あんまり難しくない釣りを、自分なりにこだわって。
プロフィール

cajonica

Author:cajonica
お金を掛けずできるだけ近場で簡単に何か釣れたらイイナ…という感じです。

twitter
Weather-GPV
カウンター
現在の訪問者数:
現在の閲覧者数:
タグリスト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- スポンサー広告 TB(-) CM(-)

昨年大磯港で釣ったあの素晴らしいカマスが忘れられず、今年はジグサビキや弓角に手を出し準備をしていまして、今回ようやく本丸の大磯を目指します。

当日はもちろん始発で出るつもりだったのに、起きてみると何と06時…!どう考えても目覚ましセットはしていたのにスイッチはOFFになっている。にも係わらず一切の記憶がないorz。ザンネンな気持ちを胸に、大磯到着は08時ちょっと前という…。

地元の釣具屋で情報収集がてら、虫餌を買います。今回はハーフ東京とか…え"、青イソしかないって。ネットやってる釣具屋ゆえ、釣れてる情報を発信すると皆一斉に入るので(いや人のことは言えない…)、すぐに人気の品はなくなってしまうのですよ。

リアルに伺った話では、カマス→ほぼ終了、青物→シーズン末期だが釣れてはいる、朝夕マズメタイムのみ。キス→港の東側がいい。西側はメゴチが増えてきたとのこと。あーあカマス終わり、青物も数が出ない…また来年だね。来年はナマズ明け7月から青物、カマスは9月からスタートにしますか。

以上の状況を鑑みまして、まずはキスというか、投げ一本でやってみます。場所は西サーフ。同じ頃にお店に入ってきたお客さんにも東側に一緒に行きませんかと誘われたのだけれど、こちとら本牧から人大杉アレルギーが発症したようでw敢えて空いている西側へ。メゴチだって美味しいじゃんw

さっそくサーフに向かいますが、えーと…んー空いてない。もう少し向こうも…きびしいなあ。釣り人同士の間隔は国府津の時よりも空いているけれど、空気読むと入っていくのはアレだし、近場だと根があると言われているから奥まで歩くしか…やれやれ、また砂上の長距離担ぎ込みですかotrzorzorz。

ほとんど水のない川を直接渡り、何とか人の薄い辺りまで来ました。それにしても気温が上がってない…寒いね。厚い雲に覆われた天候とコンディションはほとんど変わらず。先週と同じ格好なんだが、今日はもっと寒い気がする。

ともかくショート投げTをセットして、まずは距離確認。今回もとりま90m出るので感覚は忘れてないですね。これにLキャッチ天秤18号に市販3本針仕掛けをセット、青イソを短めにつけてキャスト!を繰り返します。特に連掛けは狙わないので、距離を出すように途中から2本針に切り替えました。

DSCN1100s.jpg

早速メゴチが。こうやって見るとキレイな模様がありますね。スジハゼみたいなメタリックブルーが入っています。眼もなんだかニゴイみたい、おまけに強力なヌルヌルっぷりとカギ状の棘であまり好かれていないようですが、個人的には嫌いではないですよ。

DSCN1096s.jpg

お約束ピンギス。ガチサイズや兄ピンは釣れずじまい。釣れるのは2色より手前ですか。10cmに満たないもっと小さいのは1色~波裏でも。もちろんそういうのはリリースしています。ある意味処理がタイヘンだからねw

ちょっと珍しいものも…って、サーフは場数踏んでないからフツーに釣れるのかもですが。

DSCN1101s.jpg

波裏で掛かったものと思われるヒラメの稚魚。裏側が透き通っているのが何だかキモキレイです。

DSCN1106s.jpg

これはガザミの一種ということで。大きさは針から察してください。

お昼くらいに置き竿セットアップも。ショート投げTに誘導天秤を付けたり、遠投磯竿にMT向けリールでもやりましたが、こちらは全くのノー感じ。おまけに飛距離があまり出ないこともあり、波の影響か仕掛けが良く絡んで堪らない。最初ダイソーの仕掛けを使っていましたが、絡みがひどくて途中でチェンジしました。

波の影響を受ける上に穂先が柔らかいのでもしピンギスとか掛かっても分からないんじゃないですかね…いや、餌自体はほとんど残っているので、全くの無駄でした。


サーフでの釣果は6H程度でピンギス9、メゴチ5、コッパヒラメ2、豆ガザミ1、(リリース含む)という結果に…満潮の15時辺りを境に、全く反応がなくなりました。単にロースキルなだけかも分かりませんが、お昼過ぎにはほば釣り人は掃けたので、ここ(この潮周り)では、午後は釣れないというのが常識なのでしょう。

もうちょっと良型が出たり数が揃ったら良かったのですが割とザンネンな結果に…まあ、やれるだけのことをやってこの釣果ですから仕方がないのですが、青イソも残っているし大磯港でチョイ投げをやって虫エサを消化して帰ろうかと。帰りは道路の反対側への通路を見つけているので、砂浜を歩くのは最低限で済みました。

でも、寒い…風も強くなってきたし冷え込みもなかなかで結構辛い。何か掛かればというレベルゆえ特に距離は必要ないので、MTに天秤と8号錘、そこに2本針仕掛けを付けアプローチしますが完全ノー感じ。おいヒイラギはいないのかヒイラギは!?最近港内の浚渫かなんかやったのかな?今年は何かと異変が多いような。

仕方がないので誘導ジェット天秤に換装して置き竿アプローチを。時間掛かってるけどやっぱりキマシタワー!!

