あんまり難しくない釣りを、自分なりにこだわって。
プロフィール

cajonica

Author:cajonica
お金を掛けずできるだけ近場で簡単に何か釣れたらイイナ…という感じです。

twitter
Weather-GPV
カウンター
現在の訪問者数:
現在の閲覧者数:
タグリスト

食味も含め、たまたま釣れた25センチカサゴのインパクトが大きすぎて、これ専門に狙ってもいいのかな、って…。そこで、テトラ帯の穴に落とし込む「穴釣り」でのアプローチが可能になるタックルを、調達することとしました。

試しにLロッド(2.1m)をテトラの穴に入れようとしたのだけれど、穴に落とし込むと穴の下が覗けない…かといって顔だけ穴側に出すと今度は手の方が思うように動かせないというジレンマ。それゆえのロッドの短さなのですね。当然、仕舞寸法も短くなり、リールも小型の両軸リールとすることで、タックル全体が小さくなって持ち運び時もかさばらないのは嬉しい限り。


この金額ならば、同じようなロッドが安く買えるけど、この精悍さ、カッコ良さはガチだと。長さはヘチ釣り兼用等欲張らずにテトラ専用として、1.2mにしました。

しかし、バージョン3はディスコン品ゆえか普段使いのYahoo店では扱わず、メーカー直サイトでしか買えない状態になっていて、色の黒い旧バージョン欲しさにわざわざ直サイトに登録しましたよ、ハイ。Y!ポイントつかないわ貯まっているY!ポイントも使えないわ…全くやんなっちゃうorz。


実は初めての両軸リールです。最初は安いベイトキャスティングリールにしようとしたけれど、やっぱりチヌ狙い系の両軸の方が安いし軽いし、糸巻量もさほど要らないのでこっちにしました。これに、フロロの4号を巻きます。きっちり巻いて40mくらいだと思いますが。

まあ、このテのリールは量販店のワゴンで3桁で売ってますけど、信頼性やパーツ調達については、廉価品でも二大メーカーの方がガチなわけで。そういやダイワのリールって、釣り復活以来初めての購入だわwww。シマノの同じようなラインナップもそうですが、右/左ハンドル切替が可能ってのは大きいな。自分は、スピニングリール同様に左ハンドルで使います。

このテのリールについてちょっと不安に思うのは、①レベルワインダ-(ラインをスプールに均等に巻く)機能がないことと、ギヤ比が低めで巻き取りスピードがあまり早くないこと、②バックラッシュ防止のブレーキ機構がないこと、③それにドラグも付いていない…。しかし、穴釣りの場合は、一般的なベイトキャスティングリールと使い方が異なってきます。

①ラインを出してもせいぜい10m程度であること、②投げるわけではなくあくまでも落とし込むこと(必要に応じ、スプールへのサミングは行います)、③穴からのブチ抜き用途の為ドラグはあったとしても使用しない、ことから特に問題はないのです。逆にシンプルな分、人間がいろいろ補完してあげないといけませんが、だがそれがいい…というのも一理ありますね。

さて、物品が到着しました。

KIMG2186s.jpg

ロッドとリール、そしてライン。非常にコンパクトです。ロッドはおなじみ富士工業のトップカバーPTC10と、小さいながら尻手リングが付いており、リールのパッケージともに、パッケージ内に取扱説明書があるだけで、袋ケース等は付いていません。その潔さがよろしい。

尻手リングについて言及しておくと、誤って手を離しロッドを穴に落としたとしても、自分の体に紐か何かでリングを繋いでおけば、簡単にサルベージが可能になるということで、付いていれば非常にありがたいものです。

しかしながら、このロッドの最新バージョン4には尻手リングが装着されていないようです(さぐり小僧2と同じ尻栓のようなので、もしかしたら付いているかも知れません)。それでも、ベルクロテープ等でリングをロッドに装着する等の代替手段はありますけど、こういった使い勝手の部分については継続してもらいたいところです。

毎度恒例の、ロッド仕舞寸法確認です。

KIMG2188s.jpg

上から、ガルプスティックGSS-706L、モバトラII UL565、そして、振出さぐりカサゴIII 120。そのまま測って32.5cm!これは小さいね。仕舞実寸は、31cmといったところでしょうか。

続いて、錘負荷の確認をしてみます。

KIMG2189s.jpg
KIMG2190s.jpg

アングルが変わっていて申し訳ありませんが、上が錘5号、下が錘10号のティップの様子。投げることは想定していないロッドですが、リールの機能はアレとしてもw、1/4ozくらいのルアーなら反動を使って差し支えなく投げられそうではあります。

もともとティップが細い(多分ソリッド)ので食い込みは良いと思われますが、ガチな抜き揚げを考えるともう少し胴がしっかりしていた方がいい気もします。とはいえ、まずはお試しなので…このまま使ってみます。

KIMG2192s.jpg

普段のパッキングはこんな形になるでしょう。重量はこのままの状態で200g程度。スピニングリール1個より軽いとはwww。重心もリールシートのフロント側にあって、ショートロッドの恩恵を充分に受けております。


来年、福浦あたりで穴釣りデビューしたいと思います。その時を楽しみに。

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 河川釣りへにほんブログ村 釣りブログ 五目釣りへ
 
 
関連記事
スポンサーサイト



2012/12/27 00:39 タックルなど TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://cajonica.blog.fc2.com/tb.php/223-b6fa2348
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
リンク
QRコード
QR