あんまり難しくない釣りを、自分なりにこだわって。
プロフィール

cajonica

Author:cajonica
お金を掛けずできるだけ近場で簡単に何か釣れたらイイナ…という感じです。

twitter
Weather-GPV
カウンター
現在の訪問者数:
現在の閲覧者数:
タグリスト

♪続きは、昭和な方ならわかりますよねw


そんなつもりでいたのですが、帰宅後気がついたら、ロッドとタックルポーチを持ってウェーダー履いて河川敷にいましたとさw。

おーやってるやってる。さらに水位が落ちて幅が狭くなった流れ込みには、瀬着きがあちこちに。今年は遡上が随分早い感じですけど、そのうちまた冷え込む日もあるだろうし、このままの調子で継続するとは思えないけれど…ま、やってみますか。

対岸に同じようなことを考えている方が1名、同じような場所を通しますからときどき絡んでお互いに外しあう、そんな無言のコミュニケーションがあったりなかったり。7-8gくらいのスプーンを使われていましたね。

瀬周りにルアーを通すと、ゴツゴツとスレの感触が何度もあります。強引に合わせるとまずスレ確定ですから重くなった時点でちょっと巻くのを止めて、フックが抜けるのを待ちます。

それでも重さが残っているものはさすがに寄せてくるという感じですけど、やっぱり何度かスレました。ドラッグジグやカストマスターなど重めのルアーはダメですね。おまけに、ガチなコイスレでナベ化ダイソークランクをロスト。105円なんでまあいいですが、やっぱりショックですorz

どうやら、重たいルアーでは簡単にカラダに掛かってしまうようです。どうせ水深自体は浅いから、今度は比重の軽い、または小さいルアーで鼻っ面を通過させて吸い込んでくれるのを期待してみます。SALT&CLEARクランクよりは同ミノーの方が吸い込みやすそうだったので、ナベパーツを移植してトライです。

早速、重くなって様子を見て徐々にテンションを掛けていくと、グンググンッ!と強烈な引き!瀬着きの下の方でファイトの飛沫が上がります。うっわー引くわ、またスレか???ともかく寄せてみますね。

KIMG2458s.jpg

おっしゃークチキャッチ!やればデキる子じゃないですかw>俺。そういうことか。全体が重いのではなくて、一部分だけ重くて、フックが吸い込まれやすい形状であれば、クチに掛けるのは有利なようです。

今度は、小型ルアーの代表デカベスクで。夜なんでどうせ色なんか見えないから、フレイムとかハダイロとか使うのはもったいないんで、真っ黒にしました。これはこれで人間が見にくいのですが…ダメじゃんw。

ポジジョン的に瀬着きが近すぎてあまり飛ばす必要がありませんから、スプリットショットの追加とかしないで、直接スナップに付けます。

んで、釣れましたよー。ちゃんとクチで。

KIMG2461s.jpg

当然ガンガンに底の小石にぶつけているので、繊維が外れジグヘッドが丸出しになってます。まあいいか。意外にこのフックは曲がらず、丈夫なのですね。というか、基本使ってるタックルが柔らかいというのはありますが。

そうか、軽くていいならば…と、今度は人生初にマルタを釣ったルアー、ダイソーBigOneミノーFのクロキン(にマジックで赤斑点を入れたもの)を通してみます。

KIMG2463s.jpg

ガッツリ重くてスレたかこれ??って思ったら、バッチリフッキングしてますよ!プチ感慨。どうやら必ずテールフックに掛かるみたいなので、ルアーのアクションを気にしなければ、ベリーフックはなくてもいいみたいですよ。でも、リュウキも同じ仕様なのに掛からないのが不思議でなりません。シンキングだからか?

そうこうしているうちに明日に備えてそろそろ戻るかな、という時間。明日の朝は…とりまもういいやw。


【マルタウグイ向けLタックル】
ロッド:バークレー ガルプ!スティック GSS-706L TE ORG
リール:シマノ 10ナスキー2500S
ライン:ラパラ ラピノヴァX マルチゲーム 0.6号
    +モーリス バリバススーパートラウトアドバンス 8lb
リ グ:ブレットン5g、MIU3.5g、ドラッグジグ7g、リトルミッキー、
    カストマスター7g、ナベリグ化ダイソークランクorFミノー、
    デカベスク、スピアヘッドリュウキ50Sなど

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 河川釣りへにほんブログ村 釣りブログ 五目釣りへ
 
 
関連記事
スポンサーサイト



2013/03/08 01:14 マルタウグイ釣り TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://cajonica.blog.fc2.com/tb.php/243-33155be1
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
リンク
QRコード
QR