あんまり難しくない釣りを、自分なりにこだわって。
プロフィール

cajonica

Author:cajonica
お金を掛けずできるだけ近場で簡単に何か釣れたらイイナ…という感じです。

twitter
Weather-GPV
カウンター
現在の訪問者数:
現在の閲覧者数:
タグリスト

実家から戻っての夜巻きです。

■8月23日(木)
cajonica ルーハー版だけどベイブオレノとスピンアイディディが珍しくあったので即バイト。85サミーは遊びです。全部ナマズ用。 http://t.co/JHEOxXcL

 at 08/23 18:52

これは安い!ヤフオクで送料抜いても勝てません。さすがにベイブオレノはすでに乱獲したのでお腹いっぱいですw。あとサミーはダイソーペンシルベイトのウォーキングドッグが楽しかったのでナマズで遊べるかな、なんて…使う時は夜、ちゃんと操作できるか謎ですがとりあえず1本w。

マラス入手以降、国産型落ちルアーづいているのでリアルな造形のルアーには大分抵抗がなくなりました。ただ、メガバスだけは何だかキモリアルで、全く触手が伸びませんね。

そうそう、PEラインへのリーダーの接続をするのですよね。さすがに初回よりはスムーズにできました。編みこみは全然OKですがうっかりすると後工程のハーフヒッチが片結びになってしまい、まだまだ慣れません。

あと、ベリー部のクワトロフックは一部に残して、スミスの化研ダブルバーブレス#2に変更しています。もっとも、サーフェスリグなルアーについては直付けではフックの動きが極端に制限されるし、スプリットリングをかますと極端にラインやリアフックに絡むことが増えるので、導入は見送っています。

cajonica リーダー付け直したのでちょっと巻きに出てみたよ。3バイト1バラシ。ホント追わない、付近に着水しないと出ない。せっかくサミー着水ヒットしたのにドラグが緩んでましたorz at 08/24 01:20

サミー、暗闇なのでどういう姿勢になっているかほとんど分からないのですが、ショートジャークしたとき、シャリシャリしたラトルがスプラッシュ感を強調していいですね。

結局ペンシルベイトって、ステイさせてモヤっと動かすとかでないと、ピンポイントネチネチアクションにならないみたいですね。ナマズだとその程度だと気がつかなそうで、現時点のコンディションで導入することに意味があるのか…まあ、本気で獲りに行く時はダーターを出しますし、使って面白ければいいじゃないですかと。

■8月25日(土)
結局夜巻くはずがすっかり眠くなって寝てしまい、起きたのが06時。せっかくだからペンシルベイトのアクション付けの練習に。ネタでコイが釣れればいいか。ついでに、対岸のナマポイントの状態や周辺の水深などを明るいうちに確認してみます。

KIMG1414s.jpg

ねんがんの なかすに じょうりく したぞw。苦労して遠投したりピックアップに失敗した現場がそこに。ついでにコイがいないかどうか、チェックは怠りません。おお、急流の中に魚影が見えますね。そういうことか。

とはいえ、シンキングミノーやスプーンは持ってきていないし、今回の目的はペンシルベイトの練習なので、これで釣れるようなポイントでなければスルーです。もちろん、どんなところにいるのか覚えてはおきますが。

ではさっそく、瀬尻の深くなっている、流れが緩やかになった辺りにキャスト。単純に左右に首を振らせるならそう困らないけど、連続でキレイにドッグウォークをキメるには、ラインの弛みとツゥイッチの加速加減がキモか。

あと、アップとダウンでラインスラックを巻き取る量が変わってくる。明るいうちは目視できるから問題ないけれど、夜巻きだとわからないから抵抗感というか、そういう感覚を自分に覚えこませることが重要になるのかな。

さて、ここは出そうだという流れ込みにキャスト、2-3回首を振らせたらいきなり水面が爆発、ラインがガンガン引き出されました。おっしゃーやっぱりいたか!ん?妙に引かないけど…うわなにこのヒレ!あー、やっちゃったー…orz。

