あんまり難しくない釣りを、自分なりにこだわって。
プロフィール

cajonica

Author:cajonica
お金を掛けずできるだけ近場で簡単に何か釣れたらイイナ…という感じです。

twitter
Weather-GPV
カウンター
現在の訪問者数:
現在の閲覧者数:
タグリスト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- スポンサー広告 TB(-) CM(-)

バークレーのガルプスティック706L。このクラスのテレスコロッドにしては出来は随分良かったと思うけれど、どうしても超えられない壁がありまして…海方面のロッドのアップグレードはひとまず終わったので、さてさて、淡水方面にも手をつけますか。以下考察。


仕舞寸法を考慮しないテレスコロッド…「意味があるのか」という声も聞こえなくはないですが、仕舞寸法が要因となるロッドとしての造りの悪さから逃れ先の次元に向かうため、その呪縛から解き放たれることの重要性は、投げ竿や磯竿のアップグレードで身を以って体験していることなのです。

そもそもテレスコじゃなくてマルチピースという選択肢もあるけれど、使い勝手が変わってしまうしそこまで徹底しなくても基本性能を高めたテレスコなら、充分恩恵を受けられるのでは。それに、現状から10センチ程度の仕舞寸法の延長ならまあ、人目には付くけれど逆にそこまで存在を隠蔽して釣りをする必要があるのか?という疑問も最近はあります。


お買い上げ。実際に持ってみるとカタログスペックではOUTBACKの方が10g程度重いにもかかわらず、ガルステLと比べて明らかに持ち重り感が少ない。ロッドの重心を比較してみると、OUTBACKはガルステLの10センチ以上リール側の場所に来ている、となれば、当然の結果かと。そもそも15センチくらい短いしね。

それに、OUTBACKは煽ってみてもそうそうベナったりしない。ガルステLでもあまたの安物系テレスコロッドの中ではベナりについてはまだ良い方ではあったが、これが別次元で違う。ガルステLは相当くたびれては来ているのだろうけど、Lってこんなに硬かったの?とJの中の方に伺ってみると、バスロッドっぽいけどこれが一般的な硬さとのこと。

つまりいわゆる「ハリがある」ので、天井に押し付けて曲げるとガルステLよりも硬く感じるし、また曲がり方についてもガルステLはティップの15センチくらいのところから曲がっていくのに対し、OUTBACKは先端からキッチリ曲がっていく。適材適所ではあるけれど、「(ルアー)ロッドとしての基本が出来ている」ということなのでしょうね。

もう一つ、OUTBACKのLモデルとMLモデルとの比較。ティップの硬さは正直一緒ですね。Jの中の方も仰っていましたが、MLはバット部が強化されているだけの模様です。3.5gのスプーンをどちらが投げやすいか?という問いに対する回答は、Lの方が該当するはず。もう硬さは充分なので、Lアクションで購入確定。

テストはときどき小雨が舞い寒さもひとしおな、ニコタマルタの瀬に…おおっとその前に、今回は実機レビューをH庫島公園で行いましたw

まず、パッケージングから。

DSCN1463s.jpg

TRGRお約束なロッドケースにマニュアル・保証書と一緒に入っているだけです。外装のプラ箱はありません。シンプルといえばシンプルですが…。保障期間は、購入日から1年間のみとなります。

DSCN1464s.jpg

このロッドケースはTRGRでさんざん…いやいや、さすがに内部構造が違いますね。ティップ側はスポンジで完全にガイドを挟みこみ、ガイドが回転したりすることはあり得ませんし、ロッドの保持についても、太目のゴムバンド2箇所をマジックテープで止める形になっていてかなりの出来ですが、これ、できれば別売り扱いでお願いできませんか…w

仕舞寸法と重量を実測してみます。一応比較ということで、ガルステLも。

DSCN1469s.jpg

OUTBACKが59cm/108g。ガルステLは52cm/96g。カタログスペックより控えめでよろしいw。OUTBACKは頑張って尻栓を抜けば56cmまで落とせますが、尻栓の管理はしっかりとねw。ちなみに、上記のロッドケースの全長は66cm。単に長いだけじゃなく幅も割とあってかさばるので別持ち前提、ザックに入れるのは遠慮したいです。

