あんまり難しくない釣りを、自分なりにこだわって。
プロフィール

cajonica

Author:cajonica
お金を掛けずできるだけ近場で簡単に何か釣れたらイイナ…という感じです。

twitter
Weather-GPV
カウンター
現在の訪問者数:
現在の閲覧者数:
タグリスト

前回の消化不良を解消するため、週末に再び本牧海づり施設へ。


今回は、馬車道駅で降り最寄のバス停から移動。もっと釣り人が多いかと踏んでいたものの、結局終点で下車したのは自分と老夫婦の3人のみという…天気が悪かったのが利いてるのか入場の並びもなく、沖桟橋は無理でしたが新護岸の奥をラクショーでキープでき、肩透かしを食らった感じというw

DSCN1065s.jpg

今回、そしてカゴ釣り対策のために遠投磯竿を買いました。この仕舞い寸ではさすがにザックには刺せないので、別にロッドケースを持ちました。単に柵に立て掛けてもいいのですが、リーチがもったいないのでこんなセッティングを。キャリーカート、マジ使えますw


錘負荷が大きめの安物グラスブランクの60センチ×9本継とか…玉の柄かwww。強度や重量、そしてアクションを考慮すると、いわゆるコンパクト仕舞寸法での製品はありえないと思われます。運搬は実際にロッドケースを使ってみてそんなに不便は感じなかったし、ザックを1ランク小さく出来たので、今後も同伴はありでしょう。

この辺、沖桟橋に比べたら水深があまりないんですね。大潮にして潮の流れもそんなに影響は感じません。途中MTでジグサビキとかエビ胴突とか、この遠投カゴTで足元サビキから(ニセ)カゴリグに変更とか、売店でステンレスのカゴを買ってきてコマセ拡散の改善など、いろいろやりましたがことごとくノー感じでこのままお昼に。

日差しもほとんどなく寒く強めの風が吹く中、小さめのシコイワシ(カタクチイワシ)がお昼前に回ってきた以外、特に目立った釣りモノは上がっていないようで、家族連れを中心に帰る方がちらほらと。

おっと、沖桟橋の奥側がまるっと空きました!これはキープにいくべしっと移動しましたが、既に別の家族連れが荷物を置いた後でした。あらザンネン…んん?戻りながら5人くらいのヤングがまとめて引き上げる場所を確認、即確保!捨てる神あれば拾う神ありとはこのことw

DSCN1067s.jpg

風が強いので竿が吹かれて傾いてしまいますから、桟橋の継ぎ目の錆びたところで固定。こんな感じで。どうやら柵に縛るちゃんとした竿掛けが市販されているようですから今後はこれを買うか、何かを改造して自作してみます。

なかなかアタリが来ない中、ふとティップのテンションが緩みました。この動きはどう考えても不自然なので試しに巻いてみると…おー、付いてますね。食い上げか、ようやくボ回避…。

DSCN1068s.jpg

コノシロです。今回はお持ち帰らずにリリースのつもりでしたが、右隣の方が「食べます」と言っていたので差し上げました。ちなみに右隣の方はガチな船釣りのタックルとリグを使っていて、時に掛かった50センチのボラをタモなしで抜いていました(すげえ強度…)。伺いましたがアジサバはあまり出ていないようです。

DSCN1066s.jpg

引き続き続けますが反応はなし。ふと水面を見ると、こんな感じで水面にシコイワシが。周りのファミリーを中心に鈴なり状態で揚げています。カモメがこれを狙って周囲を舞っていて時折逃げ惑うイワシらしき小さな飛沫があちこちに…。

そういや新護岸にいた際に沖桟橋側でカモメが随分群れているのを確認していましたが、これか!ナブラってほどじゃないけどこれルアー投げるの今でしょ!って、MTの準備ができた頃にはすっかり消えた後でしたorz

DSCN1069s.jpg

そんな感じなので、回収しながらシコが掛かることも。このサイズでは処理が面倒なだけなので、掛かってもリリースです。

やがてさらに天候が悪化、雨が舞って来ました。もとより寒いのでレインポンチョを着込み耐えながら施設クローズの時間まで、MTサビキも追加して継続しましたが、何も釣れませんでした…orzorzorz。したがってお持ち帰りもなし。この無力感はなんなんだ…。


先日の台風により、海水の塩分濃度が薄くなる「水潮」という現象が起きていたようで、水の入れ替わりを期待していたところだったのですがまだ大潮も初日、大きく水替りが起きたとは言えないようです。

リグが流される件は、大潮で流速が増していたことで先週の錘負荷では対応できなくなっていたのかも。単純に錘を重くすれば解消するものと思われます。しかし、これ以上の重たいリグは回収時などに竿にも負担が掛かるし、自分自身も疲れますから…「やらない」というのも一つの選択肢と思います。


アジサバ乞食、魂の叫びwww

しかし、シコが回っていることから今後はこれを追って青物が回る可能性も…いえ、もう次の台風も日本列島に向かっていますしその影響で翌日も雨、期待するのはキビしいかな。そもそもサバの回遊は下降ぎみでそろそろソーダガツオが来るシーズン…また来年、今度はもう少し早めに入ることにしましょう。

アジサバからはテキトーに離れて、次回は相模湾に向かいますか。あと、淡水では落ちアユパターンのデイナマもありますしね。

【本牧仕様足元サビキ/(ウソ)カゴタックル】
ロッド:シマノ ランドメイト 4-450PTS
リール:シマノ 11エルフ4000(+ラインローラー1BB)
ライン:サンヨーナイロン スーパーGT-R 16lb
リ グ:①足元サビキ
     サブマリンコマセカゴM or ステンカゴSS
     +ヤマリア 遠投サビキ ピンクスキン/ハゲ皮9号
      ひとっ飛びサビキ 新アジ8号 蓄光スキン/ケイムラ
     +ドラゴン ドラッグジグ オレ金 40g
      ダイソージグベイト40g オレンジ
      or 錘15号
    ②(ウソ)カゴ
     8号 遠投ウキ
     +ステンカゴSS
     +ナス錘6号
     +キス天秤18cm
     +ヤマリア 遠投カゴ釣 ピンクスキン・先カラ針

【本牧仕様サブサビキ/ジグサビキ/エサ胴突 Mタックル】
ロッド:エーテック トラギア ネクストリーム A866M (トップガイドSic化)
リール:シマノ 11エクスセンスBB 3000M (+ラインローラー2BB)
ライン:東レ シーバスPE パワーゲーム 22lb
    +サンヨーナイロン ナノダックスリーダー 17.5lb
リ グ:①ジグサビキ
     ハヤブサ カマス専科 9号(半分にカット)
          ジギングサビキ 小型回遊魚用 S
     +ドラゴン ドラッグジグ オレ金 28g
      ダイソージグベイト 28g ブルー
     +カルティバ マイクロジグ 30P L
    ②エサ胴突
     ヤマリア メバルカサゴ・ガシラ7号+錘10号
    ③足元サビキ
     布サビキカゴM
     +ヤマリア 遠投サビキ ハゲ皮9号
     +錘10号

ベイト:マルキュー 食わせオキアミスペシャル L
    CTGのアミブロック×2

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 河川釣りへにほんブログ村 釣りブログ 五目釣りへ
 
 
関連記事
スポンサーサイト



2013/10/20 14:06 海五目釣り TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://cajonica.blog.fc2.com/tb.php/314-1788dc79
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
リンク
QRコード
QR