KIMG1417s.jpg

間近で見るのは初めてだけど、すんごい迫力。でも、ナマズと同じく結構可愛いかも。キモカワイイというかw。それにしても、ルアーとラインがどうなっているか気になります…。

cajonica そして僕は途方に暮れる…コイじゃないじゃん! http://t.co/nswh9TSP

 at 08/25 07:16

見事なまでにサミー85が呑まれて、ラインが口腔内に。ヘタなことをするとラインブレイク、ルアーごとリリースになる可能性大。なんとかしないと…。

KIMG1419s.jpg

うわ、これ回収できんのか?えーととりまプライヤー…あ、あった。もう一つ…えー、ない?ないか?おーあった!大した重石にもならないがフィッシュグリップを掛けて、と…あーでもないこーでもないwww。立派な歯が見えるし、ジワジワ閉めてくるアゴの力は相当なもの。こんなのにガチ噛まれしたら指なんか…gkbrgkbr。

とりまもちつけwどうにもならないので、採寸を先にしちゃいます。その後一暴れあったせいか、ルアーはそう悩むことなく口腔内から取り出せました…ホッ。もともとルアーはナマズ用の設定だけど、バーブレスでホント良かった。

KIMG1422s.jpg

立派なもんです。こんな絵を自分で撮ることになるとは…しかも人生初キャッチ&ペンシルベイト入魂完了とは…全く、わからないものです。

cajonica まさか…サミー丸呑み。カムルチー72センチ3.2キロ。ちょっと時間掛かったけど、無事ルアーは外れて元気に戻っていきましたから、安心してください http://t.co/E1gZczqn

 at 08/25 07:26

それからも、サミーを動かしつつ周辺の川の中を歩き回って、中洲からコイのもじりを狙ったり。そうそう、明らかにコイじゃない長細めな大型、80以上はあるかなってコイ科っぽいサカナも見た。あーまさにタマゾン川、ターマーゾーン!(謎)

あとは、堰側に遡って堰敷地のキワまでルアーが届くところまで移動して足場を確認してみたり。ヒザくらいまで濡れるのが平気で、かつ一枚岩の凸凹を確実に把握できるなら夜でも行けないことはなさそうです。ランディング後の採寸とかをどうするかは今後の課題ですがw

cajonica 朝練おわた。ドッグウォーキングの練習かたがたコイ狙い。瀬尻の溜まりに着いていたのは…見事にかじられた痕がつきました。名誉の負傷、いやこれは勲章ですね http://t.co/ZTc8dYmN

 at 08/25 10:45

こういうルアーは宝物になると思いますね。とはいえ、引き続き働いてもらいますw

さて、夜の部に出掛けてみますかと。

日没前に中州に到着してひとしきりコイラバを。試しに大昔買ったワームでクローっぽいのがあったので使ってみたけどダメだね。形状を保つ程度のハリがないし、比重が軽いのかハサミ部分すらペラペラと漂ってしまいます。廃棄決定ですわw

水面のモジリを見つけながら落としていきますが、どうにも反応してくれません。モジっている辺りは流れが緩くてラバーがアクションしてないような気がします。それに、明らかに意識は水面の様子、こりゃパンの方がいいかw。

いつの間にか暗くなるのが随分早くなりましたね。ナイターの装備に切り替え、チャラ瀬伝いに38Jジッターを流れ込みの両脇に打ち込んでランガンしていきますが反応はありません。やがて、あと2mで川崎側の川岸のところまで到着、乾いた砂利の陸地があるのでそこに折りたたみイスを出し休憩。

コバクラSSRに切り替えて座ったまま最寄の流れ込み末端にキャストしたらほぼ着水バイト!しかしかじられただけでノー感じ。以降、この陸地を拠点にいろいろルアーを替えてランガンしましたがノー感じに変化なし。

ベイブオレノに切り替える前に、シャロクラで出るならと、ここはマラスに出動願います。若干戻った辺りの流れ込みに遠投したら一発でヒット!途中の浅場でキャッチしてフィッシュグリップを掛け、拠点まで運搬。

