あんまり難しくない釣りを、自分なりにこだわって。
プロフィール

cajonica

Author:cajonica
お金を掛けずできるだけ近場で簡単に何か釣れたらイイナ…という感じです。

twitter
Weather-GPV
カウンター
現在の訪問者数:
現在の閲覧者数:
タグリスト

以下、図を用意してみました。

cast1.jpg

①でまず、ポイントまでベールを返さずにナチュラルドリフトさせます。もし、この段階でバイトがあった場合はすぐにベールを戻しリールをリバース(逆回転)させて、ヒットに備えます。最初からリバースで送り込んでも構いません。リバースのスピードを変えることで、軌道修正も可能です。

リバースでの送り込みのスピードが遅ければラインドラグが掛かり、近くで②の状態となるだけですが、早いとバックラッシュが発生し厄介なことになりますので、流速をよく見極めラインのふけを確認しながら流してください。

次に②、ポイントの直前に来たらラインの放出を止め、フライフィッシングでいうスウィングの状態に持っていきます。確かにここでのヒット率は高いように思います。そして、通常では即リグを回収することになっていると思うのですが…。自分の場合は大場所で釣ることが多いこともあり、せっかくリールでラインを出して広く探れるのだから、すぐにキャストし直さなくてもいいと考え、③のアクションを行っています。

スウィングが終わり、ラインが張られてテンションが掛かっている状態で、一旦ゴー(リトリーブ)またはリバースしてみます。リバース中はバイトがあっても掛かりにくいので、あくまでも周辺でゴーを行う為の準備として行います。ヒットはゴー中またはゴーを止めた直後に発生することが多いです。基本は向こうアワセですが、バイトが多いのに乗りが悪い時は巻き合わせしても良いでしょう。

もう一つ大事なことは、ゴー&リバースを行いながら、ロッドの向きを変えたり、自分自身が動いたりすることで、スキャニング(リグを流す領域を広げること)が可能になります(図のアングラーが下流を向いたりロッドの向きを左側にしたり、等想像してみてください)。そして、ゴーとリバースの距離を変えることで、さらに奥行きのあるスキャニングができます。とはいえ、飛ばしウキが見えなくなるような距離だと、流水の抵抗もそれなりにあるので、適当な範囲で止めておいた方がいいでしょう。

付近でリグが行ったり来たりすることでスレてしまう可能性も考えられますが、一旦スキャンした場所も2-3尾は獲れたりするので、特に気にしたことはないです。ひとしきりスキャンしたら、④リグを回収します。掛かっている場合はゆっくり魚を泳がせながら巻く感じで誘導するとリグが絡みにくいです。掛かっていなくても意外と足元でバイトすることもあるので、気は抜かない方がいいですよ。

catch.jpgtackle2.jpg

 
 
関連記事
スポンサーサイト



コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://cajonica.blog.fc2.com/tb.php/59-aaec3f81
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
リンク
QRコード
QR