あんまり難しくない釣りを、自分なりにこだわって。
プロフィール

cajonica

Author:cajonica
お金を掛けずできるだけ近場で簡単に何か釣れたらイイナ…という感じです。

twitter
Weather-GPV
カウンター
現在の訪問者数:
現在の閲覧者数:
タグリスト

んー、何とかしてレギュラーサイズのサバを釣りたい…週末は大潮か。


先週からのメンテをロクにやってなかったので、前日は早く寝られなかった…。午後の風向きと移動時間短縮の為、今回は海辺つり公園ではなく、うみかぜ公園へ向かいます。

結局起きれずに始発に乗れず…到着したのが08時前。想定していたよりも釣り人は入っていませんね。間隔が広いということは何かあるのでしょうが、さすがに何も釣れないわけではないと思うので、奥の方に入ってみます。

早速カゴリグをセットアップ…ああ、オキアミをクーラーボックスに入れて運んできたので解凍されてません。なら別のアプローチで…ん!左側の海面でイワシがザワザワやってますよ!!

ソッコーでMTにジグを付けて投げに。しかし、何事も起きません。どうやら、追われているのではなく活性が高くて勝手にボイルしてるだけかw。いつしか自己ボイルも止み加減ですが、陣取った辺りでも少々ザワザワっと。んならば、ULTで獲りに行く!

DSCN0226s.jpg

いつぞや絡んで一部しか使えなくなったピンク/スキンサビキを流用してジグサビキ/吹流しサビキ(下カゴ/上カゴみたいなもんですw)を入れるとショートバイトが頻発、時にキャッチも。

ここまでは想定の範囲内です。もう少しやろうとしたらリーダー結束部からサヨウナラ。あーあorzorz。しかし、まだ群れは入っているようなので、PEにルアーを直結して投げているとうわ当たった!!

が、バレましたorz…これ、ブリーデンのブレードチューン(スイベル+極小ブレード+ダブルフック)の上にスプリットショットを打っただけですが、ダブルフックは乗りが悪い、いやPE直結で弾きやすいってのはあったかな。

そろそろオキアミブロックも解凍が始まったか?MHTのカゴリグセットアップをして少々強引ですが遠投カゴに詰めます、で、針をカゴに入れて…投げますか(うっわ重っ!)…って、空中でカゴ開いてるし、ハリスは絡むしなんなのこれ…orz

その後もいろいろ試したけれど…ハリスの絡みは手でよくしごいたらマシになりましたが、遠投カゴについては錘の移動でカバーが開くだけではなく、ストッパーを押し上げてしまうようです。正直、これじゃ使えない…。

右側の方はウキなしでコンスタントにイワシたまに小サバを揚げています。アミコマセも徐々に効いていて、なんとなく周辺にイワシが集まっている模様。ならばすみません便乗させてくださいとばかりに、アレをやりました。

DSCN0229s.jpg

画像をクリック、拡大してご覧ください。正真正銘流し毛鉤(宇川式)です。ちゃんと食ってきます。これは吹流しリグで、ウェイトにはMIUの3.5gを使いました。なんとなく一定のタナを通るようショートジャーク→巻き取りを繰り返すようなアクションで大丈夫のようです。

お昼を過ぎ午後に入ると、隣の方が居なくなったせいなのかだいぶイワシの活性が、いや群れが居付かなくなってきました。さすがにつまらないのであきらめたMTのジグサビキを外し、古くなった冷凍アミエビの処分を兼ねて胴突リグに換装してヘチを叩きます。すると、出るわ出るわ…。

DSCN0233s.jpg

まあ、お約束ですね。ハオコゼ。当然リリース、って食べる人も居るみたいですけど、こんなちっさいのをそこまでしてどうなのとは正直思います。

DSCN0232s.jpg

んなにこのキンモーいハゼ???いやいやアナハゼですよ。クチの辺りが青いのがキモさの原因のようですが、ちゃんと食えるみたいだし差別はいけまてん!!でも、小さいのでリリースです。

