜まり逆流のような感じにもなっていて、コイ対応も充分にできないので、ダメモトでスプーンを本流に向けて投げてみるテストになりました。

チョイスはKASTMASTER3/8oz。随分曇っているのでゴールドを選択して(日が出ていない時のシルバーは、却って目立たないことがあるのはマルタウグイの際に確認済)、逆流の向こう側に出来るだけ届くように投げてみる。ラインスラックを取ってドリフト、ボトムについたらゆっくり底の感触を確認しながら二度三度…ん?なんだこの感触は!?

川底の石にしては軽い、いままでに味わったことのないコンコンといった感触。もしかするともしか…も一回同じ辺りに入れて…んん!コンコンがまた!しかも随分長い!軽く煽るとしなるけどコンコンは止まらず。おっし、何だか分からないけど、もらったぁ!

若干走られつつも、パワー的には明らかにこちらが勝っている感じ。ときおりフッと軽くなるのはこちらに向かっているからで、慌てずにとにかく巻く巻く!

大分寄ってきたところで魚影を確認。おお!やはりナマ様であったか!テトラの下に潜るのを抑え込みながら、そりゃそりゃタモ入れオッケー!

KIMG1757s.jpg

時刻は12時ちょっと前。久しぶりに逢えたね。何だか1ヶ月くらいナマズ見てない気がするんだけどw。フッキング箇所もバッチリなようです。そうそう、フックはスイミングフックに換装済みで、もちろんカエシは削ってあります。

cajonica 初ルアーデイナマ。58センチ1.5キロ。信じて巻いてきて、本当に良かったよ…。 http://t.co/sMDQp4Wc
 at 10/14 12:02

とにかく、一つパターンが作れた。これで、次のステップに進めるのは自信が持てるけど、ゼロからイチにするのは、トップルアーでナマズを最初に獲った時みたいに、ホント大変なんだよ。

KIMG1760s.jpg

真っ昼間から騙しちゃって、ごめんね…ありがとう。なにやら出血してますが、フックは眼そのものには刺さっていないはず。

雨も降ってきたし腹も減ったし、ここで撤収。自宅に戻ってさて、この調子でご近所は…うわメジャーがない!畳んだのは覚えているから、現場に落ちてるかも…というわけで夜、拾いに行きました。

cajonica いつも採寸画像に使っているメジャーを最後の釣り場に忘れてきた。雨も上がったし早速確保、ついでにスプーンを巻いてきた。釣果云々よりはこの流れなら浮き上がるとか、タコつけるとどうなるか等の比較。補充すべきウェイトは何かわかりました。 at 10/14 23:57

ネットを見ていると、多摩川ではBUX12.3gをメインに使われている方が多いみたいなんで、逆に言うと9.3gで底が取りづらい流れのところ(一回釣ってるシチュエーションからどんな流れなのか、イメージは湧きますね)でナマズが釣れている、という考察ができるのです。

またちょっと出費しますが、フックの予備も含めて購入してみますかね。

■10月17日(水)
今後のポイントに関する考察。

cajonica 多摩川は一部を除きアユが禁漁になった。アユの瀬着き、つまり産卵が行われてその後落ちアユとして川を下ることとなると訊いている。マルタウグイの卵を狙ってコイが着くように、ナマズも瀬着き周辺に来ないだろうか。10/30がヤマかも。 at 10/16 23:57

cajonica 動画は簡単に見つかった。時期や場所も大体分かった。テトラの形状からも、あそこが有力。東京側では足場が怪しいが川崎側かアクセスできれば特に問題ない。その上下の瀬絡みの溜まりがある場所なら、まず着くだろう。 at 10/17 00:12

cajonica そして、指標になるのがカワウ・コサギ。集まっていれば周辺にアユが群れている可能性が高いが、食い尽くしてしまうと当然いなくなる。アユの逃げ場となる深場や淵のような場所があって、落ち食い待機状態になっているところこそが本命ポイントであろうと。 at 10/17 00:38

