あんまり難しくない釣りを、自分なりにこだわって。
プロフィール

cajonica

Author:cajonica
お金を掛けずできるだけ近場で簡単に何か釣れたらイイナ…という感じです。

twitter
Weather-GPV
カウンター
現在の訪問者数:
現在の閲覧者数:
タグリスト

超久し振りにパンコイで「ボ」を喫した翌日ですが、多摩川でのリベンジはせずに片瀬漁港に行ってきました。

今回はちょっと早めに出れたので、現着が07時前。改札を抜けると地面がほのかに湿っている…うわ雨ですか?とりあえず止んでいたけど雲行きを見るとビミョーな状況、とはいえ、どうにもならないわけで。

いつもの駅前のエサ屋さんでいつものジャリメと、今回は粒オキアミのパックを半分売りしてもらいました。ホント融通が利くので、大変有難く。そのまま赤灯台の方に向かいます。さすがに誰もいらっしゃらないので、前回釣りをした辺りをキープ。

今回のお題?は、Mタックルでの(人力エサ付け)トリックサビキ。リール(スプール)はパンプカと同じくC3000を流用します。ロッドとのバランスを考えると2500Sスプールに巻いた8lbだとアレだし、パンコイブッコミ用16lbだと大げさか…となれば、12lbが妥当かと。

KIMG0001s.jpg

早速先日のチョイ投げトリックサビキ仕掛けを装着し、できるだけ前方に垂らします。数分後ロッドが揺れて…ヒイラギが釣れました。しかし、コマセをしないのでその後の反応は思わしくありません。飽きたので鈴をつけ時々見るだけにして、とりあえずULタックルに。

底を引くと、時々反応がありピンギスが釣れますが、こちらも反応が渋い。どちらもダメなら展開を変えてみますか、とMタックルのサビキ仕掛けを外海側のヘチに落とします。ん?何か反応が…何このちっこいヘンなサカナw

KIMG0010s.jpg

イソギンポです。その後もヘチを叩くとちょくちょく釣れてきますが、模様が一緒でも色合いが結構違っているのが興味深かったり。

それにしても寒い!何とか雨は上がったものの、なかなか太陽が顔を出さないので気温が上がらないのです。振る携帯カイロをポケットの左右に使用して凌ぎます。この時はまだ風がなかったので、まだ余裕はあったのですがね。

そんな頃、隣に来たご老人とお孫さんのペア。小学校2年生の男の子が話しかけてくるので面白くていろいろと。ヘチ狙いで釣れた小物を水汲みバケツに入れてあげると大喜びでお世話タイムw。釣れないと言うので、オキアミとトリックサビキ仕掛けをあげたり、いろいろとw

その後も、名前の良くわからないハゼ類が釣れてきます。どうせ釣れるサカナさんが小さいならば、と今度はULタックルでもヘチをしばらく攻めます。

KIMG0017s.jpg

たぶんドロメだと思います。小さいキモカワ系wのおサカナは観賞用にする方も多いと聞きますが、分かるような気がします。

ULタックルでのヘチ狙いが中心になったので、Mタックルの有効活用…念の為、チョイ投げブッコミも対応できるよう、パンコイ用8号錘も持って来てました。天秤と仕掛けをつけてとりあえずブッコんでおき、またULタックルでのお遊びと男の子のお相手に興じておりますw

KIMG0019s.jpg

すっかり忘れていてふと、Mタックルを上げてみると…あらまあ、ピンギスちゃんが付いてましたw。これは、もしかするとちゃんと釣れるかもわからんよwともう一度放置すると、また釣れています。

いつの間にか太陽も顔を出し何となく暖かくなってきたのもつかの間、今度は北風が吹き出しました。さすがにULタックルの錘負荷ではラインが流されっぱなしでチョイ投げもできません。必然的にMタックルの稼動に釣果を頼ることとなります。

北風は一向に収まる気配を見せず、むしろ強くなる一方で、ガチに男の子が吹き飛ばされそうな風速に釣りもままなりません。港の入口で水面での風の吹き方が複雑なこともあり、海面は波立ちラインは強風でたるみアタリを掴むことがかなり難しい状況に。

男の子「こわいよー!帰ろーよー!」とじいちゃんにお願いしております。男の子とはまた夏休みに逢えたらいいね、位の約束をして別れました。また一緒に釣ろうね!おじいちゃんも本当にありがとうございました。

そんな状況なので、他の釣り人のみなさんも一人、また一人…と帰って行きます。自分もここらで帰ろうかと一瞬思いましたが、せっかく来てまだ日は高いし、何かやれることがあれば…としばらく頑張ることにしました。

まだラインの糸フケは発生するものの、そのうち若干ですが風が落ち着いてきました。強風の影響をやり過ごすのに都合が良いこともあり(風の吹く方向に投げるのがベスト)、釣り人が帰った東側に移動して投げてみます。すると、着水してものの5秒程度で反応が。早っ!

