あんまり難しくない釣りを、自分なりにこだわって。
プロフィール

cajonica

Author:cajonica
お金を掛けずできるだけ近場で簡単に何か釣れたらイイナ…という感じです。

twitter
Weather-GPV
カウンター
現在の訪問者数:
現在の閲覧者数:
タグリスト

実家最終日なのですが、家族の了解を得て早めに出発。行き先はもちろん、精進湖です。

チョメリグを早々にロストしてしまったので、急遽ハゼキャロリグに切り替えましたが根掛りが多くて使い物にならず。やむを得ず誘導式ウキリグを作成してみました。こんな感じです。

KIMG1392s.jpg

しかし、このリグは欠点があってですね、ラインごと引き込まれるようにフォールするが故に、フォール中のバイトが全く取れません。したがってギルが途中でエサを咥えていてもさっぱりわからず、巻いてみるとミミズがないというオチ。

これではどうしようもないので、サイトで釣ることに。これはこれで釣れますが、ちょっと見えないところではショートバイトのみで簡単にミミズがなくなります。そして、エサルベストサイズのギルが釣れませんというorz

なんだかイヤになってきたので、手持ちのBIGカツをつけて垂らすと興味を持って寄って来るのですがほとんど突付くだけ、あるいは突付きもせずにスルーという。これはダメじゃんねorz。

もう一つ、魚肉ソーセージも持っていたので今度はこちらで。

KIMG1393s.jpg

ギルの反応はあまり良くないのですが、オイカワが2尾ほど釣れました。これはこれでいいネタになるかな…。

cajonica 精進湖again。チョメリグをロストして誘導ウキに切り替えたがフォール中に食われたりで結局足元でサイト。豆ギルばかりだがオイカワも釣れたので後半に期待…ボートに乗れればですがね http://t.co/S2rPt0M8 at 08/21 11:47

そんな感じで豆含め7-8尾をキープ。暑くなってきたし、そろそろメシるかとレストランに向かいました。

cajonica 【辛い!! Webログ】
[452] 鹿カレー@ニューあかいけ(富士河口湖町) 画像1枚 karaiweblog/blog-entry-475.html http://t.co/mHEibcl5 at 08/22 10:19

昨年も食べてますけど今年も。ちょっと盛り付けが変わってますね。あ、このブログ、管理人の名前は違うけど同一人物なんで、辛いモノばっかりでキモくなかったら、こちらもどうぞよろしくお願いしますw

食事が終わって確認したら、ボートに乗れますって。よかった。そうそう、半日料金があるのは助かりますね。

KIMG1395s.jpg

早速、ヘラ師が繋いでいるロープにボートを固定してワラシベる。が、風でボートが動いてしまいせっかく仕掛けたワラシベリグがたちまちボートの近くに寄ってしまいます。そんなわけで相変わらずノー感じ。エサギルの追加も出来ないので、もっと奥の日陰にボートを横付けしてやってみます。

ここはアタリですね。ボートの下を覗くと、大小のギルと、小バスが群れております。早速エサギルをちょっと沖目に投入、自然に岸近くに寄ってきたらまた投げなおす、を繰り返しギルがくたびれてきたら交換、を続けます。

KIMG1401s.jpg

その合間に、BULTでは玉ウキを固定して垂らすだけの延べ竿スタイルに変更。入れパクです!しかし、エサにするにはサイズが大きいんだなあ、ちょっと。あと、ヤル気満々なので袖5号ではあっという間に針を呑まれます。やっぱり赤ハゼ7号が3倍呑まれないのは真実ですかw。手返しが悪くて堪らんorz

ワラシベは、いっぺん大き目のやつを鼻掛けして送り込んだら、ものすごい勢いで動く動く!それも困るなあと思いつつギルを釣っていたら、いつの間にか玉ウキがない!え?まさか…まさかでした。根掛りに入られてラインを切るはめに…。

他、ミスキャストで岸のイバラの枯れ木にギルごと引っ掛けたり、ギルが寄りすぎてラインが絡んだりと時間を消耗したのもあって(もーイヤ!)、あっという間に時間は過ぎて、16:30に納竿、17時には帰路に着きました。

cajonica 精進湖後半はボートにて。ワンド奥のシェード周りでワラシベしたが豆ギルでも喰いに来るバスはなし。周辺はギル入れ食いなのですがやはり食べ頃泳がせ頃のタナゴサイズはほとんど釣れない。完敗です。来年はどうするかな…。 at 08/21 21:48

ホント、どうするかなんですけど…某掲示板で訊いてみました。以下の引用はhttp://unkar.org/r/bass/1314970531/358-361からになります。

358 名無しバサー [] 2012/08/21(火) 22:51:57.33
エサギルのサイズだが結局、どのくらいがいいんだ?

