あんまり難しくない釣りを、自分なりにこだわって。
プロフィール

cajonica

Author:cajonica
お金を掛けずできるだけ近場で簡単に何か釣れたらイイナ…という感じです。

twitter
Weather-GPV
カウンター
現在の訪問者数:
現在の閲覧者数:
タグリスト

cajonica / 【かほにか】
明日は諸用で実家へ。日帰りゆえ空き時間が少ないので水辺に行けるかわかりませんがナスキー1000+フロロ5lbの入魂ができればやってきます at 12/17 20:24

短時間で確実におサカナをキャッチする…となれば、釣り堀等の施設での釣りも対象に入りますか。

cajonica / 【かほにか】
2本目のパンコイロッドが、ナスキーに化けました…。フロロはいろいろ難しいみたいだけど、まずはトライ&エラーでしょ http://t.co/b1eUhWsI
 at 12/13 22:03

特に今回は、新機軸ナスキー1000とフロロ5lbの諸確認、もとい入魂の儀式を…ナスキーにしたのは、JSYの年末セールもありましたがw、ラインローラーにベアリングが入っていてラインがヨレにくいらしいということ、またフロロの導入は、より感度を上げて微弱なアタリを確実に捉えられるかな、という辺りでのチョイスです。

特に、JSYの中の方にも言われましたが、この小径リールに巻いた5lbフロロ(一般的には管釣り仕様として3lbを巻くみたいです…)のクセが克服できそうか、という点が大きなチェックポイントになっています。

というわけで、またしても自転車で山道を釣り堀まで小一時間かけて上がり、2時間ほど撃ってきました。もう寒いし、前回よりは無茶しなかったので、それほど移動での消耗はしていません。

到着すると、帰りがけのお客さんとすれ違ってからは誰もおらず、実質貸し切り状態w。エサのイクラを買いまずは1Hを申請。リール竿なので何か言われるかなと思ったけどノープロ。そういえば「ルアー禁止」の張り紙がないねwww ※シーズンで変わる可能性がありますので、詳細はお問い合わせですね

CA3F1240s.jpg

まず、チョメリグ2.5gに自動ハリス止めを接続し、いつ作ったのか全く覚えていない(多分四半世紀前とかw)ハリス付きマス針をセット。早速、一投目からヒットです。しかし、合わせるタイミングがいまひとつ分からず、針を飲まれること多し。

早目のアワセを心掛けるものの、なかなか改善しません。おまけに、カエシを潰すのを忘れていたので手返しは悪いしマスさんは弱るしで、途中からカエシを潰すもロス多し。試しにハリスを30センチ以上取っていたところを20センチに変更。しかしこれも決め手になりません。

まあ「チョメリグで(釣堀の…)マスがフツーに釣れる」ということは確認でき、ラインが塊でドバっと出て行くようなライントラブルはなかったので、この位のウェイト(2.5g+フック分≒0.8号位ですか)までならナイロン同様、フツーに使えるのかな…という感触は得ました。

今度は、デカベスクのサーモンとオリーブを投入。一応アタリはあるのですが残念ながらフッキングまでに至らず。続いて、小さめのスプーンということでMIUの1.5gウグイカラーも投げてみましたけど、やはりパッとしません。

ではではと、ギルでちょっと実績のあったPAL1.6gゴールドで試しにエサのリアルイクラをトレーラーにして投げたら一発でヒット、なんとキャッチも。どちらで釣れたかを検証する為、今度はイクラなしで投げたらこれもヒット。すげー!しかし、キャッチ直前でバレましたorz

とどめにブレットン1.6g金黒赤フックを投げたらこれは完全スルー。というか、底ベタで浮き上がらないように巻くと、ブレードが回っていないような。なんだろう、このルアーフィッシングに関する俺のセンスのなさは…ホント絶望的だわ。

やはり負荷が軽い分、巻いていてもラインのたるみとか割と出やすくてライントラブルがちょっとあったけど、VARIVASナイロンの初期と同じくらいのレベルで(実はVARIVASって硬目だったんだ…)、意識していればそうひどい状態にはならない感じでした。

とまあ、無駄といえば無駄な時間を少々過ごし、一旦休憩。完全に山間部なので日が落ちるとホント、釣れば釣るほど手が乾かなくて寒いですw。釣堀の中のオヤジさんとくべた火を囲んで軽くお話をして、1H追加しました。


後半は、前回と同じ赤バーブレスフック直結にガン玉Bを2個、20センチ間隔に取り付けたフカセリグで狙ってみます。このとき、家族連れが一組入ってきたので少々遠慮がちにやっているのもありますが、反応があるもののあまり取れません…といいつつ、結構追加したような。

このフカセリグはゆっくり落とす系のチョメリグとの沈降速度などの差はあまりなくて、差があるとすればフックとフックまでのライン(ハリス)なんじゃないかと。もっと細いラインでもっと細軸のフックならガシガシ獲れるかな。こちらも負荷が軽いため、少々ライントラブルありです。

以下まとめです。こんなスコア。時速10尾では爆釣じゃないかもですがヘタクソなので。アワセのタイミングがやはり…最後の10分くらいで勘所がなんとなくわかってきたという、ダメな俺ですorz

cajonica / 【かほにか】
T川レジャーセンターの釣り堀で20尾/2H。ゆっくり巻いてモソっとしたらアワセ入れるだけというのが意外にアレだったり http://t.co/st5ss5q5
 at 12/18 17:35

そういえばナイロンと較べると、フロロって水面に残っている(表面張力で浮いている)時間はやっぱり短いですね。ライン先端の沈降速度と水面に対するラインの角度が変わることを考えると、(フォール時間を特に意識しない)底モノ狙いには良い影響を与えそうです。

あと、この釣堀の中央にろ過した水を落とすところがあるのですが、たまたまそこのコンクリート架台にリグがこすれた時の感触の鋭利さといったら…これもナイロンラインとの違いかな、と。

もう一つ言うとやっぱりナスキー、いいです。何このスローリトリーブ時の安定感。単にハンドルノブにガタがない、とかいうレベルではない精度の高さを何気に感じます。

ただ、09エアノスよりちょっぴり重たい感じはします。しかしロッドとのバランスを見るにつけ、むしろ…1センチ重心が手元に寄ったのでそれはそれでラッキーw。ラインのヨレ云々については、別途検証ですかね。


1-1.5号の錘で投げるなら、現状のセッティングでノープロの模様です。もう、波止でも実戦あるのみかと。

ロッド:下野 CBモバトラII 565UL
リール:シマノ 10ナスキー1000
ライン:デュエル ハードコア フロロプラス 5lb
リ グ:チョメリグ+サルカン付自動ハリス止め+マス針7号
    デコイ ワンタッチフック?(赤)直結+ガン玉B×2
    ルアー各種

ベイト:釣堀のイクラ

にほんブログ村 釣りブログ 河川釣りへにほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへにほんブログ村 釣りブログ 五目釣りへ
 
 
関連記事
スポンサーサイト



2011/12/18 23:53 釣り堀・管理釣り場 TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://cajonica.blog.fc2.com/tb.php/31-05f2e680
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
リンク
QRコード
QR