あんまり難しくない釣りを、自分なりにこだわって。
プロフィール

cajonica

Author:cajonica
お金を掛けずできるだけ近場で簡単に何か釣れたらイイナ…という感じです。

twitter
Weather-GPV
カウンター
現在の訪問者数:
現在の閲覧者数:
タグリスト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- スポンサー広告 TB(-) CM(-)
今回は、気になっていた真鶴港のチェックに入ってみました。懸念材料は、真鶴駅からの港までの移動。バスの時間に合わせて出発を遅らせ、休日ダイヤ2本目のバスに…うおっと狭っ!って、このバス観光バスベースか!通路は狭いし出入り口が1ヶ所しかないとは…つまり、キャリーカートの置き場がない!下車は東中宿、目指す方向は左側です。

DSCN1375s.jpg

赤灯台のある離岸提近くの堤防に09時前に到着。この時間にして誰もいません…。季節柄水質はクリアで、近くなら底の様子や小魚の動きもよく分かります。あーこりゃ釣れないかな、この感じw。しばらくして家族連れが入ってきてウキフカセを始めたところ、コマセに木っ端がワンサカ湧いてます。魚影自体は濃いんですね、小さいだけでw

DSCN1379s.jpg

しばらく沖目にライトカゴを入れてみますがノー感じ。タナとかの問題じゃないね。むしろ、左側の離岸提とこちら側のテトラ帯の間が魅力的。できるだけ奥(北側)に入れていきますが、おおっと早速!

DSCN1378s.jpg

最初に15センチくらいのメジナ、そして西湘では初めてのウミタナゴが釣れました。20あったのでお持ち帰り。

その後は目立った反応はなく、ビミョーにアタってるんだかアタってないんだか良くわからないウキの動き…うわ根掛りっすか!奥に行くに従って浅くなってるとは。一度回収時にテトラ帯にあったPEラインに針を引っ掛けてラインブレイク、はああナイロンカゴとか高いのに…お、そうそうここなら届くよねタモ!幸い全部サルベージできました。

DSCN1387s.jpg

おまわりさんこいつですwいや、ウキがもやもやする犯人はベラの模様。これはニシキベラ、ガチキモスwww

風向きも変わって離岸提側に投げるのがしんどくなってきた。そしてお昼過ぎには常連らしき方が真横(先端)に入ってきてウキフカセを。シェアする約束はしたけれど、このポジションだとビミョーに長竿を振り回すのが難しい。これからも状況は変わらないだろうし、いろいろと名目上の難点はあるけれど、思い切ってあそこに移動しますか。

DSCN1390s.jpg

常設のトイレに行きながら海苔を取りに入っていく方が何人かいらしたのを確認。ついでに軽く覗いて、足場とかはひととおり確認しておいたので、荷物を3つくらいに分けて入ってみました。決して磯をナメてるわけじゃないが、ぶっちゃけ精進湖の溶岩帯よりゴツゴツしていなくて、難易度は低い方なんじゃないかね。

入口の前は、若干斜面に足を掛ける必要はあるものの割とフラットな場所が何段かになっていて、濡れている場所や飛沫が飛んでくる場所に降りなくても釣りが出来る感じ。それにこちらはカゴを投げるので、そんなに水面近くに寄る必要もなく。既にピトンを打ち込んだと思われる穴が、いくつも開いていますし。

最初に近場に入れたら小さいベラが釣れたので水深が浅いと判断、途中根が見えるものの、今度は中央辺りを目掛けて遠投…!

DSCN1389s.jpg

パームサイズよりはちっさ目だけどメジナはメジナ。まずは保険キープとしました。そろそろ満潮近くだし、型が小さいのでタナを落としてみます…。

DSCN1392s.jpg

ここから俺のターンw。パームサイズが連続、そしてこのフットサイズ…26センチくらいでしょうか。このサイズだと、巻きながらゴツンゴツン抵抗するのが良く分かります。その後もパームサイズを2尾キャッチしましたが、個人で食べる分にはもう充分確保したので、リリースしています。

暗くなってきて、電気ウキをセットして残りのコマセを消化…「キンギョが釣れたらそこで釣り終了だよ」はい、その通り以降はパーフェクトノー感じ。一旦港内に戻ってコマセを投げ切ってお開きに。ふと出会った落とし込み師に声を掛けられメバルの話(話中の福浦は福浦岸壁のことです…すみません)をして、挨拶して帰路へ。

もうバスがないので歩いて駅まで移動したけれど、この距離感なら福浦港に移動するのとそう変わらない。でも上りだけは、バス使いたいなw


港内は1箇所の確認ですが、このシーズンとなればかなり厳しい感じです。その点で云えば、やはり外海側を狙った方がいい。ただ、土地柄というか水温が高めでベラ類が棲息している環境を鑑みれば、相模湾のサーフ寄りの他の港より優遇されている感はありますね。

【ライトカゴ遠投タックル】
ロッド:宇崎日新 スーパースクエアRX ISO HD 2.5号遠投530
リール:シマノ 10ナスキー 2500S(2500にスプール換装)
ライン:バリバス バーマックス磯 ゼロフカセ2.5号
リ グ:浮き止め糸+シモリ玉
    +ヨーヅリ 流助4号
     キザクラ サビキ潮見 4号
     サンナー 羽根付フロート NO.2 2-5
     ヨーヅリ 秋桜4号
     ガルツ LED電気ウキ 4号
    +からまん棒
    +セイコー 弓形キス天秤 21cm
     &ハクタカ ロンマックス 21C
     &オンリー コマセ袋Sを外掛け+錘2-3号
     メタルカゴ天秤S+錘2-3号
     コトブキヤ カゴ錘付クッションゴム 3号
     +ドラゴン レインボー網カゴM
    +ササメ 万能カゴ釣り五目 グレ4号
     orハヤブサ ひとっ飛び天秤カゴ釣り グレ鈎4号

ベイト:マルキュー 食わせオキアミスーパーハードM
    ヒロキュー 生イキくん S
    JSYのアミコマセ2ブロック
    +マルキュー スーパー1グレ
    +マルキュー 湧きグレ500遠投

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 五目釣りへにほんブログ村 釣りブログ マルチアングラーへ
 
 

明日から残業三昧になるので、日曜のうちに全部食べきるべし。
  

だいたいどう食べるかは決まっているけれど。とりま昨日のうちに下処理だけ済ませて、冷蔵庫に。


おいしいはおいしいけれど、いつもそこそこのクオリティに落ち着いてしまうウミタナゴの塩焼き。水っぽさを抜くには一夜干しで旨みを濃縮するのが良くて、短時間でもピチットシートを使っておけば良かったかと後悔。


グレシャブの出汁のアタマはその日のうちに割ってエラまでしっかり出さないとアウト!端折りすぎました…もー、真鶴の海に謝れ!全力で謝れ!すいませんでしたあ!!orzorzorzorzorz


結局半分残してしまって延長戦。どうせ残業でメシも食ってるしこの際、単品で何とか食べてみることに。さすがに生食だと皮がキビシイので、小さい切り身とはいえ必然、引いてみたら案外あっさり引けました。当然といえば当然だが、旨味が増している!!さらに半分残して翌日も食べたけど、さらに旨み増量!!でも、エージングはこの位がよろしいようでw
 
 
関連記事
スポンサーサイト
2014/02/02 12:13 海五目釣り TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://cajonica.blog.fc2.com/tb.php/338-8e6a9f75
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。