「秋の爆釣=落ち鮎荒食い」という公式が当てはまるのかどうかはさておき、ベイトフィッシュが多量に群れるのであれば、そこにフィッシュイーターが突入するのは自明の理なわけです。それで、群れそうなポイントを今までのランガン釣行の風景から振り返ってみると、ざっと3箇所くらいは思いつきますね。

■10月18日(木)
ポイントは選別できたとして、不足していると思われるルアーのバリエーションを追加。トッププラグより単価は安いけど、数一気に揃えるとやっぱり堪えます。

cajonica 瀬付き待機鮎狙いのナマズ狙いは、このラインナップでいってみます。 http://t.co/dYtwOCX9
 at 10/18 22:11

BUXの定番12.3gのS/G、マルタウグイ併用のKASTMASTER1/4ozのG、そしてお試しにMYRAN(マイヤー)社のPANTER…これは懐かしい。3gを厨房の頃短期間でロストしましたが気に入ってました。15gのS/Gですが、なんと実売\443!思い出だけの為に買ってもいいプライスw。CD7は保険的に持っときます。多分、出番はないと思うけど。

KIMG1770.JPG

それぞれバーブを削ったシュアーフックの#3に換装して(PANTERだけBUXの余りフック2本を交差掛け)、コイ向けのトッププラグ達と一緒に、新たなフィールドに臨みます。もちろん、保険パンとともにねw

■10月20日(土)
04:30に起きて川崎側T名下を通過、さらにそのままテナガ現場上流対岸へ。

cajonica テナガ現場上流対岸、サミー投げてたらナマズヒットしたけど、岸際でバラしました…。 http://t.co/RjyXjjQk
 at 10/20 05:21

なんともったない!ちゃんと食ってたのにorzorzorzorzorzorzorz。久しぶりのズリ上げだったから要領忘れてました。

気を取り直してスプーンであちこち投げてみますが、明るくなってここの水流をまじまじと見たけど、変化がぱねぇことぱねぇこと。反転流の境目とか急流のスジとか巻いてますけどノー感じ。ベイトの跳ねもあちこちで止まる気配がなく、この辺、ものすごい濃い。アユらしき群れも確認。

テナガ現場の前まで移動、根掛りに手間取りながらも初めて見る対岸の川相が興味深く(途中までだけど水中に足場が出来てるのな、それもいくつもある)。瀬を越えて上流のテトラ帯で婚姻色のアユの群れを見かけました。そろそろ来てますね。

さらに上流、T名高速をくぐって結局ご近所の対岸に。パンプカは渋すぎて諦め、スプーンでも。

cajonica 結局ご近所対岸へ。パンプカも上手く乗らずあきらめてスプーン巻いてたら来たよありかとニゴイ56センチ!ラバネ入魂が嬉しくて重さ測るの忘れましたw http://t.co/QyCG2ycj
 at 10/20 11:44

おー良かった良かった、困ったときのニゴイ様!

KIMG1784s.jpg

ラバーネットのお話は「磯玉にラバーネット」をご確認ください。

あとはダメモトで水門上でスプーンを巻き、堰直下でルアコイ、パンプカをやりましたが、いつの間にかリーダーに傷が入っているしさすがに疲れたので、帰宅。

これで、事実上2012年のナマズ週報のアップは終わりです。まとめについては後日。

ロッド:エーテック トラギア ネクストリーム A806M
リール:シマノ 10ナスキー2500(スプール換装)
ライン:東レ シーバスPE パワーゲーム 22lb
    +サンヨーナイロン ナノダックスリーダー 17.5lb
リ グ:アングラーズシステム BUX 9.3g フィールドカラー S/G
    アングラーズシステム BUX 12.3g フィールドカラー S/G
    アクメタックル カストマスター 3/8oz CH/G
    (+ダイソー タコベイト オレンジ/イエロー)
    マイヤー パンサー 15g S/G
    (+ゲイリーヤマモト 4インチグラブ グリーンパンプキン黒ラメ)
    ラッキークラフト サミー85 ゴーストアユ

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 河川釣りへにほんブログ村 釣りブログ 五目釣りへ
 
 
関連記事
スポンサーサイト



2012/10/20 18:45 ナマズ釣り TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://cajonica.blog.fc2.com/tb.php/163-635b0293
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
リンク
QRコード
QR