あんまり難しくない釣りを、自分なりにこだわって。
プロフィール

cajonica

Author:cajonica
お金を掛けずできるだけ近場で簡単に何か釣れたらイイナ…という感じです。

twitter
Weather-GPV
カウンター
現在の訪問者数:
現在の閲覧者数:
タグリスト


ある意味、昨年のリベンジというか、改善を積み重ねたい気持ちで今年も。


今年はブッコミリグをダウンショット化した上で、エダスのフックを浮かせて確実にアメナマのタナに合わせることに。ここのところ海釣りでサビキ(胴突)仕掛けを良く使ったのですっかり違和感はなくなりましたね。ついでに寄せ用途でコマセカゴも準備しておきます。

それと、前回やり漏れてしまった多摩川ナマズスタイルのトップウォーターのルアーフィッシングというのも。念のためソフトルアーやスプーン類も持参しておきます。普段から一部を除きルアーのフックはすべてバーブレス(加工済)ですから、特に準備も要りません。


あとはエサ。何種類か思いつくままスーパーで購入できるまま、揃えました。ビニール袋の中のサカナは冷凍のサンマ一夜干し。練り餌はバーブレス化吸い込み仕掛けのダンゴ(MTで使います)とブッコミの寄せで使う予定です。

さて、当日。09時前に最寄り駅に入って、土浦を目指します。


駅に着いて近くの大きなスーパーでもう少しエサを見ようと思っていたのに、あれれ…潰れたのか???とにかく、昨年そこにあったスーパーマーケットは存在しないので、今回押さえたビジホの方にスーパーがあった事前調査の記憶を頼りに、そちらに向かって歩きます。

…暑い。空気はさほどでもありませんが、日差しが厳しいですね。この段階で1kmくらい歩きましたか、おっとー!川がありますね。

DSCN0264s.jpg

新川です。この対岸にスーパーが見えています。前回は、桜川という割と川幅がありポイントが絞りにくい、かつ芦などが多く入りづらい河川だったので、今回はもう少し川幅が狭くつかみドコロがハッキリしていて入りやすい河川でのアメナマ釣りを指向していたのでした。

早速、スーパーで昼食のおにぎり等とエサにする剥きエビを買いました(冷凍だとなかなか安いのがありません…)。チェックインまで時間があるので、メジャーポイントである旧港のビオトープ跡を目指そうかと思いましたが、ビジホへの移動も考えると往復2kmじゃ利かないことを鑑みて、新川沿いで竿を出すことにしました。


「濁りがあって曇っていれば釣れる」という情報も伺っていましたので、気にはしていたのですが…判断は出来ないまでも、とにかく釣りはしますよとw

途中、こんなところが。

DSCN0267s.jpg

小さな流れ込み。明らかに川の水の方が濁っていることが分かります。この周辺はバス師が2-3名入られていたのでブッコむのはちょっと遠慮しました…というか、もう少し歩けば本湖ですし。

新川の最河口部では、左側から境川という河川が流入しています。到着した時は上の車道からチョイ投げが入っていて侵入できなかったので、少し手前でやってみましたがノー感じ。ってか何この浅さ!しかも川底は泥に覆われているようで、絶好のポイントと言われるハードボトムには程遠い…まあ、やるしかないですね。

DSCN0275s.jpg

しばらくして奥が空いたので、入ってみます。なぜこの辺りだけ水に濡れているのかは設置してから理解しました。午後からは東寄りの風が強く波立っており、さらに大型船舶が移動するとその余波で護岸にぶつかるのですよ。結構浸水してきて、竿立て以外は護岸の斜面に退避しました。板チョコ状態が便利だわw

チェックインの時間もあるので時間を気にしつつ、暇になってしまうのでMTでちょっと遊びます。バーブレス吸込仕掛に練り餌を着け、長いハリスにサンマ一夜干しを付け竿は手持ち。ときどきククン!っと引き込まれますが、外れてしまったようです。ダンゴは残っているのでサンマにしか当たらないようです。

そうこうしているうちに、んん!MHTのティップが揺れました!どれどれ…こりゃ小さいね。


30-40センチのアベキャです。このクラスのアメナマはいちいち測定しないことにしました。必ず反応はありますが掛かったのはこれだけ。今回は妥協しないで2/0フックで通します。食えないコネコ(アベより小さいアメナマ)が多い群れなんでしょう。

DSCN0274s.jpg 

やっと、送料無料の金額調整を兼ねて買ったw小型のフィッシュグリップが活躍しますね。重さを量るまでもない尺前後でクチが大きめなサカナならちょうどいいです。先週のウミタナゴはちょっと無理があって、撮影後落としちゃいましたがw

