あんまり難しくない釣りを、自分なりにこだわって。
プロフィール

cajonica

Author:cajonica
お金を掛けずできるだけ近場で簡単に何か釣れたらイイナ…という感じです。

twitter
Weather-GPV
カウンター
現在の訪問者数:
現在の閲覧者数:
タグリスト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- スポンサー広告 TB(-) CM(-)

予報だと、午後になってもさほど風は強くならないようでしたが、アテにならないので保険でMTを。とはいえ、結局チョイ投げ分しかリグは持たなかったのですがw


世間ではあれだけないない言われてたのにまさかの入荷!早速30gを確保して野菜室でキープです。

というわけで当日。もう4回目なので、さすがにどの辺りから海岸に入ったらラクなのか覚えましたw。全然いないわけじゃないけれど、意外に人が少ないです。海岸に露出している岩から近からず遠からずな場所に入って投げてみます。結構寒いね。現地の予報見たら06時で1℃って…。

DSCN1225s.jpg

先発はいつものLキャッチ3に3本針。おっと1投目でこんなです。これは幸先よろしい!っとwktkして投げていきますが、この後兄ピンが1尾釣れただけでノー感じ。もう少し岩の方に近づいてみると、根でゴトゴトしながらもマイクロキュウセンが釣れました。

ここでウッドシンカーと専用天秤に切り替えてアタリを取って行きますがこちらも芳しくない。たまに岩の逆方向に投げて戻って来ていないことを確認しますが、まさかの根掛りでこともあろうに力糸ごとロスト。たっかいリグがあぼんです…orzorzorz。

気を取り直してリカバリー、Lキャッチ3に投げカワハギ仕掛けでさびいてみます。おお、イイアタリだ!!って…。

DSCN1228s.jpg

そうきたかwww。サビーとキタマクラフリンの一荷とは…その後も同率でこの2種が釣れ続きましたが、潮も引ききったのかホントにノー感じに。人が少ないので岩の反対側も探ってみましたが、意外や意外、こちらは根がなくなっています。でも釣れない、いや反応がない…。

まあ日も高くなってきたし、早めにいつものテトラ脇を目指して移動します。石屋さんの看板のあたりに階段があったので、随分助かりました…。

到着すると、まあ人気ポイントですから誰かしらいますよね。あれ?高速道路の高架下って…ここからテトラが開けた場所に入れるじゃん!良かったー、これでそのまま続けられる!…って、「のぼるな」「きけん」ってテトラに書いてあるじゃん…「先週は全く見えていなかった」と言い訳をしてみますw

コンビニおにぎりを食べた後、早速投げてみます。相変わらず錘は引っ掛かり気味なものの、ロストはなく。前回ほどの反応はありませんが2-3尾の兄ピンをキャッチ。それも、やっぱり2色~1色あたりに反応あり。そんなわけでちょっと余裕が出来たし、風も意外に強くないので、やりますか…。

DSCN1236s.jpg

MTチョイ投げ仕様。今まであまり出番のなかった小型逆V字天秤に8号錘と船用2本針仕掛けを付けてみます。飛距離が心配でしたが錘が引っ掛かるエリアには届いていて安心。意外に流されている感じはなく、キープサイズのキュウセンを早速キャッチ。しかし、他はランディング時にテトラの乱流でバラすことしばし。難しい…。

諦めずに何度かアプローチしていると、おおイイカンジのアタリだ。これは大事に…っと、これは想定外!!!

DSCN1238s.jpg

チョイ投げでガチサイズとは!!これは楽しい!もっといえばULTでこれをやりたいんですけど、さすがに錘が1号とかでは、リグが落ち着かなくて釣れないんじゃないかと…まあ、そのうち試してみたらよかろう。

その後もちょくちょくアタるものの、サビーを連発。サビハゼも食えないことはないと訊いているけど、このサイズでは捌くのが面倒で…もうちょっと大きくなるんだったらキープしてもいいんだけどね…アタリ自体もだんだん遠のいていきます…。

