あんまり難しくない釣りを、自分なりにこだわって。
プロフィール

cajonica

Author:cajonica
お金を掛けずできるだけ近場で簡単に何か釣れたらイイナ…という感じです。

twitter
Weather-GPV
カウンター
現在の訪問者数:
現在の閲覧者数:
タグリスト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- スポンサー広告 TB(-) CM(-)
4尾ほど確保して、今度はちょっと違う方向に投げてみます。いきなり、ウキが大きくダッシュ!慌ててラインを巻いたら異様な重みがあり、時にアベコイのようなトルクで抵抗とは…なにこれボラか!?ハリスは2号なのでブレイクはしないと思うけど、じっくりタメながら寄せて…んなななななにぃ?これアイゴか!!しかもデカい!!

こんなこともあろうかとwようやく海タモを活用するときが来たかwスルスルっと落とし込んで…げ、水面に届いてない!時間としては満潮ちょっと過ぎくらいのはずなんだが、ギリ5mじゃ足りないとは…orzorzorz

そんな様子も周りに伝わっていたようで、近くにいた方から「手伝いましょうか?」と有難いお言葉を頂きまして、甘えさせて頂いてタモをお任せることにしました。ありがとうございます!! from 西湘福浦で20メジナ充なのです

こんなことがありまして、5mタモでは太刀打ちできない状況というものがフツーにあることを知りました。海面に充分届くか届かないかイコール、獲れるか獲れないか…それはシビアな世界。となれば、もう少し長い玉の柄を所持する必要があるというもの…。

手持ちのランガンアームで600という選択肢もありましたが、海釣りはロッドケースを持つのが今や当たり前になっているので、仕舞重視で小継玉の柄を選び、わざわざ重く操作性を落とす必要はない。が、高価な玉の柄であれば軽く剛性もあって扱いやすいのは充分に想像できますが、お財布事情も加味するとホイホイとは買っていられないわけです。



ネットでポチ後、あっけなく到着。

DSCN1363s.jpg

いろいろ探して、117cmと個人的にはかなり長めの竿になりましたが、その長さに比例して節の数が減らせ剛性が保ちやすくなることを考えればまあ、それにカーボン98%だし…ついでに、ロッドケースも合わせた長さのものを買い直しました。2Kしないしねw

DSCN1364s.jpg

意匠とスペック。まあ、お値段なりに実に簡素で塗装の仕上げ具合とかデザインとか、こんなものでしょう。6mの長さで550gって結構ハイスペックな気もしますがさて、どこまで本当なんでしょう。

 表示スペック:長さ約6.00m・重量約550g。
 実測スペック:長さは5.85m・重量は600g、ストラップ付で640g。


比較の為、手持ちのラン&ガンアーム500のスペックを並べてみます。
ちなみに、ラン&ガンアーム600のスペックだと重量は644gとのこと。

 表示スペック:長さ約5.00m・重量は502g。
 実測スペック:長さは4.80m・重量は494g、ストラップ付で536g。


安物だからこんなものと考えるか、スペック詐称と考えるかはお任せしますが、重さだけで言うと、小継タイプと極端な違いはなかったのですね…。とはいえ、もっと安いノーブランド品だと6mでも700gくらい平気であったりしますから、これはこれでそんなに悪い買い物ではなかったようです。

あと、気がついたところ。

DSCN1367s.jpg

ネジ止めされてますね。こういう固定方法は今まで見たことがありませんでした。仕舞が長くて継が少なくて済む分、先端まで径を太く出来る(剛性を保てる)ゆえの仕様でしょうか。これで玉網接続部分の根元から回りにくくなってると考えていいのかな。

DSCN1366s.jpg

横向きになっている玉の柄を上に向けた途端「スコン!」と大き目の音と振動が。尻栓を外してみると、そういうことか…。実は、手持ちの延べ竿には全部やっているのですが、尻栓側に発泡スチロールの板などを敷いて、直接尻栓に仕舞ってある竿が当たるのを防いでいます。これだけで、結構快適になるもんです。

あ、画像では見えづらいのですが、本体側尻栓部の側面には空気抜きの穴が複数あって、振り出し時の空気の抵抗を抑えているようです。

DSCN1369s.jpg

45センチ玉網を装着してみました。一応回らないような固定はできますが、ゴム部分だけ回るのがちょっと気にはなります。

比較対象としてランガンアーム500を並べてみました。仕舞寸が2倍くらいあるんですね…当たり前かw。小継タイプだと倍の継数(600だと12本)だとして、もし元竿の直径がそんなに変わらないのであれば、どれだけ薄いブランクを使っているのか…それで使い物になるのであれば逆に、長い方はもっとスリムにできるのでは?とも…。

あとは見えない部分、というか実際にサカナを掬ってみて、この仕舞長が活きてくることを願います。

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 五目釣りへにほんブログ村 釣りブログ マルチアングラーへ
 
 
関連記事
スポンサーサイト
2014/01/29 01:10 タックルなど TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://cajonica.blog.fc2.com/tb.php/337-e5f8ba11
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。