あんまり難しくない釣りを、自分なりにこだわって。
プロフィール

cajonica

Author:cajonica
お金を掛けずできるだけ近場で簡単に何か釣れたらイイナ…という感じです。

twitter
Weather-GPV
カウンター
現在の訪問者数:
現在の閲覧者数:
タグリスト

釣れる魚としては、ヤマベ(オイカワ)やハヤ(ウグイ)、あるいはカワムツなどが中心であり、小型なのでロッドは基本UL(ウルトラライト)クラスが推奨です。大き目のウグイやハス、さらにヤマメなどが混ざる場合は、L(ライト)でもいいと思いますが、どちらかというと、釣るポイントの流れの強さで使い分ける感じですね。逆に、流れもそれほど強くなく、大きな魚がいない場合は、ULより繊細なSUL(スーパーウルトラライト)を使えば、魚が小さくてもより引きが味わえます。

あと可能であれば、グラス製のベナベナな胴に乗る感じのロッドの方が、掛かってもバラしにくく軽い瀬ウキも慣れれば投げやすくてオススメです。こういうロッドは、今は昔と違って安物でも随分作りが良いので探すのが難しくなってしまいましたが…。代表的なものとしては、下野の「鱒レンジャー」が一押し。テレスコ(振り出し)だと、エイテックの「TRGR」で無印の短めのULがベナっていい感じ。OGKの「グローバルテレスコUL」は価格なりにベナベナ感はあるものの、意外にアクションはレギュラー感ありです。


ロッドの長さは、立ち込んで投げずに足元からリグを流すだけでも釣れるので、ワカサギ竿でも使えないわけではないですが、常識的に考えればトラウトロッドの5.6-6ftがいいと思います。ただ、7本針以上の長いリグを扱う場合は、7ft-8ft程度のソルト用ロッドの方がリグの扱いがラクになり、しかも長い分飛距離も無理せず出せます。これも探すのは難しそうですが、根魚向けのファストテーパーでない方が楽しいでしょうね。

tackles1.jpgtackles2.jpg

続いてリールですが、シマノで言う1000番クラスのスピニングリールで逆転のできるもの(ストッパーのON/OFFが切り替えられるもの)であれば、何でも構いませんが、安物でも品質の点で言えば3千円程度の国内大手メーカー製の廉価品をオススメします。リールを逆転させてラインを送り出す、しかもその量をコントロールするという点では、ベイトリールの方がむしろ良いのですが、瀬ウキ含むリグが軽い(重くても総量3g程度だと思います)為、キャストする前提では却って扱い辛くなってしまうかも知れません。


そしてリールには、上記のロッドパワーに合わせて、ナイロン6lb~4lbラインが75mも巻いてあれば充分です。フロロ、PEももちろん使えますが、コイ科の魚は口が柔らかめなので、ロッドのアクションも含め、多少伸びを確保した方がいいと思います。リールには購入時にラインが付いていることがありますが、これはそのまま下巻きに使いましょう。リグまでのラインの位置がわかりやすいトラウト用の蛍光ラインがオススメですが、同じ強さでも1ランク細い製品ではリグの飛距離も伸び、かつ流水の抵抗を抑えることができます。


 
 
関連記事
スポンサーサイト



コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://cajonica.blog.fc2.com/tb.php/54-eb9f1432
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
リンク
QRコード
QR