あんまり難しくない釣りを、自分なりにこだわって。
プロフィール

cajonica

Author:cajonica
お金を掛けずできるだけ近場で簡単に何か釣れたらイイナ…という感じです。

twitter
Weather-GPV
カウンター
現在の訪問者数:
現在の閲覧者数:
タグリスト

ラインとリグとの接続は、セッティングを簡単に済ませるためスナップスイベルを使用しています。スイベルなしのスナップだけでもいいと思います。対象魚が小さい為、管釣りスプーン用の小型のもので問題ないでしょう。あまりに大きいと、瀬ウキまたは補助ウキの浮力を奪い投入後リグがどこを流れているかわからなくなるのと、瀬ウキ以降の毛鉤のアクションにも影響する可能性があると思いますので、止めた方がいいでしょう。


以下、一連の手順になります。

①まず、リールをロッドにセットしラインをロッドに通してから、スナップスイベルのスイベル側に結びます。自分はパロマーノットを使っています。

②続いて、市販のリグをパッケージから取り出し、一番上側(延べ竿で穂先に結びつける方)の毛鉤から30-40センチ程度のところでミチイトを切り、エイトノットでループを作ります。ループと毛鉤までの距離は、毛鉤と毛鉤との間隔に合わせた位置関係になればベストかと思います。親指と人差し指が同時に通せる程度の大きさのループを作っておくと、使い勝手がいいです。

③スナップスイベルのスナップ側を外し、先ほど作ったループを通してスナップを閉めます。そのままループを通すだけでも構いませんが、自分はスナップを穂先に見立ててチチワを作りラインが二重になるように締め、強度を上げています。

④瀬ウキを固定していた爪楊枝を一旦外し、スナップスイベルのスナップ側ぎりぎりに瀬ウキ(または補助ウキ)を移動して、再び爪楊枝を刺し直して瀬ウキを固定します。爪楊枝の長さは様々あると思いますが、あまり長いと絡む原因になるため、必要に応じて交換したり、短くするといいでしょう。

あと、リグを伸ばしてみるとわかるのですが、ミキイトとエダスの結束部分の切断したラインが長く飛び出しているものが多く、ひどいものは5mmもあるものも確認しています。これを放置するとリグ投入時に絡んだり、無用なゴミや藻を引っ掛けてくることがありますので、必ず短く刈り込みましょう。この時、ミキイトやエダスを切らないよう注意してください。

使用後はパッケージに元の梱包状態のように戻せば不要ですが、使用後は通常、仕掛け巻きに巻いて収納することになります。エダスがあるため海釣りのサビキ仕掛けを巻くような円形の仕掛け巻が便利です(エダスが短いので、できるだけ小型のものがいいです)。

但し、意外と円形の仕掛け巻は場所を取ります。困る場合は一般的な短冊形の仕掛け巻でウレタンが全面に巻いてあるものだと、毛鉤を固定するのがラクで仕掛け巻を適当に放り込んでも絡むことがなく、重宝しています。なお、瀬ウキおよび補助ウキはある程度自由に動かせるよう、ミキイトを長めにし余裕を持たせて仕掛け巻に止めてください。


 
 
関連記事
スポンサーサイト



コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://cajonica.blog.fc2.com/tb.php/56-f680d7df
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
リンク
QRコード
QR