あんまり難しくない釣りを、自分なりにこだわって。
プロフィール

cajonica

Author:cajonica
お金を掛けずできるだけ近場で簡単に何か釣れたらイイナ…という感じです。

twitter
Weather-GPV
カウンター
現在の訪問者数:
現在の閲覧者数:
タグリスト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- スポンサー広告 TB(-) CM(-)

そんなわけで3回目の国府津プラン。今度は「ランガン」できるよう、荷物は極力減らしフットワークを軽くすべく工夫してみます。


もう一つ、祝い染めwもとい岩イソメも使ってみます。高価なだけあっていろんなサカナに効くようですが、使用感の確認など…。

さて、当日。今回も問題なく始発に乗れました。今回はガチショート投げTだけにして、ザックを持たず仕掛け類はショルダーポーチMに集約しました。さらに、クーラーボックスを積むキャリーカートもなしですが、バッグの収納は使いたいのでバッグを使うスタイルはそのままです。

着いてみると東側は意外に人が少なく、随分釣り人同士の間隔が空いている感じ…あー先週好調だったところはもう入ってるね。仕方がないので若干空けて隣に入ってみます。水温は先週よりも下がっている感じでしたが、波が穏やかだったので落ち着いてやれますね。

DSCN1201s.jpg

キャリーカートがないのでこんなものを。昔むかーし、厨房の頃富士川で使っていた竿掛けです。ロッドが短くタックルの自重が軽いので安定性は充分。投げ釣りではメジャーな、ステンの長い竿掛けを買いなおす必要はなさそうです。

まずは、Lキャッチの20号と市販3本針仕掛けでサビいてみます。集魚効果を狙って一番上の針に岩イソを、残りには青イソを着けていきます。岩イソって結構硬いというか身がしっかりしてるのね。そのくせ意外に、容器の中で千切れてしまっているようなのですがw

DSCN1193s.jpg

早速アタりましたが、メゴっち。キスが薄くなってるってことですかね。この後、兄ピンが釣れました(画像は省略)が、今ひとつ反応がない感じ…。おまけに、盛大にラインの1色目がエアノットしてしまい、リカバリーに結構時間を費やしました…うわ、マズメタイムはどんどん過ぎていくよorzorzorz。

リカバリーが完了したところで気分を変えて、ウッドシンカー23号とキス天秤18cmをコンビにして再開。砂利浜独特の引っ掛かりが軽くなることを期待してのお試しです。確かに、サビいたときの抵抗感は落ち軽い感じで巻き取ることができました。

ただ、反応が…んん、なんぞこの重さ!いやサカナですサカナ!!相当デカいんじゃないか?

DSCN1195s.jpg
 
DSCN1199s.jpg

回収してビックリ!25センチはあるホウボウです。ホントに足(もともとヒレだったようですが)で歩くんですねえ。うわーテラキモス…とはいえ、画像撮っていたらだんだん可愛くなってきました。キモス萌え体質なんですかねw。ともかく、食えるものはしっかり頂きます。どんな加工が待っていようともw

引き続き。あーアタらねーなー、と思いながら巻いていると何気に重い。ゴミ?海草?いやいやそれはないでしょう…もしかして、あれか。

DSCN1200s.jpg

そう。イイダコでした。今回はお持ち帰るつもりなので締めるべく、眼の間をこれでもかと突きますが一向に動きが止まりません…いい加減あきらめてフリーザーバッグにIN。こいつもだんだん可愛くなってきたなw

以降反応がないので、お隣を越えさらに東側、浜に岩盤が露出している手前をキープして投げてみます。随分根からは離れた気がしたけれど、やっぱり3色辺りからときどき引っ掛かります。大抵ロッドを大きめに煽れば抜けますが、さすがに、仕掛けの消耗が早い…たまらず2本針仕掛けにチェンジ。

しかし、突然確変モードへ。

DSCN1206s.jpg

DSCN1207s.jpg

ワッペン(サイズのカワハギ)と小さめのキュウセン♀がほぼ入れ掛かり状態に。両者とも岩イソメの着いた針にも掛かります。そういえば、少々岩イソが硬くても食いちぎれるだけの歯がありますからね…。

DSCN1208s.jpg

かなり久し振りに見たサビー、サビハゼですね。小さいのでリリース。

DSCN1209s.jpg

ホシササノハベラですかね。こちらもキュウセン同様に、食用として関西方面で認知されているようですが、まあ先のキュウセンよりも小さいのでリリース。

確変モードはここまで。マズメタイムは終了したようです。


結局ここまでで8目。前回はキスばかり釣れたのでもう少し五目っぽくなってもいいかな、と思っていたところだったので、これは嬉しい誤算!とはいえ、キス自体は1尾しか釣れてないという…どうする、俺。

とりあえず、テトラ脇に向かいながらランガン。といっても、意外に気候が良くハーフジャケットやウィンドブレーカーを脱いでいてかさばるのと、クーラーボックスに海水を入れたのでより重くなって快適なランガンというには無理がある感じ。キャリーカートとザックがない分は軽いけど難しいね。

それに天秤をLキャッチ3に替えてもサカナの反応は一切なし…余計疲れが溜まるじゃんかorz。結局テトラ脇まで来てしまいました。親子連れが入っていたのでやや距離を開けてやってみますがノー感じ。誘導天秤に替えて置き竿も試したけれど、仕掛けが絡んで戻ってくるだけでした。そこそこ釣れてるし、帰ってもいいか…。