DSCN0235s.jpg

力強いトルク感と共に上がってきたのは20アップのウミタナゴ。速攻キープ!もう1尾ちょい小さめも揚げたので、これもキープ。

DSCN0237s.jpg
DSCN0238s.jpg

引きっぷりが違うなあ、って期待して揚げてみると、なにこれキモいw初キャッチのキュウセン。メスは割と違和感ないけどオスのテラキモスっぷりといったらwww。それに、小さいクチだけど大きく開き歯をむき出しにして威嚇する様はなかなかコワイかもw

まあ関西ではスーパーに並んでるサカナらしいので、期待してキープ。メスの方は小さめなのでリリースしています。

いつの間にかエギ師、そして親子連れが右側に。そしてしばらく空いていた左側も家族連れがテントを設営しております。午後からの方が活況なんですね。まあ上げ潮の時間帯でもあるし。「ちょっとヒマだから公園にフラっと出かけてオカズを持ち帰る」ジモティーも多いと思われます。

右側の家族連れにフツーにイワシが釣れている(アミコマセなしの投げサビキを使う方を初めて見ました)ので、そろそろ本気出す。MHTの吹流しリグを投げサビキに替え、4号のナス錘を下側に付けて投げますが、先の理由で遠投ウキから即オキアミが出てしまいなかなか…。

替えのノーマルカゴも持ってきていないのであきらめて足元に垂らします。まったく、何のための遠投ウキなのか…orz。想定外のオーバーロードでウキには無理をさせつつも、不自然な挙動を確認したら即アワセです。おっしゃ!ガッツリウキが沈んだぞ!!小さいのは間違いないけどw

DSCN0241s.jpg

遂に小サバをゲット!!同じ体長でもイワシとは引きっぷりが全然違うのに驚いた…これがレギュラーサイズになったらアベコイダッシュくらいのインパクトがあるのかな??こりゃ、ガチサイズの青物恐るべし、ですよ。

DSCN0245s.jpg

日没前にちょっとだけ日差しが差し込みました。再びMT胴突で…メバルです。もう1尾はイワシとのダブルで。2尾も小さいのでリリースなり。

やがて、海面に波紋が立ち始めました。群れが表層になだれ込んできたようです。流し毛鉤の吹流しを止め、下側を切ってMIUの4.2gをアシストフックと共に装着し、上部のスプリットショットを外します。結果はまとめtweetの通り、これでも釣れます。フックサイズのせいか連掛けは難しいのですが、コンスタントに。

日没直後、イワシの活性はピークに。暗くなる前にさらに本気出す、ですw。今度はハードルアーだけでいきます。

DSCN0246s.jpg

先のブレードチューンパーツ、2g以下のスピナーでも乗らず…直線的に巻くのではあまりアピールにならないか…っとここで管釣りスプーンを出してみます。数投して…おお乗った!!遂にハードルアー(だけ)でイワシの一本釣り!!多分ピンクの方が反応はいいのでしょうが、手持ちがないので茶色になりましたw

その後はルアーに対しての反応が落ちたので、ヘチの根魚を探ってみました。MIUの2.5gにダイソーメバルワームのオレンジ(日中晒しておいたので蓄光っぷりがパネえw)でショートバイトが取れたことは何度か確認したものの、ヒットにまでは到らず。

ちなみに、手元が暗めなのと手が滑ってうまいことワームが挿せなかったので位置が曲がってしまいました。だがしかーし!これが幸いして適度に引くとベイトが尾を振って泳いでいるように見えなくもない!って、某女流釣師の動画で同じことをやっていたような気がw

