あんまり難しくない釣りを、自分なりにこだわって。
プロフィール

cajonica

Author:cajonica
お金を掛けずできるだけ近場で簡単に何か釣れたらイイナ…という感じです。

twitter
Weather-GPV
カウンター
現在の訪問者数:
現在の閲覧者数:
タグリスト

帰省のためレンタカーで07時に出発。中央道が件の事故で1車線相互通行になってたりで、警戒しての早出です。もちろん下道で。今回はできるだけ20号線を使わず…世田道から16号線をパスして津久井道から相模湖へ。そういえば…。


キャストミスで破損したスーパースプークJrの補充と、ソルトで使うかもな半分お土産のYAGUCHIカラーのザラポーチ、海のヘチング向けに衝動買いのワカサギ竿1.8m。まあ良いんじゃないでしょうか。

さて、意外に道は混んでおらず、この調子だとお昼前には甲府市内に入れるのは確実。到着は夕方から夜と伝えてあるし、ならばB川の視察など…20号線から外れ、山梨市~春日井町方面へ向かいます。



いい感じです。見えヒゴイも確認、これは撃たざるを得ないw。早速ペンシルを投入するもスルー。水面はアウトオブ眼中の模様。次の一手は用意してあります。ラバジ+3インチグラブを付近に投入するもノー感じ…。ヤル気がありそうな個体は…お、対岸のヘチにピンでいますね。

近場ゆえ半径1m以内に投入できました。さて、待て待て待て待て待て…ん?重いか?これは…乗ってる!!何だかほとんど走りませんが、いい感じにデカそう。今回持ってきたタモはラバーの50センチ径ゆえ、入れづらいんですが浅場に誘導して、慎重にキャッチ!

どーん!



タモ網がラバーゆえ、中で暴れて回る回るw。飛び出されると厄介ですから、すぐに道の向こうの畑に移動、少し場所をお借りしましたw。


ラバジ、なかなかいいです。底に食い気のある個体が充分発見できる距離にラバジを落とせば即アタる、って感じ。逆にこの条件が揃わなければ、全く釣れないやり方みたいです。まったく、多摩川でもこの位簡単に釣れて欲しいと切に…orz

食事の為に駅方面に向かい済ませた後、今度は以前ハードルアー単体でコイを釣ったポイントへ。しかし、ススキ他藪がかなり繁っていてキャストに難儀、流れも早く増水で足元も怪しいためここは撤収、さらに下流へ。

以前確認した本流のポイントから更に下流に行くと、側溝の水が本流に合流する水門を確認。見えコイ数尾を見つけたのでラバジを入れてみたがまさかの根掛かり!最終的には外れたものの、コイが散ってしまいましてorz

だがしかし!散ったコイの数尾が水面にライズしたのを確認。これはイケるでしょっと、ペンシル数種を代わる代わる入れて反応を見てみますがイマイチ、あーこれはダメかもわからんよ…と諦めて撤収を考えている時に投げたサミー65にヒット!引くことは引きますがちっちゃいので難なく寄せられます…。

ここでやはりランディングが…護岸ながらも斜面に張り付いているので立ち上がることが難しく、コイをタモの上に誘導はしたものの、上手く収めることが出来ません。位置関係を充分に確認してタモを出来るだけ上に引っ張る!うわ……ご覧の通りですorz orz orz


2012年は、こうして締め括られたのでした。

さて、年も明けまして2013年の元旦、親族揃っての諸行事は明日になるようですから、初釣りに出掛けてみます。場所はいつものG明川。念のため入れそうな流域の状況をチェックし変化がない為、鉄板の第一セクションに入ります。

こちらは保険でパンを持ってきていますが、基本活性を上げるだけで、あくまでもルアーで釣るつもり。土手の上からざっくりコイを確認して、チャミングを入れていきます。水温は8℃くらいですが、お!反応ありです。ここで、ルアーを投入。昨日あれから万代書店に寄り、目ぼしいルアーを買ってきたのでそのお試しで反応を見ていきます。

