あんまり難しくない釣りを、自分なりにこだわって。
プロフィール

cajonica

Author:cajonica
お金を掛けずできるだけ近場で簡単に何か釣れたらイイナ…という感じです。

twitter
Weather-GPV
カウンター
現在の訪問者数:
現在の閲覧者数:
タグリスト


もう本格シーズンは始まっている模様、アジサバノルマクリアの為本牧海づり施設に行ってみます。ええ、土日はカオスになるのはわかっているので、平日で対応することに。

さて当日。もちろん始発で、なるはや到着をもくろみます。


ひどいよ。エレベーターは機能しているみたいだが、直線距離上には無さげだし探してる時間がもったいないので、キャリーカートごと抱えて階段を上ります…orz。結果、06時ジャストの市バス26系統にギリギリ間に合わず、次に乗りました。

乗り合わせた釣り人は自分の他、ご年配の男性と大学生らしき女性(ハローキティーロッド!)がいらしただけで、平日はさすがに少ないみたい。階段で2Fに上がり(またか…)券売機で入場券を購入します。次回とか何とも言えないので1回券を買いました。そのまま右側に進んで、施設の中に入ります。

DSCN1026s.jpg

管理棟を出たところ。…見ろ!人が(ry。最悪護岸側でもと思いつつ一応、沖桟橋に入って隙間を探しますが、歩きながらあちこちで竿が上がっています。時刻は07時過ぎ、今まさにサバのプライムタイムのようです。くっそーこのリア充どもめが…いやいやいやwww

沖桟橋の外側に隙間は全くなし、内側になんとか見つけ、一声掛けてお礼を言いつつ入らせて頂きました。実はここ、桟橋の橋脚に当たるところでちょっと釣り辛かったりするのですが、贅沢は言っていられません。

DSCN1032s.jpg

釣り場はこんな感じでセッティング。写ってはいませんが、百均のビニールシートを敷いてアミアミの隙間から何か落とさないようにしています。そうそう、ロッドの根元に注目です。

DSCN1030s.jpg

思わぬ大物に持っていかれないようアミアミの床に固定するアイテムを自作しました。ここ、本牧海づり施設沖桟橋&渡り桟橋の定番アイテムとなっています。

781380.jpg

材料はこんな感じ。既製品の自転車カゴ向けの4本ゴムをそのまま使われる方が多いようですが、かさばる荷物をできるだけ減らすため、大幅にコンパクト化しました。ゴムが短くスキマがあまり取れないのでロッドの挿し抜きが若干不便ですが、機能として不足はありません。

それにしても話には聞いていましたが、潮の流れが速いです。小潮にしてオモリ15号でもなんとなく持って行かれますね。まあ、隣の方も同じくらいのオモリなので同じように流れていれば問題ないかな。あと水深が結構あって、家でウキ止め糸でマーキングした8mラインが余裕で沈んでいきます。

「足元に垂らして100m遠投した釣りが出来る」ってのは本当のようですが、それはともかくタナがわからないので、まずは底を取り、若干浮かせて待っていると…。

DSCN1033s.jpg

人生初アジ来ました!でも、アピールの為オモリにしてるジグとほとんど大きさが変わらないってwww途中からリリースは止めました。隣の方はまだサバ交じりで釣っていましたが実はアジ狙いだそう。同じタナで食ってくるようです。やがてこの方が去り、初老の男性と娘さん?のペアが入ってきました。

豆アジはポツポツ掛かりつつもなかなかサバが来ません…っと!ティップが大きく入りました!これか、これがガチサバの引きなのか!!と急いで巻きますがしまった!ドラグが緩んでいて寄せられない…うわ隣の仕掛けに絡むーっ!!ところを何とか人海戦術?でクリア、無事抜き揚げ…。

しかしヘチ際でポロリorzorzorzこれは残念すぎて立ち直れない。さっきの隣の方が帰り際に「今回ってきてるからまた掛かりますよ」って慰めてくださいましたが、こちらが見てるうちにサバ3本も揚げてれば余裕もありますよね…と性格まで残念な人になってしまう有様。

この状況を打破すべく、エビ胴突をセットしていたMTにサビキを装着、カゴはさっき橋脚の根掛りから回収した、袋状のコマセカゴを使います。そういや、全体を見ているとタナで開くサブマリンカゴを使ってる方は随分少なかったかな。やっぱりここ一番というときに詰まってしまって、コマセの出が良くないんでしょうね。

DSCN1036s.jpg

と、MHTのティップが引き込まれます。悪くない感触でwktkして揚げてみると…ガチサイズのコノシロ。こちらも初めて釣りましたね。とりあえず大きいのでキープですが、後に衝撃の真実が明らかにw

再び仕掛けを入れて待っていると、またしてもアタリが!急いで巻いていくとあれ?軽い?んんなんだ隣とマツってるってか???どうやら、掛かったのに敢えて少し放置していたみたいですね…ダメすぎorz。


想定通りの事態が発生しました。どう見てもLアクションのバスロッド程度の竿に2000番程度のカリカリリール+2~1.5号の蛍光ライン…ダメすぐるorzorzorz。

サバは無事回収しつつ、ぶつぶつ言いながらもオマツリを解いていきます。先方のラインと仕掛けが一方的に、こちらの仕掛けに絡んでいます。ラインを切らせて頂き抜けるところから抜いて(蛍光ラインはこういうときも有難いw)、仕掛けのみの絡みは幸いなんなく解除完了。お互いの仕掛けが無事でよかった…あ、サバどうした!

