あんまり難しくない釣りを、自分なりにこだわって。
プロフィール

cajonica

Author:cajonica
お金を掛けずできるだけ近場で簡単に何か釣れたらイイナ…という感じです。

twitter
Weather-GPV
カウンター
現在の訪問者数:
現在の閲覧者数:
タグリスト

いや、イチコクではなくてニコクです。ニワカはこれだからwww
第一京浜国道=イチコク=国道十五号線=ジュウゴゴウ?
第二京浜国道=ニコク=国道一号線=コクイチ?
ニコクについてはかなり沿線ローカルな呼び方のようですが、忠実ではありますね。この辺の諸事情については検索してみると、なかなか面白いかも知れません。


多摩川の下流域(調布取水堰以下でいいのかな)にはなかなか縁がありません。過去、数回入ってはいるもののほとんどいい思いをさせてもらっていないため、勝手知ったる中流域で充分、自然に行かなくなるということになるのですが…。

貴重な純淡水域のテナガエビが割とまとまって釣れる、いつものテナガ現場でもテナガエビが釣れ始めたようですが、昨年の状況を考えるとここでまた何度も竿を出してしまったら(特に今回はリリースじゃなくてイートだから…)また来年はあんまり釣れなくなってしまうんじゃないかと。

個人的には近場でアクセスが断然ラクな釣り場ですが、まず自分が竿を出さないのが第一と考え、テナガをいくら獲ってもまず絶えることがない(でしょ?)下流域での釣行を決意したのでした。まあせっかくだから何かの間違いを期待してルアーも投げてみようかと…諸々プランは膨らみますが、出来るかどうかはまた別の話w


影響されやすいので、そんな感じですw。

KIMG2908s.jpg

まずは、ここからスタート。って…フル干潮から30分後くらいの状態ですがうわテトラ帯がない!ガチなゴロタ石エリアもない!これは…仕方がないので水門周辺を諦めて、なんとか土地勘のある多摩川大橋周辺に向かいますが、やはり延々と大き目の石交じりの砂泥帯が続きます。地元の方でしょうか、釣り人も見かけますが釣れるの??

多摩川大橋の下のテトラも丸見えで、テナガが着いてるとかこれはないな…。逆に、下見という点では今回の大潮干潮のタイミングで良かったのかも。それにしても対岸はバッチリなテトラ帯やゴロタ帯があって羨ましい…ん?東京側も下流側にテトラがある…ある!!とりま行くべし!!

KIMG2912s.jpg

竿は出してみましたが、ほぼノー感じorz。それにしてもすっごい水の色!中流域も溜まりはひどいことがあるけれど、ここまで濁ってるのはありえない。んまあ下流域、全ての流域の汚れを引き受けるエリアだから仕方がないし、こういうところの方が都合がいい生物もいて、バランスが取れているのだものね。

小一時間粘ってみたけどさすがに諦めて、どうにも羨ましかった対岸に渡り、橋の下に入ることにしました。橋を渡って移動になりますが、一旦川岸を通り過ぎて戻る形に…うわー、これだけで500mはありますわ…あーしんどorz。安売りペットボトルの飲料水を入れたクーラーの重さがどうにも身に染みます…。

KIMG2913s.jpg

ダメだ!!上げ潮中ならばテナガが寄ってきているはずなのにパーフェクトノー感じ。家族連れの方々も入られていて水汲みにはテナガやハゼの姿もあるんですけど、決して大漁とは言い難い…きっと午前中から来ているし、魚影的にも頭数集まれば何とか釣れる、ってレベルかもです。ここも絶望、ガチボの空気が濃厚に…orzorzorz。

そういえば、東京側から見てゴロタ帯らしきエリアがあったよね?えーと…面倒だけど最後の希望、ここから下流を探すしか道はない!!が…行けども行けども川岸に降りられそうなところはブッコミ師が入っていて、いないところも急深な断崖、おそらくゴロタも存在しない…ん、この辺り杭があるね。そうか!!この辺りからか!!

KIMG2921s.jpg

入ってみると、実際はゴロタじゃなかったんですがアミアミ保護された川岸からわずかながら水が流れ込んでいます。そろそろ日没な感じですし、体力的にもここらが我慢の限界よ!!ってなわけでここでラスト、腹をくくってみることに。

とにかく仕掛けを入れてみます。ん?今シモリの一番下が動いたか??とりま訊き合わせかな…。

KIMG2915s.jpg

おおー!!掛かってるし!!正真正銘テナガですよ!!無事キャッチしてクーラーボックスへIN。おっとー、ブクブクの電源投入は忘れないようにw

その後、ヌマチチブを連発しつつもテナガ数尾を確保…デキハゼも釣れましたがどうやら、このアミアミの中の石の隙間が棲家のようです。ここなら潮の影響でテナガが寄ってくるのを待つ必要はなく釣れそうです…が、またパッタリ。あー、潮上げマックスな時間だわ。これはやむを得ないか。

今のうちに、さっきの橋の下をチェック。やっぱりノー感じ。結局上げ潮で寄ってくるという認識に誤りがあるのか、現状はそこまで活発な個体がまだまだいない、と考えるのが妥当なのかわからないのですが、さっき釣れた場所以外は何をやってもダメ、ということだけは理解できました。

結論を出すのにちょっと時間が掛かりましたが、もう一度さっきのポイントを押さえてみます。こうなりゃナイトゲームも辞さない覚悟で、せめてツ抜けだけは…「私たちは絶対にあきらめない!!」www

ん?シモリ動いたね。どれどれ…(ここは即巣穴だから、あんまり待つと根掛りしちゃうんだよね…)。

KIMG2922s.jpg

え”?またちっさいのかと思ったけどなんかでっかいね…うわロングアーム、キター!!!(確かに「ビッグアーム」だと、違うよなあwww)。後で計測したら全長21センチありました。この後もシモリが見えるまで大小のテナガを確保、途中ケミ追加でのミャク釣りに切り替え、何とかツ抜け達成!!