合間にチャミングを忘れず活性をキープしていきますが、放置したままではギリで見切られるので、ルアーに随時アクションを入れていくことになります。ルアー自体の動きに依っても、また反応が違いますね。色が白系で、あまり移動せずその場でモニョモニョ動かせるアクションを持つルアーがガチの模様。複数尾で奪い合うようにつつかれます。

「勝ったな」「ああ」www




やっぱこれ、鉄板だわ。つうか5.1キロの間違えと思ったけど痩せてるしよくわからんw。ルアーの強度に難があるのは以前確認しているので、バックアップを4個用意、万代書店の展示品はほぼ買い占めましたw。

ふと下流の方を見ると、釣りをしていそうな人が2人、川を見ながら話をしています。釣れたときにいろいろ訊かれてメソッドの説明をしたけれど、「来て30分で釣れるなんてすごいね」って…まあ、アプローチが適切ならフツーにある話なのですが。

少し下流に移動、再びアプローチを。ちょっとヘチに枯れ枝があってラインが絡むので難儀はしますが反応は良いのでモチベーションはキープできます。ただ、ザラパピーのボーンカラーにヒットしてアワせた途端ラインブレイクしたのは残念…orz。バーブレスだしいつか外れるでしょう。しかしこの反応なら、新品を買っても後悔しませんね。

気を取り直して、今度はポッパーリグ#2をチャミングの中に入れてみます。コイが本物のパンを食べ終えて、傍らにあるポッパーリグを吸い込みに向かいますが、口が見えた瞬間に逃がします。これは、見切る直前に距離を開け見切られないように、判断を誤らせる為に行います。もちろん、活性が充分に上がっていることが前提ですが。

こんなことを二度三度、じらしてじらしてw大きなピンク色の半円にリグが吸い込まれました!おっしゃ乗った!!シーズン柄なのかあんまり走りませんが枯れ枝が邪魔なので開けた下流側にタモを持って移動、さあ…思いの外コイがデカくてタモ入れに難儀します。コイが体をタモの縁に沿わせるような形になったところを一気に引き揚げる!



いやーデカいわ重いわ、G明川幹部クラス御光臨です!


さてランディングでプチ放心、この辺で終わりにしてもいいのかしら?とは思いつつも、一応流れ込みの対岸に群れが見えています。それだけ水の透明度は高いのですが、ダメ元でラバジを入れてみました。半ばサイト状態です。



あーやっぱ目の前に来ても食わないか…そろそろ止めるべ、っと入れてチョン引きしたら重い!あれあれ掛かってるし!右に左にチョコマカ走りますが、それは小型の証し。難なくキャッチです。


実は、ビミョーに口から逸れた場所に掛かっていたので単にスレって可能性もありますが、まあ元旦ですし、良いってことにしましょうかw。

初釣りはこれでおしまい。ルアーのロストはあるものの、2.5hでルアコイで3尾…一年の計としては悪くないと思っています。

【コイ向けルアー/パンプカ兼用Mタックル】
ロッド:エーテック トラギア ネクストリーム A806M
リール:シマノ 10ナスキーC3000
ライン:東レ ソラロームII スーパードリフト 12lb
リ グ:ヘドン ザラパピー X9225-C/BON
    ラッキークラフト サミー65 ゴーストアユ/クリア
    ゲイリーヤマモト スゴイクイックB 銀桃灰
    自作ポッパーリグ#2、他
    がまかつ ROUND211 1/13oz黒+ゲイリーヤマモト
     3インチグラブ ウォーターメロン黒フレーク、他

ベイト:フジパン 本仕込6枚切

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 河川釣りへにほんブログ村 釣りブログ 五目釣りへ
 
 
関連記事
スポンサーサイト



2013/01/02 20:46 コイ釣り TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://cajonica.blog.fc2.com/tb.php/226-fae1c3bd
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
リンク
QRコード
QR