あんまり難しくない釣りを、自分なりにこだわって。
プロフィール

cajonica

Author:cajonica
お金を掛けずできるだけ近場で簡単に何か釣れたらイイナ…という感じです。

twitter
Weather-GPV
カウンター
現在の訪問者数:
現在の閲覧者数:
タグリスト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- スポンサー広告 TB(-) CM(-)
例によって実家への通り道、というか方向的にそんなに間違っていない辺りにあるB川。今年も上流から遊ばせてもらいます…が!すっかり砂泥に埋まってしまいコイの姿もなく…ここも出水でどんどん埋まっていくのかと思うと淋しい限りです。

気を取り直して下流方向へ進み、ようやくコイの姿を確認。まずはここでやってみます。

DSC_0076s.jpg

4-5尾群れていて粘ったんですけど、直結にしてもどうにも食ってくれません。水質がどクリアゆえライン丸見えでバレバレなのでしょうが、それをカバーするパンへの執着が薄い…あきらめて堰の下を見たら若干群れていて、パンを撒いたら即反応したので、ここを直撃。


まあ小さいんですけど、通りすがりの親子連れに捕まりましてw。子供ら興味津々、えーカワイソーとか言いながら触る触るwww。リリースと共に去って行かれましたが、ちょっとした公園が近くにあったりと、割とよくある光景です。

DSC_0082s.jpg

もう少し下流に行った住宅地の中。上からパンを撒いてみると寄る寄る…コイいやコイだけじゃなくてマガモもw

このパンの争奪戦は動きのすばやさでほとんどマガモが勝ちますがこちらはコイ贔屓なので、マガモを一点に集中させつつ別の場所にコイ向けのパンを…しかしコイがほとんど動かないのでさっぱりうまくいかないというw。少し川岸に下りてアプロ-チしましたがルアーは見切られまして。人目もあるのでほどほどにw

DSC_0083s.jpg

さらに下流に。支流水路が合流する水門…一昨年ランディングに失敗してザンネンな思いをしたポイント。パンを撒くと寄るわ寄るわこれはチョロそうだw。劣情を煽りながらルアーをどんどん食わせますよー。まずは手堅くポッパー型Fリグから。

DSC_0085s.jpg

慌てず時間を掛けて伸し空気をよく吸わせてからできるだけ斜面を降りてタモを入れ、コイをロッドで誘導…できるじゃん俺。一昨年は何やってたんだか…いや当時はラバーネットを使っていたから、重くて操作が難しかったんだよね。


おっしゃリベンジ達成!!

これで群れがスレたかというとそんなことはなく、まだチョロいのはいますね。特に、水門からの流れが直接当たり流れが速い方に集中して。ポップRを入れてみます。

DSC_0090s.jpg

なんとベリーフックに。単独で下流側から吸い込むのではなく、複数でジャブジャブやるからこういうこともあるのでしょう。


ちょっと傷というか病気というか、多摩川で割と見掛けるアベサイズな感じですね。

さらにパンを水門側に集中させてみます。これはガチな種族内競争!クイックBを入れたらバイトしたものの根掛りロストorz。まあ315円だしまだ予備もありますし。今度はザラパピー、君に決めた!!


ちょっと型が良くなりましたが、ここはそんなに大きなコイはいません。だから故のチョロさなのかも知れませんね。


日も落ちてさすがにお開きに。とはいえ、一箇所で飽きるくらいルアーで釣れるってそうそうないのでは?やり続けるとルアーは見切りが入ってくるので、Fリグや直結をひとしきりやって終わりかな。


さて、翌日。午後はやることがないので実家近辺でチョロコイ探しです。場所は画像ナシ。川の名前も不明。


4.5キロですね。クイックBにバイトしたけど(また…)根掛りorz…何とかサルベージしたもののルアーにスレたので、直結の前にFリグを投入、あっけなく。吸い込みづらい云々の前に、パンが付いてたら迷わず食うってことでしょう。揚げてみたらなかなかいい型でした。

今度は少し下流に移動してみます。

DSC_0104s.jpg

チョロそうな感触はありませんでしたが、ルアコイ成功です。


始めたのが時間遅めで、寒くなってきたので撤収。


前にも書いたとおり、実家周辺は大体確認済みで、下流にもいそうな場所はあるけれど、パンで浮いてくる感じのところはありませんし、そもそもコイの魚影がない。となれば、もっと思い切って大きく移動して探すしかない感じですね。水位の変化が激しい用水路系ではなく、天然河川を中心に回ろうか。

年が明けてから若干は見つけたので、追記に記載しておきます。ただ、あくまでも可能性という…。それよりなにより、いつの間にかあと5尾で通産200尾達成なのでした。去年のうちに慌てとけば良かったかw

【ルアー/パンプカ兼用 Mタックル】
ロッド:エーテック トラギア ネクストリーム A866M
リール:シマノ 11エクスセンス C3000M
    (+ラインローラー2BB)
ライン:東レ シーバスPE パワーゲーム 20lb
    +サンヨーナイロン ナノダックスリーダー 17.5lb
リ グ:フック直結:※いずれもバーブレス加工済み
     がまかつ 環付き丸セイゴ17号(白)
    ルアー各種

ベイト:パスコ 超熟
    セブンイレブン おいしい食パン

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 五目釣りへにほんブログ村 釣りブログ マルチアングラーへ
 
 

DSC_0120s.jpg

GやYとは別の水系です。用水路が合流した先に段差があり、その下流に若干コイがいます。しかし水深は30センチ程度のシャローフラットで、単騎のコイではかなりタフなコンディションかと思われます。さらに下流に4-5尾の群れがあり。一応パンを撒くと、反応はありました。

DSC_0138s.jpg

もっと甲府寄り、N川の水門下流になります。処理場の排出口に当たるのか、多摩川臭いw。コイの魚影はほとんど見掛けていませんが、水深がある程度あり下流にはテトラ帯もありますので、パンを撒いて出なくてもブッコミで釣りたい感じの川相になっています。
 
 
関連記事
スポンサーサイト
2014/01/05 00:01 コイ釣り TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://cajonica.blog.fc2.com/tb.php/331-52858dee
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。