DSCN1037s.jpg

おそらく10分ほど天日で放置。すっかり干からびてしまいましたw。隣の方に判断を仰いだら「もらってください」とのこと。すっごく複雑ですが、釣れたことにさせてください。ダメモトで血抜き処理しました。

その後もコマセを詰め入れ続けるものの、たまに豆アジとか程度。コイのブッコミ釣りと何が違うの?と言いたい位の暇っぷりですよ。しかし、隣の方はあれからゴツい投げ竿をセットしゴツいナイロンラインで、見事なサバを釣っています…。

最初の方ともそうだけど、一体何が違うんだ???謎が謎のまま、時間だけ過ぎていきます…。小潮なのはともかく入場にお金かかってるくせに始発なのにマズメタイム逃すし平日なのに人多いし、わけがわからないよ!

っとMTにアタリが!サバではないがなかなかいい感触…コノシロ追加です。通りすがりの常連っぽいオバちゃん曰く「そんなもん食えたもんじゃないよ」って…うわ、ボラみたいな扱い!?まあいいやボラも食えるんだからコノシロも食えるでしょ、とキープ。

そろそろ日も落ち、夕闇が迫っています。コマセも潤沢にあるわけではなく、今から補充するほどは使わないのでこのまま使い切る…でも勝負はあと数回充填すれば終わります。

DSCN1039s.jpg

戦うとはこういうことだ!とばかりにリグを蓄光カラフルサビキに、オモリをケイムラ仕様のジグベイトに変更、コマセを目一杯詰めて着底したら激しくシェイクしながら持ち上げて、を数回繰り返し…と思ったらいきなりティップが揺れている!アタリだ!

巻いてみると、ガチサバではないですね。この位だと…。

DSCN1041s.jpg

うわ来たついに…一皿サイズのアジ!!

ここで結構暗くなってきたので、サビキリグをケイムラ仕様に変えて最後の一投を。軽く片付けを始めていると、んん?今アタらなかったか?自信はないが軽く煽って…おお付いてる付いてる!!

DSCN1042s.jpg

またしても一皿サイズのアジ!!やったね!!俺よく頑張った!!コマセ終了にて完全にストップフィッシング。荷物をまとめて、水入れ類だけ管理棟の水道で洗い直し、帰路に着きました。

まとめです。


確かに「釣れる」という点においては有償の価値はありそうですが正直、消化不良です。だいたい勝手はわかったもののサバをきちんと釣りたい。もっと過酷な状況になりそうで鬱だけれど、ソーダも始まるようだし土曜日に新護岸側にでも入ってみるかなあ。

【本牧仕様メインサビキ MHタックル】
ロッド:エーテック トラギア A866MH
リール:シマノ 11エルフ4000(+ラインローラー1BB)
ライン:サンヨーナイロン スーパーGT-R 16lb
リ グ:サブマリンコマセカゴM or 布サビキカゴM
    +ハヤブサ 飛ばしサビキ仕掛け 6号オーロラ
          飛ばしサビキ大サバ大アジ イサキ6号
          ひとっ飛びサビキ 新アジ8号 蓄光スキン/ケイムラ
    +錘15号 or ダイソージグベイト40g ピンク/オレンジ

【本牧仕様サブサビキ/ジグサビキ/エサ胴突 Mタックル】
ロッド:エーテック トラギア ネクストリーム A866M (トップガイドSic化)
リール:シマノ 11エクスセンスBB 3000M (+ラインローラー2BB)
ライン:東レ シーバスPE パワーゲーム 22lb
    +サンヨーナイロン ナノダックスリーダー 17.5lb
リ グ:①ジグサビキ
     ハヤブサ ジギングサビキ 小型回遊魚用 S
     +ダイソージグベイト 28g ブルー
     +カルティバ マイクロジグ 30P L
    ②エサ胴突
     がまかつ 波止メバル 7号+錘10号
    ③足元サビキ
     布サビキカゴM or サブマリンコマセカゴM
     +ハヤブサ 飛ばしサビキ仕掛け 6号ピンク
     +錘10号

ベイト:マルキュー 食わせオキアミスペシャル L
    JSYのアミブロック×2

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 河川釣りへにほんブログ村 釣りブログ 五目釣りへ
 
 


魚屋やスーパーの鮮魚コーナーでフツーに売ってるサカナを釣って帰る…って、実は凄いことなのかも。もちろん売ってるものを買った方が遥かに安いし効率もいいけれど、釣りをする愉しみや安全な流通と調理は、お金では買えませんよね。


やっぱりというか、アジはどう調理してもマズいということがない!丸揚げ旨し、一夜干しのプレーンな旨さもガチ。サバは10分放置プレイが利いたのか、丸一日漬けておいたのに少々臭かったかも。にんにくも少し入れてますけどね。


そしてそして。試しにこの状態から網目を入れてゴマ油を塗って焼いてみました。おお意外にイケる…でも酸っぱいw。

市販のちらし寿司(の素)に混ぜるのも考えたけれど、いろいろ面倒なので止め。結局最後はキムチチャーハンに刻んで入れました…酸味や匂いは目立たなくなり焼き魚っぽいテイストが出て良かったけれど、油とのマッチングがビミョー。これ、つくねや練り物にした方がソツがなさそうだね。
 
関連記事
スポンサーサイト



2013/10/12 15:59 海五目釣り TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://cajonica.blog.fc2.com/tb.php/313-1bd0f5d9
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
リンク
QRコード
QR