ふと思いついて、テトラ脇を覗いたら誰もいない!早速移動してショートガチTで投げてみます。今度は20号のウッドシンカーで。

DSCN1244s.jpg

やっぱりアタリは遠いものの、なんとか兄ピンをキャッチ。しかし、さらにアタリが遠くなり…。

にしても、あらためてすごいと思ったこの感度。置き竿でリールのハンドルを回してたから分かったけど、ちゃんとティップがプルプルしてた。ただ、逆にと言うか敏感すぎるのか、最初の反応で巻いてくると付いてないとかあるから(砂利底だとなおさら)、Lキャッチ3もそうだけど誘導天秤に近い感覚もあるのかもね…。

DSCN1246s.jpg

日が傾くにつれ日陰になってしまうのもあり、だんだん寒くなってきました。波打ち際から水温が下がって、サカナがどんどん落ちていく(口を使わない?)のは道理…もう薄暗いし、こんなマイクロメゴっちを2尾掛けた段階で終わりにしました。片付けの際、海水に触れたら実に温かい…。


サイズ問わずキス10・キュウセン2・サビハゼ6・キタマクラ2・メゴチ2。まあ、季節のものですからこの結果も仕方ないでしょう。

で、ここのところ毎週投げているせいか、飛距離がコンスタントに出るようになってきたようです。Lキャッチ3天秤20号で3本針仕掛けで3.5色ほどイケてるので、仕掛けの先端からだと4色イッテマスネ(無理やり感が否めない…)。正直もう半色欲しいところですが、ここから先は人に習わないと厳しい気もしています…。

ガチなサーフからの投げ釣りについては、ひとまずこの辺で。現地最寄の釣具店のサイトで確認していますが(更新がマメで頭が下がります…)、水温が18度を切った今回でハッキリと違いが出たので、来年の投げ始めもこの水温を参考にすれば外さないかな。また来年、感覚を取り戻すのがタイヘンだ…w

【ショートガチ投げタックル】
ロッド:シマノ サーフリーダーFV 360FX-T
リール:シマノ 13スーパーエアロサーフリーダーCI4+ 30
ライン:東レ 投スーパーPEラディウス 0.8号
    +サンライン スーパーキャストPE投IIちから糸3号 10m
    →ラパラ ラピノヴァ・エックス マルチゲーム 3号 10m
リ グ:フジワラ Lキャッチ3天秤 20号
    フジワラ サーフ天秤ウッドシンカー用+同 ウッドシンカー23 or 20号
    +オーナー 鈴なり仕掛けキスR 2本or3本 7号or8号
     オーナー 投げカワハギ2本 2号

【チョイ投げMタックル】
ロッド:エーテック トラギア ネクストリーム A866M (トップガイドSiC化)
リール:シマノ 11エクスセンスBB 3000M (+ラインローラー2BB)
ライン:東レ シーバスPE パワーゲーム 20lb
    +サンヨーナイロン ナノダックスリーダー 17.5lb
リ グ:フジワラ ヤマモト式キャッチA Mサイズ+ナス型錘8 or 10号
    +舟七釣具店謹製キス仕掛け2本針 6号

ベイト:CTGのジャリメ

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 五目釣りへにほんブログ村 釣りブログ マルチアングラーへ
 
 

 

ガチキスの塩焼きは止めました。塩10%の塩水に30分漬け、ピチットシートではなく一夜干しネットを使ってリアルに一夜干ししてみます。残りはシンプルにムニエルで。松葉おろしが最初うまくいかなくて困りましたけど何とか、形には。


毎度のことながら、実に旨しであります。バターの香りが堪らんね。ただ、クレージーソルトがちょっと多かったか。16センチクラスの腹骨とか尾っぽが硬いとさわるので、念入りに火を通したらこんなに小さくなったのはザンネンですが、食感がパリっとなった分でチャラということでw。キュウセンの方が身がソフトで実は合うのかも。


朝ネットを取り込んだらまだ水っぽかったので冷蔵庫で皮側を晒して放置。焼いてみたらとても素敵なかほりでこれは堪らないわけです。食べてみると、なんとも上品でギュっと旨みが染み込んだ感じ。もしかして、ちょっと味薄いかなあ、という想定は大体当たっていたけれど、皮の焦げ目とか絶妙な風味!かなりハイレベルな旨しなのでした。ご馳走様!!

来年はガチサイズさんがもっといっぱい釣れてくれると、それはとっても嬉しいなって思ってしまうのでしたwww

関連記事
スポンサーサイト
2013/12/01 00:58 海五目釣り TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://cajonica.blog.fc2.com/tb.php/322-c8fccd0f
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。