キャッチしてみるとあんまり大きくはないですが、最近ほとんど見かけないでっぷり恰幅のいい魚体。ざっくり言えば、なんか棒っぽいw。たらふく食った後かな。

KIMG1426s.jpg

リアフックがなんと、目に掛かってました。ただ、顔周りの模様などを見た限りでは、今回フックが目に刺さって潰れたわけではなくて、もともと潰れていた模様。

cajonica 中洲上陸作戦成功ナリ、マラスがやってくれました。57センチ2キロジャスト。重かったー。 http://t.co/p3OWuOmt
 at 08/25 20:29

今までの経験だと、60センチ未満の魚体の重さは1キロ~1.3キロ程度でした。しかしこの魚体は60後半レベルの重量。なるほど、ピックアップが重いわけだ。引きは強かったので小さくてもいいですw

KIMG1428s.jpg

水深があるところまで行ってリリース。ありがとね♪

その後、ベイブオレノを出しても反応なし、今一度サーチでコバクラSSRを巻いてみてもノー感じ。翌日は朝から予定があるので適当なところで撤収、帰路に着きます。

んでも堰敷地の手前までは行ってみるべさ、とヘッドランプを点灯しながら一枚岩の盛り上がっているところを選んで歩き、上流に向かいました。この辺り、流れが強いだけではなくて1m以上の水深がある1.5m位の幅の溝がすぐ近くにあって、コケたら一巻の終わりになるのですよね。しかも夜中です。平たく言わなくても「危険」ですわ、ここは(滝汗

しかし、こんなところ誰も撃たないはずなので、出ればパラダイスになる可能性も否定できません。そんなことを考えながら到着。ミッジオレノを投げてみますがひたすらノー感じ。しばらく投げていたものの、やっぱり怖くて集中できないので粘らずに戻りました。


基本エサルな俺ですがなんか、僭越ながらここのところルアーマンの気持ちが分かってきた気がします。サカナの行動に関する知識の重要性とか、それに関連して使用するルアーのチョイスや操作の仕方に関するこだわりとか。

このエッセンスはエサ釣りでも有効なはず。「エサ投げとけば勝手に寄って来て食う」なんてのは勝手な妄想で、実はきちんとサカナの生態を把握した上で、どこにアプローチして何を喰わせたら適切かわからないと、安定した釣果は得られない。サカナがいなければ釣れるわけがないし、もともと食い物と認識しないエサを喰ってくるわけがない。


今回はまとめtweetなし。来週から少々忙しくなるので、出動回数が減り記事もあまり充実しないと思いますが、よろしくお願い致します。

ロッド:エーテック トラギア ネクストリーム A806M
リール:シマノ 10ナスキー2500(スプール換装)
ライン:東レ シーバスPE パワーゲーム 22lb
    +サンヨーナイロン スーパーGT-R 16lb (リーダー)
リ グ:フレッドアーボガスト ジッターバグ G650-10 ※1
    フレッドアーボガスト ジッターバグ G620-09 ※1
    ルーハージェンセン バスオレノ 6443-012-805 ※2
    ルーハージェンセン バスオレノ 6443-038-982 ※2
    ルーハージェンセン ニップアイディディー 6463-038-0908 ※2
    ヘドン ベビーラッキー13 X2400 WCD
    イマカツ LOT BT100 スポーニングレッド ※1 ※2
    ラッキークラフト マラス ゴーストアユ
    ラッキークラフト サミー85 ヒガイ
    エバーグリーン コンバットクランクSSR ゴーズトワカサギ

    ※1 リア側段差スイミングフック
    ※2 ベリー側スミス製ダブル#2

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 河川釣りへにほんブログ村 釣りブログ 五目釣りへ
 
 
関連記事
スポンサーサイト



2012/08/26 01:13 ナマズ釣り TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://cajonica.blog.fc2.com/tb.php/191-47e8660a
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
リンク
QRコード
QR