あんまり難しくない釣りを、自分なりにこだわって。
プロフィール

cajonica

Author:cajonica
お金を掛けずできるだけ近場で簡単に何か釣れたらイイナ…という感じです。

twitter
Weather-GPV
カウンター
現在の訪問者数:
現在の閲覧者数:
タグリスト

いわゆるポイントは、水中に立ちこんで、ヒザくらいまでの水深になるザラ瀬やチャラ瀬が中心になりますが、できればのっぺりした流れではなくて、多少大きな石などがあって波立っている変化が見られれば、その周辺はポイントになるでしょう。大きな川相で言えば、瀬頭、瀬尻(瀬落ち)と言われる流れに変化があるところ、もし流れが急なのであれば、逆に瀬脇にも注目です。

また、水質については茶色い濁流は当然ムリですが、弱い白~ササニゴリであれば多少増水していても釣れるチャンスは増えると思います。逆に渇水してきて透明度が増していれば見切られる率も上がると思いますので、釣るのが難しくなる感じです。おまけに、晴天があまりに続くと藻などが過剰に繁殖してリグに絡むこともあり、これをいちいち外さないと毛鉤のシルエットが変わり、アトラクター力が落ちますので何かと面倒です。

なお、当たり前ですがオカッパリも立ち込みも静かにポイントに近づいて静かに釣ってください。たとえば子供同士が水遊びをして騒いだ位で全く釣れなくなるわけではありませんが、それがポイントに近いとアウトですから、数を釣りたいなら考えた方がいいでしょう。渓流の釣りと基本は一緒です。

先にスキャニングの話をしましたが、自分自身が動いてスキャニングの場所を変える場合は、まずは流れに対して垂直に動くことになりますが、そのままだと水流でザブザブしぶきが上がると思いますので、若干下流に流されながら移動すると音がかなり小さくなると思います。軌道としては適当なところで折り返して、ジグザグになるような感じですかね。

あと、ちょっと違ったアプローチで「ポイントを作る」ということも可能です。古くから「按摩釣り」というメソッドがありまして、立ち込んでから足元の石を何度も蹴って濁りと同時に石に着いている水生昆虫を下流に流し魚を寄せつつ、そこに毛鉤を流し込む(短い竿に毛鉤1本)という感じのようです。ルアーロッドで投げる意味はなくなりますが、これを一般の流し毛鉤でやっても別におかしくはないでしょう。

さらに、このアンマメソッドを応用して、単純に練り餌やヌカダンゴを手で下流に撒いてから毛鉤を流すものいいでしょうし、試していませんがオカッパリならば、オランダ釣りのリール版として、プラスティックのサビキかごをリグの上に取り付けて(瀬ウキの代用としますが、リグの上に付けないとリグの流れるコース上に寄せ餌が流れません)寄せ餌を詰めキャストするのも釣果を上げる方法の一つかも知れません。

もうひとつ、とても大切なこと:「時間帯」「季節」というポイントがあります。夕方の日没前後30分間くらいが最高で、早朝はそんなに釣れない感じです。羽虫が出るタイミングを考えますと、当然の現象ではあるのですが数を釣りたいなら無視できない要素です。

それでも、日中曇天で時折雨が舞う感じの日なら時間帯関係なく釣れます。しかし、バッチリ日が出てしまうと、魚がいてもほとんど反応がなくなります。もちろん冬に毛鉤を流しても、冬場は深い流れが緩やかなところに群れていますので、瀬には魚がほとんどいませんし、深場に群れを見つけて投入しても、水面までライズする魚はいないでしょう。

そもそも気軽な流し毛鉤釣りですが、残念ながら気軽に行きやすいタイミングで行ってもほとんど釣れなかったりします。海釣りも含め釣りの種類に関係なく、そこを理解していないために釣果が上がらず、機会があっても釣りと疎遠になってしまう人は、実は結構多いのではないでしょうか。
 
 
関連記事
スポンサーサイト



コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://cajonica.blog.fc2.com/tb.php/60-45502c80
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
リンク
QRコード
QR