あんまり難しくない釣りを、自分なりにこだわって。
プロフィール

cajonica

Author:cajonica
お金を掛けずできるだけ近場で簡単に何か釣れたらイイナ…という感じです。

twitter
Weather-GPV
カウンター
現在の訪問者数:
現在の閲覧者数:
タグリスト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- スポンサー広告 TB(-) CM(-)

せっかくの三連休の初日なのに気温が余り上がらず、強風が吹き荒れるという予報…。


しかし、こんな願望もアリで。朝巻き終了後、なんとなく出掛けることにしましたがさて、どうなることやらです…。

お昼を過ぎ13時を回ったあたりで東武東上線の柳瀬川駅に到着。東口からは、河川の土手が見える好立地。

DSCN1516s.jpg

さっそく河川敷へ。中学生くらいの少年達が釣りをせずに遊んでおります。釣れないので飽きてしまった感w。まあこの時期人は入るのですねという認識をし、どこまで行くか決めていませんが上流に向かってみます。

瀬のような地形は通過しながらいくつかありましたが、瀬付きの形跡は特になし。また、日差しがよく遮られかつ強風が吹き荒れているので、魚影の確認は困難…って、おおやってるやってるw



そんなに濃い感じはしませんが、一応着いてます。でも飛沫の出方がマルタじゃなくてニゴイ、コイっぽいかな。早速AMの多摩川のセッティングのままリグをキャスト。感触を確認しながら二度三度…うおお乗った!!

DSCN1521s.jpg

とまあやはりニゴイでした。しかしながらなかなかの強風、それもほぼ向かい風。たまに瞬間的に15m/sくらいありそうな風が吹いてよろめきそうになるし、そうでなくても完全に着水地点が変わってしまう…だめだこりゃココロが折れそうorzorzorz…それでも、もう1尾ニゴイを釣り今度は下流の確認に。

DSCN1523s.jpg

全部は写しきれませんでしたが、なかなかいい瀬がありますね。但し、下流側は工事の影響で濁っているので、釣りをするにはちょっと辛い感じでした…もちろんここもサカナっ気なし。


テキトーに戻りながら途中経過postを。既に時間は16時半を回っておりあんまりゆっくりしてられない感じに…件のPに戻ります。

案の定というか、フライ師、ルアー師、延べ竿師のお三方がさっきの瀬付を攻略中。あー対岸に渡っておいてよかった。さっき中州の反対側でバシャを確認していたものの、アングル的に届かなかったので、今度は大丈夫かと。左岸なら、風も味方をしてくれるしね。

警戒されない程度に立ちこんで、ときおり立つ飛沫を通過するようにしてリグを通しますが、全然掛からない。チョイ投げリグだけでなくJSYニンフとかアラベスク単体とか入れてもヒットせず。開き直って軽めのスプーン類を入れてみたがそっちもダメ。2回ほど乗ったか?ってのはあったけど途中でバレました。要は、ちゃんとクチに掛かってないんだねorz

日も暮れ、お三方も居なくなり、ただただ寒さだけが河原に残っています。水温を確認したら14℃超え。つま先が冷たくならないわけだ。でもこのノー感じっぷりって…プレッシャーなのか。結局その後も変わらず暗くなって終了とな。


まあアウェイの地にふらっと出掛けて、爆釣とかないわw。でもでも、この川小さいなりにコンクリ護岸の範囲では好き勝手やらせてもらってるようで意外に深い場所もあったり、川相はバリエーションに富んでいるような気が。

また気が向いたら、遊ばせてもらおうと思います。では。

【マルタウグイ向けLタックル】
ロッド:テイルウォーク アウトバック ST66L
リール:シマノ 11バイオマスター2000S (+3BB&ハイギヤ化)
ライン:ラパラ ラピノヴァX マルチゲーム 0.6号
    +サンヨーナイロン ナノダックスリーダー 10lb
リ グ:ルアー各種

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 五目釣りへにほんブログ村 釣りブログ マルチアングラーへ
 
 
関連記事
スポンサーサイト
2014/03/21 21:39 マルタウグイ釣り TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://cajonica.blog.fc2.com/tb.php/348-477cf891
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。