あんまり難しくない釣りを、自分なりにこだわって。
プロフィール

cajonica

Author:cajonica
お金を掛けずできるだけ近場で簡単に何か釣れたらイイナ…という感じです。

twitter
Weather-GPV
カウンター
現在の訪問者数:
現在の閲覧者数:
タグリスト

ルアータックルで流し毛鉤…中学生の頃、2000番相当のリールに6lbのデュポンストレーンを巻き、グラス製のトラウト系安物2ピースULロッドと組み合わせ、市販の流し毛鉤を繋げていろいろと試行錯誤しながら、時には仕掛けを絡ませながらも、マズメにヤマベ(オイカワ)を爆釣したことを記憶しています。それから数十年の時が過ぎ、また釣りをする機会に恵まれましたので、当時の記憶を辿るように釣りスタイルの再構築を始めております。

なぜ、リール竿で流し毛鉤の仕掛けを飛ばして小さなハヤ(ウグイ)ヤマベ(オイカワ)を釣る必要があるのか?今までどおり延べ竿ではいけないのか?答えは簡単に言うとスタイルの多様化ですよね。リールを使って投げて釣るという行為、それが好きだから…それだけで別にいいと思います。実は餌で苦労せずに釣れるのに、ルアーで釣りたい人がいる(ルアーで釣るという行為そのものが面白いから)のと、そう違いはないと思います。

しかしながら、単に趣味の問題だけでもなくて、実際メリットはあります。足場が悪く延べ竿では立ち込めないポイントに流せる、あるいは堰堤や橋の上から流せる、障害物の多いオカッパリでも一ヵ所から動かずに広く探れる、等々…仕掛けが絡みやすいことや手返しの点では劣るものの、延べ竿では簡単にアプローチできない数々のポイントに毛鉤を流せる点は、優れているのではないでしょうか。

インターネットが普及し、便利な世の中になりましたが、ルアータックルで流し毛鉤釣りをすることについて、なかなかまとまった資料が見つけられません。あくまでも私見の範疇となり、正直どこまで参考にできるものかもわかりませんけれども、ルアータックルで流し毛鉤釣りをするガイドのようなものを著してみたいと思います。初心者向けでない用語等もいくつか出てきますが、そこはネット検索などで確認しながらお読み頂ければ幸いです。

【特集】ルアータックルで流し毛鉤


■ルアータックルで流し毛鉤(まえがき)
■ルアータックルで流し毛鉤(タックルについて)
■ルアータックルで流し毛鉤(リグについて)
■ルアータックルで流し毛鉤(ラインとリグの接続について)
■ルアータックルで流し毛鉤(リグの改造について)
■ルアータックルで流し毛鉤(キャスティングについて)
■ルアータックルで流し毛鉤(アクションについて)
■ルアータックルで流し毛鉤(シチュエーションについて)
■[ 実践編 ] 流し毛鉤でマルタウグイ
[ 実践編 ] 流し毛鉤でイワシを釣る

CA3F0860s.jpg

 
 
関連記事
スポンサーサイト



コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://cajonica.blog.fc2.com/tb.php/53-d4fffc15
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
リンク
QRコード
QR