あんまり難しくない釣りを、自分なりにこだわって。
プロフィール

cajonica

Author:cajonica
お金を掛けずできるだけ近場で簡単に何か釣れたらイイナ…という感じです。

twitter
Weather-GPV
カウンター
現在の訪問者数:
現在の閲覧者数:
タグリスト

このシーズン、波止やサーフではサカナがほとんど釣れない。良くて根魚類、せめてイワシが回ればいいが…。となれば、個人的に未だ攻略できてないフィールド、磯に頼ってみますかと。

基本、危険な場所での釣りとなりいろいろ準備が大変ではあるけれど、波止や砂浜より釣れるなら苦労の甲斐もあるというもの。それと、メジナは堤防より磯で釣れる方がサイズがデカいはずで、なんとか尺オーバーを釣ってみたい願望も満たせるかも知れないという期待もありまして。

しかし、マイカーレスな俺ではいろいろと制約があってですね…。


しかし、このままではあまりに悔しい。ライフセーフに最低限必要なアイテムだけは用意しよう。


尼でポチしておきました。本当は膨張しないベストタイプの方が磯向きなのだけれど、さすがにアレはザックの中に納まらない…ハードな磯に入らなければいいだけじゃね?ということで。もちろんその判断も自己責任。

あと、磯靴は簡易スパイクで省略しようとも思ったけれど構造上破損のリスクが高そうなので、とりあえず1足、ライジャケと同時にポチ。しかし、出荷が遅いようなのでキャンセルしてしまいました…。いやいや、ちゃんと他で買いましたから。

そんなわけで、根府川に向かいましたが潮周りも良くないしゆっくり出て何か釣れればイイ位のテンションで。移動しながら通り道のCTGで磯靴を購入。これを重ねて普段タモ枠を入れているトートにIN、さらに32ℓのザックにIN。もちろんライジャケもIN。その代わり釣具は最小限、予備の竿とかも持ちません。

DSCN1441s.jpg

根府川の駅を降り、海岸に下りますがこの落差!真鶴側に広い道があるようですが、反対方向早川側の山道が一番早道のようなので、ネット上の情報とカンで降り口を探し山道へ。JRの陸橋をくぐって右に入ると左側に入口はありました。

だがしかし!キャリーカートに荷物を乗せたままでは移動は困難なので、ザックは背負い、ロッドケースは無理やりタスキ掛けにして、キャリーカートにクーラーボックスがはいったボストンバッグをつけたまま右手でフレームを持ってゆっくり降りていきます。ああ、しんど…ある程度行くと車道が見えるので迷うことなく、また意外に足場は良かったです。

何とか車道まで降りて、ここどこだ?などと思いながら周りの建物を確認しながら歩くと、海側の通路のようなものを発見。よく見ると海に降りる階段のようなものがありますね。ほほー、ここから降りるのか。とまあ、降りたら降りたでフラットなコンクリの足場は途中までしかなく、ゴロタ岩をクリアしていかないと大きな磯の方には行かれないようです。

さすがにちょっと休みながら、再び荷物を分割して移動…おっと、磯靴磯靴。履いてみると意外に底が柔らかくて、平坦でない岩などでもスパイクのピンが足裏に干渉している感じがありません。これはいい買い物かもです。もう一つ、ライジャケもちゃんと装着しましたよ。

そうそう、今回は400円くらいのミニオキアミブロックもいつものアミエビブロックと合わせて使ってみます。あと、こんな趣向も。


久し振りに釣り針に外掛け結びなどを。必要に応じて現場で結ぶつもりですが、果たしてどうなるか…。

DSCN1446s.jpg

根府川大根の右側のゴロタにちょっと突き出したところが釣り場です。この日は若干の向かい風とウネリがあって両サイド、特に左側のゴロタには時々結構な勢いで波が打ち付けます。まさか、水汲みバケツが流されるのではなく、吹っ飛ばされる勢いとは…これがガチ磯…gkbrgkbr。

なので、岩の先端には入らず(もう濡れてますし…)、ちょっと引っ込んだところで構えてキャスト!リリースサイズを2尾ほど釣っていると、ウキがなかなか立たない。どうしたものかと巻いてみると見事に根掛りして、羽根付きのウキとちょっと目が大きめのメタルカゴをロスト!これは痛い…orzorzorz

オキアミを混ぜていなければいつもの目が細かいカゴでいけるけども、もうストックがないのでナイロンカゴに変更。これはこれで着水時にコマセが散ってしまうので、水深は浅めで良いけれど本当に寄せられているかどうかわからないという…とにかくコマセを使い切って撤収を目標に、詰めては投げ詰めては投げという感じ。ハリスは自作に変更です。

しばらくして、ウキがぐいっと引き込まれた!巻いてみると、確かにサカナが付いてる感触が。割といいサイズなんだが抜けるかな…っと、抜けた!!