5、6センチの豆だとフックの重さでフラフラするしスタミナがない。
かといって10センチを超えるとファイト満々で
小バスを蹴散らす勢い、根掛りに突進するし
上記の中間がベストと踏んでいるけど、これがなかなか釣れない。

あと、朝夕はバスの回遊が多少なりともあるんだが、
そのタイミングで近くに放り込んでも喰わない。
スイッチはどこで入るんだ?

359 名無しバサー [sage ] 2012/08/22(水) 02:23:43.24
元々この手のフィッシュイーターは

魚群に突っ込んで喰う
ポイントに待ち伏せて喰う
喰い易い場所へ、追い込んで喰う

この辺が基本だから、地形を見て回遊先へ先回りさせとくに限る。

後、無理矢理スイッチを入れさせるなら
鼻掛けにして早めのリトリーブで、追わせる。
ルアーでも同じ方法でスイッチが入る奴はいるが、
ギルの方が食ってくる可能性は高い。
水面でバチャバチャ暴れさせるのも効果的だと思う。

360 名無しバサー [sage] 2012/08/22(水) 08:19:42.35
あとリアクションはいれるべきかと。
ふらふらと泳ぐエサギルをバスが追ってて食わない時、
ヒラをうたせるように少し煽ってやると、たまらず食ってくる事あった。
逃げそうなエサを反射的に食ってしまうやね。

361 358 [sage] 2012/08/22(水) 09:03:58.12
>>359
>>360
ありがとう。とても参考になりました。
今度試してみる。

ありがとうございました。なるほどですよ。根掛りに入ったヤツは実はバスに追われて逃げ込んだのかも知れない…と解釈するなら、ギルのサイズ自体はあんまり関係なくて、動きが良い/スタミナがある個体を優先して使うべきなのだな、と。

ともかく、また来年…いや所用で9月中に行けるかも、という淡い期待をしつつ、プランを温めてみます。

ロッド:エーテック トラウティズム 565ULT
リール:シマノ 10ナスキー1000
ライン:東レ ソラロームII スーパー ドリフト 4lb
リ グ:誘導式玉ウキリグ
    +ヨリ戻し付ワンタッチハリス止め14号
    +ハリス0.8号12cm袖5号バーブレス化
ベイト:神竜ミミズ(太)
    華道 BIGカツ
    丸大食品 フィッシュソーセージ

ロッド:エーテック トラギア ネクストリーム A806M
リール:シマノ 10ナスキー2500S
ライン:モーリス バリバススーパートラウトアドバンス 8lb
リ グ:固定玉ウキ
    +ガン玉2B~2
    +ワッキー用ワームフック#3直結
     環付き丸セイゴ10号
ベイト:テキトーサイズのブルーギル

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 河川釣りへにほんブログ村 釣りブログ 五目釣りへ
 
 

結局エサギルが余ったので、ボートを返却する際にお店のオヤジさんに訊いてみました。アメナマを釣りに行った時に、その辺が気になりだしたので、一応現地レベルで出来る範囲での確認はすべきかな、と。ちなみに、オイカワ2尾は高水温の表層を引きずり回した為か、完全にグロッキーになってまして。すみません…。

C(cajonica):ギルって、放した方がいいですか?それとも、捨てた方がいいですか?
オ(オヤジさん):どっちでもいいよ。んーでも、捨てた方がいいね。
C:何処に捨てたらいいです?
オ:その辺に撒いときゃーいいよ。カラスん来て喰っちもーから。
※一部、甲州弁でお届けしました

前回はわからなかったのでリリースしてきましたが、今回は、云われた通りにしました。「郷に入れば郷に従え」というところです。

タダでさえ湖岸にはヘラブナの死骸がごろごろ漂着していて臭いのにどうなんだ…とは思うのですが、まあこれが日常なら何とも思わないし、放置ギルに関しては、霞ヶ浦とは異なり食物として食べてくれる生き物が充分にいるということで、こちらの地域ではその辺に捨てておいても特に困ったことはない、と素直に解釈しました。

外来魚の問題、従来の生態系を破壊して云々…についてはいろんな意見があると思いますが、おそらく、万人が納得する、明確な答えが導き出せることはないと思います。

人間が今の状況を作ったのなら、元に戻せるのも人間しかいないでしょう。但し、護岸改修や温排水の放流など、環境自体もいじってしまっているし、人為的ではなくても近年の温暖化による気温の上昇に伴う生態系の変化がある以上、完全に生態系を元に戻せるとは思えません。

そんな現実の中で何が最良か、それを各個人が考えて行動していくだけなのかな、と思っています。
 
 
関連記事
スポンサーサイト



コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://cajonica.blog.fc2.com/tb.php/193-aa6a8f1a
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
リンク
QRコード
QR