DSCN1468s.jpg

そんなワケで、別にトップカバーを買いました。Kガイドは足が大きいので富士工業のものでも、径が大きいものを選ぶ必要があるけれど、そうなるとロッドの径が太いことが前提になってしまうので根元の固定が難しく、移動中の破損などTRGRの二の舞、2次災害の発生が危惧されますw。これが一番だとJの中の、Kガイドロッド持ちの方も仰ってました。

ざっくりですが、本体のパーツ類を確認していきます。

DSCN1465s.jpg

おっしゃキター全部Kガイド!!しかし、トップガイドの支柱はガイドの裏側に回っているFSTタイプ。特筆すべきは、バット側のガイドが誘導式になっていること。テレスコロッドは大抵、ティップ側/第2節の中間でなければロッドの節にガイドが固定されているものですが、仕舞寸法に左右されずにベストな位置にガイドを配置するコンセプトがいい!

DSCN1467s.jpg

グリップ上側がEVA、下側はコルク。敢えて統一しないのは何故なんだろう?リールシートはダブルリングで固定するタイプ。とってもナツいですw。見えませんが、フロント側受けの裏側に小さく tailwalk の白文字あり。リールシートのリア側受けと尻栓にはレリーフが入って高級感を演出…俺、そんなガラじゃないんだけどw。

すみません。やっと実戦です。

DSCN1470s.jpg

最初、ガルステLのようにしならないので、ちゃんとキャストできて飛んでいるか不安にはなったけれど、割と杞憂に終わりました。時折吹く小雨混じりの西風でアップ撃ちはキビシイけれど、結果としては違和感なく距離を出せております。それに、振り抜きがいちいちブレないみたいで、キャスティング精度も上がっているような気がします。

3.5gMIUではできなかったものの、1/8ozのカストマスターでは対岸まで届きました…ハクセキレイが逃げるのよねw。当然5g、7gではノー問題、さすがに2.5gのBUXやSuperDuperだと軽くてライントラブルが発生しがちではありましたが、無駄に力まないようにチョイっと投げてる分にはまず支障はありません。

DSCN1471s.jpg

参考にならないと思いますが、一応曲げるとこんな感じです。たまたま根掛りに引っ掛かって煽ってみると、ガルステよりは限界は高いが意外にバットも曲がっている…その辺りがLアクションたる由縁なのですね。バットガイドの口径やリールからの位置については、ガルステLとほぼほぼ同じで、これが悪さをしているような印象はありません。


さて、しっかり入魂せねばですね、多摩川マルタウグイ個人的にシーズン4。群れはじわじわ遡ってくるとしても、この気候では…もっと温かい日が続かないと厳しいかな。マルタは釣れても、花粉症が酷くなるのが辛いところですが…orzorzorz

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 五目釣りへにほんブログ村 釣りブログ マルチアングラーへ
 
 

2014初ヒットの記事はこちらにありますが、入魂した観点からのコメントを。

DSCN1476s.jpg

OUTBACKだと、掛けてからのサカナの挙動がよりわかる気がします。たとえば、単なるヘッドシェイクだけではなく振り幅の違いとか…そしてなにより、バット部がしっかりしているのでひとまずラインを出し走らせて、下流から巻いてくる時のファイトなども不安感なく。もちろん、ドラグのスムースさもガチ。こんなにフィーリングが変わるとは…すごいね。

DSCN1480s.jpg

50up1.5キロ程度のアベマルタです。スプーンは3.5gだとちょっと飛距離が不安になるので、4.2gの肉厚タイプがいいのだけれど、入手できないのでやむなく5gのを使いましたが、若干大きく薄いので、アピールさせる分にもちょうど良かったかも知れません。
 
 
関連記事
スポンサーサイト
2014/03/02 20:42 タックルなど TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://cajonica.blog.fc2.com/tb.php/343-ef024346
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。