DSCN1445s.jpg

おっしゃーパームサイズオーバー!全長は24センチ位かな。これで日曜日の夕食のオカズをげtw

引き続き…いやノーアタリノー感じ。粒エビもほとんどがハリに付いたままになっているという。潮が下げ止まったか。まあ、コマセはまだ結構残っているのでどんどん入れてどんどん投げる。針も一発グレ6号から掛りすぎ口太5に変更、でも釣れない…orz。日も完全に沈み、そろそろ暗くなってきたので、電気ウキに換装。

いやーこれはダメだねえ。もう寒いし暗いし、そろそろ諦めたらどうだい?などと自問自答しつつ、もう少し、もう少し…そろそろ止めますか、と回収中に何か付いてることを認識。寄せて抜いてみると…うわメバルだ!ウキがウネリでシモってたから良くわからなかった…。

DSCN1447s.jpg

おおおこれはデカい!自宅で確認したら、22センチありました。変なハナシ、福浦岸壁でこのサイズが出たら自慢できるはず。あそこ、アタリと数は多いけどカサゴならともかく、20upのメバルは見たことも聞いたこともないのです。

さあ、これからが…いやいやいや、なにこの波!左側の飛沫の飛び具合がヤヴァイ!!さすがに撤収開始。半分くらい余っているコマセを流そうと下に落としたら完全に吹っ飛ばされまして、しかも中身はサッパリキレイになっているって、この波のエネルギーってどうよ…!?

荷物はキャリーカートからクーラーボックスが入っているボストンバッグを分離して、手持ちで階段を上がり次の階段の前で磯モードを解除して再パッキング。

DSCN1449s.jpg

磯靴は安いけど(税込3,999円w)買って本当に良かったアイテム。長持ちはしないかも知れませんが、とにかく岩の上のグリップが良くて、ちょっとした斜面や濡れた岩場でもグリップします。が、自重自重…。ライジャケは磯には不向きのようではあるけれど、荷物をケチるべく装着していないよりは、はるかにマシだと思います。

ラーメン屋で食事と休憩を取った後、今度は登りの山道へ。行きは良い良い帰りは怖い…まあ、基本真鶴や西湘福浦と変わりませんが、さすがに山道で荷物を背負って&持ってだとかなり息切れがします。釣れたから良かったけど釣れなかったらホント、報われない…。


正確に言うと前回の真鶴の磯崎も磯ですが、今回ほど足場が不安定ではなく、海も荒れていなかったので実感はありませんでした。さすが有名Pなガチ磯、安全に拘るに越したことはないのだと理解をしました。もう少し優しい磯があればそっちでやりたいかな…まあ、そんなものはそうそうないのでしょうけど。

あと、釣り具屋の場所がわからなかったwどこかの建物に併設されているのか?まあおいおい調べておきます。今年も、春の多摩川マルタウグイ祭りが始まったのでペースは開きますが、今後もおかず調達を兼ねた海釣りはやっていこうと思います。

【ライトカゴ遠投タックル】
ロッド:宇崎日新 スーパースクエアRX ISO HD 2.5号遠投530
リール:シマノ 10ナスキー C3000(2500にスプール換装)
ライン:バリバス バーマックス磯 ゼロフカセ2.5号
リ グ:浮き止め糸+シモリ玉
    +サンナー 羽根付フロート NO.5 6
     サンナー 羽根付フロート NO.2 2-5
    +からまん棒
    +セイコー 弓形キス天秤 21cm
     &ハクタカ ロンマックス 21C+錘2-3号
     メタルカゴ天秤+錘3-4号
    +ハヤブサ ひとっ飛び天秤カゴ釣り グレ鈎4号
     or ナノダックスリーダー 7lb
     +がまかつ 一発グレ6号 or 掛りすぎ口太5号

ベイト:マルキュー 食わせオキアミスーパーハードS
    CTGのアミコマセブロック
    JSYのオキアミ小ブロックハーフ
    +マルキュー スーパー1グレ
    +マルキュー 湧きグレ500遠投

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 五目釣りへにほんブログ村 釣りブログ マルチアングラーへ
 
 


釣りの後の食事。やっぱりできれば現地で食べてから帰った方が落ち着きます。こういうお店もいいですし、ローカル色が濃厚な食堂でもいいですし。


そもそもレシピなど、自分で確立したものなどありませんというw。若干の後悔は、飾り包丁を入れていなかったことと、一時捨てるつもりで内臓類と混ざってしまっていたので、卵が少々臭かったというところです。


調理の時間がない時はやっぱこれでしょう!夕飯食べててもベツバラで入ります。

根府川の海の幸、ご馳走様でした!!
 
 
関連記事
スポンサーサイト



2014/02/23 22:58 海五目釣り TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://cajonica.blog.fc2.com/tb.php/342-3b4bf292
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
リンク
QRコード
QR