あんまり難しくない釣りを、自分なりにこだわって。
プロフィール

cajonica

Author:cajonica
お金を掛けずできるだけ近場で簡単に何か釣れたらイイナ…という感じです。

twitter
Weather-GPV
カウンター
現在の訪問者数:
現在の閲覧者数:
タグリスト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- スポンサー広告 TB(-) CM(-)
えー、鯉スレば 我が腕棒となりにけり さりとてマルタ釣れぬものゆゑwww

■3月27日(木)
間が開きましたが、朝活です。


目覚ましより早く起きてしまったので、何気にpostしてみましたw

DSCN1548s.jpg

一応釣れることは釣れますが、サカナの密度が薄いようです。


水位も落ちたので中州に上がれば全部解決なのでしょうけど、エクストリーム出社な立場ゆえ移動のリードタイムを考慮すると、ビミョーなところです。また、ここで書いたダウンクロスは、本流側から見てのダウンなので、横から流れ込んでいる瀬にはアップクロスです。あーややこいw

ちょっと話が逸れますが、こんなものも。


いっぺんやってますけど、ガチに連掛けを狙うなら、Mのベイトタックルでミキイト4号エダス3号とかないと実用にならないでしょうね。むしろタックルはルアーロッドじゃなくて、遠投磯竿3号とかの方が仕掛けの長さが気にならず、かつ細く出来て良いのかも知れませんが。あ…東京側からのチャラ瀬攻略プラン、ちゃっかりあるじゃないかwww

帰宅してから、木曜日に定例で見ていたアニメがもう終わってしまってちょっとヒマ。とあるプランを思いだしてご近所へ入ってみたのです…。

DSCN1551s.jpg

本流上流側のプチ中州付近にバシャが多数。無印君も定番になって、すっかり溯上も本格的になっているようです。数が多いかどうかは別として…。


着底して錘が玉砂利に引っ掛からないように工夫した結果。ステイできる反面、ハリスの長さが逆にトラブルの元になるという…。とりあえずチョイ投げリグでもイケるので、必須ではないけど試してみた感じ。金曜日の夜は残業が遅めでリグ作成が捗らない…orz。

さて、リグ作成も終わり準備万端…げ、25時回ってるし。アサイチに入るのは無理か…その通り、07時に起きてしまったのでご近所でこんなことを。


ヘンタイでもいい、たくましくマルタが釣りたいwwwと痛々しい姿を晒すことになるのは百も承知です。ええ、釣れるが一番。スタイルとかどうでもいい、って…人を捨てない程度に自重せよとw

DSCN1554s.jpg

「おはようございます。おや、鯉釣りですか?ずいぶん荷物が少ないですねー」とか云われても仕方がない展開www

既に中州側はほぼ満員、下流側の瀬頭にルアー師が立ちこんでチャラ瀬でホイホイ掛けている状況。いつもなら鬱展開なのですが、今回の狙いはその上のチャラ瀬に群れているマルタを釣ることなので、どうでもいいですw

錘は1号+1.5号と重心の分散を図りつつ、いつもより重めにはなっているものの、磯竿としては軽いはずなのでスピードをつけて振り下ろし竿を曲げるという投げ釣りメソッドを応用。ちゃんとラインの色を見ていないのでどの位飛んだかは分かりませんが、一応MAXで40mくらいは飛んでいるみたいです。

着水地点、ライン取り、他のアングラーのキャストのタイミング…PEラインは使っているもののさすがに感度は低いので、どこに掛かっているかは感触で判断できませんが、背中とか尾とかではないのでリグの設計はそんなに間違っていないと思います。

掛けるとロッドが見事なまでに弓なりに!何事かと周りでは思っていることでしょうw。寄せてみると、最初はムナビレへのスレ。まあサカナのいる辺りは通せているということなので、引き続きキャストを繰り返し…ああ、腕がダルい。ロッドを脇に抱えて巻いているけれど、この持ち重り感は遠投磯竿だから、しょうがないね…。

しかし、諦めない想いいつしか…。

DSCN1557s.jpg

画像では外れちゃってますけど、おっしゃクチで獲った!!ロッドが柔らかく長さでタメが効くのでドラグはかなり締めていても問題ありません。そして連続というわけにはいかないものの、もう1尾をキャッチ。

いつもの間にか、そろそろ南風が。ラインがたわむたわむw。そろそろ帰るか?まだやるか?って感じになってるところに、瀬をドリフトしている方のリグが絡んできまして…。

とりまこちらで解除…時間を掛ければ抜けそうだけど、こっちのPEラインが厄介な状態に。待たせるのも失礼なので、PEラインをカットorzorzorz。ちょっと前にも絡んで、外してもらったり(この時先方がラインを切ってました…)。PEだろうがなんだろうが先方には関係のないこと、さすがにこちらも犠牲を払わないわけにはいきませんよねJK。

カットしたラインを片付けてストップフィッシング。あと5mほどでリーダー部分だったとは…引き上げるにはいいタイミングだったかと。


まあ通用しないアプローチではないけれど、軌道が長いので人が多い場所では不利になりますね。朝活でやりこんでみますか。

【マルタウグイ向けLタックル】
ロッド:テイルウォーク アウトバック ST66L
リール:シマノ 11バイオマスター2000S (+3BB&ハイギヤ化)
ライン:ラパラ ラピノヴァX マルチゲーム 0.6号
    +サンヨーナイロン ナノダックスリーダー 10lb

【マルタウグイ向け遠投磯竿タックル】
ロッド:宇崎日新 スーパースクエアRX ISO HD 2.5号遠投530
リール:シマノ 10ナスキー C3000(2500にスプール換装)
ライン:ラパラ ラピノヴァX マルチカラー 0.8号
    +サンヨーナイロン ナノダックスリーダー 17.5lb

リ グ:自作ウィリーリグ、他

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 五目釣りへにほんブログ村 釣りブログ マルチアングラーへ
 
 
関連記事
スポンサーサイト
2014/03/28 01:22 マルタウグイ釣り TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://cajonica.blog.fc2.com/tb.php/350-d58ba3d6
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。