あんまり難しくない釣りを、自分なりにこだわって。
プロフィール

cajonica

Author:cajonica
お金を掛けずできるだけ近場で簡単に何か釣れたらイイナ…という感じです。

twitter
Weather-GPV
カウンター
現在の訪問者数:
現在の閲覧者数:
タグリスト


こんなことをつぶやいたかと思います。完全なクランクではないけれど川のクランクの角に当たるところに瀬があって、近年はマルタポイントで賑わったところでしたが、昨年、今年ともにパッとしません…。

まあまた出水で地形が変わってるだろうからと行ってみたものの、昼寝するくらいサッパリノー感じでしたが…マルタが一通り行き渡った今は、さて…。

夕方入ってみると、やはりバシャはなし。瀬尻の溜まり辺りでフライ師が立ちこんでいますが何か釣れる様子はなく。このまま暗くなるまで様子を見るか…んん!?その上流で何か跳ねてないか?コイニゴイ系のモジリではなく、ボラの連続ジャンプでもない。とにかく、サカナっ気はあるので何か入れれば何かが起こる、かも!?

DSCN1760s.jpg

こんな感じで、岸から10-15m位のところに立ちこんでみます。あー、ここの上が瀬になってるのか。昨年とかナマズを探して歩いてた時、随分浅くなってるとは覚えていたので、なるほど…砂利が動いたんだね。んじゃ何を…とりま距離出した方がいいし、何かの間違いでデイナマってこともあるかもだしwで、BUXの5gを入れてみました。

着水、ラインスラックを取り…んんん何じゃこりゃー!グリグリっとしたと思ったらギュイーっとラインを出されます。あちゃー、このまま下流の瀬の本流に入られたらアウトだべさ。とりま一緒に下流へ移動…したらフッとテンションが抜けました。何かのスレだよね、コレ…。

とにかくサカナがいるのは間違いない。気を取り直して再びポジションを確保して2投目くらい?ちゃんとアタマ振って抵抗しますが、流芯を超えたら割と素直に引っ張られてくれます。

DSCN1757s.jpg

マルちゃん…(たまちゃんヴォイスでw)時々跳ねてるのをよくよく見ると、朱色があるのを確認。規模はわかりませんが溜まってますね。

その後もルアーを適当に換えながらキャストしていきます。明らかにバイトだったけどすぐに外れたものやら、回収したルアーにマルタのウロコが付いてたり、と成果にはならずとも存在感は充分…だがしかし!後ろの方でグランドの放水のため野球部員らしきヤング達が水を汲み出そうと発電機を…あーうっさい!!

スレてきたのか、この頃から徐々に反応が落ちていきます。おまけに、ヒップウェーダーの腿半分くらいのところまで水に浸かりっぱなしだと寒くなってきます。うるさいついでにちょっと休んでまた入りますが、なかなか汲み出しが終わりません…こういう人工音、それも比較的低音だとサカナには影響あるんでしょうね。

30分ほどしたのか、さすがに終わって一安心。でも足元が寒いのは変わらない。ケチらずに遠投磯竿T持ってくれば良かったわ。この日はもともと雲が厚くて暗い感じでしたが、本当に暗くなってきた感じ。じゃああと2ルアーを3投したら撤収、にしますか。

ラストのルアーの2投目。鈍い感触とともにラインが出てきます。あーまたかー。今度は最初から追いかけて下流に下りましたが、とうとう瀬の中に入られてしまい…やばいよやばいよ!でも、瀬の脇の溜まりに何とか誘導。

DSCN1761s.jpg

こいつか!無駄に図体でかいの何とかしろwww


リリースするとき、腹を上にしてボンヤリしてて、軽く往なしたら慌てて体を起こしてるのが実におかしかったな。憎めないキャラですw

さすがにラスト1投はせず撤収。何か無駄に疲れたけど本命が釣れてなにより。ただ、流芯に立ってアップクロスするよりも対岸から入ってアップをキメた方がラクなんじゃないかと。来週もまだ着いてるといいなあ…。

【マルタウグイ向けLタックル】
ロッド:テイルウォーク アウトバック ST66L
リール:シマノ 11バイオマスター2000S (+3BB&ハイギヤ化)
ライン:ラパラ ラピノヴァX マルチゲーム 0.6号
    +サンヨーナイロン ナノダックスリーダー 10lb

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 五目釣りへにほんブログ村 釣りブログ マルチアングラーへ
 
 
関連記事
スポンサーサイト



2014/04/20 22:10 マルタウグイ釣り TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://cajonica.blog.fc2.com/tb.php/359-1dddba46
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
リンク
QRコード
QR