あんまり難しくない釣りを、自分なりにこだわって。
プロフィール

cajonica

Author:cajonica
お金を掛けずできるだけ近場で簡単に何か釣れたらイイナ…という感じです。

twitter
Weather-GPV
カウンター
現在の訪問者数:
現在の閲覧者数:
タグリスト

久しぶりにルアーについて語ってみますか。大した引き出しはありませんけど。

KIMG2360s.jpg

上の段から左に、

 ①がまかつ type ROUND211 1/11oz BLACK
 ②がまかつ type ROUND25 BULKY 1/11oz BLACK
 ③カルティバ Hulajig 1/16oz BLACKxBROWN

下の段も左に、

 (参考)デコイ チヌヘッド SV-30 #2-3/32oz
 ④BASS-STOP コイラバ(R)Ver2 3/32oz #2
 ⑤BASS-STOP コイラバ(R) 1/16oz #2


①がまかつ type ROUND211 1/11oz BLACK

 今のところ主力としていて実績があるラバージグ。そもそも、有名バスブランド品は高価だし、いろいろ種類がありすぎてよくわかりませんしw。1/16oz(1.8g)もありますが、扱いやすさからすれば、1/11oz(2.6g)の方がラクです。

 特徴としては、ジグヘッドのみのROUND211と同じく、ワイドゲイブ&ショートシャンクで根掛りに強いようです。軸も割と強い方だと思うけど、コイを掛けたら絶対に伸びないわけではないです。当然のようにバーブは購入後にリューターで削ってあります。あと、巻いているラバーがかなり細く良く動くようで、これも釣れる要因かと。

 確か、2個入りパッケージで900円とかじゃなかったかな。実家に戻った時にとある釣り具屋さん(ルアーショップじゃないです)で購入したもの。しかし、もう市場からは消えてしまっているようで通販での購入はできなくなっているようです。これの黒モデルは、見つけたらオトナ買いコース確定。


②がまかつ type ROUND25 BULKY 1/11oz BLACK

 都内のルアーショップで購入。ラバーが球状に広がる「バルキー」な、割とよく見かけるタイプです。1個売りで400円したかなあ?という感じで安い部類ではないかと。これは使ったことがあるけど、未だに実績はありません。バルキーなラバーはコイ向きではないとの情報もネットで見つけているので、これが正解なのかも。

 ①よりはロングシャンクでショートゲイブ。長いワームなどをセットするのには良いのでしょうね。ウィードガードが同梱されていて、使う方は本体に接着して使ってねということのようですが…。ウィードガードが付いた状態でコイを釣られている事例があれば使おうかと思いますが、どこからもそんな話は聞きません。


③カルティバ Hulajig 1/16oz BLACKxBROWN

 これも地方の釣り具屋で購入。2個入り400円とコスパは最高。ラバーは細めで柔らかく、かつ毛足が長いけれども、根本的にマズそうなのがフック。ちょっとシャンクが長くて、小さいエビ系のトレーラーを付けるには使いづらいかな。また、サイズも一回り大きいくらいなので気分的には食わせづらい気がしています。今後の検証待ち。


④BASS-STOP コイラバ(R)Ver2 3/32oz #2
⑤BASS-STOP コイラバ(R) 1/16oz #2

 最近通販で購入したものです。お値段は④450円、⑤380円と割とお手ごろ。送料を入れればもう少し高めにはなるものの、まとめ買いをするのであればそう大きな差異はありません。

こちらのショップでは、コイ向けのルアーフィッシングのスタイルとして、中小河川でのラバージグを使用したサイトフィッシングを提唱しており、実際にこれらのラバージグでのコイの釣果がコンスタントに上げられていることから、実績という点では現時点でもっとも優れているものでしょう。

 ベースは、(参考)として撮影したデコイのチヌ向けジグヘッドを使用しているようで、これだけ太ければそうそうデカコイを掛けても曲がるものではないと思われます。普段ブッコミリグで使っているカルティバのカープフック#2よりも太いようで逆に、フッキングが心配なくらい。もちろん、バーブは削ってから実戦配備。

 ④と⑤の違いはラバーのカラー以外に、ラバーの太さも異なります。Ver2の方が細め(それでもがまかつROUND211の方が細いのですが)、無印は太めとなっていてバルキーっぽい感じに仕上がっています。また、⑤には④にはないワームキーパーが付いていてお値段は少々高めですが機能相応でしょう。これも検証待ちです。


さて、ラバージグといえばトレーラーですよね。できるものはわずかですがレビューしてみます。

KIMG2361s.jpg

手持ちのトレーラー。左から、

①ゲイリーヤマモト 3インチグラブ GRN PUMPKIN/BLK FLK or WATERMELON/BLK FLK
②ゲイリーヤマモト 4インチグラブ GRN PUMPKIN/BLK FLK
③ジャッカル ウェーバーシュリンプ 2.8インチ グリパンペッパー
④O.S.P ドライブクロー 2インチ グリパンペッパー
⑤バークレイ パワーベイト 3インチ カスミクロー GRN PUMPKIN

⑤はまだ投入していませんが、③④とか高価なのに全然釣れた試しがなく。とにかく①がダントツ。②も反応はあるみたいけどデカすぎるのかな。フィールドにエビがいる/いないという要素は関係があるのかわからないけれど「ネコにマタタビ・コイにグラブ」って言うくらい(いや誰も言ってないw)、鉄板っぷりには間違いない、きっと。

そもそも、ウチは多摩川が近いとはいってもド本流。平瀬川や浅川とは違い、サイトで食い気のあるコイを探して云々…というゲームスタイルは展開しづらいわけです。

しかし、先日のブッコミで確認した、堰上のサイトが効くカケアガリなんかは、充分可能性があると思われます。吸い込みダンゴで回遊を留めておいて、気づかれないよう脇に落としていく、ってのも個人的にはアリだと思うのですがね…結局、パンプカでパン撒くのと一緒でしょ。

これからのシーズン、ハタキ前後はビミョーですが、マルタウグイのタマゴ狙いで瀬に出ているコイも、もしかしたら対象になるかも。実際、ダイソージグヘッドに小型のシャッドテールでコイが釣れましたから。密かにカットテールの4インチも持ってるので、流水のコイを大きめのワームで狙ってみたいと思います。

もうひとつ、マッチザベイトという点では、テトラが密集しているようなテトラが密集しているようなテナガエビが繁殖しているフィールドでは、テナガエビ餌で即食ってきますし、エビ系のワームをトレーラーにしてもまず釣れると見ています。但し、掛かってから本流側に走ってくれなければ強引にブチ抜く必要があるので、かなり悩ましいゲームにはなると思うのですが。


とまあ、あんまり参考にならない記事でした。
 
にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 河川釣りへにほんブログ村 釣りブログ 五目釣りへ
 
 
関連記事
スポンサーサイト



2013/01/31 00:36 タックルなど TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://cajonica.blog.fc2.com/tb.php/234-26184d10
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
リンク
QRコード
QR