KIMG0028s.jpg

反応の間隔が持続に変化したと思われる瞬間で巻きアワセ、実に簡単にヒイラギが。しかも、その勢いは止まらずほぼ毎投ヒット、何だか重いなあ…と感じた一荷も3回とか連続というフィーバーっぷり。午前中の不調がウソのようです。

ヒイラギラッシュは止まりませんが刻々と日没は迫っております。そして、とある巻取りが妙に重い…あれ?一荷にしては何だかおかしくね?と水面を…ん!デカい!これヒイラギじゃない!

KIMG0037s.jpg

なんと、メッキ(この個体はロウニンアジの幼魚)です。そもそも南方系の回遊魚なのですが、この寒さでも生きていられるのですかね?

ヒイラギラッシュ継続のまま、とうとう日が暮れてしまいました。そろそろ終わりにするかなあ…と投げた一投、いきなりひったくるように力強い向こうアワセが。なんじゃこりゃー?何が釣れたんだ?と思いつつも巻いていくと…。

KIMG0053s.jpg

想定の範囲外、シタビラメをキャッチです!一応、この界隈にいるという情報は知っていましたが自分に釣れるとは、ですw

さて、何の装備も持ち合わせておりませんが、必要なアイテムを現場で確認すべく、やっつけナイトゲームに突入してみますか。とはいえ、ハラヘなのでマクドで冷えたカラダを解凍しつつ、早い夕食を摂りすっかり暗くなった東堤防へ。

KIMG0054s.jpg

戻って同じ場所から投げても反応は芳しくありません。広範囲に探ってヒイラギ4尾を追加し、ライトアップ&光量の多い西堤防に移動。しかしこちらは全く反応がなく。風は夕方のままですが明らかに気温が落ちてきたのでそろそろモチベーション切れ、18時半でお開きに。

では、まとめtweetを。全体の釣果としてはヒイラギ34尾、ピンギス5尾、イソギンポ5尾、小型ハゼ各種5尾、メッキ(ロウニンアジ幼魚)1尾、シタビラメ1尾になります。

cajonica / 【かほにか】
片瀬港初詣おわた。お試しで用意したMタックルちょい投げでヒイラギ爆釣34尾、他ピンギスはもちろんメッキ似のアジ、シタビラメまでキャッチ。ヘチでは小物に遊んでもらいましたという at 01/02 19:40

cajonica / 【かほにか】
強い北風が辛かったけど、いい釣りができました。爆釣タイム前の新潟から帰省で来ていた少年とのコミュニケーションも楽しかった。また夏休みにでも会えるとイイネ http://t.co/jQu3DTY5
 at 01/02 19:47

釣りをする環境としては厳しい条件の中、頑張った甲斐がありました。でもできれば、やっぱり穏やかな天候の下で釣りがしたいですw。

ロッド:下野 CBモバトラII 565UL
リール:シマノ 10ナスキー1000
ライン:ライン:デュエル ハードコア フロロプラス 5lb
リ グ:ショア天7g
    +自動ハリス止めサルカン
    +袖5号30cm
    自作パイプ付き中通し錘2号
    +自動ハリス止めサルカン
    +袖5号15cm

ロッド:エーテック トラギア ネクストリーム A806M
リール:シマノ 09エアノスC3000+1BB
ライン:東レ ソラロームII スーパー ドリフト 12lb
リ グ:マルフジ トリックJr. 5号(ナス型錘4号で使用)
    FUJIWARA 山本式高感度天秤 S (誘導式に改造)
    +ナス型錘8号
    +SASAME ちょいハゼ 6号 H001
    +舟七釣具店謹製キス仕掛け2本針6号

ベイト:舟七釣具店購入の付オキアミM
    舟七釣具店のジャリメ

にほんブログ村 釣りブログ 河川釣りへにほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへにほんブログ村 釣りブログ 五目釣りへ
 
 
関連記事
スポンサーサイト



2012/01/03 01:48 海五目釣り TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://cajonica.blog.fc2.com/tb.php/173-7d043a5a
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
リンク
QRコード
QR