DSCN1113s.jpg

ゴンズイの一荷。最初、軽く引き込んだので巻いていくとゴツンゴツンとトルクの塊が。20cmを超えうほっ!これはいい型…でも、これから現場処理をするとなるといろいろ面倒なので、逃がしました。寒いしw

引き続き虫餌を消化するため一本まるっと針に付けて置き竿時々巻いてやる、を繰り返し。意外とアタリません…一度ピンギスが食ったきり(夜も釣れるのね…)。そんなもどかしい状況の中、ようやくティップを深く引き込むアタリが!!

おおなんぞこのトルクは!ナイスゴン様の一荷なのか!?って…うわっち想定外キター!!!

DSCN1115s.jpg

こりゃ何だっけ?多分フツーにアナゴでいいと思うけど、毒とかそういうのなかったよね?完全に斜め上だったので予備知識なし、同じく夜釣りをしている人に訊いても締め方もわからない、さて…。まあ所詮サカナはサカナ。百均のタコ焼き返しで眼の後ろ中央をぶっ刺し、エラを切ってメッシュ付き水入れごとザブーン!と血抜きを。

最後の最後にチビゴンズイとゴミが釣れてw青イソ終了、これにてお開きとなりました。


港での最終釣果はゴンズイ5(うちピン4)ピンギス1、アナゴ1。まあトータルとしてはいろいろ釣れましたが、お持ち帰りサイズが少ないのが辛いところで斜め上のアナゴに救われた形。

朝の入りが遅いのは釣り場確保が難しくなるし、サカナも釣れないし電車も混むしで全くいいことがない。そもそも潮周りが良くないため善戦はしたのかな…というところで、次回はもう一度大磯に行くか逗子方面に切り替えるか、考えているところです。

【ショート投げタックル】
ロッド:シマノ ホリデーショートスピン 335GX-T
リール:シマノ 12エクスセンスBB 4000HGS(替えスプール)
ライン:シマノ パワープロ デプスハンター 0.8号
    +ラパラ ラピノヴァ・エックス マルチゲーム 3号 10m
リ グ:フジワラ Lキャッチ天秤固定式18号
    or 富士 ジェット誘導天秤18号
    +オーナー 鈴なり仕掛けキスR 2本or3本 7号or8号

【サーフ置き竿タックル】
ロッド:シマノ ランドメイト 4-450PTS
リール:シマノ 11エクスセンスBB 3000M (+ラインローラー2BB)
ライン:東レ シーバスPE パワーゲーム 20lb
    +サンヨーナイロン ナノダックスリーダー 17.5lb
リ グ:富士 ジェット誘導天秤15号
    +ダイソー 投げ釣り仕掛け 9号
    or オーナー 鈴なり仕掛けキスR 2本 8号

【チョイ投げMタックル】
ロッド:エーテック トラギア ネクストリーム A866M (トップガイドSic化)
リール:シマノ 11エクスセンスBB 3000M (+ラインローラー2BB)
ライン:東レ シーバスPE パワーゲーム 20lb
    +サンヨーナイロン ナノダックスリーダー 17.5lb
リ グ:キス向け天秤15cm+六角錘8号
    or 富士 ミニジェット誘導天秤8号
    +オーナー 鈴なり仕掛けキスR 2本 7号

ベイト:すずき釣具店の青イソ

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 五目釣りへにほんブログ村 釣りブログ マルチアングラーへ
 
 


これら全部天ぷらにします。ピンギスもメゴチもまあ捌けますが、問題はアナゴ。大体目打ちしてスッと引くみたいなことをやってるので、それなりにアイテムは必要…今までの牛乳パックを敷くやり方では困難だし、ガツンと骨を折る時クッションがほとんど効かないので、包丁の歯の方も実はいままで心配だったり…。


百均でまな板を2つ買い、並べているだけです。さすがに目打ちは打てましたがネットの動画を見ただけ、さすがのやっつけクオリティ。そもそも職人さんのようにスッパスパ切れる包丁など持ち合わせていないのです、と言い訳をしてみるも、虚しいものですね…。
 
調理格闘の末、こんなことになろうとは…想定外の旨さ!!


湘南の海の幸三目を天ぷらに。キスは全くの優等生。メゴチも似ていますが、僅かに雑味があるかなあ(内臓辺りの部位?)…って程度で、これも実にお気に入りです。

アナゴはできるだけ冷静に食べてみたつもりでしたが、少々小骨があろうが皮の風味が若干感じられようが(念の為の湯引きを忘れたのでした…)、もはやそんなことはどうでも良くなる素材のクオリティの高さ!!ホントにご馳走様でした!!

もちろんまた釣りたくなりましたが、ネットで調べてみるとアナゴ専用のメソッドって特になくて、若干丈夫な仕掛けに虫餌で夜ブッコんでおけばいいみたい。掛かりやすいゴンズイも頑張って現地処理すればフツーに美味しいから、ナイト五目釣りを続けていればまた調達できなくもなさそうです。

あと、仕掛けがダメになる、ってのはナマズやウナギ同様ロール系の暴れ方をするからで、今回は掛かった枝針のエダスに随分撚りクセが付いてた辺り、仕掛けの消耗はそれなりにあると考えて良さそうです。

今回は投げ用の二本針でしたが、そう考えるとウナギの仕掛けのように中通し錘にサルカンつけてハリス短めの一本針がベストなのかな。したらジェット天秤+スナップスイベル+セイゴ12号くらいのハリス付き針(チビゴンズイを避けるために大きめ)に青イソ房掛けくらいで充分イケますね。
 
関連記事
スポンサーサイト
2013/11/10 14:35 海五目釣り TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://cajonica.blog.fc2.com/tb.php/317-05b83fd8
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。