あんまり難しくない釣りを、自分なりにこだわって。
プロフィール

cajonica

Author:cajonica
お金を掛けずできるだけ近場で簡単に何か釣れたらイイナ…という感じです。

twitter
Weather-GPV
カウンター
現在の訪問者数:
現在の閲覧者数:
タグリスト

それにしても、ここのところ1釣行につき必ず1度はバレが発生しており、さすがに気になってきたところ。ちょっと、現状までの経緯を整理してみます。

【タックル側の変化】

 Lロッドでデカい奴がかかり、寄せに苦労し結局逃す(9月)
  ↓
 MHロッドかつラインも太いのに変更(10月上旬)
  ↓
 ラインの伸びと沈みが気になる(10月下旬)
  ↓
 ハードでセミサスペンドなラインに変更(11月)。これです。



  ↓
 導入1回目からバラシ!以降割とコンスタントに発生。
  ↓
 いまここ


【コイさん側の変化】

 活性があり、バイトが大きい(9月)
  ↓
 だんだん気温が落ち、当然水温も下がっていくがそれほど違和感はない(10月)
  ↓
 初回のバラシを確認。以降割とコンスタントに発生(11月初旬)
  ↓
 ガクンと活性が落ち、バイトが小さくなる(11月中旬以降)
  ↓
 いまここ


まあ、冬に向け低活性となり、掛かりが浅くなりがちなのは仕方がないとして、実はコイさんの口に対して、現状のタックルが硬すぎるのではないか?という疑念が生まれています。10月までは、バラシは一回もなく(野池のバラシはそもそも、取り込みにラインを持った段階で口が切れたので除外)、ラインを変更してからの釣行(ボウズ時除く)から発生していること、それも、いつもバラすまで1分程度は確実に駆け引きがあったことを考えると、単に掛かりが浅いというだけでは考えづらい状況かと。

流水では沈みがちだけれども、伸びの多いラインを使っていたことが実は幸いしていたのかも。そうなると、ロッドももう少し軟らかい方が良かったり?いやいや多少は強くないと障害物に潜られるしMHとはいってもテレスコだし、ダイワやシマノの同クラスのロッドよりは良くも悪くもボヨンボヨンなはずだし(もう、しばらくタックルは買えませんというのも本音)。しかしネットを見ていると、「鱒レンジャー」とかありえないペナペナなロッドでパンコイする人達が出てきますが、あれはあれで理に適っているのですよね、わかります…でもわかりません(いや、いくらなんでも程度というものがあるような気も)。

あと、ラインが硬いと巻きグセもなかなか取れないので、リグ流しながらガイドに引っ掛かることも増えたような気が。今は手でシコシコラインを送ることで何とか対応してるけど、それでも引っ掛かって、リグ周辺に波が立つこともあるし(遠くて見えにくくなった時は、わざとやることもあるけどね)。おまけに気温が下がって来て、早朝などはしなやかさも微妙。どうせ流し釣りがメインなので遠投は要らないと考えれば、ベイトリールに変更して一件落着という話もあるけど、それは最終手段として取っておきましょう。09エアノス4000の実用ドラグ力は、同程度のラインが巻けるベイトリールよりも大きいのだし。

次回は、ラインを元に戻して同じ場所でやってみます。沈みやすいのは宜しくないけどコイさんへの距離をできるだけ近くすれば対応できるしバラシ他、ラインの巻きグセ等軽減できれば…というところです。これで良い結果が出たら、次期ラインの候補としては…これかなあ。ただね、自分の周りで売ってる店舗を見かけたことがないんだよね。通販か…。



メーカーのサイトに行っても「フロロ以上の低伸縮率!」とか煽りがないですよね。ラインの比重は1.09で今のと同じで合格。確か、ここも他社も、もっと軽い穴あき構造の完全トップウォーター用ラインがあるけど、同じlbでもビミョーに太かったりするので、考えてません。むしろ、今の16lbから14lbにラインの太さを落として、マイクロコ式の飛距離を伸ばしたいところ。あとは、サンヨーの「フリッパーのびのび」とかかな。撥水加工だけでラインが浮かぶ気がしないけど、一応トップウォーター用だし、伸びる分にはまあいいでしょう。

とまとめたところで、タックルのバランスを問う以前に、そもそも自ら「釣り師としての腕がない」というのが最大のファクターなのですよ。わかっちゃいるんですけどね…。


以上です。
 
 
関連記事
スポンサーサイト



2010/12/07 00:15 雑感等 TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://cajonica.blog.fc2.com/tb.php/5-147d0991
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
リンク
QRコード
QR