さすがに暗いし、今回はヘッドランプを持っていなかったので延長戦はなし。スマフォの灯りで片付けをして19時半過ぎに撤収しました。


実際、地元に住んでいるか自動車など時間が自由になる交通手段がなければ、朝の時合など対応できるはずもなく…。

横須賀中央のネカフェに待機する方法もあるけれど、そこまでコストを掛けてやるべきなのかどうか(気になってるコミックが読みホーダイなのは別としてw)、定番では夜釣りでオールやって朝まで過ごすというのもあるけれど、この年齢では翌日は釣った魚の捌きもあるのに使いものにならないし、さらに月曜に差し支えるとなれば…。

まあ、自宅は多摩川へ徒歩5分で入れ、ちょっと頑張れば仕事のある平日でも釣りができることを考えてみれば、充分贅沢なのでしょうから、他に多くを望まない方が良いようにも思えてきました。でも、秋になったら一度はちゃんと狙ってみたいかなあ、レギュラーサイズのサバ…。

【ジグサビキ/メバル胴突 Mタックル】
ロッド:エーテック トラギア ネクストリーム A806M
リール:シマノ 10ナスキー2500(スプール換装)
ライン:東レ シーバスPE パワーゲーム 22lb
    +サンヨーナイロン ナノダックスリーダー 17.5lb
リ グ:ハヤブサ ジギングサビキ 小型回遊魚用 S
    ハヤブサ 飛ばしサビキ 蓄光スキン 8号
    +ダイソージグベイト 28g ブルー/ピンク
    +デコイ DJ-92 ファイバーライトアシスト #1
     カルティバ マイクロジグ 30P L
    がまかつ 波止メバル 7号+錘8号

【投げサビキ(太)MHタックル】
ロッド:エーテック トラギア A866MH
リール:シマノ 11エルフ4000
ライン:サンヨーナイロン スーパーGT-R 16lb
リ グ:浮き止め糸+シモリ玉+遠投ウキ8号
    +からまん棒+遠投カゴS 8号
    +ヤマシタ 遠投カゴ釣 ピンクスキン先カラ針 10号
     ハヤブサ 飛ばしサビキ仕掛け 6号 ピンク+錘4号

ベイト:JSYのオキアミブロック
    ハマイチ Gグリル L
    冷凍アミエビ Mサイズ

【ルアー向け ULタックル】
ロッド:ゴールデンミーン JJパック JPS-68
リール:シマノ 10ナスキー1000
ライン:ラパラ ラピノヴァX マルチゲーム 8.8lb
    +ヤマトヨ フロロリーダー 5lb
リ グ:0番スピナー、MIU、など
    +フジイ ワンタッチ式 ハヤ・ウグイ仕掛け 5本 宇川式
    +マルフジ 伝承豆アジ ピンク/スキン 4号
     (いずれも部分破損につき上下端を改造しルアーを装着可能)

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 河川釣りへにほんブログ村 釣りブログ 五目釣りへ
 
 

 

分母は釣れた数、分子はお持ち帰りの数。


初日分です。キュウセンのヌルヌルが何かあるようで、実はイワシとかもちょっと臭ってたような気も。次回からはちゃんとウロコを取って念のためピチットで臭みを抜いてから焼こうかな。まあ、一夜干しでもいいんだけど。


残りのイワシはこれで頂きます。テキトーな濃さの塩水に2時間エージングしてオリーブオイル煮を30分。身が小さいから骨が出ちゃったりしてますが、一人で食べるんでノープロっすw

ウミタナゴは2枚開きにして5%塩水で30分エージング、今はピチットで包んでエージング。


悪くはないんだけど…もうちょっと料理のクオリティを上げたいなあ…せっかくのおサカナに申し訳ない。あ、ウミタナの大きいのは2夜干し後ラップでくるんでフリーザーへGO!です。毎日サカナでもちょっとw
 
 
関連記事
スポンサーサイト



2013/06/23 14:33 海五目釣り TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://cajonica.blog.fc2.com/tb.php/279-ca59e2c8
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
リンク
QRコード
QR