時間になり撤収、帰りにさっきの水門を覗いてみました。


水中撮影。コイがうじゃうじゃ群れています。先を急ぐのでここはこのままにしてビジホに入りチェックイン、1時間くらい寝て夕方のランガンに向かいます。

再びさっきの水門に。パンを撒く、コ式を入れる、直結、直結フカセ、CD7w…全部スルーされました。パンを知らないのかさんざん苛められたのかどちらかとしか思えないのですが…orz。気を取り直して、さっきの2河川合流から境川の護岸に入ります。

DSCN0283s.jpg

新川と川幅はさほど変わりませんが、より郊外を流れている感じで雰囲気はすごくありますね。期待してペンシルやG651ジッターやダーターを入れてみますがノー感じ。どんどん暗くなっていく中、対岸のヘチに着いているコイのバキューム音が響くだけです。


照明らしい照明も近くの工場のものしかなく、非常に心細い。っていうか、土手の草むらからキャストしなければ、もう1段降りて足元幅60センチくらいのコンクリの上を歩くわけで、落水したら確実に胸くらいまで水に浸かることに…チキンで結構、そこそこに撤収。「アメナマはトップウォータープラグで釣れない」決定でいいよねw

帰り道、地方系のルアーショップを見つけて、ビミョーにネタwしかし実用に期待できるルアーを買ってみました。


早速、ダブルスプリットリング&ダブルフックに換装しました。帰宅後明るいうちに多摩川で巻いてみましたが、個人的に同じヘドンのベビーラッキー13よりも好きな動きだなあ。早速実戦投入してみようかと。

さて、夜のエサ釣りの部に。先に画像で紹介した場所に陣取り、MHT2つをそれぞれウキ仕様とブッコミ仕様で。下の画像はブッコミ仕様です。カゴには鶏レバー、フック2つにはサンマ一夜干し解凍が。飛距離や投入角度で底からフローターハリスまでの距離が変わりますが、構造上水深1m程度だと、エダスコ式になってしまいますw

DSCN0284s.jpg

なお、ウキ仕様はフローター付ハリスのところに本来のウキを付け、錘の下糸を目一杯短くし、カゴ下のヘビダンフックのスイベルにフローターを抜いたハリスを着ける形になります。ウキ1下は1mを目安に設定。

待てど暮らせど反応がありません。じゃ、場所替えしますかね…。なお、この日買った剥きエビは、かじられた形跡すらありません…ハズレのようです。


ドラグの緩めが今ひとつだったのか竿ごと持っていかれそうになりまして…おーヤバイヤバイwファイトの時の走りやトルクもこのサイズで多摩川のアベコイ(だいたい60センチ前後)と同等か、瞬間でそれ以上あったような。「竿は地球ロック推奨」はダテではありませんなw

この後、ウキ仕様の方にもアタリがあり、ウキがズボっと沈んだのを確認、アワセてみましたが乗らず。場所を若干下流に移動して、さっき釣れた辺りに竿出ししてもダメ…はいタイムアウト!ビジホに戻らなきゃorzorzorz…。


後半、2日目の霞ヶ浦アメナマ巡礼遠征2013(後編)に続きます。

【ブッコミ&ウキ MHタックル】×2
ロッド:エーテック トラギア A866MH
リール:シマノ 11エルフ4000
ライン:サンヨー スーパーGT-R 16lb
リ グ:①自作ヘビダンリグ
     ウキ止め+ビーズ玉+誘導ウキベース
    +フロロ30cmハリス+フローター+2/0ワームフック
    +サブマリンコマセカゴS+ヘビダン用フック2/0
    +フロロ60cm+12号錘

    ②自作ウキリグ(①の仕様変更)
     ウキ止め+ビーズ玉+誘導ウキベース+6号誘導ウキ
    +サブマリンコマセカゴS+ヘビダン用フック2/0
    +フロロ1cm+8号錘
    +フロロ30cmハリス+2/0ワームフック

【ライトリグ&ルアー Mタックル】
ロッド:エーテック トラギア ネクストリーム A806M
リール:シマノ 10ナスキーC3000
ライン:東レ ソラロームII スーパー ドリフト 12lb
    or 東レ シーバスPE パワーゲーム 22lb
     +サンヨーナイロン ナノダックスリーダー 17.5lb
リ グ:オーナー針 吸込仕掛8号(バーブレス化)ノーシンカー
    ラパラCD7他、トップウォータールアー各種

ベイト:スーパーヤヒロの鶏レバー200g、サンマ一夜干し解凍1尾、
    パスコ 超熟3枚、ヨークベニマルの剥きエビ150g、
    589本舗 589EX+マルキュー 鯉師(1:1配合)、
    バークレー ガルプキャットフィッシュドゥ

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 河川釣りへにほんブログ村 釣りブログ 五目釣りへ
 
 
関連記事
スポンサーサイト



2013/06/30 15:12 アメリカナマズ釣り TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://cajonica.blog.fc2.com/tb.php/281-18110661
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
リンク
QRコード
QR