実は、2尾ほどお亡くなりになっていますが、これはもう不可抗力ですね。しいて言えば、現地ではテナガ投入後に塩を溶かしていないので(ここ、汽水域ですから…)、その辺でショックとかあるのかも。

そんなところで延べ竿を仕舞い、もう疲れたから巻かずに帰るかなあ…んーせっかくだから橋の下でゆっくり休憩しながら巻くだけ巻いてみますかね。どーせ釣れるわけないし。

一応、①今は大潮の夜で水(潮)が大きく動いている②今が潮が下げ3分くらいのタイミング③橋の下の影と、橋の上の照明で水面が照らされている境目がある、というくらいの認識ですけどね。ちなみに、橋脚の関係でダウンクロスが打てない(バックスイング時に壁激突でルアー破損ですよ?)ので、アップクロスオンリーです。

まずはラパラCD7。ナマズ仕様なんでバーブレスですが、まあw。んん?なにこれヘンな感触。テトラにぶつかったのとは違う鈍い振動…これまさかバイト???いやいや、底のゴミを拾った模様www。

ノー感じだし、ちょっと軽くてあんま飛ばないのでエリア10を入れてみます。って…飛ぶことは飛ぶけど、もうバチ抜けてないでしょ。やっぱりノー感じだわwww

やっぱりボトムを意識した方がいいか、っとダイソーミノーモンスター11cmシンキングを入れてみます。水面の光と影の境目よりチョイ上に着水させ、とりま7つくらいカウントして軽く煽り巻き巻き時々トゥイッチみたいなw。

んん??そんなに強くないけどゴゴン!ってバイト!?これ、頭振ってるでしょ!!おっしゃー何かの間違いキター!!!www…とりま巻きアワセを入れ、小さいみたいだから半ば強引に寄せ…うわエラ洗いか!ヤメテー!!!www

…フックアウト。やっぱり、間違いじゃなかったねorzorzorz…。根掛り回避の為ダブルフックにしてたってのもあるけど、アワセが甘かったってのが最大の要因かな。多分、コイ科のサカナばっか釣ってるのでクチの硬さが意識できないという…。ナマズならもうちょっとうまくやれるんだが管釣りのマスといい、ハイスキルで困る…。


もちろんキャッチできた方がいいのでガッカリはしましたが、よくヒットさせたな俺…いやいや、よくバイトしてくれたよセイゴタソ…。感謝感激なのです。


ここでキリがいいと判断し、お開きに。はああ…駅まで遠い…。何だかんだ今日は5キロは歩いてるしクーラーボックスも重いし…海なら氷だけ残して軽くなるけど今回は水入れっぱなしだからなあ。次回はキャリーカートの出動を要請しまっす!!!

【テナガエビ/小物釣り兼用 延べ小継竿タックル】
ロッド:POINT BAY 白滝渓流Ⅲ 180×2
    POINT BAY 白滝渓流Ⅲ 270×1
リ グ:自作シモリ玉ウキ仕掛(エビ針1号)
ベイト:JSYのアカムシ

【ルアー/パンプカ兼用 Mタックル】
ロッド:エーテック トラギア ネクストリーム A806M
リール:シマノ 10ナスキー2500(スプール換装)
ライン:東レ シーバスPE パワーゲーム 22lb
    +サンヨーナイロン ナノダックスリーダー 17.5lb
リ グ:ラパラ CD-7 JCB
    ガイア エリア10 キャンディ
    ダイソー ミノーモンスター11cmシンキング 茶金

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 河川釣りへにほんブログ村 釣りブログ 五目釣りへ
 
 

 
 
さて、一応3日ほど経ったので泥抜きを終わりにし、頂くこととします。石鹸とドブの混ざったような、あの多摩川臭がしないといいのですが…まず、テナガ達には、☆になって頂きます。


フタ付きのナベにテナガを移し、一旦フタを置いてから、スキマを作りそこからウォッカを一気に注入してすぐフタを戻します。しばらく跳ねるので、念のためフタの上にどんぶりを置き30分ほど放置。さすがに全尾☆になりました。

移動中かなり揺れていたと思うので泥とかはそう着いてなさそうだけど、念の為ナベのまま塩を入れて揉み洗い、塩を流してから仕上げにまんべんなく片栗粉コーティングしてこれも流します。甲羅部分はピッカピカですよw。あとはキッチンペーパーにくるんで水分を取りつつ冷蔵庫でエージング、揚げるのを待つだけです。

中華鍋にテキトーに油を入れ、あんまり熱くないタイミングでテナガを投入。ジャンテナ辺りはさすがに二度揚げしています。ちょっと揚げ過ぎたかもな色ですが、まあいいやw。


居酒屋じゃないんだからwwwでも、素揚げならごはんよりビールでしょ!!あ、隅の黒いの2つは保険のため急遽揚げたウィンナーですw

若干揚げすぎたとはいえ、まさにエビ、身の締まり~食感はサイコー~~!!ジャンテナの手に泥があって臭いとかそういう話も知っていますけど、そんなこたーなかった。さすがに冷めてくるとパリッとしなくなるけどね。小さいのはまるっとサクサク頂けましたよ。

次回はビール同伴か、中華っぽく味付けしてガチおかず仕様にしてみます。
 
 
関連記事
スポンサーサイト



2013/05/26 02:51 テナガエビ釣り TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://cajonica.blog.fc2.com/tb.php/272-f1c91eda
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
リンク
QRコード
QR