ある時、お子さん用の竿に兄ピンをぶら下げているのを確認しました。これは…先週の親子連れといい、これは絶対ここには何かある…。しかし、脇に入らないことにはわからない…よし、決めた!とりま餌付きのタックルだけ持って、テトラ群の中に入ります。ええもちろん、テトラの上から投げてみるのですよ。

※ "AT OWN RISK" テトラでの釣り自体は禁止されていないようですが、事故が起こると他の釣り人にも迷惑がかかります。充分な注意が必要です

大当たりです。特に、海岸側から投げられないさらに奥…竿抜けしてるのは間違いないでしょう。

DSCN1211s.jpg

やはり足場が狭く体を使って投げられないし、ましてや南西の風。頑張っても2色程度しか飛びませんし、お隣もテトラ方向に投げていて、干渉しないよう方向をコントロールするのに、いいコースを想定して振りかぶるとテトラにぶつかるといった具合。しかし、1色以内で掛かることもあり、ここでキスは充分ツ抜けることができました。

とはいえ、だんだん反応が遠くなっていきます。風が強くなってきてうねりも出てきたようなので、波がテトラにぶつかった飛沫が飛んできてテトラを潜って波が近づいてきます。そろそろマズイ…。お隣さんが帰り、同じところから投げて1尾追加したところで、こちらも終了としました。


ガチピンサイズはリリースしていますので、キスについては実際は15尾ほどキャッチしてますね。

本当はランチをとるべく、最寄の牛丼屋に向かう予定ではいましたが、キャリーカートがない状態でクーラーボックスの中の冷えた海水を入れっぱなしにして釣り場までを往復するのはさすがにカンベン、結局お昼は抜きましたw。

片付けを行いクーラーボックスの海水を捨て、牛丼屋で遅いランチを取ってから駅まで…はあ、遠い…。浜の移動ではなく平地の移動なら、キャリーカートがあった方が断然いいです。

【ショートガチ投げタックル】
ロッド:シマノ サーフリーダーFV 360FX-T
リール:シマノ 13スーパーエアロサーフリーダーCI4+ 30
ライン:東レ 投スーパーPEラディウス 0.8号
    +サンライン スーパーキャストPE投IIちから糸3号 10m
リ グ:フジワラ Lキャッチ天秤 20号
    フジワラ Lキャッチ3天秤 20号
    清光商店 弓形キス天秤18cm+フジワラ ウッドシンカー23号
    富士 ジェット誘導天秤 23号
    +オーナー 鈴なり仕掛けキスR 2本or3本 7号or8号

ベイト:CTGの青イソメ・岩イソメ

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 五目釣りへにほんブログ村 釣りブログ マルチアングラーへ
 
 


こりゃ、1回じゃ食べきれないボリュームだね。いろいろ工夫する必要がありそうだ。揚げ物と刺身と煮付けの3パターンで考えるとして、まずは捌きなんだが捗らねーよなあ。とにかく、今日の夕飯を何とかしないとw


メゴチ・キュウセン・キスは天ぷら、大き目のはムニエル用に残してあり。ホウボウは解体後、刺身と潮汁に展開。浮き袋は、潮汁ついでに霜降りしてちょっと醤油を垂らしたら激旨!!その場で食べちゃったけど小さいしねw

カワハギは2尾とも内臓が破れていて厳しいので残念ながら肝は捨て。イイダコの捌きはやってみたら意外と簡単、両者煮付けて日持ちさせる方向で。


んまあ、とりあえず頑張った!潮汁が成功したのは嬉しい限り。叫びたくなるくらい旨かった!(ぉぃ…)他のサカナでも使えそう。キュウセンも天ぷらにしちゃいましたけど、かなり淡白でふんわりしてて取り崩れるくらい。だもんで今度は煮付けるか一夜干しでもいいかな。

フツーならこれでお終いなのですが、今回はさすがに種類が多いんで、食べるタイミングと調理法を悩みながら…この食後に、イイダコは茹で、カワハギは煮付けてしまいました。残りは翌日、一気にやっつけます。


正直、一つ一つは小さいけれど、おかずが4品もある食事は自宅ではまずないので、見た目にもかなり豪華なのであります。

ホウボウの刺身はプラス1日置いた成果でしょうか、普段翌日に食べたものよりも旨みが増していて、じんわりくる甘味に陶酔!数片を大場の上に乗せ、醤油と薬味をちょっとつけて…おおこれはUMEEEEEEE!!

実は、フライは初めてやってみました。量が少ないので卵は黄身だけ使っておそるおそる揚げてみたけれど、これがまたイイカンジに仕上がって良かった。ウスターソースをぶちまけて一気にかぶりつき衣のパリパリサクサク感の向こうに広がるキスの風味が快感!UMEEEEEE!!

イイダコもはじめての調理。たまたまクックパッドで煮つけではないテイストの違うものを見つけて…残り物のブナピーとネギと炒めてみました。そうだよ、バター醤油ににんにくの組み合わせが外れるわけがない!ちょっと醤油が多かった分辛かったけど、タコもプリップリ激しくご飯がススム君でUMEEEEEEE!!

カワハギの煮付けは日持ちさせる前提なので、無理して食べずにとりあえず置いてみた感じです。ちょっとつまんでみましたが、今回は生姜チューブではなくて生のスライスなので香りがいい!周りに比べるとやや見劣りがするけども、こちらもUMEEEEEEE!!

そんなわけで、今まさに台所がタイヘンなことになってますがw、頑張って片付けます…大変ご馳走様でした。U、うるさいwww

関連記事
スポンサーサイト
2013/11/24 10:26 海五目釣り TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://cajonica.blog.fc2.com/tb.php/321-24ee2349
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。