あんまり難しくない釣りを、自分なりにこだわって。
プロフィール

cajonica

Author:cajonica
お金を掛けずできるだけ近場で簡単に何か釣れたらイイナ…という感じです。

twitter
Weather-GPV
カウンター
現在の訪問者数:
現在の閲覧者数:
タグリスト

実家3日目は、芦安村ウエストリバーにPMだけ行ってきました。

12時前に管理棟に入って券を購入、クルマを移動してからあらかじめ買っておいた弁当を食べ、釣り場に入ります。まずは、上流のポンドエリアから。舗装のない急坂をたまに滑りながら上っていくと、2つのポンドには親子連れが3組ほど入っています。みんな川の右岸にいるので、左岸に渡り、できるだけ流芯をアップで撃てるポジションをキープ。

ルアーは今回の管釣りの為に、倒産したコータック社の処分品の中から使えそうなものをTBで買いこんでおいたので、そのお試しもありました。まずはパンサーマーティンの1/16ozで、あっけなく釣れております。もちろんフックは、シングルバーブレスに換装済みです。

どうも連休中の放流はしていないようで、見えるサカナの数が今ひとつ豊富ではないけれど、反応自体は悪くない。ただ、個体によってはジャンプや寄せる角度が変わるタイミングでバレる事態が続出、こんなことで半数程度のキャッチをロスト…いや、獲り過ぎても自分が調理で悲惨な目に遭うだけなんですけどねw

んでは、主だった釣果をご紹介。

DSCN1858s.jpg

2尾目になんとイワナが!多分、客寄せの為に数尾入れておくヤツのはずで、それなりにデカいと言うことになっているはず。だからといって特別ファイトがスゴかったとかって記憶がないんだよね。まあ、大抵はデカいヤツほど動きが鈍重なのですが(その代わりトルクが…)。

DSCN1861s.jpg

ニジもここのナイスサイズが出てますね。これは33センチあるかな。小さいのは先に釣られてしまい、大き目のサカナしか残ってないと考えると、こういうタイミングもお得なのかも、ですw

しかし、掛けたサカナが走って親子連れ2組とオマツリ。が、皆さんどうしたら良いか分からず…相手が悪すぐるorz。こちらのラインを切り、ルアーも外し…オールリセットした頃にはいつの間にか自分の外したルアーを失くしていて愕然…orzorzorz。こういうシチュエーションの時は、ブレイク覚悟でドラグ閉め気味の方が良かったか。

だいぶ反応も落ちたのでポンドエリアから降りて、8つあるセクションを上流から探っていきます。

DSCN1862s.jpg

サカナがほとんど見えず、釣られ切ったと思われるところも数箇所ありました。そこは飛ばして、魚影の濃いところを重点的に。ここは狭いながらハッキリとした流れ込みがあり、意外に攻められていないようです。

DSCN1863s.jpg

コータックのボトム向け?スプーン1gにて。水深が浅いところは2.5gとかだと引っ掛かってしょうがないし、自然にドリフトできないのですよね。

ここのひとつ上のセクションに側面からの流れ込みがあって、かなりガッツのあるサカナがヒット!慎重にファイトをさせ駆け引きを…うわバレた!…って、フック折れてるし。掛かりを優先するとこういうこともあるのか。ちなみに、先のイワナの時のルアーに使ってあるフックは、SBL-51の#8だからね。マルタ用ルアーに使っているフックのサイズ違い。

DSCN1867s.jpg

別のところで。安売り?んー、500円位のプラグです。アクションがウネウネすぎるのか、鉄板のクラピーよりは反応がよろしくありませんが何とか釣れました。このサカナはリリースしています。どちらかというと可哀想とかじゃなくて、これでムニエルって、食べられる量を考えたらどうよ…とw

実は、この日はくしゃみを連発して釣りしてる最中もひどいもの。東京じゃ花粉症はとっくに終わってるというのになんだこりゃ。無駄に疲れボーっとして集中できないから、サイズとかほとんど意識できなかったし、ラバタモの用意を忘れキャッチできない事案が頻発したし…ある意味、獲れないわけだ。


まあ、お持ち帰りならこのくらいが限度、ちょうど良かったね。

【スプーン/スピナー巻き向けタックル】
ロッド:エーテック トラウティズム 565ULT
リール:シマノ 11バイオマスター1000S
ライン:サンヨーナイロン GT-R トラウトスーパーリミテッド 4lb
リ グ:ルアー各種

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 五目釣りへにほんブログ村 釣りブログ マルチアングラーへ
 
 

  
さて、キープしたサカナ達は現地で処理してお持ち帰り。しかし、家族が全部消費してくれるとは限らない…。


尺アップなのを差し上げまして。ある意味助かりました。ここのママは実家よりもっと山の方の出身で、小さい頃は純粋な「漁」を経験しているとのこと。喜んで引き取ってくださいまして、ありがとうございました。こういう方がいらっしゃると、実にお持ち帰る張り合いがあるねw

あとはムニエルに加工しフライパンで調理するだけにして、実家近くに住んでいる姉夫婦のところに。残りを自分で頂きました…。


釣ってよし!食べてよし!いつもこんな感じで釣れるかは分からないけれど、またお持ち帰りしてみるよ。
 
 
関連記事
スポンサーサイト



2014/05/07 21:00 釣り堀・管理釣り場 TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://cajonica.blog.fc2.com/tb.php/366-93593de5
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
リンク
QRコード
QR